浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号025 試験にでる英文解釈

d0133636_2229482.jpg

【タイトル】試験にでる英文解釈
【著者】森一郎
【肩書】都立日比谷高校教諭
【出版社】青春出版社(青春新書)
【サイズ】新書
【ページ数】319頁
【目次】
はじめに
本書の使い方
Ⅰ予備篇 このルールをまずつかめ ●知らずしては、すべて絶望である
 §1 品詞の識別
 §2 句と節
 §3 基本文型・主語・目的語
 §4 補語
Ⅱ基礎篇 この重要な解釈のカギ ●忘れるな、このツボとこの問題点
 §1 名詞・形容詞・冠詞
 §2 代名詞
 §3 動詞
 §4 助動詞
 §5 副詞・接続詞
 §6 前置詞
 §7 動名詞・分詞
Ⅲ応用篇 陥ち込みやすい語法・構文 ●複雑な表現に惑わされるな
 §1 分詞構文
 §2 名詞構文
 §3 物主構文(無生物主語)
 §4 文相当語句
 §5 時
 §6 理由
 §7 目的
 §8 結果・程度
 §9 否定
 §10 比較構文(1)
 §11 比較構文(2)
 §12 制限・様態
 §13 相関語句
 §14 叙想法(仮定法)と条件・仮定
 §15 譲歩
 §16 関係詞(1)
 §17 関係詞(2)
Ⅳ完成篇 大敵になる盲点の征服 ●ひっかかりやすい構文の見分け
 §1 強調
 §2 倒置
 §3 省略
 §4 挿入
 §5 共通関係
入試問題テスト解答
索引
【初版発行年月日】1972年11月1日
【収蔵品発行年月日】1989年3月15日 第126刷
【収蔵品定価】760円(本体738円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】森一郎「CD付 耳から覚える試験にでる英文解釈」(青春出版社)
【コメント】
絶版のようでいて絶版ではなかった「試験にでる日本史」に対して、現役のようでいて現役ではなかったのがこの「試験にでる英文解釈」。もっとも、まだ流通在庫があるようなので、大手書店だと普通に店頭在庫を見かけることがある。
この本について、解説ゼロの「入試問題テスト」だけをあげつらって、「もう古い」だとか「使えない」だとか評する向きもあるが、この本はタイトルにあるような「英文解釈」の本ではない。英文読解に必要な「英文法」の本なのである。
それは「まえがき」で森一郎氏自身が「試験にでる」シリーズの中でこの本を最初に読んでほしいと書いていることからも分かる。「試験にでる英文法」では「試験にでる順」にトコトンこだわって「不定詞」から書き始めた森氏がなぜオーソドックスに「品詞の識別」からはじめているのか、それは「英語を読んでいく上で必要な文法」と「試験にでる文法」とは違うからだ。
だから、この本は英語を読むにあたって辞書的に使用することも出来るし、頭から通読することも出来る希有な「英文法」書なのである。誰も江川泰一郎「英文法解説」(金子書房)を通読しようなどという酔狂な真似はしないだろうが、この本であれば通読は十分に可能だ。
惜しむらくは「英文がなぜ長くなるのか」という視点がないため、「入試問題テスト」を自力で解こうとしてなぜ訳がそうなるのかピンと来ない恨みはあるが、こればかりは今に至るまで「英語の構文がとれる本」などの一部の例外を除いてどの本にも抜けていることなので、この本ばかりを責めるわけにもいかない。英文法問題を解き慣れて知識自体はあるのだがそれが体系立っていない人が一読すると知識が整理されるだろう。
わずか300頁程度の新書版で英文法を網羅している本なんてこの本以外にはないので、既読の人でも是非英文法の本だと思って一度読み返してほしい。

P.S.
復刊情報いただきました。Amazonでは既に予約可になっています。ボッタクリ価格を見込んでかき集めていたニワカせどり屋の投げ売りが今から楽しみです。

P.S.2
本屋で立ち読みして絶句。旧版が319頁だったのが266頁に減っている主な理由は「入試問題テスト」が全面カット(2枚組のCDは急所の例文と訳を読み上げただけ)。しかも色彩センスの悪い着色は「英単語」「英熟語」同様明らかな改悪。なぜ山貞の復刻があれだけウケたのか青春出版社は全く解っちゃいない。
[PR]
by roudai | 2007-10-25 00:00 | 英語 | Comments(6)
Commented at 2012-06-07 03:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2012-06-07 05:20
>鍵さま
復刊情報ありがとうございます。ちょうど昨日それっぽいタイトルで検索があったのでまさかと思ったのですが、やはりそうなのですね。確かカセットはなかったはずだし、収録英文を読み上げても仕方ないし、何が入っているのでしょうね。青春出版社だから1500~2000円程度でしょうから今から楽しみです。
Commented by サカナスキー at 2012-10-03 14:38 x
これはなかなかの良書だと思います。ただ、本が薄いためなかなか理解させるのには紙幅が足りないかなという印象はありました。
その点、挙げられた「英文法解説」はいい。練習問題がギャグで面白いし。けっこう楽しく読めて実は通読も楽なんですよ。
Commented by roudai at 2012-10-26 06:17
>サカナスキーさん
確かに今の手取り足取りに比べれば不親切ですが、40年前の本は大概この本より不親切でしたよ。
「英文法解説」は倉庫の肥やしになっているのでこんど練習問題を読んでみることにします。通読できますかね?
Commented by Passers-by at 2013-03-29 04:53 x
僕も古い版を持っていますが、「入試問題テスト」が全面カットされてある最新版は読者に対する裏切り行為。試験に出る英文法も絶版とは。。。見る目のない受験生も悪いけど
Commented by roudai at 2013-03-29 22:54
>Passers-byさん
はじめまして。まったくもってその通りですね。確かに入試問題テスト自体は字が小さくて見づらいし解説もないので使いづらいのですが、だからといってバッサリ削除してしまうのは本の内容を根幹から揺るがす愚行ですね。「でる文法」も出せばまだまだ売れると思うのですが改版作業中ですかね。2度あることは3度あるのでこちらも問題抜きで再版されそうですが。