浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

発行書籍番号017 シン・ヨゼミ【序】

d0133636_22321644.jpg
【タイトル】シン・ヨゼミ【序】
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】32頁
【目次】
まえがき
第1章 そもそも出世に無縁な○○○のはぐれ者、以下中略、そういった人間の集まりだ。
あとがき
【初版発行年月日】2016年10月30日
【定価】500円
【在庫状況】残部少
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【コメント】
第2回おもしろ同人誌バザールに向けて急遽企画された異色本。「予備校文化を今に伝えるサークル」と紹介されて、果たしてウチに何が出来るのかを自問した末に出した答えがコレ。
我が母校代々木ゼミナールが頂点へと駆け上がる様と絶頂期に忍び寄る滅びの予兆を様々な代ゼミ関連資料の情報を交えながら15年分語り尽くすおっさんホイホイ。例によって学力向上には全く寄与しない。
目次の通り第1章で力尽きてしまったための緊急出版で不良在庫を出さないよう採算ギリギリの少部数。巻末に完結編の予告あり。

2016/10/27 22:30
画像を現物からスキャンしたものに差し替えました。少し暗い色調です。
本日印刷屋から届いて目を通しています。アラフィフには字が小さすぎてキツイかも。
今回は売れ残ったら通販に回すかも、という部数です。確実に入手したい方は当日会場へお越し下さい。

2016/11/6 21:00
本日ComicZinさんに持ち込んで即日で通販に回してもらいました。
残部数は全て通販ですが残りわずかですのでお早めに。
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=30510
ComicZinさんもウチと武蔵野運輸区さんの「その場所は。」(「君の名は。」の聖地巡礼本)と並べるなんて粋なことをしてくれるじゃないですか。



【誤植】
22頁「夏期講習パンフ」
23頁「直前講習テキスト」
27頁4行目「丸々なく」→「丸々なく」
[PR]
by roudai | 2016-10-25 00:00 | 同人誌 | Comments(12)
Commented by tabitetu at 2016-10-26 19:50 x
いやー、遂に出るのですね!!。自分自身、予備校という美しい象牙の塔に見える世界を、裏のドロドロとしたなすりあいの現場を見てきた人間にとっては「良くやってくれた!!」と称賛してしまいます。「予備校バブル」に良い思いをして、その後の「予備校バブル崩壊」により、人が180°変わり、全てを失った自分にとっては楽しみな書籍です。では当日にお目にかかりましょう(^^)/。
Commented by roudai at 2016-10-26 21:08
>tabitetuさん
コメントありがとうございます。
うーん、どうなんでしょう。私は裏の部分は見ていませんからねぇ。
ただ、まとめてみてこんなところに「滅びの予兆が」と驚くことが結構ありました。若干物足りないかも知れませんが楽しみにしていて下さい。
Commented by M at 2016-10-30 17:23 x
11時30分ごろ「シン・ヨゼミ」getできました。「第2回おも人」それほどの込み具合でもなく、次回も完結編期待しています。
Commented by tabitetu at 2016-10-30 20:17 x
本日はお疲れ様でした。終わった後の「濃密な?」お話と色々と展開させていただきました。この本にもあるとおり、代ゼミは1995年辺りに大きな変化が生じていましたね。それまでの「ベテラン」を一斉に切って、若手の講師に替えていった時期でもあります。これまでの「予備校バブル」がはじけましたね。各講師の授業前と授業中、授業後の話も結構頭の中に残っていたので、ビックリした次第です。あと、お隣のサークルにはご迷惑をお掛けしました<(_ _)>。URLは「伝説の講師 辻良平師」を取り上げます。あの「秋山仁師」も「恩師 辻良平師」のために尽力を尽くされたことがわかります。
『恩師の辻先生が末期癌と分かって以来、秋山先生は病院との交渉というような間に立って、私は忠岡先生や平野先生のご教示を受けて、病状の進行等についてご家族に連絡していました。それぞれ辻先生に何分の一かの恩返しをしたかなと思っています。
ただそれは、相談せずに結果的にであって、先日、秋山先生と最近、理科大で会ったのは30数年ぶりになります。神楽坂の居酒屋で会ったのが最後だったかなと思います。』
Commented by roudai at 2016-10-30 21:23
>Mさん
毎度どうもありがとうございます。
直接お売りできなかったような気がしますが、
今回もトイレか何かで席を外したタイミングだったでしょうか。

