浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

カテゴリ:社会( 63 )

収蔵品番号632 日本史標準問題精講

d0133636_2054063.jpg
初版
d0133636_20541129.jpg
改訂版
d0133636_2054216.jpg
3訂版(初版)
d0133636_20543463.jpg
3訂版(重版)
【タイトル】日本史標準問題精講 初版/改訂版/3訂版(初版)/3訂版(重版)
【著者】毛利和夫
【肩書】前東京都立西高等学校教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】B5
【ページ数】(初版)336頁/(改訂版)320頁/(3訂版)295頁+別冊解答31頁
【目次】
(初版)
第1編 時代別による問題
 第1章 原始・古代
 第2章 中世
 第3章 近世
 第4章 近・現代
第2編 部門別による問題
 第1章 政治史
 第2章 外交史
 第3章 社会・経済史
 第4章 文化史
第3編 総合問題と特殊問題
 第1章 総合問題
 第2章 史料問題
 第3章 図表・歴史地理問題
 第4章 論述・記述問題
(改訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 社会と女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
(3訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
 北海道と沖縄(蝦夷地と琉球)
【初版発行年月日】1984年2月20日
【収蔵品発行年月日】1987年 重版発行/1991年3月1日 改訂版発行/1996年2月1日 三訂版発行/1999年 重版発行
【収蔵品定価】750円/820円(本体796円)/950円(本体922円)/本体950円
【入手困難度】(初版)★★★☆☆/(改訂版)★★☆☆☆/(3訂版)★★☆☆☆
【学力貢献度】(初版)★★☆☆☆/(改訂版)☆☆☆☆☆/(3訂版)★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】800円~(初版)/500円~(改訂版)/250円(3訂版)
【鑑定額】1000円/750円/500円
【代替参考書】石川晶康「日本史B標準問題精講4訂版」(旺文社)
【コメント】
2017年10月1日で当博物館は開館10周年を迎えた。

開館時にはまさか10年も続くとは思いもしなかったが、何よりexciteブログというシステムが10年以上無料サービスを継続してくれたことが一番大きい。色々問題もあったが心から感謝したい。

10周年へ向けて思いを新たにするため、この1ヶ月は(同人誌の原稿を放って)週一更新を続けてきた。三〇代には出来ても四〇代にはかなりしんどい作業だった。途中にだいぶ抜けがあるが、ネット上には1年も書き続けられずに頓挫したサイトを散見するため、10年間書き続けて来たことは誇って良いだろう。

10年前と比べて世界の景色は一変している。代ゼミは大幅縮小し、ブックオフは日本中の古書店を潰した末に自らも没落の一途を辿っている。大学受験参考書の再版なんて夢にも思わないことが起こり、かつては二束三文だった昭和40年以前のハードカバーに信じられない高値が付いている。自分のトランクルームも2部屋だったのが3部屋になり、高校時代は夢のまた夢だった表紙フルカラーの同人誌を刊行している上に通販までしている。
次の10年でまた世界は一変するだろう。その時まで続いているかどうか、それは神のみぞ知ることだ。

10周年ということで自分の参考書コレクションの原点となる参考書を取り上げてみる。

本書と菅野師の「シグマ集中ゼミ 日本史必出史料」(文英堂)を高3の11月に買って読み始めたのが館長の受験勉強の始まりである。ン万冊の蔵書の中で間違いなく一番やり込んだ問題集と言える。和田秀樹氏の「受験は要領」の影響からかこの2冊の出来ない問題に印を付けてひたすら問題文を読み込んでいたら、アッという間に模試の偏差値(日本史限定)が60を突破した。今、読み返しても「標準問題」の名に恥じない選題だと思う。

初版は「英文法標準問題精講」以来の伝統通り、標準問題→精講→解答の順で書かれている(各編最後の実戦演習の解答のみが巻末にまとめられている)が、改訂版からは普通の問題集のように問題の解答が全て巻末にまとめられて、3訂版からは別冊解答になっている。

普段は解答が別冊になっていることを手放しで評価しているが、ことこの問題集に関しては「読む問題集」としての評価をしているので初版の体裁を最高評価とし、いちいち巻末に戻らなければならない改訂版を最低とする。内容的にも第3編で様々な問題形式に取り組める初版の熱意に対して、改訂版以降は普通の問題集になってしまったのは残念。

