浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号061 これだけ英単語800

d0133636_23323958.jpg

【タイトル】合格祈願これだけ英単語800
【著者】小池直己
【肩書】大東文化大学外国語学部講師
【出版社】日本実業出版社
【サイズ】新書
【ページ数】266頁
【目次】
はしがき
ステップ1 必ず知っておきたい最重要単語(1)これだけ79語
ステップ2 必ず知っておきたい最重要単語(2)これだけ72語
ステップ3 高1~高2前半で学ぶ重要単語(1)これだけ84語
ステップ4 高1~高2前半で学ぶ重要単語(2)これだけ89語
ステップ5 高2後半~高3前半で学ぶ入試頻出単語(1)これだけ83語
ステップ6 高2後半~高3前半で学ぶ入試頻出単語(2)これだけ83語
ステップ7 高3中期で学ぶ少し難しい重要単語(1)これだけ94語
ステップ8 高3中期で学ぶ少し難しい重要単語(2)これだけ93語
ステップ9 高3後半~入試直前の重要単語(1)これだけ79語
ステップ10 高3後半~入試直前の重要単語(2)これだけ74語
索引
【初版発行年月日】1989年11月30日
【収蔵品発行年月日】1989年11月30日 初版発行
【収蔵品定価】780円(757円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
同じような英単語集・英熟語集・英文法問題集をあちこちの出版社から節操なく出しまくった小池直己の唯一と言っていいオリジナリティの高い単語集。

「試験にでる英単語」以来、幾多の英単語集が出ているが、1冊の単語集に収録されている単語全てに語源の説明がついているのはこの本だけだろう。各ステップごとに15~18の語源に基づく単語を収録しているのでステップの表題に書かれたレベルについては大分疑わしい。

例文もなく、原則1単語1意なので、これ1冊で入試に挑むのは危険だが、2冊目以降としてなら高く評価できる内容だ。
[PR]
by roudai | 2007-11-30 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号060 試験にでる数Ⅰ数ⅡB数Ⅲ・試験にでる数学

d0133636_13564766.jpg

d0133636_23221917.jpg

【タイトル】新課程による増補決定版 試験にでる数Ⅰ数ⅡB数Ⅲ・現行課程による決定版 試験にでる数学
【著者】安富龍平
【肩書】都立日比谷高校教諭
【出版社】青春出版社
【サイズ】新書
【ページ数】322頁・333頁
【目次】
「試験にでる数学」
1 みんな、つまずいた問題
2 この重要なつながり
3 この難問には、この解法
4 決定的なカギは、ここにあった
5 誰もが冒す危険な個所
6 パラメーター消去は、この解法
7 ここに弱点があった
8 ベクトル解法の最大ポイント
9 これが整理のポイントだ
10 教科書にもなかった、この解法
11 ズバリ、最大のカギは整理法
12 なぜ、そこに気がつかないか
13 カン違いして泣いた誤答の実例
解答
索引
【初版発行年月日】1976年1月5日・1989年9月5日
【収蔵品発行年月日】1987年3月15日 第22刷発行・1989年9月5日 第1刷
【収蔵品定価】750円・790円(本体767円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】
【コメント】
[PR]
by roudai | 2007-11-29 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号059 英文法教室

d0133636_13573515.jpg
【タイトル】英文法教室
【著者】伊藤和夫
【肩書】駿台予備学校専任講師
【出版社】研究社出版
【サイズ】B6(ハードカバー)
【ページ数】310頁
【目次】
はしがき
Chapter 1 S+V+X(1)
Chapter 2 S+V+X(2)
Chapter 3 S+be+X+X
Chapter 4 S+V+X+X(1)
Chapter 5 S+V+X+X(2)
Chapter 6 Itの構文
Chapter 7 have+p.p.(1)
Chapter 8 have+p.p.(2)
Chapter 9 have+p.p.(3)
Chapter 10 名詞と動詞
Chapter 11 修飾語としての名詞
Chapter 12 冠詞と意味上の枠
Chapter 13 前置詞と目的語
Chapter 14 従属接続詞
Chapter 15 形容詞節の構造
Chapter 16 what-Clause, etc.
Chapter 17 転用接続詞
Chapter 18 主要語を欠く節
Chapter 19 as の種々相
Chapter 20 否定の諸問題
INDEX
【初版発行年月日】1979年10月15日
【収蔵品発行年月日】1984年9月20日 5版発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】「英文法教室 <新装版>」(研究社出版)
【コメント】

