浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号486 新漢文解釈の公式

d0133636_13424154.jpg
【著者】多久弘一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】明治書院
【サイズ】B6横綴じ
【ページ数】127頁
【目次】
基礎編
第1章 特に返読すべき文字
第2章 再読文字
第3章 句末詞
第4章 その他の重要な文字
漢文の基本構造
公式編
第1章 否定の形
第2章 疑問の形
第3章 反語の形
第4章 詠嘆の形
第5章 受身の形
第6章 使役の形
第7章 比較の形
第8章 選択の形
第9章 仮定の形
第10章 抑揚の形
第11章 限定の形
第12章 願望の形
第13章 倒置の形
第14章 その他の形
付録
新旧字体対照表
【初版発行年月日】1978年3月25日
【収蔵品発行年月日】1978年2月10日 5版発行
【収蔵品定価】680円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】「漢文読解の公式集」(学研)
【コメント】
以前「多久の漢文公式」の記事を書いた時に「はしがきを読むとこの前にもう1つ旧々版があるようだが」と書いたが、その「旧々版」に当たるのが本書(タイトルを見れば分かるように更にもう一世代前が存在する)。まさか出版社を跨いで発行されているとは思わなかった。
この当時の参考書としては珍しく著者の肩書として「代々木ゼミナール講師」と明記している。しかし多久師の本の特徴である余話は全く無く句法集に徹しているのでライブラリー版のノリを期待すると肩すかしを食うことになる。
[PR]
by roudai | 2015-01-20 00:00 | 国語 | Comments(0)