浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号628 現代文論述

d0133636_21521937.jpg
【タイトル】合格への問題演習 現代文論述
【著者】おのひろし・小林敏明/高橋一夫監修
【肩書】河合塾専任講師
【出版社】河合出版
【サイズ】A5
【ページ数】137頁+別冊解答10頁
【目次】
第一章 随筆
  〔1〕芸術の持続性とは〈吉田秀和「音楽展望」〉(東京大)
  〔2〕捨てられたピアノの命〈芥川龍之介「ピアノ」〉(名古屋大)
  〔3〕悼みとはげましと〈川端康成「夕日炎々」〉)(大阪大)
第二章 近代詩
  〔4〕ことばのあそび〈谷川俊太郎「ことこ」〉(都立大)
  〔5〕時の流れに浮かぶ生〈伊藤整「弟の日」〉(東京大)
  〔6〕智恵子とレモン〈高村光太郎「智恵子の半生」〉(北海道教育大)
第三章 小説
  〔7〕化物ロマネスク〈内田百聞「件」〉(北海道大)
  〔8〕青春いまひとたび〈永井龍男「小美術館で」〉(広島大)
  〔9〕雨の朝の視界〈幸田文「おとうと」〉(大阪大)
第四章 近代文語文
  〔10〕諭吉の情報理論〈福沢論吉「学問のすゝめ」〉(広島大)
  〔11〕鴎外の処世案内〈森鴎外「智恵袋」〉(京都大)
  〔12〕漱石の留学白書〈夏目漱石「文学論」〉(東京大)
第五章 言語論
  〔13〕ことばの危機と想像力〈宮本忠雄「言語と妄想」〉(獨協大)
  〔14〕へんな「あなた」〈外山滋比古「日本語の個性」〉(九州大)
  〔15〕言語学者への一提言〈泉井久之助「なお霧中 日本語の系統」〉(名古屋大)
第六章 文化・文明論
  〔16〕宗教者としての猟師〈岩田慶治「カミの人類学」〉(秋田大)
  〔17〕モノ作りの原点〈秋岡芳夫「住-すまう」〉(一橋大)
  〔18〕高校野球のイデオロギー〈作田啓一「恥の文化再考」〉(大阪大)
第七章 思想・哲学
  〔19〕正しい論理と天才の眼〈大森荘蔵「流れとよどみ-哲学断章-」〉(東京大)
  〔20〕日常的合理性の崩壊〈竹内啓「近代合理主義の光と影」〉(東京大)
  〔21〕生きた歴史とは〈中村雄二郎「哲学の現在」〉(筑波大)
第八章 芸術論
  〔22〕芸術論の西と東〈山崎正和「東洋と西洋の技術観」〉(岡山大)
  〔23〕コルビジェの苦虫〈栗田勇「思索の風景-都市への架橋」〉(東京大)
  〔24〕スケッチを考える〈辻まこと「動物スケッチ」〉(北海道大)
第九章 文学論
  〔25〕自我との葛藤〈中村光夫「漱石の青春」〉(岡山大)
  〔26〕叙事詩的世界への憧れ〈三島由紀夫「小説家の休暇」〉(北海道大)
  〔27〕小説の原点に迫る〈辻邦生「小説の序章」〉(横浜国立大)
第十章 社会科学評論
  〔28〕ヴェーバーの方法論〈大塚久雄「社会科学における人間」〉(東京大)
  〔29〕大衆の声としての世論〈宮沢俊義「民主制の本質的性格」〉(東北大)
  〔30〕盛り合せ音楽会〈丸山貴男「戦中と戦後の間」〉(一橋大)
【初版発行年月日】?
【収蔵品発行年月日】1994年3月1日 初版第10刷発行
【収蔵品定価】定価762円(本体740円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】竹国友康・前中昭・牧野剛「現代文と格闘する三訂版」(河合出版)
【コメント】
長年紹介しようとして読みかけのまま放置してきたが、リクエストがあったので気合を入れて読んでみた。

「現国論述」は国会図書館に収蔵されているようだが、書誌情報からもこの本と同一の内容で、以前ヤフオクで見かけた時は一時期の「新・秘伝のオープン」と同じ赤茶色の表紙だったと記憶している。画像の版は最後の方のもので、その間に同じ表紙で「進学研究社」版も存在する。

「合格への問題演習」シリーズは当時の進学研究社(河合出版)では最難問集という位置づけで、「一〇〇万円参考書ハンター」でも取り上げたとおり、「数学Ⅰ」「基礎解析」「代数・幾何」「微分・積分」「図形問題のすべて」と「物理」「化学」「日本史重要24テーマ」「世界史重要28テーマ」の計10冊が刊行されたが、数学→理科→国語→社会の順にフェイドアウトした。

刊行当時、記述式専門の問題集型参考書は他に「田村の現代文講義・3」くらいで、目次を見れば分かるようにほとんどが国公立2次の上、出題校も旧帝大を中心に良問揃いである。このラインナップを見て、誰かさんの記述専門問題集を見れば出題校のレベル差は一目瞭然だ。

時代が時代なので、本文の長さで超長文と言えるのは北大の内田百閒「件」(本文だけで6頁強!)くらいで、他は3頁前後だが、キチンと読もうとすると結構骨の折れる文章が並ぶ。
別冊解答は文字通り「解答のみ」書かれており、問題解説や解答作成のためのヒント(視点)はコラム形式でびっしりと本文の周囲を埋め尽くしている。そういう意味では「現代文解釈の方法」(中央図書)や「詳解 現代文」(旺文社)といった旧来の現代文参考書の書式を受け継いでいる。
基本的には現在の河合の現代文参考書と同様に本文を段落ごとに整理する書き方だが、前半の文学的文章(含む9章)をおの師、後半の論理的文章を小林師が分担して書いているので、書き手の色がハッキリ分かれる。特に前半、本文に関連する映画の蘊蓄が頻出するあたりがいかにも授業で語っているようでほほえましい。
今時の参考書は近代詩だけで1章を立てたりしないのでそういう点でも新鮮だが、問題が難問の割には解答が陳腐でもう一押し欲しい感じがする。受験生が書くならこの程度なのかもしれないが、難問集ならそれなりの解答は示して欲しいのでやや評価を辛めにした。
[PR]
by roudai | 2017-09-05 00:00 | 国語 | Comments(3)
Commented by バルボン at 2017-09-07 00:12 x
この時代だと解説もあっさりしていたんですね
詳しくなったのは代ゼミ田村あたりからなのかな?
とにかくリクエストにこたえていただきありがとうございます
Commented by roudai at 2017-09-07 23:10
>バルボンさん
はじめまして。リクエストありがとうございます。
なにせン万冊あるので何を取り上げようか考え出すと夜も眠れない状況なので踏ん切りが付きました。

>この時代だと解説もあっさり
こう受け取られたのは不徳の致すところで、同時代の本の中ではだいぶ解説が充実しています(同時代的には「現代文講義」が異常なだけ)。特に本文の読解重視の解説で、逆に記述の作り方などは天下り的です。

また興味のある参考書がありましたらリクエストをお寄せ下さい。持っていて、論ずるに足る本であれば倉庫から引っ張り出してきます。
Commented by バルボン at 2017-09-08 02:19 x
わざわざありがとうございます
甘えついでにリクエストしたいのが2つ
綿貫先生の英語語法征服(旺文社)と
伊藤正弘先生の英文解釈ゼミ(英協)がありましたら是非お願いします
もちろん時間が許せばと言うことでw