[追記]
コメントを書かないうちに復刊が決定。
完全に研究社は味をしめちゃった。ヤフオクで万券はたいた人へ恐怖のクリスマスプレゼント(笑)。

研究社WebShop:英文法教室 <新装版>
http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-76476-0.html

来年は「シンプルクッキング英作文」かな。
[PR]
by roudai | 2007-11-28 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号058 受験数学の盲点79・受験数学の盲点88

d0133636_23145581.jpg

d0133636_1144648.jpg

【タイトル】受験数学の盲点79 数Ⅰ・代幾・基解のキーポイント・受験数学の盲点88 数Ⅰ・A、数Ⅱ・Bのキーポイント
【著者】小倉邦彦・奥川洋康
【肩書】代々木ゼミナール講師・代々木ゼミナール講師
【出版社】駸々堂
【サイズ】B6
【ページ数】192頁・216頁
【目次】
「受験数学の盲点79」
数学Ⅰ
1 数と式
2 関数と図形
●章末問題
代数・幾何
1 ベクトル・空間
2 行列・一次変換
3 二次曲線
●章末問題
基礎解析
1 三角・指数・対数関数
2 数列
3 微分・積分
●章末問題

「受験数学の盲点88」
数学Ⅰ・A
1 数と式(A)
2 二次関数(Ⅰ)
3 三角比(Ⅰ)
4 個数の処理・確率(Ⅰ)
5 数列
●章末問題
数学Ⅱ・B
1 方程式(B)
2 図形と式(Ⅱ)
3 三角関数(Ⅱ)
4 指数・対数関数(Ⅱ)
5 微分(Ⅱ)
6 積分(Ⅱ)
7 ベクトル(B)
8 複素数(B)
●章末問題

【初版発行年月日】1992年7月30日・1996年3月31日
【収蔵品発行年月日】1992年7月30日 初版第1刷・1996年12月15日 初版第2刷
【収蔵品定価】800円(本体777円)・930円(本体922円)
【入手困難度】★★★★☆・★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆・★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~・2000円~
【鑑定額】1000円・1000円
【代替参考書】大学への数学「数学ショートプログラム」(東京図書)
【コメント】
2000年1月に倒産した京都の大手書店駸々堂のLUSTERシリーズの一冊。いかにもバブル景気時代に売れない企画本を出して潰れた出版社らしく、非常にアタリハズレが激しい版元。関西圏の代ゼミ・駿台の講師や灘・ラサールの高校教師といった全国的知名度に欠ける著者の人選も波の激しさに拍車を掛けている。その中で数学の参考書は比較的アタリが多く(最悪は英語)、ヤフオクで高値を呼ぶ本も多い。
本書はその中でも比較的入手しやすい部類に入る。「盲点」というタイトルの割に、「文法・語法の盲点」(河合出版)のようなえげつない内容ではなく、基本パターンの再確認といった内容になっているのが難点といえば難点。レイアウトは問題と解答で1ページ、次の1ページで「問題へのアプローチ」という解説という見開き完結型。問題自体は大半が私大型の短問で、一部に東大、京大の問題も含まれるもののレベルとしてはあくまで文系数学受験者の直前期の確認用で、メインで使う本ではない。
時折ギョッとするほど趣味の悪い鉛筆画風のイラストが入っており、最初に古本で読んだときには持ち主の落書きかと思った。イラスト以外にも空いたスペースにはいろいろな埋め草があり、新版の91ページには人生相談、数学の質問用に著者2人の電話番号まで載っている(かける時間が指定されている・笑)。残念ながら030で始まる番号なので現在は繋がらないが、本が出た当時どれだけの受験生がかけたのか興味深い。
旧版は数Ⅰ・代幾・基解時代に出版され、1996年には新課程による新版が出されている。それによって盲点の項目数が79から88へと増加。大概この手の参考書の改訂というのは順番をチョットいじっただけでお茶を濁すケースがほとんどだが、実はこの2冊、半分近く内容が異なっている。2冊で同じ内容は下の43個(最初の数字が新版の連番、カッコ内の数字が旧版の連番)。基本的に旧版の行列・一次変換、二次曲線が新版の確率、複素数に入れ替わっている。

