浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

発行書籍番号015 現代文の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2016年版

d0133636_693989.jpg
【タイトル】センター試験現代文[評論][小説]の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2016年版
【著者】原ハジメ
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】42頁
【目次】
はじめに
第一講 評論文の読み方・解き方
第二講 小説文の読み方・解き方
【付録一】「新・一読たどり読み」のための手引き
【付録二】センター漢字の三大注意事項
あとがき
【初版発行年月日】2016年6月26日
【定価】400円
【在庫状況】在庫あり
【学力貢献度】★★☆☆☆
【コメント】
当博物館監修の本格的(?)受験参考書第7弾。
第1回おもしろ同人誌バザールにて発売。
昨年より三ヶ月遅れの刊行だが単行本としては最速の二〇一六年のセンター試験本試験現代文の解説書。著作権の関係で問題は未収録。
お買い求めいただいた方は河合塾より問題をダウンロードしてください。
春期講習に行われた「センター試験現代文ゼミ」の講義録で、今年のセンター現代文を徹底解説。
今回も、森久師の幻のメソード「一読たどり読み」を継承した「新・一読たどり読み」を用いてセンター現代文の過去問を読解法・解答法の両面から分析。
今年の問題文に隠されたヲタクネタで笑いながら現代文もデキるようになる一石二鳥の内容。

表紙の元ネタは館長の人生を変えた少年漫画「とどろけ!一番」。同世代しかこのネタは通じないと思いますが。読みたい方はkindleで読めるので是非。
あとこの打ち切り漫画にも多大な影響を受けています。

2016/6/28
本日Comic Zinさんに納品してきました。2013/14/15年版はもう購入可能です。新刊も明日か明後日には購入可能になると思います。

2016/6/29
通販で購入可能になりました。

2016/07/23
大学入試センターが発表した日本国語教育学会の見解でやはり問題2の問6②について異議が出ました。

2016/8/28
通販品切れでご迷惑をおかけしています。
本日出荷しましたので、明日以降通販可能になると思います。

【正誤表】
16頁上段3行目「赤というは」→「赤というは」
23頁下段22行目「くへ」→「くへ」
32頁上段12行目「雰気」→「雰気」
[PR]
by roudai | 2016-06-26 00:01 | 同人誌 | Comments(12)
Commented by S at 2016-07-09 00:36 x
はじめまして

明日、湯木先生の公開授業があるので、どんな人かと調べていて、このサイトにお邪魔したのですが…
クソミソに書かれていて笑いました(笑)

話は変わるのですが、
周りで使ってる人が多い開発講座をやろうと思っていたのですが、館長が「堀木推し」していたので現トレを軽くやってみたところ、結構合ってる感じがしたので変えました(笑)
そこで、もし宜しければ国英日本史の館長オススメの参考書を教えて欲しいです。
Commented by 高辻 at 2016-07-09 02:29 x
はじめまして。
『100万円参考書ハンター』の「パートI」の通販再開予定はございませんでしょうか?

また、学力貢献度が高いものだけを集めたものとかはありませんでしょうか?
Commented by roudai at 2016-07-09 09:08
>Sさん
はじめまして。
私は湯木師の授業を受けたことがないので、著書とどう違うかは知りたいところですね。代ゼミの紹介動画を見る限りひたすら板書を繰り返しているように見えますが。
現行の本に関しては自分の目で見て決めて下さい。私にはSさんのレベルも志望校も目的も分かりませんので。例えば私が所一哉「現代国語レトリック読解法」(匠出版)が良いと言ったら草の根分けても探して使ってくれますか?
堀木師が合うのなら「開発講座」なんかやらずに「新・田村の現代文講義」「酒井のミラクルアイランド」などの方が良いでしょう。
Commented by roudai at 2016-07-09 09:12
>高辻さん
はじめまして。
「おもしろ同人誌バザール」の記事に書きましたが、夏コミで「パート1」の増補改訂版を出す予定で現在作業中です。
「学力貢献度」で検索する人が多いですが、「この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません」ので無意味です。むしろ低いモノを「地雷集」として出す意義はあるかも知れませんが。
Commented by S at 2016-07-10 08:21 x
>>3
授業、受けて来ました!
文章の大半を板書して解説の繰り返しで、分かり易かったのですが眠たくなります(笑)

田村先生は文法のイメージだったのですが、堀木先生と合うんですね!
入門編の後は思い切って私大編に挑んでみようと思います。

自分は中央法志望で、
現代文・日本史は65前後、
古文・英語は50前半です。

特に英語は文法や解釈は一通り理解しているつもりなのですが、解くのが非常に遅く、いつも半分近くノータッチで終わってしまっています。。。

対策として構文の「とり方」や速読術を学ぼうと思ってはいるのですが…
周りが使ってる本(技術やrise)は、解説が詳しい構文集のような感じで「とり方」というと伊藤本ぐらいしか知らず、敷居が高いな〜と思ってしまい、ならばパラリー!というのにも足踏みしてしまっている現状です。
アプローチと最短ROUTEは今度見に行きます。

