浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
本日一番初めに伺った者で..
by kokuzo1904 at 15:34
遅くなって済みません。近..
by M at 12:11
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号006 佐藤忠志のズバリ!合格の英作文

d0133636_1222665.jpg

【タイトル】佐藤忠志のズバリ!合格の英作文 発想転換解答法の極意
【著者】佐藤忠志
【肩書】東進スクール講師
【出版社】KKベストセラーズ(ワニの本)
【サイズ】新書
【ページ数】199頁
【目次】
英作文が合否のカギを握る
 なぜ、英作文を重視するのか
 決め手になるのは日本語読解力だ
 発想の転換で勝利せよ
 急増する時事トピックス
発想転換トレーニングで英作文は自由自在
 例題1~73
【初版発行年月日】1990年4月25日
【収蔵品発行年月日】1990年4月25日 初版発行
【収蔵品定価】700円(本体680円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】700円
【代替参考書】宮崎尊「宮崎の今すぐ書ける英作文―大学受験英語 (和文英訳編) 」(ナガセ)
【コメント】
日本予備校史上最強の色物英語講師である佐藤"人称代名詞it"忠志による「ズバリ!合格」シリーズの最終巻である本書。
世間的には「ズバ単」「ズバ熟」の知名度の方が高く、ほとんど忘れ去られているが、実は佐藤忠志の手になる参考書の中で屈指の名著である。
ある参考書に詳しい方にお見せした時に、ヤフオクでつねに高騰する「シンプルクッキング英作文」(研究社)に似てますね、というコメントを戴いた。「シンプルクッキング~」は未見なのでどこがどう似ているかはコメントできないが、この本の"売り"はサブタイトルにもある「発想転換解答法」で、国公立二次と私大上位校で出題される長文の英作文で「いかに悪あがきするか」というテクニックを73題の例題を通じて教えてくれる。
しかも73題全てに「模範解答」と「発想転換解答」の2通りの解答が付き、その他に0点を防ぐための「ゲリラ解答」が19題に付いてくるという、1題で3度美味しい構成になっている。

たとえば、同志社大の和文英訳(例題37・cf.P101)で
「日本人の季節感は鋭いとの説は、特に日本人にウケがいい。現代人について言うなら眉唾物だが、往時は確かにそうだった。」をどう訳すか。

【模範解答】は
The opinion that Japanese have a keen sense of the seasons is especially favored by the Japanese themselves. If it refers to the modern Japanese, the opinion is unlikely to be true, but it was certainly so years ago.

【発想転換解答】は、もし「opinion」という単語が本番で出てこなかったら、という方針で
We often hear that Japanese are sensitive to the seasons.Although this may not hold true among modern Japanese, but it was certainly so years ago.
(【ゲリラ解答】は最後に)

現役の本でかろうじてこの本に近い考え方をしているのは同じ元代ゼミのヤクザ先生山田弘師の「中学英語で大学入試英作文が解ける」ぐらいか。信じられないことに、コレだけの名著がamazonのマーケットプレイスで破格の安値で売られているということだ。確かに英作文の需要はそれほどあるとも思えないが、今更「和文英訳の修業」(文建書房)や「長文和文英訳問題の解き方」(旺文社)をやる金と暇があるのならこの本を手にした方がよほど効率よくコツが学べるはずである。




【ゲリラ解答】は「日本人に受けがいい」をどう言い換えるかが焦点。
The Japanese people especially like the opinion that they are sensitive to the changes in the seasons. In the past it was true, but not with modern Japanese people.
[PR]
by roudai | 2007-10-06 00:00 | 英語 | Comments(3)
Commented by Mgiee at 2007-10-07 19:37 x

haruhicoさんの記事を読む限り、確かに『シンプル…』と似ているかもしれません。‘発想転換’、‘悪あがき’という点では。
たとえば、『シンプルクッキング英作文』の「LESSON 1」の冒頭の問題は「孤独は思考を活性化する」。これを英訳させる問題なのですが、「孤独」「思考」という名詞を知らなければ、動詞化して表現することを提案しています。

「孤独」→「1人でいること」: be alone あるいは be by oneself
同様にして、「思考」は、 You think.

で、解答例としては、
・When you are alone , you can think better.
また、問題の和文を直訳した解答例として、
・Solitude activates thinking.
があげられています。

ちなみに、『シンプル…』は研究社から出版されていた高校生向け某英語月刊誌(現在は廃刊)の連載をまとめたものです。この雑誌の連載からは他にも受験参考書の名著が結構出てるのですが、昨日お約束した通り、具体的名称は控えさせて貰います(笑)。


Commented by roudai at 2007-10-07 22:23
わざわざ「シンプルクッキング~」を調べていただきありがとうございます。
研究社の参考書を毛嫌いしていたので全く見た記憶がないのですが、確かにオリジナリティのある高値を呼びそうな内容ですね。ただ、そんなに英作文の需要ってあるんですかね?
Commented by Mgiee at 2007-10-07 23:56 x

確かに。
はっきり言って、需要という点では小さい分野でしょうね。

それに、同じ英作文でも東大・一橋あたりは最近は完全に自由英作文の形式へとシフトしてるようですし。いわゆる‘和文英訳’と昔から呼ばれている古典的な出題形式は、露骨に減ってますよね。尤も、なぜか京大は頑なに古典的な形式に拘ってますけど…。もちろん、良い悪いの話ではなく。

『シンプル…』の著者は大田博司といって、関西の駿台で講師をされていた方なので、おそらく京大受験生を意識して書かれたのではないかと思われます。最初に読んだ時にそんな印象は受けました。