現在入手できる4訂版は河合塾の石川師によるもので完全に別物なのだが一応後継ということで。
[PR]
by roudai | 2017-10-03 00:00 | 社会 | Comments(2)

収蔵品番号629 日本史の最重点150

d0133636_9214386.jpg
【タイトル】日本史の最重点150
【著者】加藤幸夫
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】三省堂
【サイズ】B6
【ページ数】248頁
【目次】
はしがき
原始・古代 29
中世 21
近世 27
近現代 46
文化史 27
【初版発行年月日】1993年12月10日
【収蔵品発行年月日】1993年12月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
三省堂から白井師と共著で「みてすぐわかる」シリーズを出している加藤師だが、単著は本書とライオン社の薄い新書判2冊ということで、「ブルゾンちえみ with B」のブリリアン程度の評価しかしていなかった。

本書自体もすっかり存在を失念しており(山本洋幸「世界史の最重点230」と併せて影が薄い)、先日ヤフオクに馬鹿みたいな値で出品されて初めて存在を意識した。たまたまAmazonに捨て値で出ていたので取り寄せたところ認識を一新したので取り上げてみる。

まず何が凄いかと言えば、裏表紙のアオリ文句である。
●試験場で、あと1点をもぎとるための重要事項を網羅。
●断片的・個別の日本史知識を交通整理。
●入試に出るところのみを、★印3段階で重要度表示。
●日本史をこれから始めようという人は買わないで下さい。
参考書購入者の大多数であるところの日本史初心者に対して「買わないで下さい」と豪語する態度。しかも、冒頭に「1点をもぎとるための知識」と「重箱の隅」宣言をしていながら、タイトルは「日本史の最重点」という矛盾。

中を見ていくと、150のテーマ毎に時代を跨いでまとめられている。

たとえば「18 流された人々」は奈良時代から江戸時代にかけて時の権力者から流罪を言い渡された人々の行き先と原因が並べられている。個別の情報は教科書にも載っているものが大半だが、早良親王の死因(教科書では「憤死」と書かれているが抗議のための絶食死)なども書いてある。
中でもアッと驚いたのは、奈良時代に流罪となった二人の僧侶玄昉道鏡の左遷先についてで、それぞれ「筑紫観世音寺」と「下野薬師寺」は教科書的知識だが、この2つの寺の共通点(東大寺と併せて「天下三戒壇」)については初めて見た。
「41 日本国王足利義満」では義満の権力奪取の過程が示され、最後に武士出身の「太政大臣」と「関白」の一覧が示されている。平清盛・足利義満・豊臣秀吉までは誰でも知っているが、最後の武士出身の太政大臣は誰か?また、最初の武士出身の関白は豊臣秀吉だが、最後の武士出身の関白は誰か?(答えは最後に)
「58 外国船と事件」では織豊期のサン=フェリペ号から終戦時のミズーリ号まで時代を跨いで並べられているが、ポサドニック号ヘスペリア号までカバーしているところにシビれる。
「132 仏像」も単なる羅列ではなく、「如来」「菩薩」「明王」「天」「羅漢」に分け、それぞれの違いも明記されている。
惜しむらくは「131 中世の建築史」で金閣の第二層(「潮音」)が銀閣の第二層(「潮音」)と混同されていたり、銀閣の第一層と第二層の名称が逆になっている点と「123 戦後の日中貿易」で人名ベタ問の達之助が間違っていることくらいか。
最後の248頁が丸々「150 祝祭日」となっているようにあとがきも索引もない潔いレイアウトもベテラン講師の情熱の現れだろう。

類書を探してみたが最近の参考書では意外とこのテの作りの本はなくそういう意味でも貴重である。

【クイズの答え】
[PR]
by roudai | 2017-09-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号548 ハイテク世界史