古文はとりあえず宇宙語を購入したいと思います。
Commented by roudai at 2016-07-10 16:22
>Sさん
レポートありがとうございます。
ほぼ予想通りですね。テキストに本文が書いてるのになぜわざわざ板書するのか?それは、生徒がノートを一杯書いたことで勉強したような気になるからです。書く時間を口頭の解説に費やしたらもっと先に進むはずなのに。
堀木師も(受講していませんが)田村師もあんなに本文の内容を板書したりしませんでした。それは口頭で理解させる話術を持っていたからです。
現代文の偏差値が65あったらわざわざ新しい授業を増やす必要がないような気がしますが、古文が50前半なら「宇宙語」→「本番で勝つ!古典文法」→「土屋の古文100」を勧めておきます。3冊終わればだいぶ違うはずです。
英語は「最短ROUTE」は入手困難なので垂水隆宜「得意になる英語長文」と絶版ですが入手が容易な高橋阿里「必修英文解釈へのアプローチ」を勧めておきます。あとriseはイイ本ですよ。
英文法がちゃんと出来ていればその辺でうろつくことはないはずなので「英文法講義の実況中継」くらいは読んでおくことを勧めます。
Commented by S at 2016-07-11 00:59 x
>>6
湯木先生の京大講座が公開してたので、覗いてみただけです(笑)
板書は同値項や対立項を色塗りするだけで、その程度なら読み取れていたので「京大もこんなもんか」と思ったら記述で撃沈しました…

参考書のオススメありがとうございます!
「rise」が良書なのは分かるのですが1から解釈を学ぶ用かなと。
自分の場合、読むには読めるんです。
模試の解き直しをすると大体8割ぐらい取れます。
ただ、トータルで3時間ぐらいかかるんです。
中には本番で手を付けた問題もあるのに、です。
これは解釈からやり直した方が良いのか、それとも自分の逐語訳読解はこれが限界と諦めてパラリーに走る方が良いのか…
もしパラリーをやるとすればどういったものがオススメでしょう?
とりあえず「宇宙語」は本屋になかったので、ローチケで注文しました!
Commented by S at 2016-08-19 21:07 x
お久しぶりです。
不安感から思考停止な質問をしてしまい、すみませんでした。

結局、夏休みは文法と語彙の復習に努め、解釈は夏休み明けからすることにしました。
「必修英文解釈のアプローチ」は合わないと思ったので「得意になる英語長文」にしようと思います。

古文は「宇宙語」が良かったので「全天候」も購入しました(笑)
「土屋の古文100」はまだ手に入れられていないのですが、時期的にもう少し後でも良いかな、と。

また何かあればよろしくお願いします!
Commented by roudai at 2016-08-21 09:24
>Sさん
お久しぶりです。見えないプレッシャーと闘っている時期ですから仕方ありません。私も大学合格の報告をしに行ったときに森先生から顔色が良くなったと指摘されました。本人全く自覚がなかったのですが。
「得意になる」は設定レベルがSさんより低いので早々に終わらせないといけません。「宇宙語」は気に入っていただけたようで良かったです。「全天候」を済ましたら普通に古文の参考書は読めるはず。「土屋の100」は慣れと教養なので早すぎるということはありません。
残り時間は短いので教科ごとのペース配分に気をつけて勉強してください。
Commented by S at 2016-08-31 02:03 x
得意になるはレベル不足ですか…もっと焦らないと(笑)
とりあえず読み終えましたが、確かに少し物足りなかったですね。
期待通り識別に力の入った参考書でしたが、「対格付き動名詞」と「現在分詞の後置修飾」などの識別まで言及されてなくて残念でした。
次はポレポレ辺りを考えていますが、飛ばし過ぎでしょうか?

それともう1つ。
現代文のフレームワークを身に付けたいのですが、現トレでマーク法を習得できなかったので「詳解 現代文」を購入しました。

>残念ながら「一読たどり読み」の最大の山場であるマーキングは無い

…完全に読み落としていました。
館長の「より役立つ本」で、カバーできるでしょうか?
Commented by roudai at 2016-08-31 22:54
>Sさん
ちょっと言い方が悪かったですね。MARCHレベルには足りない、という意味です。ポレポレって私の中では国立向けの解釈本の位置づけなので、Sさんの志望と欠点(?)を考えると成田あゆみ「ディスコースマーカー英文読解」あたりが残り時間と厚さからベストだと思います。

>マーク法
「より役立つ本」で書いているようにマーク法はあくまで記憶の補助ですので本文の内容を一時記憶できるのなら拘る必要はありません。「より役立つ本」は毎年その辺は同じことが書いてあるので1冊購入してくださいな。
某掲示板での評判は良くありませんが「現代文解法の新技術」はフレームワークという点では結構しっかりしています。立ち読みして合うようならば。
Commented by S at 2016-09-03 15:25 x
ありがとうございます。

勘違いお恥ずかしい(笑)
「得意になるのレベルが足りない」というのは、英文解釈だけじゃダメってことでしょうか?

「より役立つ本」は詳解現代文が終わり次第、購入したいと思います!