浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号001 英語の構文がとれる本

d0133636_21554.jpg

【タイトル】英語の構文がとれる本
【著者】杉嶋直樹
【肩書】両国予備校専任講師
【出版社】吾妻書房
【サイズ】A5
【ページ数】117頁
【目次】
■はしがき
≪第1部≫ 英文読解の基本・10の秘訣
 第1講 こうすれば構文がつかめる
 第2講 基本5文型とその見分け方
 第3講 節と句をつかもう
 第4講 構文の解き方考え方(その1)
 第5講 構文の解き方考え方(その2)
 第6講 構文の解き方考え方(その3)
 第7講 倒置構文なんか怖くない(その1)
 第8講 倒置構文なんか怖くない(その2)
 第9講 相関語句を見逃すな
 第10講 挿入語句に惑わされるな
≪第2部≫ 構文解明演習問題
Part Ⅰ
Part II
■「構文解明演習問題」全訳
【初版発行年月日】1983/7/20 第1刷発行
【収蔵品発行年月日】1987/7/25 第5刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】内山智雄「なぜ、英文が読めないのか―読むための英文法」(文芸社)
【コメント】
最初の本はよほどの参考書マニアでなければ知らない本。手元にある限りの参考書紹介本(「私の大学合格参考書作戦」等)を見ても1度も取り上げられたことがない。
「はしがき」に拠れば雑誌「医歯薬進学」(玄文社)の連載を元に書かれた本だそうだ。
よく英語の講師が「英語の構文を"とる"」と言うが、その「とる」というのはどういう行為を指すのか明確にしているケースはほとんど無い。この本はその一点にこだわった本で、敢えて類書を挙げれば宮崎尊「宮崎尊の入試英語スーパーマニュアル」(旺文社)がそれに当たるが、この本も稀覯本なので、最近見つけた良書を挙げておいた。
英語の文法は大体知っているのだが、ちょっと複雑な文の解釈になるとお手上げ、といった読者を対象にしていながら、第1講の最初の問題が、今から30年以上前の京大の下線部訳の問題という度肝を抜かれる構成に感動させられる。ちなみに問題の英文はこう(前後の文には全て日本語訳がついているが)。
On the one hand there is the danger of rushing into action without thinking about what we are doing, or by taking it for granted that it is all right to do as others do, although we don't in the least know why they act thus.(正解は最後に)




【正解】
一方では、私たちが何をしているのか考えもしないで、あるいは、他人がなぜそのように行動するのか少しも知らないのに、他人がするようにしていればよいと頭から思い込んでしまって、性急に行動に移るという危険がある。
[PR]
by roudai | 2007-10-01 00:00 | 英語 | Comments(9)
Commented by Mgiee at 2007-10-03 20:00 x

>よほどの参考書マニアでなければ知らない本。

知ってますよ(笑)
てゆーか、持ってます(^^)V

もう、20年以上経ちますかねぇ。
三省堂神田本店でたまたま見つけて購入しました。

当時はまだ富田一彦の登場前だったので、伊藤和夫を更に進化させたツワモノが登場したかのような衝撃をもってレジへ持って行ったことを、まるで昨日のことのように思い出します。近くメジャーになるのでは、と密かに期待してましたが、どうも不発に終わってしまったようですね。

おっしゃる通り、まさに「構文を‘とる’」という時の、その‘とり方’を非常に緻密に、解析的に説明している本ですね。
しかし、もう少しメジャーになってもよかった本のような気はします。

Commented by roudai at 2007-10-06 11:30
>てゆーか、持ってます(^^)V
うーん、悔しいなぁ。初球は外角低め一杯の剛速球と決めてたのに。

実際、「英語の構文がとれる本」でググっても、2ちゃんの参考書スレ(それも1回)と英語を勉強しているある主婦の方のBlogしか引っかからないほどマイナーなんですよね。

メジャーになるにはやはり出身母体(今は亡き両国予備校)と出版社がネックでしたね。それだけ中身で評価する人が少ない証ですが。これだけでもMgieeさんが「参考書を見る眼」を持っている人だということが分かります。
Commented by hhanano at 2009-09-10 00:37 x
この本は存在すら知りませんでした。のでヤフオクで大枚はたいて(笑)購入してみました。

想像していたのと違って、初級レベルから説き起こしていますね。その意味で、古谷専三の本(あそこまでくどくはないですが)を思い出してしまいました。

薄い本ですが当時の学参らしく細かい字で結構ビッシリ活字が詰まっているので、今出したらページ数が3倍とかなりそうですね(笑)。

しかし良書だと思いました。思うに、当時の『医歯薬進学』の連載ものはかなり充実していましたよね。もっとも、大西師のシリーズのように、「コピーした方が安い」本でも結構売れていた当時の感覚を今に当てはめることはできませんが...。