d0133636_1938811.jpg
【タイトル】ハイテク世界史
【著者】柚留木芳徳
【肩書】毎日セミナー・城南予備校
【出版社】池田書店
【サイズ】B6
【ページ数】141頁+別冊解答16頁
【目次】
Ⅰ.各国史編
[ヨーロッパ]
[アジア]
[新大陸]
Ⅱ.テーマ史編
 1.中国の農民反乱
 2.中国の土地制度と税制
 3.中国の官吏登用制度と官制
 4.中国経済史
 5.儒教史
 6.道教と中国仏教
 7.東西交流史
 8.文字の歴史
 9.キリスト教史
 10.ユダヤ人の歴史
 11.社会主義の歴史
 12.イギリス議会制度発達史
 13.女性史
 14.史学史
解答編<別冊>
【初版発行年月日】1995年07月
【収蔵品発行年月日】2005年10月 2版発行
【収蔵品定価】600円+税⑤
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】柚留木芳徳「柚留木の大学入試テーマ別世界史」(DLMarket)
【コメント】
肩書にある毎日セミナーは毎日新聞の新聞奨学生向けの予備校。
初版の年月日は記載がなく、Amazonの諸元による。10年もかけて2版というのは課程変更の影響を受けにくい世界史という教科であっても奇蹟。この大学入試[ハイテク]シリーズは本書以外はA5なのだが、なぜか本書だけB6。
内容は入試問題で使用された穴埋め文をひたすら埋めていく形式で、どこがハイテク?という感じなのだが「みてすぐわかる世界史」以外に類似した参考書が思い当たらない(ちなみに柚留木師は中央ゼミナールでも教えていた模様)。マイナーな国の歴史やテーマの入試問題のレベルがわかる内容は良いのだが、解説がほとんどない点が大幅減点。
[PR]
by roudai | 2016-03-08 00:00 | 社会 | Comments(2)

収蔵品番号539 事件日本史ココがねらわれる

d0133636_20435614.jpg
【タイトル】大学受験事件日本史ココがねらわれる
【著者】萱原昌二・原口幸男
【肩書】都立八潮高校教諭・都立秋川高校教諭
【出版社】学研
【サイズ】新書
【ページ数】253頁
【目次】
【初版発行年月日】1974年11月1日
【収蔵品発行年月日】1974年11月1日 初版発行
【収蔵品定価】600円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
「ココがねらわれる」シリーズは新と旧があるが、なぜか新の方が先に絶滅して旧版の「古文単語」は21世紀直前まで(手持ちの最新版は1998年の第41刷)生き残った。現在もタイトルを変えて「物理公式」・「数学公式」・「化学反応式」が新書版で発行されているが、旧版との連続性は辛うじて「化学反応式」の著者名が同じ(「新・ココがねらわれる」の著者は矢沢師)というだけである。
旧版の殆ども館長が受験生だったバブル絶頂期には見かけなくなり、地元の本屋の片隅で「和文英訳」などをひょっこり新本で手に入れたくらいで本書などはオークションでもなかなか見かけない。

日本史の参考書は菅野師以前と以後とで明らかなパラダイムシフトがあるので原則として70年代の参考書は評価が下がるのだが、本書は「例外のない規則はない」ということを思い知らせてくれる。
目次に記載がないのは日本史上の203の事件(奴国王の朝貢~日中国交回復)をそれぞれ1頁ずつにまとめているためで、その1頁の中にタイトル→重要度→年号暗記法→事件の解説→「ズバリ要約すると」(要約した一言と挿絵)→論述例題→例題のマークポイントと活字がギュウギュウ詰めになっている。惜しむらくは論述の例題に関してはポイントだけで解答例が無いのだが、上の解説とポイントでギリギリカバーできるか。
出版時期的に五十嵐和敏「試験にでる日本史」の後追いで論述問題対策という方向性は似ているが、事件毎にまとまっている点はこちらの方が評価出来るか。
[PR]
by roudai | 2016-01-05 00:42 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号502 ファイナルチェック問題集日本史B

d0133636_1049692.jpg
【タイトル】センター試験ファイナルチェック問題集3菅野の日本史B
【著者】菅野祐孝
【肩書】
【出版社】清水書院
【サイズ】B6
【ページ数】151頁+特別付録32頁
【目次】
第1章 原始・古代
第2章 中世
第3章 近世
第4章 近代
第5章 現代
[特別付録]大学入試センター試験詳解 日本史B(野崎美夫)
【初版発行年月日】2000年8月25日
【収蔵品発行年月日】2000年8月25日 第1刷発行
【収蔵品定価】650円+税
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】金谷俊一郎「センター日本史B一問一答―完全版」(東進ブックス)
【コメント】
同時期まで旺文社で出ていた「センター試験プラス30点の○○」(200点満点の英数国と100点満点の理社では30点の価値がまるで違うのだが・笑)の類似本。他の教科も予備校講師の署名があるが、知名度が大差のため日本史のみ「菅野の日本史B」と教科にまで出てくる。
「国公立二次対策問題集②日本史」の昔から30年にわたり一貫して清水書院は日本史では菅野師を起用し続けており、これだけ長く続く関係も珍しい。
各章毎に「総整理」として時の権力者毎の関連項目をまとめ、センター型の4択問題、最後にPoint Packageとして立体パネルから抜粋で2頁のまとめがある。センターレベル想定なので解答は易しいが、選択肢には見たことのない用語があって時折ビックリさせられる。解説は皆無なので気になった用語を調べる自主性のある生徒には額面以上の上積みがあるかも。
直前期の知識の確認向けとして気軽に持ち運べるコンパクトさが売りで、通史を終えていない現役生が読んでも良さが生きない。
[PR]
by roudai | 2015-05-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号492 これしか出ない日本史

