浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
おのひろし・小林敏明「合..
by バルボン at 02:01
85年のパンフレットの講..
by 1983 at 17:06
>1988受験世代さん ..
by roudai at 21:49
>1983さん ご感想..
by roudai at 21:37
この手の代ゼミの本は昔代..
by 1988受験世代 at 10:04
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号629 日本史の最重点150

d0133636_9214386.jpg
【タイトル】日本史の最重点150
【著者】加藤幸夫
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】三省堂
【サイズ】B6
【ページ数】248頁
【目次】
はしがき
原始・古代 29
中世 21
近世 27
近現代 46
文化史 27
【初版発行年月日】1993年12月10日
【収蔵品発行年月日】1993年12月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
三省堂から白井師と共著で「みてすぐわかる」シリーズを出している加藤師だが、単著は本書とライオン社の薄い新書判2冊ということで、「ブルゾンちえみ with B」のブリリアン程度の評価しかしていなかった。

本書自体もすっかり存在を失念しており(山本洋幸「世界史の最重点230」と併せて影が薄い)、先日ヤフオクに馬鹿みたいな値で出品されて初めて存在を意識した。たまたまAmazonに捨て値で出ていたので取り寄せたところ認識を一新したので取り上げてみる。

まず何が凄いかと言えば、裏表紙のアオリ文句である。
●試験場で、あと1点をもぎとるための重要事項を網羅。
●断片的・個別の日本史知識を交通整理。
●入試に出るところのみを、★印3段階で重要度表示。
●日本史をこれから始めようという人は買わないで下さい。
参考書購入者の大多数であるところの日本史初心者に対して「買わないで下さい」と豪語する態度。しかも、冒頭に「1点をもぎとるための知識」と「重箱の隅」宣言をしていながら、タイトルは「日本史の最重点」という矛盾。

中を見ていくと、150のテーマ毎に時代を跨いでまとめられている。

たとえば「18 流された人々」は奈良時代から江戸時代にかけて時の権力者から流罪を言い渡された人々の行き先と原因が並べられている。個別の情報は教科書にも載っているものが大半だが、早良親王の死因(教科書では「憤死」と書かれているが抗議のための絶食死)なども書いてある。
中でもアッと驚いたのは、奈良時代に流罪となった二人の僧侶玄昉道鏡の左遷先についてで、それぞれ「筑紫観世音寺」と「下野薬師寺」は教科書的知識だが、この2つの寺の共通点(東大寺と併せて「天下三戒壇」)については初めて見た。
「41 日本国王足利義満」では義満の権力奪取の過程が示され、最後に武士出身の「太政大臣」と「関白」の一覧が示されている。平清盛・足利義満・豊臣秀吉までは誰でも知っているが、最後の武士出身の太政大臣は誰か?また、最初の武士出身の関白は豊臣秀吉だが、最後の武士出身の関白は誰か?(答えは最後に)
「58 外国船と事件」では織豊期のサン=フェリペ号から終戦時のミズーリ号まで時代を跨いで並べられているが、ポサドニック号ヘスペリア号までカバーしているところにシビれる。
「132 仏像」も単なる羅列ではなく、「如来」「菩薩」「明王」「天」「羅漢」に分け、それぞれの違いも明記されている。
惜しむらくは「131 中世の建築史」で金閣の第二層(「潮音」)が銀閣の第二層(「潮音」)と混同されていたり、銀閣の第一層と第二層の名称が逆になっている点と「123 戦後の日中貿易」で人名ベタ問の達之助が間違っていることくらいか。
最後の248頁が丸々「150 祝祭日」となっているようにあとがきも索引もない潔いレイアウトもベテラン講師の情熱の現れだろう。

類書を探してみたが最近の参考書では意外とこのテの作りの本はなくそういう意味でも貴重である。




【クイズの答え】
武士出身の太政大臣
①平清盛
②足利義満
③豊臣秀吉
④徳川家康
⑤徳川秀忠
徳川家斉
武士出身の関白
①豊臣秀吉
②豊臣秀次
[PR]
by roudai | 2017-09-12 00:00 | 社会 | Comments(0)