浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

発行書籍番号001 買ってはいけない【改訂版】

d0133636_2294155.jpg

【タイトル】買ってはいけない-大学受験参考書篇【改訂版】-
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】60頁
【目次】
まえがき
第一章 甲の薬は乙の毒 ~時間泥棒にご用心~
第二章 開けてビックリ玉手箱 ~お前は既に持っている~
第三章 まだ生きてるよ ~新刊が欲しくないのですか?~
第四章 声はすれども姿は見えず ~幻の参考書を訪ねて~
第五章 買ってもいい参考書 ~一生使える九原則~
あとがき
おくづけ
【初版発行年月日】2008年12月30日
【収蔵品発行年月日】2009年08月16日 改訂版発行
【定価】500円
【在庫状況】完売
【学力貢献度】不明
【コメント】
当博物館監修の参考書評論誌の第一弾。
コミックマーケット75にてコピー誌で発売された初版を大幅改訂して、コミックマーケット76にてオフセット化した改訂版を発売。
第一章は石原千秋『教養のための大学受験国語』(ちくま新書)の欠陥を徹底糾弾したもの。
第二章は旧版とタイトルが違う偽装新刊の問題を研究。
第三章はまだ新刊で入手できる隠れた名著の紹介。
第四章はオークションでも滅多に見かけない超レア本の情報。
第五章は機械的に参考書の質を見極める九原則を提示。
初版と改訂版の主な違いは全体的なレイアウト変更、第一章の加筆、第二章に2問追加、第四章のコメントを大幅加筆した点。
【内容見本】http://www.geocities.co.jp/keiba_zone/sample.pdf
(直リン不可のため、アドレスを貼り付けてください※注意※実際の本は白黒です)
【正誤表・追記】
2頁上段13行目 H校長→校長(半角英数→全角英数)
9頁上段5行目・下段7行目 公認会計士一次試験→公認会計士試験第一次試験
15頁下段10行目 並べ立ててきたが、→並べ立ててきたが、
28頁上段5~6行目 高橋昭→高橋
33頁上段26行目 (ノンフィクション)→(フィクション)
36頁下段16行目 土師雄→土師
38頁下段6~7行目 「一次数学攻略のすべて」→「一次数学攻略の決め手
42頁下段27行目 【収蔵品価格】不明→【収蔵品価格】2000円+税
51頁下段4行目 ゴマブックスごま書房
[PR]
by roudai | 2009-08-16 10:00 | 同人誌 | Comments(27)
Commented by オブジェクトパル at 2009-08-21 09:03 x
買ってはいけない-大学受験参考書編 在庫有とありますが
個人購入できるのでしょうか
どこかでうってるのでしょうか
購入できるとしたら どうすればよいのかおしえてください
Commented by roudai at 2009-09-06 10:14
>オブジェクトパルさん
レスが遅れて申し訳ありません。
本書は一般流通している書籍ではありませんので同人誌即売会(原則「コミックマーケット」)のみでの販売になります。もし委託販売が可能になりました、こちらの頁にて告知いたします。
Commented by hhanano at 2009-09-13 00:27 x
p.31に掲載の『話題別英作文』の著者、斉藤宏氏ですが、この本を出す以前に、オリオン社より『用例で学ぶ サクセス英作文』(D.C.ドラモンド氏との共著)を出されていて、その内容がまさに『話題別~』そのものです。私は『話題別~』は未見ですが、『サクセス~』は受験生の時に持っていまして、まさしく「英作文問題を空欄補充型の英文書き換え問題に作り替え」ていたと記憶しています。こちらは224ページなので『話題別~』よりもページ数は少ないですが、細かい字でビッシリ書かれてありました。
この『サクセス~』が出版社を変えて出たのが
http://www.boople.com/bst/BPdispatch?nips_cd=9890110938
であるような気がします(飽くまで推測ですが、[当時会員だった]通添オリオンは1991年春頃に音信不通になりまして、それ以前も経営的にかなりきついご様子が推察されましたので)。
Commented by hhanano at 2009-09-13 00:28 x
(続き)
なお、1980年代のZ会現国(CコースやLAコース)の出題者および旬報講評者は堀木氏だったと記憶(公表はされていませんでしたが)しているのですが、だとしたら、当時のZ会が例の『新釈現代文』を推薦していたこととの整合性が??と感じてしまいます。ああいう学参推薦に堀木師はノータッチだったんでしょうかね?あと、1971年にZ会より出版された『現代国語問題集』は「増進会指導部編」となっていますが、これに堀木師が一部でも関わっているのかどうか、も気になります(この本は難問揃いの割に解説が簡潔すぎて笑ってしまいます)。
Commented by roudai at 2009-09-15 23:08
>hhananoさん
以前教えていただいたアドレスは使われていないのでしょうか?
メールを出したところ戻ってきたのですが。

