浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号449 参考書選び・常識のウソ

d0133636_21455156.jpg
【タイトル】参考書選び・常識のウソ
【著者】鉄緑会
【肩書】
【出版社】公人の友社
【サイズ】新書
【ページ数】258頁
【目次】
はしがき
第一章 合否を左右する参考書
 §1 参考書抜きで受験はできぬ
 §2 参考書と塾
 §3 参考書選びの間違い
第二章 座談会―参考書選びのポイント
 §1 参考書との付き合い
 §2 参考書の持つ意味
 §3 参考書の選び方―前書きの信憑性
 §4 参考書の選び方―出版社のカラー
 §5 参考書の選び方―参考書選びの本
 §6 有名な本=いい本か
 §7 わかりやすい本=いい本か
 §8 自分に合った参考書を
 §9 生かすも殺すも使い方次第
 §10 自分の責任で
第三章 英語 参考書ガイド
第四章 数学 参考書ガイド
第五章 国語 参考書ガイド
第六章 理科 参考書ガイド
第七章 社会 参考書ガイド
【初版発行年月日】1989年7月25日
【収蔵品発行年月日】1989年7月25日 初版発行
【収蔵品定価】1030円(本体価格1000円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】和田秀樹「新受験勉強入門 参考書ファイル 増補2訂版」(ブックマン社)
【コメント】
今でこそヤフオクにテキストが出品されたり、角川から東大の過去問集が出ていたりでその存在を知られている鉄緑会だが、この当時はまだ知る人ぞ知る「鉄のカーテン」に包まれた存在で、第一章からこんな風に胸を張っている。
私達鉄緑会は、既存の参考書情報の質の低さを見兼ね、皆さんがこれから参考書と付きあっていう際の道標として頂くべく、本書を作成することになった。(32頁)
東大生ならではの何か秘密のノウハウがあるのではないか、という一般人の期待のためにこの本も高騰しているが、表題の通り「常識」のウソしか書いていない。つまり、受験生なら常識の参考書しか登場せず、出てくる本の中で唯一世間的な知名度の低い「理系のための」シリーズ(培風館)に至っては、
受験用として誤用した場合の評価は、最低ランクである。遊びで読んで、楽しむことができれば、それは立派なことだが、私達は皆さんの趣味にまで干渉するつもりは、毛頭ない。早い話が買う必要は全くない。(191頁・原文ママ)
とボロクソである。

館長は浪人生時代に立ち読みしたが全く記憶に残っていないのもあまりにベタなラインナップしかなかったためであろう。しかし、この歳になって読み返すと座談会メンバーの岡田康志(理Ⅲ・3年)君の
参考書っていうのは、その後の勉強の一番鍵になるものですから、いい加減なものを選ぶと、後で絶対後悔します。最初に選ぶ時に,時間をかけてしっかり選んでおく必要があるわけです。それで、本屋に行って、体験談とか参考書選びの本とか、いろいろ出ていますから、そういうのを見たり、実物を見たりして、何冊か見比べて、一日くらいかけて、ようやく一、二冊に目星を付けたんです。(41~2頁)
という発言に深く同意したりする。友達とキャッキャしながら平積みを買う平凡な高校生と理Ⅲ合格者の違いはこんなところにあるのだ。

他の座談会メンバーの現在を見ても東大教授、大手病院部長、読売新聞部長(文Ⅰ卒)と誰一人このギョーカイに留まっていないのが鉄緑会らしい。
[PR]
by roudai | 2014-05-27 00:00 | 受験情報 | Comments(0)