浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

カテゴリ:理科( 2 )

収蔵品番号549 生物まんが 細胞・遺伝

d0133636_1948235.jpg
【タイトル】生物まんが細胞・遺伝
【著者】小泉晴一/明治大学漫画研究会(画)
【肩書】東京都立秋川高校教頭
【出版社】学研
【サイズ】B6
【ページ数】159頁
【目次】
動物の系統樹
植物の系統樹
第1話 鶴城の正体
第2話 カサノリのいたずら
第3話 怪傑ゾルの世界
第4話 サイ=ボーマックの青春
第5話 緑魔城の最期
第6話 リリー=ポーレンの死
第7話 染糸子の一族①
第8話 染糸子の一族②
第9話 老人は枯れず
第10話 なりたいなボネリアに
第11話 娘一人に婿八人
第12話 心うきうき半年待ちな
第13話 プルテウスはエッチだ
第14話 いつも初めからやり直し
第15話 タイム イズ マメー
第16話 にげるが かち
第17話 意地悪オジン
第18話 カッパーは殺しの条件
第19話 ヤツをタネナシにせよ
第20話 ウマクできた話ズラ
ワンポイントレクチャー目次
【初版発行年月日】1984年4月3日
【収蔵品発行年月日】1985年 第2刷
【収蔵品定価】500円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
世の中のまんが参考書には大きく分けて4通りのパターンがある。
①原作者がアマで書き手がアマ→最悪
②原作者がプロで書き手がアマ→使いづらい
③原作者がアマで書き手がプロ→見た目だけ
④原作者がプロで書き手がプロ→良書
プロと言ってもピンキリなのだが④の例はほぼ皆無(他に石ノ森章太郎「マンガ 日本の歴史」くらい?)だ。
一番多いのが②で、書き手が原作者の伝えたい内容を伝える画力がないために読んでいてちっとも面白くない。板野師の「ゴロゴ」シリーズは表紙こそ「さいとうたかをプロ」だが、中身は学漫レベルであんな落書きに満足できる読者がうらやましい。
本書も明治大学漫画研究会による作画で将に学漫レベルなのだが、折り返しを見ていて
d0133636_20325742.jpg
あれっ、「3×3Eyes」の作者って明大漫研じゃなかったっけ?という疑問が浮かんだ。
Wikipediaを見てびっくり。本書も作品リストにキチンと載っている。
そしてもう1人、最下段の渡辺健一。この似顔絵(by高田裕三)どこかで見たなぁ、と思って手元の片山まさゆき「ぎゅわんぶらあ自己中心派」③を引っ張り出したらやっぱり。
d0133636_20421239.jpg
高田裕三も片山まさゆきのアシスタントであり、明大漫研つながりである(Wikipediaは同姓同名の別人)。
と、幾多のプロを輩出した明大漫研のため画力は他の学漫とは一線を画している(高田[11話~15話?]・渡辺[1話~5話]が突出しているせいもある)が、細胞や遺伝の用語についての情報をSFやミステリー仕立てにするというのは相当ぶっ飛んでおり、教育的効果に関しては疑問符を付けざるを得ない。
やはり、生物に関する学習まんがとしては寺山一弥「ピー子とキュー太の生物教室」(清水書院)が古典にして最強である。
[PR]
by roudai | 2016-03-15 00:00 | 理科 | Comments(0)

収蔵品番号426 理系のための物理

d0133636_1133180.jpg
【タイトル】理系のための物理
【著者】大槻義彦
【肩書】早稲田大学教授
【出版社】培風館
【サイズ】A5ハードカバー
【ページ数】305頁
【目次】
Ⅰ編 力と運動
 1章 運動とエネルギー
 2章 分子の運動
Ⅱ編 波動
 3章 波の性質
 4章 音波
 5章 光波
Ⅲ編 電磁気
 6章 静電気
 7章 電流と電気抵抗
 8章 電流と磁界
 9章 交流と電磁波
Ⅳ編 電子と原子
 10章 原子の構造
 11章 原子核
練習問題解答
付録
索引
【初版発行年月日】1985年2月25日
【収蔵品発行年月日】1986年1月10日 初版第2刷発行
【収蔵品定価】1600円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
それでは3が日特集第1弾にして、開設8年目にして初の理科の参考書(同人誌では既に数冊取り上げているが)。
著者はあの「Mr.プラズマ」大槻教授。大学教授がこの頃受験参考書を書くこと自体は珍しくないのだが(同じ早稲田大学の吉村作治教授は「ラ講」で世界史の講座を持っていた時期がある)本書の「はしがき」を読んでいて驚愕の事実を知り、また同時期に別ルートで裏付け情報を得たという偶然のため、今回の企画となった。