>tabitetsuさん
おつかれさまでした。じっくりとお話しをするのは初めてでしたか。あの頃は今からから考えれば信じられない話が多かったですね。【完結編】に向けてネタの確認をさせていただくかも知れません。1996年の資料が手元にないのが返す返すも残念です。重要な変革の年の資料のはずなんですけどね。
Commented by 1983 at 2016-10-31 16:50 x
シン・ヨゼミ興味深く拝見しています。
85年の「東大入試攻略法」はアルファに掲載されていたことすっかり忘れていました。
80年代中期の直前講習はサブタイトルが派手目になってましたね。潮田先生の講座「サクセスへのショートカット」は代ゼミ側で付けられたのを原先生が「セックスへのパイプカット⁉︎取りたーい!」と揶揄してたのを思い出します。
代ゼミの興衰はそのまま日本経済のと一致するので、その点から論じでみるのも面白いと思います。
今の代ゼミの講師の授業は受けたことがないので単なる偏見かもしれませんが、80年代の講師より実力劣っているように見受けられます。世界史の武井・山村クラスの講師はこの30年出てきていないように思います。
自分まだ80年代の代ゼミのパンフレットをいくつか持っていますので機会があれば持参しようと思います。
東大合格者の体験談の冊子もありますけど、この中から著名人が出れば面白いのでしょけど、今の所はいなさそうです。
では、お元気で次作期待しています
Commented by M at 2016-11-03 18:57 x
30日は有難うございました。
冬コミは如何ですか?その際、完結編が先か、パートⅢが先になる予定ですか
Commented by M at 2016-11-28 21:50 x
コミックマーケット91
31日(土曜日)東O36aになったようですが、ヨゼミ完結編拝読希望します。頑張ってください
Commented by roudai at 2016-12-04 17:35
>1983さん
お返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。わざわざ会場に
「東大入試対策集中ゼミ」をお持ちいただき眼福に与らせていただきました。ちょうど立て込んでいたところであまりお話し出来ませんでしたが厚く御礼申し上げます。
「集中ゼミ」はもっと薄い本かと思ったら意外と厚いのですね。
原尊師の潮田師へのコメントはいかにもです。
「予備校作戦」を確認してからお返事しようと思っていたら、取り紛れてすっかり遅くなってしまいました。
Commented by Warriors at 2017-01-04 18:31 x
売り切れたものはネットで無料公開して頂ければありがたいです。
ところで古文の椎名守師が昨年大みそかに亡くなっていたそうで。椎名師の著作はどれも絶版ですが、復刊して頂きたいですね。私は椎名師の講義を受けておりませんが、お世話になった友人によると文法を基礎から丁寧に教えて確実に読めるようにしてくれる素晴らしい先生ということでした。合掌。
Commented by 落札し損なった男 at 2017-02-12 00:25 x
館長殿
御無沙汰しております。
先日、シン・ヨゼミを通販で入手しました。
リアルタイムで入手することが出来ず、残念無念。
会社から帰ってきて、在庫が復活しているかを毎日確認していて、ようやく1月末に予約。
今週手元に届きました。
インフルエンザに罹患し、1週間、夏休み以外での初の長期の休み、とはいってもベッドで、部屋や家から出られず、ほぼ独居房状態でしたが、
シン・ヨゼミが私の時間をしっかり埋めてくれました。

この先生、この時代にもういたんだ…
あー、この先生、受けたかったな、タッチの差か…

そんな感慨を持ちながら、大変興味深く拝見しました。
これを集め、まとめ、編集されたご苦労、ただただ尊敬いたします。
こうした予備校の歴史は、合格体験記ではない、受講生たちの思い出であると思います。


館長殿もまえがきで記載されてましたが、私も代ゼミのパンフを未だに持ってます。
90年単科、夏期、冬期、本科
91、92年すべて
93年単科、94単科
受験生時代のを持ってるのは覚えてるんですが、学生になって以降も、代々木や池袋に行った時に、あるいは神保町の大型書店でフラッと立ち寄り持ってきてたんでしょうね。
河合や研数、武蔵、駿台、早ゼミなんかのチラシも持ってます。

当初はきれいなパンフを、しかし、次第に締切も記載したほうが、記念になると思い、締切を記載したリアルタイム版みたいなものを、保存用にしました。
増設別紙や申込書なんかも、なぜか挟んでありました。
時間割表も結構残ってます。
館長殿には到底かないませんが、代ゼミ全盛期の魔力に魅入られたんでしょうか。

特に私が感動したのは、伝説の山田弘師の講座説明の部分です。
私が札幌、津田沼、柏の生徒だったら、まず喰い付く文言ですが、授業を受けたら、さぁどうなる事やらという感じですが、
代ゼミパンフは、その反動さえも愉しまないと、という自己責任も伴う諸刃の剣ですからね。
ある意味、おおらかな時代でしたね。

長文になってしまいました。
続刊、本当に楽しみにしております。
多忙かと存じますが、インフルなどにお気をつけられ、更なるご報告を楽しみにしております。

Commented by roudai at 2017-03-12 21:05
>落札し損なった男さん
お返事が遅くなって申し訳ありません。
冬コミの売れ行きが悪く、ペーパーが余ったので通販の在庫に差し挟みました。喜んでいただけて良かったです。
在庫はまだあるのですが、Comic-Zinさんから発注がないため立ち往生しています。
よその予備校の資料も多少持っていますが、やはり代ゼミの面白さにはかなわないですね。
こういうコメントをいただけるのは書き手冥利に尽きます。仕事が忙しく、4/2も年度の節目で何があるか解らないのですが、なるべくご期待に添えるよう努力いたします。