浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号107 前田の日本史史料攻略法/前田秀幸の合格日本史

d0133636_0123727.jpg
d0133636_0125115.jpg

【タイトル】前田の日本史史料攻略法/前田秀幸の合格日本史 頻出史料230
【著者】前田秀幸
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー/ごま書房
【サイズ】新書
【ページ数】246頁/274頁
【目次】
【初版発行年月日】1989年9月10日/1997年5月30日
【収蔵品発行年月日】1989年10月15日 第4刷発行/1997年5月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】850円(本体825円)/950円+税
【入手困難度】★★☆☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆/★★☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~/500円~
【鑑定額】300円/300円
【代替参考書】
【コメント】
菅野師の「日本史必出史料」(文英堂)に対抗して、代ゼミ・武蔵高等予備校を通じてのライバルである前田師が代々木ライブラリーから出した参考書。前者は150の史料、後者は230の史料を収録しており、後者の前書きでも「この史料集(「前田の日本史史料攻略法」)を超基礎とすれば今回の史料は基本から標準まで"史料の決定版"というもの」と2冊の関係を述べている。
レイアウト的には、「攻略法」は1ページに史料→訳→解説→講義という形態で、それ以外に巻末に「ズバリ!ココが出る」という形で各史料ごとの盲点や図解がまとめられているが、「頻出」は史料→訳→要点(図解)→頻出(講義)→実戦一問一答(盲点)が1ページにまとめられている。その分史料の文字が小さくなり、また「攻略法」はすべて横書きだが、「頻出」は史料だけ縦書きとなっている。
菅野師の「必出史料」と比べると新書版ということもあって史料本文が短く、1冊目に使用するのには向かない。ベストは直前期の知識確認向けか。
[PR]
by roudai | 2008-02-26 00:00 | 社会 | Comments(3)

収蔵品番号106 志望大合格する参考書・ムダな参考書’90年版

d0133636_10183485.jpg

【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’90年版
【著者】早稲田大学予備校研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】新書
【ページ数】222頁
【目次】
1章 英語 参考書・合格メニュー
2章 数学 参考書・合格メニュー
3章 国語 参考書・合格メニュー
4章 理科 参考書・合格メニュー
5章 社会 参考書・合格メニュー
6章 新テスト用参考書・合格メニュー
【初版発行年月日】1989年1月25日
【収蔵品発行年月日】1989年1月25日 改訂版第1刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】100円
【代替参考書】船山英樹&受験参考書研究会「志望大合格する参考書ムダな参考書(2009年版)」(エール出版社)
【コメント】
前年の慶応大学・大学入試研究会の手抜きのせいかは分からないが、この年から担当が早稲田大学予備校研究会に変更になっている。それに伴い慶応のミシュラン式三つ星評価から和式の五つ星評価に変更になる。とはいっても★はないので実質四段階評価。センター試験開始直前ということで6章に特集が組まれているが、私大型の勉強しかしてこなかった早大生にセンター試験について書かせるのも酷な気がする。
1回目とあって気合いが入っているのか、「参考書ベストメニュー採点表」という形で、掲載した参考書の採点をそれぞれ、見やすさ使いやすさ・速効性・分かりやすさ親切さ・知名度・完全度・難易度・初心用・中堅大・難関大について載せ、総合でA○が★5つ、Aが★4つ、Bが★3つ、Cが★2つにしているようだ。もっとも中には「新釈現代文」や「新数学演習」の分かりやすさ親切さが5点満点、「例の方法」の速効性が3点という鑑識眼を疑う評価もあるけれども。それと(英単語・熟語)だけ採点表から漏れているのはなぜだろうか。
座談会の中で本編で取り上げていない参考書がいくつか話題に上っているのはご愛敬。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2008-02-19 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号105 スイスイ頭に入る英単語の集中講義

d0133636_23455876.jpg

【タイトル】スイスイ頭に入る英単語の集中講義
【著者】宮崎尊
【肩書】旺文社ラジオ講座講師
【出版社】草思社
【サイズ】B6
【ページ数】278頁
【目次】
1 きっと役に立つこの本の使い方
2 侮ってはいけない超基本語
3 連想で覚える基本語のグループ
4 意味より働きが重要な機能語
5 長文解釈のカギ・つなぎ語のはなし
6 これは便利、トピック別キーワード
7 楽しく読めた頭に入る重要単語580
講義のあとに
【初版発行年月日】1990年4月16日
【収蔵品発行年月日】1990年4月16日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
先頃(2008年1月9日)民事再生法の適用を申請した草思社の「集中講義」シリーズの1冊。amazonでは絶版になっているが、都内大手書店ではまだ流通在庫が若干残っているようでたまに見かける。

表題は「英単語」になっているが、中身は「英語全般」についての肩肘張らない話が中心で文字通り「スイスイ」読める。ただ、内容を詰めすぎた(これは誉め言葉)ために行間が詰まってちょっと圧迫感があるので最近の受験生にはチトきついか。