d0133636_857127.jpg
d0133636_8571364.jpg
【タイトル】篠崎武のこれしか出ない日本史 上巻・下巻
【著者】篠崎武(富増章成)
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】中経出版
【サイズ】B6
【ページ数】255頁(上巻)270頁(下巻)
【目次】
上巻
この本を見よ!
日本史問題の隠された秘密
あなたの疑問を一気に解決!『これしか出ない日本史』Q&A
『これしか出ない日本史』の使い方
胡麻の油とパソコン・データは絞れば絞るほど出るものなり
日本史の時代区分
SECTION 1 1題で100題分!応用自在の超頻出語
SECTION 2 覚えた途端に点になる!超ウルトラ重要語
SECTION 3 驚異の的中率!どこでも見かける必修用語
SECTION 4 本当に出る!受験日本史のヤマ
SECTION 5 とにかく高頻度!ここが狙われるポイントだ
SECTION 6 どんどん当たる!ツボ中のツボ
SECTION 7 やらなきゃ損だ!この頻出語にアクセスせよ
SECTION 8 弱点克服!この用語もこんなに出る
SECTION 9 まだまだある!超頻出用語の数々
ID番号によるテーマ索引
下巻
続・この本を見よ
なぜ、この問題集はそんなに的中するのか?
SECTION 1 要注意!知らないと失敗する必須用語
SECTION 2 まだまだ常識!この重要事項を忘れるな
SECTION 3 ここで差が付く!頻出用語を頭にタタキこめ
SECTION 4 見逃せない!データが語る"出た"テーマ
SECTION 5 衝撃の盲点!弱点補強もこれで万全
SECTION 6 今年も出る!予想的中の応用問題
SECTION 7 手を抜くのは早い!勝利のポイントはこれだ
SECTION 8 迷わず覚える!これが最後の山場だ
SECTION 9 当たるも八卦当たらぬも八卦!超マイナー用語もマスターせよ
特別付録
①地名ランキング
②内閣総理大臣ランキング カウントダウン
ID番号によるテーマ索引
【初版発行年月日】1997年7月28日/1997年7月28日
【収蔵品発行年月日】1997年7月28日 初版発行/1997年7月28日 初版発行
【収蔵品定価】1000円+税/1000円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆(上巻)/★★★☆☆(下巻)
【ヤフオク相場】350円(上巻)~/800円~(下巻)
【鑑定額】108円/500円
【代替参考書】金谷俊一郎「日本史B一問一答【完全版】2nd edition」(東進ブックス)
【コメント】
武蔵高等予備校から東進ハイスクールを経て現在は河合塾講師である篠崎武(富増章成)師の知られざる2冊。
コンピュータによる分析を謳った本は多いが、ココまでその製作過程を明記(上巻のみ)した本はなく、80年代のコンピュータ少年であった館長にとっては涙ものの固有名詞が多発して感動する。使用ハードがPC8801に始まり、FM/V5150DPT(巻末の写真に写っているのがコレ)に至るまで、その間に使用しているWindowsノートがThinkPad535とDigital Hi Note Ultraというあたりに篠崎師の美意識の高さと当時の金回りの良さ(笑)を感じる。
発行年(1997年)の事情もあって、上下巻共に対話相手としてドイツで勉強していた(笑)アスカさん(14?)が出てきて掛け合い漫才をしてくれるのだが、これもエヴァヲタのツボを外さずに良い味を出している。
本当に「でる順」に拘っているので①国司②伊藤博文③地頭④源頼朝⑤日露戦争とランダムな出題となっている。例文は全て入試問題からで出題校も明記されている。関連する問題はID番号で紐付けられており、プログラマー的感性で作られた用語集である。

