浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号200 受験のシンデレラ

d0133636_021234.jpg
ノベライズ

d0133636_0212753.jpg
DVD

d0133636_2035142.jpg
公開時映画パンフレット

【タイトル】受験のシンデレラ
【著者】和田秀樹
【肩書】精神科医・映画監督
【出版社】小学館
【サイズ】文庫
【ページ数】253頁
【初版発行年月日】2008年3月11日
【収蔵品発行年月日】2008年4月2日 初版第二刷発行
【収蔵品定価】本体514円+税/4935円+税(DVD)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】和田秀樹「受験のシンデレラ DVDブック」(ブックマン社)
【コメント】
2007年10月に開館した当博物館も200個目の収蔵品展示となった。

ということで今回はいつもと趣向を変えて映画批評をしてみたい。といっても普通の映画ではなく、受験評論家としても有名な和田秀樹氏の初監督作品「受験のシンデレラ」である。

2008年3月に公開された時に日頃その見識に一目置いている前田有一氏の「超映画批評」絶賛されていた(※注 70点は「満足度高めな一品」で週によっては「今週のおすすめ」レベル)のを見て、俺様が見に行かんで誰が見に行くという気概で映画館に足を運んだもので、どこかで非映画マニア的(館長は年1程度しか映画を見ない)な批評を書こうと思いつつタイミングを逸してきた。

この批評を見るだいぶ前に本作がモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(BEST FILM)・最優秀主演女優賞(BEST ACTRESS)・最優秀男優賞(BEST ACTOR)・最優秀脚本賞(BEST SCREENPLAY)の四冠を達成したニュースをVariety Japanで読んでおり、和田氏が高校時代からの夢である映画制作を達成した上に初監督作品で国際映画祭のグランプリを取ってしまう運の強さに驚いたが、後で「モナコ国際映画祭」とは「暴力描写やセックス描写のない映画のための映画祭」ということを知って合点がいった。

和田氏がどこかで書いたのを読んだらそういう計算はなかったとのことだが、海外で新人監督が賞を獲るために、いかにライバルの少ない穴場を探し当てたかを誇ってくれた方が面白かった。まぁ、資金こそ緑鐵舎が出したインディーズ映画だが、俳優からスタッフにいたるまで一流どころが揃っている本作が低予算インディーズ相手のコンペティションに出品するのはワンメークレースにインディカーで参加するようなもので、ある意味これほどの格差(笑)もない。

見に行ったのは新宿のK's cinema、平日の夜(18:50~)だったので上映直前に数えたら6人しか客がいなかった。

大まかなあらすじは「超映画批評」で知った上で見始めたが、主演の真紀役の寺島咲を初めて見て、その楚々たる魅力に圧倒された。彼女をヒロインに抜擢した段階でこの映画のデキは半ば決まったと言っていい。確かに前半、受験に本気になるまでの芝居に滑稽なまでのありえなさを感じたが、後半はぐんぐんと引き込まれた。

そしてもう一人の主役である豊岡功補はまんまドラマ版「のだめカンタービレ」のハリセンで、ドスをきかせて受験生を圧倒するカリスマ教師五十嵐役を熱演。末期ガンで自分の技術を最後に伝える相手として偶然出会った真紀を選ぶ。彼女を選ぶ理由は「んなワケねーだろ」と言いたくなるご都合主義だが、この2人が演じるとそれが大人向けのファンタジーとして成立するから凄い。

当ブログ的な見所としては、真紀が東大を受験するシーンで真っ先に手をつける際にチラッと見える数学の問題が実際に東大で2007年に出題されたもので、この年で一番易しい問題であったことや、本編で五十嵐が真紀に勧める参考書がパンフレットに全て載っているが、かつて東進のアドバイザーをしていたクセに河合出版の参考書がほとんど(駿台文庫・代々木ライブラリーはゼロ)ということか。

ツッコミどころも満載で、不必要に豪華なキャストと併せて、館長の大好きな「新幹線大爆破」を彷彿とさせる。「新幹線大爆破」における多岐川裕美が本作における辰巳琢郎(どちらも一瞬の出演シーンを見落とすとエンディングで?になる・笑)か。

例えば貧乏なはずの真紀が2005年段階で高級機のFOMAなんか使ってる。消費税をケチっているのにパケ代はどうしたのか(笑)。それに16歳の女の子の本棚に高橋幸二「押忍!!空手部」は普通ないと思う。和田氏は受験版「あしたのジョー」と言っているが、ラストシーンはどう見たって「○○○をねらえ!」だろう。とにかく見終わると無性にマーブルチョコレートが食べたくなる映画である。

単館上映だしこんな内容なのでDVD化は絶対ないな、と思っていたらまさかのメジャーレーベル(ジェネオン)からのDVD化。こちらもいつまで手に入るか分からないので早めに入手した。ノベライズ版は映画で描ききれなかったところを和田氏が加筆したもので、映画で説明不足だったところが分かる反面、ケータイ小説的な描写も目立つので、映画を見る前に読むことはオススメしない。今では入手不能のパンフレットもネタバレが多く、上映前に読んでだいぶ興を削がれた。

[追記]
最近産経新聞の「正論」欄に寄稿することの多い和田氏だが、その縁でか今月九段会館で上映会が行われるそうだ。大きなスクリーンで見られる最後のチャンス(というか公開以来最大会場?)と思われるのでスクリーンで見たい人は是非。

第2回「正論」シネマサロン(事前予約制?・2010/5/23)
http://www.sankei.co.jp/seiron/kokuti/0416cinema.html

[追記・2]
BSプレミアムでドラマ化されて2話まで流し見したが映画版に比べて小泉孝太郎・川口春菜ともダメダメでガッカリ。貧困ながら芯の強い主人公が売りなのに、川口春菜に汚い言葉づかいをさせるだけで萎える。
ドラマ化に合わせて入手困難(?)だった映画版がムックになる模様。寺島咲の名演を是非多くの人に鑑賞していただきたい。
[PR]
by roudai | 2009-11-17 00:00 | 受験情報 | Comments(2)
Commented by tabitetu at 2016-08-06 18:50 x
受験物の映画を見ると、つい「美化される受験生活」、「美しい予備校」など、まるで「ドリーム」な言葉が思い浮かびます。しかし、この作品の自分がよく知っている「モロ師岡師」がちゃっかり出ているところを見ると、抜けがなく細かく稼いでいるなと突っ込みが入ります。
Commented by roudai at 2016-08-06 21:43
>tabitetuさん
意外ですね、まだ未見でしたか。ムックも出たので是非見て下さい。
今調べたらあと2本撮っているんですね。評価は芳しくないようですが。