2( 4) 式の値
3( 5) 無理数の計算
4( 7) 不等式の証明
6( 1) 整数問題(1)
7( 2) 整数問題(2)
8( 3) 連続整数の積
11(11) 絶対値のついた関数
12(17) 2変数の最大値・最小値
13(10) 2次方程式の解
14( 8) 絶対不等式
15(12) ガウス関数
19(19) 三角形の形状
30(55) 等差数列
31(56) 等比数列
32(57) 群数列
33(58) Sn→an
34(59) 漸化式(1)
35(60) 漸化式(2)
38(62) 数学的帰納法(1)
50(63) 数学的帰納法(2)
51(18) 円と放物線
53(14) 軌跡(1)
54(15) 軌跡(2)
56(49) 加法定理(1)
57(50) 加法定理(2)
58(51) 三角関数の合成
62(53) 対数不等式
63(54) 桁数
65(65) 極限値
66(66) 微分係数の定義
67(67) 極値
68(68) 接線・3次方程式
69(69) 三角関数の最大・最小
70(70) 偶関数・奇関数
71(71) 積分公式
72(72) ∫ab|f(x)|dx
73(73) 2曲線が接する条件
74(74) 囲まれた部分の面積
75(75) 回転体の体積
76(78) 積分方程式
77(20) 内分・外分のベクトル
78(21) 角を2等分するベクトル
80(22) 円のベクトル表示式
[PR]
by roudai | 2007-11-27 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号057 ザ☆予備校

d0133636_1115821.jpg
【タイトル】ザ☆予備校 オモシロクなったヨビコーを解剖する
【著者】第三書館編集部
【肩書】
【出版社】第三書館
【サイズ】A5
【ページ数】319頁
【目次】
第1部 予備校って何だ
 A 予備校はホンネ・スクールだ
 B 大追求、予備校カルチャー
 C 全比較三大予備校時代だ
   三大予備校戦争なのだ
   三大予備校ここがちがう60問180答
   有名予備校講師の生ロクを聞こう
   ★土屋博英(ママ)の古文ゼミ
   ★表三郎だ!ぶっちぎりトーク
   ★松井道男の英語ゼミ
   イラスト・ストーリー 今日こそは勉強するぞの代ゼミ生
   イラスト・ノベル チューター物語
   三大予備校デスマッチのウラを見る
   血液型別三大予備校選びのフローチャート
 D 予備校はこう利用するのが正しい
 E いま、予備校がオモシロい
   予備校生の親としての、浪人のすすめ●鎌田慧
   体験的予備校教育論●土師政雄
   予備校は異化作用の戦場である●小林敏明
   計画浪人のすすめ●尾形憲
   予備校という名のトリックスター●山本啓
   本当とは何か、予備校で考える●最首悟
   予備校から"教育"をのぞく●小田実
第2部 「ザ予備校」データバンク
 A 前取材・県別予備校ブランドルポ
 B 全国予備校有名講師100傑
 C 全国予備校ひとくち評
【初版発行年月日】1986年3月3日
【収蔵品発行年月日】1986年3月3日 初版発行
【収蔵品定価】980円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】
【コメント】
[PR]
by roudai | 2007-11-26 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号056 アッと驚く英語長文読解ルール

