浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号063 現代文要約法

d0133636_23551174.jpg

【タイトル】読解と記述のための現代文要約法
【著者】谷田貝常夫
【肩書】普連土学園教頭(国語課)
【出版社】三省堂
【サイズ】A5
【ページ数】274頁
【目次】
はしがき
一章 読解と要約
1 要約の必要性
2 要約と記述のメカニズム
3 入試における要約
4 記述式要約の出題パターン
二章 文型を中心にした読解
1 主語・述語のある文
2 説明、定義をする文
3 前提文
4 並立文
5 意志文
6 独立文
7 読解に注意すべき助詞「の」「も」「と」
8 否定について…対比構造
9 つなぎの語句
10 文型をとらえて構文を把握する
11 文末の語句を処理する
三章 文章を読みとる
1 文章構造と段落
2 主題文と段落中心文
3 段落中心文の見つけ方
4 段落の種類
5 つなぎ語句と論理構造
6 段落による論理展開
7 表現のムード、明暗中立
四章 文章を縮める技術
1 二重否定は肯定に
2 疑問文で自問自答
3 不用語はカットする
4 強調語句は不用
5 指示語
6 類義文は反復である
7 例示
8 引用と話法
9 慣用句、故事成語
10 比喩表現
11 具体的な言葉を短くする抽象語
五章 要約文を書く技術と実戦
1 文を短くする技術
2 すくい読み
3 実践・段落の要約
4 実践・条件づき要約
5 実践・筆者の主張
6 実践・表題をつける
【初版発行年月日】1989年9月1日
【収蔵品発行年月日】1989年9月1日 初版発行
【収蔵品定価】1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
初版第一刷を持っているように、出た当時に即買いした本であるが、以来何度読んでも途中で睡魔に襲われて読み通すのに苦労した難物である。
どうも「要約」という行為にコンプレックスを持っている人が多いらしく、この本も未読の人間の妄想を刺激して評判のみ高くなっているが、所詮は高校教師が英語の要約の手法をそのまま日本語に置き換えただけの本で、分類の為の分類や重箱の隅をつついてばかりで退屈である。
一番トンチンカンなのは、「日本語の6文型」と銘打って
1 主語・述語文…「主語」+「が(は)、の」+「動詞、形容詞、形容動詞」
2 説明文…「題目」+「は」+「説明文、定義文、描写文」
      「題目」+「とは」+「定義文」
      「普通の文」+「のは」+「強める語」+「断定文」
3 前提文…「前提文」+「『ば』『と』等の接続助詞」+「結末文」
4 並立文…並んでいる文
5 意志文…「主語」+「名詞+を、に」+「他動詞」
6 独立文…名詞で終わる文
なる6つに分類しようとしている点だ。
何のかんのと理屈を付けようが、これらの6つが「互いに独立した要素」でないことは火を見るより明らかで、コレだけで論理的思考の出来ない文系人間の一人相撲だと分かる。
これならばまだ東大出のプロ家庭教師とやらが不当に持ち上げたために(流通量が極めて少ない事もあるが)Amazonで異様な値段が付いた所一哉「現代国語レトリック読解法」(匠出版)の要約法の方が機械的に要約できる分だけマシである。
四章の「文章を縮める技術」もどこかで見たことのある陳腐なものばかりで、あまつさえ五章の冒頭において、
③要約の手順
[1]まず第一に文章をすばやく読む。
 いわゆる「すくい読み」だ。頻出語はキーワードになることが多いのでよく注意し、できれば類義語、反対語を含めて「傍線」を引き、筆者の主たる発想を探る。
[2]段落に留意して二度目の読みをする。
 二度目に読むときは段落を意識してその種類に留意しながら、中心文がどのような「文」になるか考える。一番抽象的な語句や、傍線を引いておいた語句などの中で主要なものを線で囲むとよい。
[3]字数に合わせたバランスに配慮する。
 指定の制限字数に合わせられるよう、段落中心文、特に筆者の主張、結論部分を頭の中でバランスよく配置する。
[4]段落中心文を中心にして書き始める。
 無駄な語句を使わないよう気をつけながら、段落中心分を中心に据えて、要約文を書き始める。
[5]構文に注意して一文を長くする。
 一文をなるべく長くするようにし、しかも文章がねじれないようにする。(203~4頁・太字は本文ママ)
などと入試の制限時間を全く考慮していない太平楽を並べて平気でいるあたりさすがは高校教師だと感心する。100字や200字要約を書く時でさえ「一文を短くしろ」と言われることはあっても、「一文を長くしろ」と言われたことは未だかつてない。コレだけがこの本独特の方法論と言えるか(嗤)。

「出版後程なくして消えた幻の本」というのは理由のないことではないのだ。
[PR]
by roudai | 2007-12-02 00:00 | 国語 | Comments(0)