>話題別
オリオン社ですか。なるほどアノ偏執狂的な作り込みは納得できます。
Amazonでは「サクセス」を扱ってないのですね。金星堂という出版社が泣かせます。コレは盲点でしたね。
>堀木師
出題者なのは間違いないですね。ご本人もおっしゃっていたし。
ただ、授業中も自著を含めて特定の参考書を薦められた記憶がない(唯一覚えているのは「鴎外の知恵袋」)ので、別人かと思います。
>「現代国語問題集」
1971年だとまだ九段か麻布の先生をしていたかもしれませんね。
Commented at 2009-09-15 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hhanano at 2009-09-18 13:20 x
サクセス英作文を入手しましたが、これは金星堂なだけあって(?)学校採用教材のようですね。つまり問題の解答がない。

オリオン社の方は解答が付いていましたし、ネイティブの共著者が別人なので、形式は似ていますが両者は別内容と見た方がいいようです。

以上、お騒がせいたしました。
Commented by Mgiee at 2009-09-22 23:50 x

>授業中も自著を含めて特定の参考書を薦められた記憶がない

増進会の話題とは関係ないのですが、私が堀木先生の講義を受講していた時は、『現代文解釈の方法』遠藤嘉基・渡辺実 著(中央図書出版社) という参考書を推薦されていました。堀木先生は評論や小説の紹介はよくされていましたが、参考書に関してはほとんどなく、この参考書を紹介する際にも「私は授業中に参考書の紹介をすることはほとんどないのですが…」と前置きされていました。

堀木先生は80年代のZ会現代文の問題作成及び旬報の解説、講評をされていました。ちなみに、堀木先生の代ゼミ単科ゼミのテキスト収録問題は、ほとんどがZ会で過去に作成・出題した良問の再利用でした。

Commented by roudai at 2009-09-23 00:36
>Mgieeさん
お久しぶりです。
小説や評論は確かに何冊か勧められました。読んでませんが(苦笑)。
「現代文解釈の方法」はうーん、受験用なのかなぁ。私個人としてあまり好きな本じゃないですね。
>再利用
東大現代文は全部Z会の自作問題でしたよね。現代文読解法は入試問題がほとんどでした。
Commented by haru at 2009-09-23 11:19 x
「参考書の品格」「買ってはいけない」拝読したいのですが、コミックマーケットのみの販売なのですか?次回開催はいつになるのでしょうか?教えてください。
Commented by Mgiee at 2009-09-23 14:11 x

『現代文解釈の方法』は、私のうろ覚えの記憶ですが(その話の録音されているテープは自宅にあるはずですが、どのテープかわからないので確認はできません 笑)、受験用に推薦されてました。Amazonで確認してみたら今も現役のようですが、初版が98年になっていたので、二代目か三代目のものだと思われます。但し、Amazonの写真で見る限り表紙は同じです。

>現代文読解法は入試問題がほとんどでした。

『MY予備校ブギ』でも書いたのですが、堀木先生は私の受講当時は、『東大現代国語』も『現代国語読解法』もすべてオリジナル問題だったんです。で、ある時期から入試の過去問を使用するようになるのですが、その時期というのがよくわからなくて…。おそらく館長の受講時が過去問使用の初期の頃だと思われます。

ちなみに、堀木先生のZ会の問題作成は、東大向けの記述だけでなく、早稲田等の難関私立向けの客観問題の作成にも携われていたようです。講義中にその類の話をされていたので。