d0133636_2284751.jpg
宮尾慈良名義
d0133636_10592849.jpg
宮尾瑛祥名義

【タイトル】宮尾の[アッと驚く英語長文読解ルール]
【著者】宮尾瑛祥(慈良)
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】214頁
【目次】
はしがき
本書の構成-理解と把握-
Chapter1 英語長文読解のコツ
Chapter2 英語長文読解のルール
Chapter3 ウォーミングアップ
Chapter4 入試問題アプローチ
Chapter5 実戦・読解メソッド
【初版発行年月日】1988年8月15日
【収蔵品発行年月日】1988年8月15日 第1刷/1994年1月30日 第22刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】中澤一「中澤の難関大攻略 英語徹底長文読解講義」(桐原書店)
【コメント】
土屋博映プロデュースの大和書房オモ参シリーズの一冊。第1刷の時は本名の宮尾慈良名義だったが、その後ペンネームに変更された。あと、第1刷時の帯は水色。
受験参考書において「原秀行」という文字が大々的に活字になった最初で最後の本(厳密にいえば「ガッツ漢文」の著者近影撮影者の名義もあるが)で、原師による帯の惹句が
「わかった!英文はこうやって読むのか!!」
って、まるで英語の劣等生のようなコメント(笑)。んなわけない。
赤地に白なので原師のイラストが判然としないためネガポジ反転してみた(爆)。
d0133636_10594811.jpg

さりげなく左胸に原師の母校慶應の校章が入っているあたりがニクい。反転するまで分からなかったが。
タイトルがふざけているために安直なルールを求める英語劣等生が手に取りそうだが、中身はある程度英語が読める生徒向けの問題集。
最近でこそパラグラフ・リーディングという術語は一般化したが、この本が出た頃はまだ一部の講師が授業で用いていただけで、長文読解のメソッドとして体系的にまとめられたのは本書が初めてと言っていい。Chapter5では1つの入試問題を、解答アプローチ→リーディング・メソッド→パラグラフ・リーディング→全訳と丁寧に解説してあり、英語長文問題のマクロなアプローチ法が学べる。逆にミクロの部分があやふやな生徒が読んでもチンプンカンプンだろう。
最初期の本だけに鬼面人を驚かせるようなテクニカルタームも出てこず、パラグラフリーディングの入門書としては最適な本と言える。
[PR]
by roudai | 2007-11-25 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号055 土屋の古文公式222

d0133636_10562398.jpg
d0133636_10563783.jpg

【タイトル】土屋の古文公式222
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】226頁
【初版発行年月日】1981年7月30日
【収蔵品発行年月日】1982年10月15日 第6刷発行
          1987年3月20日 第32刷発行
【収蔵品定価】730円
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】79円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】
【コメント】
代々木ライブラリー屈指のドル箱である本書が絶版になろうとは夢にも思わなかったが、なぜか222シリーズで最初に出版された「公式」だけが(「文法88」はもっと前のようだが)現在絶版に。ライブラリーから最初に出す本ということで土屋師も力が入っていて、出版から四半世紀経った今読み返してみてもその濃い内容の価値は色あせない。和田秀樹の「試験にでる参考書」の「考え方」で行けば、25年間1度も改訂していない本書はダメな参考書になるが、「古文公式222」こそ改訂するかしないかがその本の価値とは無関係なことの証明である。
25年間もトップを張ってきたために、この本の代替参考書を挙げようとしてもすぐには思い浮かばない。この本の絶版は日本の古文教育にとって大きな損失ではないだろうか。

P.S.a.s.さんから情報をいただきまして確認したところ、ライブラリーではまだ購入可能でした。
http://wwwap.yozemi.ac.jp/lib/booklist.asp#E10
菅野師の立体パネルなんかプレミア付いているのにねぇ。
[PR]
by roudai | 2007-11-24 00:00 | 国語 | Comments(7)