あと、上掲の京大の英文問題ですが、本文に誤植があります。冒頭部、正しくは"On the one hand"ですね(p.3の再掲では正しく印刷されていますが)。

カバーに印刷されている『長文〜』も欲しくなってしまいました。
Commented by roudai at 2009-09-10 22:48
>hhananoさん
アノ即決はhhananoさんだったんですか。
誰が落とすんだこんなボッタクリ!とチェックしていたら想定外の早さで落札されたのでビックリしました。
ページ数については「買ってはいけない」にも書いてあるのですけどね。
私が定価以上(3倍以上)のプレミアを認めている本ですので、それなりの本です。大西シリーズの「コピーした方が安い」というのは定価が高いからでしょうか?
原本は今倉庫なので、手元にある原師の1学期のテキストを確認したらおっしゃるとおりでした、ありがとうございます。比較すると挿入句が一部省略されているんですね。
>『長文~』
ヤフオクを3年ほどウオッチしてますが1回しか見たことがないですね。
残念ながら手元にはありませんが、浪人時代何回か立ち読みして『とれる本』ほどの価値はナシと鑑定しています。1000円くらいまでなら落札するかもしれませんがそれ以上はチョット。
Commented by hhanano at 2009-09-10 23:13 x
>誰が落とすんだこんなボッタクリ!

気になるともうダメなんですよね~。今までいくら散財したか...。
まあでも良い本なのでそこそこ満足しています。

大西シリーズですが、例えば『有機化学特講』は当時の定価で確か2500円だったと記憶しています。当時の学参価格としては飛び抜けていたような。しかもあの体裁で...。コンプするためにはシリーズ5冊(6冊だったかな?)買う必要があり、当時受験生だった私は財布を見ては恨めしく思ったものでした。中身は最高でしたが。

『長文』のご評価、ありがとうございます。『買ってはいけない』『参考書の品格』、そして本ブログを拝読するに、単なる懐古趣味のオヤヂのため(のみ)ではなく、現受験生の使い勝手と志望校合格への学力作りに配慮した評価が満載で、非常に勉強になります。

絶版学参は懐古趣味やマッチポンプ的レビューに端を発する高額売買が常態になってしまっているので、冷静な評価と代替参考書をきちんと提示して下さる貴ブログは非常に良心的かつ貴重だと思います。

これからもよろしくお願いします。
Commented by roudai at 2009-09-10 23:45
>hhananoさん
>気になるともうダメなんですよね~
ま、私も同じですけどね。
少年の心とオトナの財布(激爆)を持ち合わせれば自ずとそうなります。
>大西シリーズ
実は大半は未だに現役なんですよね。知らない人も多いようですが。
http://www.isiyaku.com/tankou1.html

>現受験生の使い勝手と志望校合格への学力作りに配慮した評価
あくまで文系の人間による主観的評価ですが。

>絶版学参は懐古趣味やマッチポンプ的レビューに端を発する高額売買が常態
ホント、最近の昭和40年代以前の参考書の価格は異常ですね。
2年前なら数百円の品が万券突破がザラですから。その辺の愚痴は冬コミ予定の第2新刊が出せればそこに悪い例を挙げます。
余所を見ても現行本(しかも選択がベタ過ぎ)のアフィリ稼ぎばっかでああはなりたくないなと思ってます。

どこまで続くか分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by takky at 2009-09-22 16:56 x
試験にでる英文解釈の記事を検索していてこちらにやってきました。こちらの本すごく気になっていて、hhananoさんの即落されたあとのオークションに参加しましたが、高騰し断念しました。現在社会人の英語再学習中です。代替参考書にあがっている宮崎尊先生の実況中継は購入しましたが。また出品される機会をみつけて購入を試みるべきか・・・迷っています。管理人様のご意見をいただきたく存じます。
Commented by roudai at 2009-09-23 00:19
>takkyさん
わざわざコメントありがとうございます。
うーん、正直アノ値段はないと思うんですよ。
社会人の英語ということは、受験生のように時間的に切羽詰まっていないと思いますので、オークションなど気にしない方がいいと思います。
まずは宮崎師の本を読まれて、それでもまだ「なぜ英文は長くなるのか」という問に明確な答えが出なければ他を当たればいいでしょう。
言い方は悪いですが、現行の参考書を立ち読みレベルで「全て」目を通されました?確かにこの本は良書ですが、この本がなきゃ夜も日も明けぬ、という訳じゃないし、世の英語講師全てがそんなに無能な訳じゃありません。現行の参考書でも意欲的な本は何冊かあります。ただ、有名じゃないだけで。
「なぜ英文は長くなるのか」という視点からの説明があるか否か、そこだけチェックして現行の参考書をチェックしていけばわざわざこの本をベラボーな値段で買う必要はありません。
今、チョット書きかけの記事があるので、最近の本でオススメというのはそちらで公開します。休み明けまで他の記事をごらんになってお待ちください。
Commented by takky at 2009-09-23 07:55 x
>オークションなど気にしない方がいいと思います。
そのとおりですね。勉強に専念します(笑)。

>現行の参考書を立ち読みレベルで「全て」目を通されました?
いえ。読んでいてわからないところがあるとそこにひっかかってしまうたちでして・・・なかなか流し読みできません(汗)。

>休み明けまで他の記事をごらんになってお待ちください。
管理人様。ご丁寧なお返事ありがとうございます。記事の追加楽しみにお待ちしています。