Commented by roudai at 2009-09-23 23:59
>haruさん
次回のコミックマーケット77は12/29・30・31で、31日で申し込んであります。ただ、倍率2倍程度の抽選がありますので、出店できる保証はありません。
他の即売会では「参考書評論集」などという酔狂な同人誌は受け入れられないので、出ることは多分ありません。
Commented by haru at 2009-09-24 21:49 x
返答、ありがとうございました。
再質問なのですが、切手等をそちらに送り、郵送等にて品物を戴ける、ということは可能なのでしょうか?在庫がありましたら、拝見したいです。
Commented by roudai at 2009-09-30 00:08
>haruさん
お返事が遅くなりました。
通販は色々と手がかかりますので今のところ考えていません。
Commented at 2010-02-10 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2010-02-10 21:55
>鍵様
コメントありがとうございます。とりあえず今年の夏コミにはエントリーしました。残念ながら関東在住なので大阪まで行くことはありません。コミケ以外にエントリーすることもないです(普通の即売会では明らかに異端なので)。「買ってはいけない」はあと30部ほどなので、順調なら夏で売り切りで増刷予定はありません。
誌面に限りがあるため、Blogに比べて1冊あたりの情報量は少なめですが、その分Blog未公開のレア本の情報も載せています。
Commented at 2010-02-11 03:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2010-02-11 06:59
>鍵様
非公開コメントはどなたが書かれたか明らかにしないよう「鍵様」で統一しています。どなた宛かは内容からご推察ください。
当方は弱小サークルですので、混雑のため買えない、というようなことはまず無いと思います。冬コミでも限定30部のコピー誌が14時前まで残っていたように。
高く評価していただきありがたいのですが、同人誌というものは基本的に内々のものですからお申し出の件はお受けできません。
Commented at 2010-02-12 17:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2010-02-14 02:28
>鍵様
基本的に10時開場でオフセット本が13時過ぎに完売しているというのは考えづらいですね。たぶん大丈夫だと思います。
>同人誌
私が知る限りで、受験に役立つ内容の本を継続的に出している(ウチは役に立ちませんが・笑)サークルはマウスバードさんのところぐらいだと思います。
http://www.ye-study.com/ya-51-b-1.htm
>勉強法の電子書籍
見たことはありませんが、そういった情報商材のたぐいとは別物ですね。ウチの本を読んでも成績は上がりませんし。
>通販をされる方も多いですが、コミックマーケットで実際に売ることに
>何かやりがいや良さがあるのでしょうか?
別に金儲けのためにやっているわけではありませんし、私の見たい物を趣味で作っているのを同好の方にお分けしてるだけです。
プロの方もそうですが、自分で手売りするとお客の反応を直で見られる(立ち読みしただけで買わない人を含めて)のでそこがやりがいかと。
通販しないのは純粋に仕事があるからと、そのテのお店で売れる保証がないので引受て貰えないからです。
>未公開本
私が文系なので基本的にはそうですね。
Commented at 2010-02-15 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-08-10 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2010-08-10 23:02
>鍵さま
お手数をおかけしています。
ウチのような評論系は開店すぐ、というのは一部の熱狂的(?)ファンを持つサークルだけで、大概は昼食をとってから本腰になるようです。今年は受験系の大手が軒並み落選したため、正直売れ行きが読めません。15時だと「買ってはいけない」は微妙かもしれませんが、残りの2冊はまず大丈夫だと思います。
Commented by 昭和も遠くになりにけり at 2011-11-26 22:18 x
ご無沙汰しております。

こちらのコメントで取り上げられていた「現代文解釈の方法」が絶版になった様です。(因みに「現代文解釈の基礎」も絶版の様です)

Amazonでは中古で300円台で購入できますが、「堀木師が薦めた唯一の参考書」という話が広まると、今度はどうなるでしょうね。

12/31は伺えると思いますので、その節は宜しくお願い申し上げます。(前回の様に人波にさらわれない様に気を付けて参りたいと思います(爆))
Commented by roudai at 2011-12-19 23:38
>昭和も遠くになりにけりさん
「解釈の方法」は流通量がだいぶありますし急騰はないでしょう。あと10年経ったらどうなるか分かりませんが。
当日、元気があれば挨拶回りをしたいので、12時過ぎまで不在かも知れません。直前まで原稿書きでヘロヘロだと最初から動けないかも知れませんが。
Commented by Y at 2016-09-07 03:23 x
『現代文解釈の方法』は自分でも学習し2周してから各自に正確に現代文が読めるようになり,『日栄社1日1第30日完成 現代文 中級編』と『日栄社1日1第30日完成 現代文 上級編』で本文の読み取り方を学ばせてもらい読解力がつき, その後中古で購入した堀木先生の『現代文のトレーニング基礎編』を3周してからは東大や京大や一橋大学の現代文が楽に解答できるようになりました.
まさに僕の現代文の技術的基礎を形成してくれた『現代文解釈の方法』が堀木先生が推薦してくれていたとは驚きですし堀木先生の著作をするときに役立ったのをおもえば当然だと思います。
『現代文解釈の方法』はパソコンで打ち直して今も学習教材に組み込み,生徒の偏差値20以上あげるのに大いに貢献しています.
Commented by roudai at 2016-09-17 12:47
>Yさん
はじめまして、なのかな。
できればidentifyしやすいHNを使っていただけるとありがたいです。
「現代文解釈の方法」はあの詰め込みすぎのレイアウトがガンですね。パソコンで打ち直しの労力は大変なモノだったと思います。
昨今の「解き方100%」な本と違い、「読み方」に重点が置かれているので絶版は残念ですが、今の生徒がそのまま使うのは厳しいのでしょうね。