収蔵品番号054 英文解釈のコツ

d0133636_1053251.jpg
【タイトル】合格点をかせげる高校で教えない英文解釈のコツ
【著者】英語教育研究会
【肩書】
【出版社】研文書院
【サイズ】新書
【ページ数】218頁
【目次】
【初版発行年月日】1977年5月30日
【収蔵品発行年月日】1984年9月30日 14版
【収蔵品定価】600円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
「大学への数学」(黒大数)で有名な研文書院から以前は英語や社会の参考書も出版されていた。そのため、本書の推薦文は「大学への日本史」の著者である安藤達朗師が「本書を通読したあと、諸兄姉の英語の学力が格段に飛躍しているだろうということは、責任をもって請けおっておこう」と門外漢にもかかわらず責任を負ってくれる。
「連帯責任は無責任」という言葉があるが、この手の「~研究会」という著者名の本で当たりに出会うことは稀だ(例外は「最頻出漢字226選」くらいか)。ご多分に漏れずこの本も表紙で「英文解釈の『魔法の鍵』はみつかった!」と大見得を切るものの、その中身(全部で18個)はといえば、
1.まず直訳し、ついで和訳せよ
2.原点にかえって考え直せ
3.まず文型を確認せよ
 3-a.SVOCのOCは意味上はSVである
4.名詞は主語・補語・目的語の役割をする
5.形容詞は、名詞を修飾するか、補語となる
6.副詞は、形容詞・副詞・動詞・文を修飾する
7.前置詞は目的をとり、形容詞句または副詞句をつくる
etc.
と、どんな英文法の参考書にでも書いてあるアタリマエの注意書きを後生大事に「秘密兵器」呼ばわりしているだけなのである。
もちろん、これらの項目が大事であることは論を待たないが、それを「高校で教えない」というのは誇大広告だろう。
[PR]
by roudai | 2007-11-23 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号053 直前10時間英文解釈

d0133636_10503384.jpg
【タイトル】大学受験直前10時間英文解釈
【著者】井坂陽一郎
【肩書】
【出版社】評論社
【サイズ】B7(画像は4倍に拡大)
【ページ数】133頁
【目次】
§1.文の要素
§2.修飾関係
§3.強調構文
§4.倒置構文
§5.省略構文
§6.挿入構文
§7.同格構文
§8.否定構文
§9.比較構文
§10.相関構文
§11.仮定法
§12.There構文
§13.分詞構文
§14.文相当構文
§15.表現の工夫
【初版発行年月日】1979年12月10日
【収蔵品発行年月日】1979年12月10日 初版発行
【収蔵品定価】390円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
本博物館に掲載している書影は収蔵品同士の大小比較がしやすいように、全て同じ縮尺の画像を用いているが、この本だけは文庫本より更に一回り小さい豆本サイズなので、同じ縮尺で画像を載せると文字の判読が出来ないため4倍の拡大画像を載せている。

サイズは豆本だが内容は激辛で、65のチェックポイントに対し100題以上の英文解釈問題が載っているが全て1文が3行以上にわたる長文。ちなみに1問目は
In the last half of the eighteenth century, economic life in Britain, and in lesser measure elsewhere in Western Europe and soon also in New England, was transformed by a succession of mechanical inventions. There were the steam engine and a series of remarkable innovations in textile manufacturing.

最終問題に至っては
Long after the scientists themselves had learned humility along with the lessons of laboratory, and long after they had publicly and frequently admitted their own limitations in solving the problems of man and universe, the plain man had retained his unshaken conviction that, given time, "They"(the scientists were usually referred to by this almost religious designation) would develop the drugs, cosmic rays, and thinking machines necessary to banish care, responsibilities and work and develop an earthly paradise in which all men, properly fortified by regular does of vitamins and hormons, would ,in complete suspension of Malthusian economics, live blissfully forever.
これだけあってピリオドは1個だけである。当時の受験生は直前期とはいえ、豆本片手にこんな英文を訳せたのだろうか(笑)。