その驚愕の「はしがき」とはこちら。
 「物理はわかりにくい」という声を聞く。しかしどうしたわけか、その物理の神様みたいな、物理のよくできる生徒が、クラスに1人や2人はいるものである。このような生徒は、なぜ物理がよくできるようになったのであろうか。
物理が上達するためには、何よりも「自然」に興味を示さなければならない。どこかのコマーシャルみたいに「不思議、大好き!」といかなければならない。なぜなら、物理は自然科学だからである。自然の神秘性に魅せられないで、物理がわかるはずはない。たんに数学の練習問題ではないのである。
そこで本書では、生徒諸君が何よりもまず物理が好きになるように説明を試みた。教科書や教室では得られないような自然の見方、考え方、物理の基本原理などを詳しく説明することに努めたつもりである。教室で欲求不満げな生徒諸君が、「なるほど、これでわかった」と言ってくれるように、筆者は願ったのである。(たとえば、教科書の「波動」がわからない人は、本書の「波動」の章を見ていただきたい。)
しかし、物理がよくわかっただけでは、実は不十分である。いまや物理は、あらゆる科学技術の基礎として重要な役割をはたしている。だから、物理がわかったなら、それを応用する練習も必要なのである。しかも、そうすることによって、さらに物理がよくわかってくるのである。
だから本書では、思いきって多くの例題、演習(セミナー)、練習問題を入れた。この意味では本書は参考書としても、問題集としても便えることになる。本文中にやさしい例題を入れ、各章末には演習(セミナー)を配し、ここでは問題の詳細な解き方を説明した。そのあとで、練習問題を十分行うようにした。本書のセミナー例題や練習問題は、標準クラス、またはその上の大学入試問題程度である。
筆者は若い時期に東京の巣鴨高校の講師駿台予備校の講師として教壇に立ち、そのときの経験が本書を書くうえにたいへん役立った。とくに、1973年、1978年の駿台予備校の夏期講習会で行った大学入試問題の解説は、本書の多くの問題の採用と解説に生かされている。当時の巣鴨高校の同僚、堀内校長、そして当時の駿台予備校の多くの同僚、および中塚教務部長らの諸氏に心から感謝するしだいである。中込八郎氏(引用者註・当時都立西高教諭)、㈱内田洋行がら多くの写真を提供いただいた。また、培風館の野原部長、村山高志氏には本書を刊行するにあたって力強い支援をいただいた。あわせて感謝申し上げる。
                                 1985年1月
                                 早稲田大学理工学部にて
                                        大槻義彦
えっ!大槻教授って母校で教えてたの?時期で言えば土屋師が在籍してた頃あたりか、凄いタレントが居たんだなぁ。
更に驚くべきは駿台で教えていたことで、そんなことはWikipediaにだって出ていない(著書一覧にもない・笑)。
そして更なる偶然として、「100万円参考書ハンター」で特集した「数学パロディシアター」の著者である小島寛之教授のブログを読んでいたところ、なんと駿台物理学科のドン山本義隆師の前任者が大槻教授だというのだ。つまり本書は「あの」微積物理以前の駿台物理の片鱗を伝える貴重な資料である。

あいにく館長はバリバリの文系で物理は疎いため明言を避けるが、この「はしがき」を読む限り「古文研究法」(洛陽社)における小西甚一名誉教授のそれに通じるものがあり、大学教授の著書として認められても良い内容のようだ。
[PR]
by roudai | 2014-01-01 00:00 | 理科 | Comments(2)