上巻は頻出問題だが、下巻は一転激辛度が増してセクション9などは試験に出ない(1/1000)問題として以下のような過去問が挙がっている。
2677 【大東文化大-法】
わが国初の鉄道は、イギリス人□□□を建築首長として1872(明治5)年に新橋・横浜間開設された。

2692 【関西大-社会】
1944年7月には□□□□諸島のサイパン島が陥落し、東条内閣が総辞職した。

2704 【東洋大-文】
新田義貞の弟で、終始、兄義貞を助けて奮戦した人物は誰だ(漢字四字)。

2708 【早稲田大-商】
日韓併合条約は寺内正毅陸相と韓国の□□□首相との間で結ばれた。

2710 【近畿大-商経】
室町時代の兵庫港のようすは□□□□□□□□により知ることができる。これは兵庫港(現神戸港)に設けられた東大寺の関所を通過した船について、その積荷や船籍地・船頭などを東大寺の側で記載した帳簿である。

2714 【立命館大-文】
1180年、□□□□の源頼政は、以仁王を奉じ、園城寺などと連絡して挙兵した。

2717 【立命館大-経済】
教育の軍国主義化の動きは、大正末年から始まっており、小学校を卒業した勤労青年の場合は□□□□□において、中等学校以上の学校には現役将校が派遣されて、それぞれに軍事教練を課する制度が作られた。

2724 【専修大-経済】
□□□□□□は機械製作工場として官民の需要に応じた諸機械を製作し、深川工作分局はセメント製造・瓦製造に従事した。

2747 【千葉商科大-文】
またゆきづまった資本主義社会打破の思想や運動は、他方では「赤化」防止と支配層の腐敗を非難し、体制の「革新」・「国家改造」を主張する思想を、大正中期頃から生み出した。また、農本主義的国家主義者としての□□□□もその影響力を増していった。

2759 【法政大-経済】
ドッジ使節団の来日に先立って、アメリカ政府は□□□□□使節団を来日させ、日本経済たて直しの基本的方向について報告書を提出させていた。


何問正解できたかな?
[PR]
by roudai | 2015-03-03 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号482 日本史の解法

d0133636_045438.jpg
【タイトル】ルール48 日本史の解法
【著者】毛利和夫
【肩書】都立西高校教諭
【出版社】洛陽社
【サイズ】B6
【ページ数】132頁
【目次】
Ⅰ 日本史学習のベース
Ⅱ 学習上のポイント
Ⅲ 解法のテクニック
Ⅳ 日本史学習の現代的視点
【初版発行年月日】1982年2月25日
【収蔵品発行年月日】1988年4月30日 重版発行
【収蔵品定価】400円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】石川晶康「日本史B標準問題精講」(旺文社)
【コメント】
新春第2弾は「古文研究法」で有名な洛陽社からルール48シリーズの1冊。
日頃一顧だにしていないモノやサービスが突然売り切れたり廃止が決まると一斉に買いに走るのが日本人の悪い癖だが、洛陽社もネットで倒産の噂が走った途端、60年近く店頭に並んできた「古文研究法」が一斉に消え、オークションやAmazonの古書価が暴騰した。正直な話、名著だとは思うが万人向きではなく、つい最近まで普通に買えた本をそんな高値で買う人間がいるとは思えない(「古文の読解」の復刊もあるし)のだが、出品する人間はそうは思わないらしい。
洛陽社自体編集方針は十年一日で、よく言えばブレない悪く言えば古臭い本ばかり出し続けていて、いつ潰れてもおかしくないと思っていた。ここ数年誰得なハードカバー(「くわしい○○の新研究」など)を増刷したり妖しげな動きをしていたが最後の悪あがきだったのだろうか。
このルール48シリーズは都内の大手書店の片隅に流通在庫が残っているケースがあるが、「日本史の解法」はしばらく見かけていないので入手困難度を★3とした。

