浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号104 酒井の現代文ミラクルアイランド

d0133636_23345275.jpg
d0133636_23351098.jpg

【タイトル】酒井の[現代文ミラクルアイランド]評論篇/増補改訂版酒井の現代文ミラクルアイランド評論篇
【著者】酒井敏行
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房/情況出版
【サイズ】B6/A5
【ページ数】226頁/228頁
【目次】
まえがき・この本の使いかた
予講 評論を解く
第一講 文化論を解く―論理をつかむ
 外山滋比古「日本語の特質」(学習院大)
第二講 現代文化論を解く―文脈をつかむ
 松本健一「死語の戯れ」(早稲田大)
第三講 文学論を解く―全体をつかむ
 加藤周一「文学の概念」(明治大)
第四講 日本人論を解く―部分をつかむ
 見田宗介「近代日本の心情の歴史」(共通一次追試)
 中村徳郎「きけわだつみのこえ」(東京大学)
第五講 文芸論を解く―部分と全体をつかむ
 本田和子「異文化としての子ども」(九州大)
第六講 言語論を解く―構造をつかむ
 藤井令夫「言葉」(早稲田大)
第七講 芸術論を解く―イメージをつかむ
 山崎正和「芸術・変身・遊戯」(東京女子大)
以上旧版

プロローグ
予講 はじめに読んでください
第一講 文化論を解く―論理をつかむ
 外山滋比古「日本語の特質」(学習院大)
第二講 現代文化論を解く―文脈をつかむ
 松本健一「死語の戯れ」(早稲田大)
第三講 文学論を解く―全体をつかむ
 加藤周一「文学の概念」(明治大)
第四講 日本人論を解く―部分をつかむ
 見田宗介「近代日本の心情の歴史」(共通一次追試)
 中村徳郎「きけわだつみのこえ」(東京大学)
第五講 文芸論を解く―部分と全体をつかむ
 本田和子「異文化としての子供」(九州大)
第六講 言語論を解く―構造をつかむ
 藤井令夫「言葉」(早稲田大)
第七講 芸術論を解く―イメージをつかむ
 山崎正和「芸術・変身・遊戯」(東京女子大)
補講 コスモロジーを解く―夢をつかむ
 河合隼雄「イメージの心理学」(センター試験本試)
エピローグ
以上増補改訂版 
【初版発行年月日】1989年2月10日/1997年4月1日
【収蔵品発行年月日】1991年8月25日 第8刷発行/2003年6月1日 第7刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)/本体1300円+税
【入手困難度】★★☆☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆/★★☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
長年にわたって代ゼミの現代文トップ講師である酒井師の参考書処女作。評論篇だけで続編はまだ出ていない。
ミクロアプローチとマクロアプローチの二方面から問題文と問題を眺め、基本的な解法テクニックをルールとしてまとめている。図化するためのノウハウがやや足りない気もするが、一応、これで事足れりという印象を受ける。尤も出題されている文章は明確な二項対立に基づく文章ばかり(それが頻出パターンではあるが)なのがやや我田引水的だが。

問題は第四講で、ここだけ衣の下から鎧が出た感じで、サヨク活動家全開な内容。大和書房で絶版になった後、情況出版から増補改訂版(補講分の1題が増えている)として出版されたが、版元の情況出版とは左翼系オピニオン雑誌「情況」を出版している出版社で一覧の中で本書と「ガッツ漢文」だけが異彩を放っている。著者の素性を知っていれば不思議でも何でもないが(笑)。

日本人論(しかも共通一次試験追試の問題)の知識としてということでイキナリ「朝日新聞」の「天声人語」を引用した後、酒井師は暴走しだす。
「義侠」に救いを見出す日本の民衆の心情を権力者が巧みに操るとき、民族の運命が悲惨な状況に陥ることがある。たとえば、明治政府から敗戦に至るまで、「天皇陛下のために」「御国のために」自らの命を捨てることを最高の美として国家権力は位置づけた。「特攻隊」はその典型だ。子供たちの「修身」の教科書には「キグチコヘイ ハ テキノ タマ ニ アタリマシタ ガ、 シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ。」などと軍国美談を積極的に採用し、「海行かば水づく屍、山行かば草むす屍、大君のへにこそ死なめ、かえりみはせじ」という皇国民精神を子供たちに巧みに植えつけていった。世界内在的かつ人生超越的な倫理美の世界である民衆の「義侠」も国家権力にとっては侵略戦争である「聖戦」の原動力とされてしまったことを私たち民衆は肝に銘じておくべきだろう。(旧版P.146・増補改訂版P.134)
どこの日教組のアジビラですか?という内容だが、驚くことに「オモ参」の時点で堂々と載っているのである。また、「義侠」の具体例として真っ先に宮崎駿の「風の谷のナウシカ」を挙げ(宮崎駿は古くからの共産党シンパ)るあたりもいかにもで微笑ましい。

修身に木口小平を引くのと、受験参考書でアジ演説をするのと、ベクトルは正反対でもやっていることは同じだと思うのだが、いかがだろうか。
[PR]
by roudai | 2008-02-05 00:00 | 国語 | Comments(6)
Commented by Warriors at 2014-09-12 01:19 x
誤植があります。「状況出版」は「情況出版」です。
酒井さんはなぜ続編を出さないのでしょうかね?
それと酒井さんは情況出版から本を出すような人ですから、おそらくは共産党が嫌いだと思いますが、

>また、「義侠」の具体例として真っ先に宮崎駿の「風の谷のナウシカ」を挙げ(宮崎駿は古くからの共産党シンパ)るあたりもいかにもで微笑ましい。

とありますが、宮崎駿は共産党支持者であっても山田洋次のようなゴリゴリ党員ではないから、酒井さんも宮崎駿を嫌ってはいないのでしょうね。
Commented by Warriors at 2014-09-12 01:24 x
酒井さんは2浪して早稲田大学政治経済学部卒ですが、学科は何かご存じなら教えてください。
Commented by roudai at 2014-09-13 02:07
>Warriorsさん
ご指摘ありがとうございます。何となく違和感を覚えていたのですが気付きませんでした。他の箇所も全て訂正しました。
酒井師の授業を受けたことはありませんし、学歴にも興味はないので存じません。
Commented by Warriors at 2014-09-17 22:01 x
私はどうしても細かいことが気になってしまうんですよ。たとえば政治家の経歴に「東京大学法学部政治学科卒」とかあると、「政治学科じゃなくて政治コース(第3類)だろ」とか突っ込みたくなってしまうんですね。
酒井さんは最近の早稲田大学の新自由主義改革・非常勤使い捨てブラック大学化について、あるいは小保方博士号問題についてどう思っておられるのか聞いてみたいです。
Commented by nanj at 2017-08-01 06:48 x
偏差値60前後からわずか8題で早稲田合格レベルまで行ける早稲田のバイブルなのに学力貢献度2ってwネトウヨイライラやな🤣
Commented by roudai at 2017-08-11 18:36
> nanjさん
はじめまして。
「博物館ご利用の手引き」に☆2つの評価は「現行の本よりも役立つ」となっているのを見ずに脊髄反射でコメントするクオリティの人なのですね。そのような人に「ネトウヨ」呼ばわりされても何とも思いません。