受験に限らず、社会人になってからでも役立つ好著。新刊で手に入る内がチャンスですぞ。
[PR]
by roudai | 2008-02-12 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号104 酒井の現代文ミラクルアイランド

d0133636_23345275.jpg
d0133636_23351098.jpg

【タイトル】酒井の[現代文ミラクルアイランド]評論篇/増補改訂版酒井の現代文ミラクルアイランド評論篇
【著者】酒井敏行
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房/情況出版
【サイズ】B6/A5
【ページ数】226頁/228頁
【目次】
まえがき・この本の使いかた
予講 評論を解く
第一講 文化論を解く―論理をつかむ
 外山滋比古「日本語の特質」(学習院大)
第二講 現代文化論を解く―文脈をつかむ
 松本健一「死語の戯れ」(早稲田大)
第三講 文学論を解く―全体をつかむ
 加藤周一「文学の概念」(明治大)
第四講 日本人論を解く―部分をつかむ
 見田宗介「近代日本の心情の歴史」(共通一次追試)
 中村徳郎「きけわだつみのこえ」(東京大学)
第五講 文芸論を解く―部分と全体をつかむ
 本田和子「異文化としての子ども」(九州大)
第六講 言語論を解く―構造をつかむ
 藤井令夫「言葉」(早稲田大)
第七講 芸術論を解く―イメージをつかむ
 山崎正和「芸術・変身・遊戯」(東京女子大)
以上旧版

プロローグ
予講 はじめに読んでください
第一講 文化論を解く―論理をつかむ
 外山滋比古「日本語の特質」(学習院大)
第二講 現代文化論を解く―文脈をつかむ
 松本健一「死語の戯れ」(早稲田大)
第三講 文学論を解く―全体をつかむ
 加藤周一「文学の概念」(明治大)
第四講 日本人論を解く―部分をつかむ
 見田宗介「近代日本の心情の歴史」(共通一次追試)
 中村徳郎「きけわだつみのこえ」(東京大学)
第五講 文芸論を解く―部分と全体をつかむ
 本田和子「異文化としての子供」(九州大)
第六講 言語論を解く―構造をつかむ
 藤井令夫「言葉」(早稲田大)
第七講 芸術論を解く―イメージをつかむ
 山崎正和「芸術・変身・遊戯」(東京女子大)
補講 コスモロジーを解く―夢をつかむ
 河合隼雄「イメージの心理学」(センター試験本試)
エピローグ
以上増補改訂版 
【初版発行年月日】1989年2月10日/1997年4月1日
【収蔵品発行年月日】1991年8月25日 第8刷発行/2003年6月1日 第7刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)/本体1300円+税
【入手困難度】★★☆☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆/★★☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
長年にわたって代ゼミの現代文トップ講師である酒井師の参考書処女作。評論篇だけで続編はまだ出ていない。
ミクロアプローチとマクロアプローチの二方面から問題文と問題を眺め、基本的な解法テクニックをルールとしてまとめている。図化するためのノウハウがやや足りない気もするが、一応、これで事足れりという印象を受ける。尤も出題されている文章は明確な二項対立に基づく文章ばかり(それが頻出パターンではあるが)なのがやや我田引水的だが。

問題は第四講で、ここだけ衣の下から鎧が出た感じで、サヨク活動家全開な内容。大和書房で絶版になった後、情況出版から増補改訂版(補講分の1題が増えている)として出版されたが、版元の情況出版とは左翼系オピニオン雑誌「情況」を出版している出版社で一覧の中で本書と「ガッツ漢文」だけが異彩を放っている。著者の素性を知っていれば不思議でも何でもないが(笑)。

日本人論(しかも共通一次試験追試の問題)の知識としてということでイキナリ「朝日新聞」の「天声人語」を引用した後、酒井師は暴走しだす。
「義侠」に救いを見出す日本の民衆の心情を権力者が巧みに操るとき、民族の運命が悲惨な状況に陥ることがある。たとえば、明治政府から敗戦に至るまで、「天皇陛下のために」「御国のために」自らの命を捨てることを最高の美として国家権力は位置づけた。「特攻隊」はその典型だ。子供たちの「修身」の教科書には「キグチコヘイ ハ テキノ タマ ニ アタリマシタ ガ、 シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ。」などと軍国美談を積極的に採用し、「海行かば水づく屍、山行かば草むす屍、大君のへにこそ死なめ、かえりみはせじ」という皇国民精神を子供たちに巧みに植えつけていった。世界内在的かつ人生超越的な倫理美の世界である民衆の「義侠」も国家権力にとっては侵略戦争である「聖戦」の原動力とされてしまったことを私たち民衆は肝に銘じておくべきだろう。(旧版P.146・増補改訂版P.134)
どこの日教組のアジビラですか?という内容だが、驚くことに「オモ参」の時点で堂々と載っているのである。また、「義侠」の具体例として真っ先に宮崎駿の「風の谷のナウシカ」を挙げ(宮崎駿は古くからの共産党シンパ)るあたりもいかにもで微笑ましい。

修身に木口小平を引くのと、受験参考書でアジ演説をするのと、ベクトルは正反対でもやっていることは同じだと思うのだが、いかがだろうか。
[PR]
by roudai | 2008-02-05 00:00 | 国語 | Comments(4)