ちなみに訳例はこちら
[PR]
by roudai | 2007-11-22 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号052 ハイグレイド三角関数の構造

d0133636_10474653.jpg
【タイトル】大学受験武蔵の抜群シリーズ10ハイグレイド三角関数の構造
【著者】小森信護
【肩書】武蔵高等予備校講師
【出版社】三沢書店
【サイズ】A5
【ページ数】93頁
【目次】
第1章 理論篇
 1.角度の話
 2.弧度法
 3.三角関数の導入
 4.三角関数の変化とグラフ
 5.24の瞳の公式
 6.一般の三角関数
 7.加法定理
 8.公式の導入
 9.三角形に関する定理
10.三角形の面積
11.特別な角の三角関数の値
12.三角関数の微積分
13.極座標の考え方
第2章 演習篇
 1.三角関数の計算
 2.三角方程式および不等式
 3.三角関数を使ったいろいろな問題
 4.三角関数と図形
 5.微積分の応用
【初版発行年月日】1987年4月10日
【収蔵品発行年月日】1987年4月10日 初版発行
【収蔵品定価】600円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】宮原繁「モノグラフ13.3角関数 」(フォーラムA)
【コメント】
今や、その存在すら忘れ去られてしまった武蔵の抜群シリーズ。その中では比較的入手しやすいのがこの本。

三角関数は数Ⅰから数Ⅲまで幅広く使われる単元だが、教科を横断した参考書というと「モノグラフ」くらいしか思い浮かばない。
本書は大所高所から三角関数について高校数学で学ばなければならない範囲をまとめ、難問を通じてその使い方を指し示してくれる好著。ハイグレイドと銘打つだけあってある程度三角関数が分かっていないと最初の方で目を回すハメになりそう。

ちなみに武蔵の抜群シリーズは調べた限り20冊存在する(発行は全て三沢書店)。

(武蔵の抜群シリ-ズ 1)神田庄二「必修英文740」
(武蔵の抜群シリ-ズ 2)柏木俊介「英解公式110番」
(武蔵の抜群シリ-ズ 3)武蔵高等予備校「必勝必出 英語イデイオム850」
(武蔵の抜群シリ-ズ 4)横田隆吉「数1・代幾・基解コンセプト 80」
(武蔵の抜群シリ-ズ 5)内山喜一「物理コンセプト62(改訂版)」
(武蔵の抜群シリ-ズ 6)小泉貴「古語・慣用句のすべて」
(武蔵の抜群シリ-ズ 7)町田憲恵「記憶式日本史総合テスト」
(武蔵の抜群シリ-ズ 8)高山高雄「記憶式世界史総合テスト」
(武蔵の抜群シリ-ズ 9)小森信護「ハイグレイド ベクトル・行列の理論」
(武蔵の抜群シリ-ズ10)小森信護「ハイグレイド 三角関数の構造」
(武蔵の抜群シリ-ズ11)増成冨久子「現代論説文の読み方」
(武蔵の抜群シリ-ズ12)横田隆吉「微積・確統コンセプト40」
(武蔵の抜群シリ-ズ13)武蔵高等予備校「ハイグレイド 化学パ-フェクト98」
(武蔵の抜群シリ-ズ14)武蔵高等予備校「長文読解のベスト対策 試験に出る抽象名詞」
(武蔵の抜群シリ-ズ15)横田隆吉「微積分パ-フェクト210」
(武蔵の抜群シリ-ズ16)森護「二次曲線のすべて」
(武蔵の抜群シリ-ズ17)佐藤哉二「『英文法』集中講義73」
(武蔵の抜群シリ-ズ18)武蔵高等予備校「物理パ-フェクト124」
(武蔵の抜群シリ-ズ19)武蔵高等予備校「『会話・口語表現』総整理」
(武蔵の抜群シリ-ズ20)佐藤哉二「セットで覚える合格『英熟語』1000」

「必修英文740」と「英解公式110番」は後に学燈社から再発(?)したが、「英解公式110番」の著者はなぜか石黒哲三名義になっている。
浪人生当時、本校の代々木ライブラリーに若干数置いてあったが、全巻揃っているのを見たことがない。
[PR]
by roudai | 2007-11-21 00:00 | 数学 | Comments(7)