最近の参考書は1000円超えがアタリマエで、内容がない割に厚い紙と多めのイラストで水ぶくれした本が跋扈しているが、この本のように問題の解き方や勉強の仕方まで立ち入って教えてくれる本はあまり見かけない。
ルール自体は「ルール1 大きな流れをつかもう」とか「ルール12 基本事項の内容を正確におぼえよう」といったベタな抽象論が結構多いが、収録された48題の例題を一つ一つ丁寧に解説してくれる。
館長は現役の11月に毛利氏の「日本史標準問題精講(初版)」(と菅野師の「必出史料」)を1ヶ月かけて隅から隅まで読んで「受験日本史」を体得したが、本書はそのダイジェスト版と言うべき内容で、量と時代的な関係で現代史が物足りないものの教科書の次に読む「問題集型参考書」としての価値は未だにある。
もちろん、今の時期に押っ取り刀で読んでいるようではとても見込みはないが。
[PR]
by roudai | 2015-01-02 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号474 菅野祐孝のおまかせ日本史B

d0133636_11123398.jpg
【タイトル】菅野祐孝のおまかせ日本史B
【著者】菅野祐孝
【肩書】代々木ゼミナール・S.P.S.講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】195頁
【目次】
第1講 原始・古代
第2講 中世
第3講 近世
第4講 近現代
【初版発行年月日】1996年8月15日
【収蔵品発行年月日】1996年8月15日 初版発行
【収蔵品定価】850円(本体825円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
菅野版「実況中継」の準拠問題集。問題集といっても「解く」より「読む」ことに重点が置かれている。全67題と問題数は少なめだが、各問に菅野師による丁寧な解説や間違いやすい箇所の説明が付き、解説を読むことで「実況中継」の内容をどう実戦で使うかが分かるようになっている。菅野師の問題集は総じて解説が少ないことで有名だがこれは例外。
[PR]
by roudai | 2014-11-18 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号460 日本史史料問題特訓ゼミ

d0133636_22121091.jpg
【タイトル】日本史史料問題特訓ゼミ
【著者】豊田文雄
【肩書】都立雪谷高校教諭
【出版社】研数書院
【サイズ】B6
【ページ数】144頁
【目次】
史料問題の解き方
頻出史料のキーワード
さわりの一句さくいん
出典・史料名さくいん
【初版発行年月日】不明(1990/9?)
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】490円(本体476円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】菅野祐孝「菅野の日本史必出史料―大学受験・集中ゼミ」(文英堂)
【コメント】
研数書院の参考書全般に言えることだが、本書も奥付に発行年が記載されていない。
あまりアテにならないAmazonに書かれている1990/9を信用すると(消費税導入後であることは間違いなさそうだが)菅野師の「日本史必出史料」が出た後であり、それでいて独自色が全く無くセンターレベルのベタな内容は価格を考えてもお粗末。頁数の都合からか図版が一切無く活字だけの誌面も退屈。レアではあるがプレミア価格で買うような本ではない。
[PR]
by roudai | 2014-08-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号454 実戦日本史A・B

d0133636_2225827.jpg
【タイトル】入試突破実戦日本史A・B
【著者】菅野祐孝
【肩書】SPS講師・代々木ゼミナール元講師
【出版社】開拓社
【サイズ】変B6
【ページ数】258頁
【目次】
第1章 原始・古代編
第2章 中世編
第3章 近世編
第4章 近代編
第5章 現代編
歴史用語索引
【初版発行年月日】1997年10月20日
【収蔵品発行年月日】1997年11月25日 第2刷発行
【収蔵品定価】950円+税
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】菅野祐孝「入試突破日本史活用マニュアル」(開拓社)
【コメント】
菅野師の「立体パネル」を新書サイズにコンパクトにまとめた1冊。
正直に言って代々木ライブラリーの「菅野の日本史立体パネルforever」は大きい割に情報が少なく、カラー化が逆に見辛い(本書は2色刷)ので評価していないのだが、こちらは通史限定ではあるものの情報量が多く、高校教師の板書のアンチョコには最適である。
全105枚のパネルが頭に叩き込まれればどこの私大でもまず合格ラインには到達するレベルで20年近く経ってもその価値は全く下がっていない。
何よりスゴイのは巻末の38頁に及ぶ索引で、少しでも読み方に難しいところがある歴史用語(または類似の用語が多いケース)には全てルビが振られている(パネルでは振られていない用語も多数ある)。アタリマエのようでいてここまで徹底した本は記憶にない。
「立体パネルforever」が絶版になり、プレミア価格になっていたりするが、本書はタイトルを替えて(若干現代史を拡充して)まだ現役である。私大文系で日本史受験なら辞書替わりに持っておいて絶対に損はない。
[PR]
by roudai | 2014-07-01 00:00 | 社会 | Comments(0)