浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号116 タイプ別数列の漸化式の解法研究

d0133636_1238530.jpg
【タイトル】受験の数学6月号臨時増刊 タイプ別数列の漸化式の解法研究
【著者】新倉秀雄・中島修司・長井茂・福田豊穂・宮崎弘至
【肩書】一橋学院講師・都立国立高校教諭・群馬ゼミナール講師・文教大学助教授・一橋学院講師
【出版社】聖文社
【サイズ】A5
【ページ数】72頁
【目次】
数列とその極限、無限級数の基本事項
◆タイプ1 an+1=an+f(n)
◆タイプ2 an+1=anf(n)
◆タイプ3 an+1=pan+q
◆タイプ4 an+1=pan+f(n)
◆タイプ5 an+1=pan+qn+r,an+an+1=qn+r
◆タイプ6 an+1=qanp
◆タイプ7 an+1=an/pan+q
◆タイプ8 an+1=ran+s/pan+q
◆タイプ9 an+2=pan+1+qan
◆タイプ10 an+1=pan+qbn,bn+1=ran+sbn
◆タイプ11 その他のタイプ
◆タイプ12 はさみ打ちの原理と極限
練習問題の解答
【初版発行年月日】1990年6月10日
【収蔵品発行年月日】1990年6月10日 発行
【収蔵品定価】570円(本体553円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】宮原繁「モノグラフ15 漸化式 4訂版」(フォーラムA企画)
【コメント】
「全国数学入試問題詳解」を出版している聖文社は以前、「受験の数学」という月刊誌を発行していたが、これはその別冊。「大学への数学」と比べると大分執筆者の知名度に差がある。一橋学院系の著者が多かったと記憶している。
受験数学において漸化式はある程度パターン化して解く分野で、だいたい4~5パターンくらいに分類されるが、この本では変形前の形式にこだわって10通りに分類している。
[PR]
by roudai | 2008-04-29 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号115 受験の英語術

d0133636_12343766.jpg
【タイトル】ガメつく点を取る受験の英語術
【著者】御園和夫
【肩書】「大学受験ラジオ講座」英語担当・関東学院大学英米文学部教授
【出版社】KKベストセラーズ
【サイズ】新書
【ページ数】266頁
【目次】
序 ここ一番に強い「英語術」とは
Chapter 1 穴うめ問題 ●正解を引き出すこの技術
<動詞・助動詞>
<名詞・代名詞>
<形容詞>
<前置詞>
<副詞>
<関係詞・接続詞>
<総合的問題>
Chapter 2 書きかえ問題 ●出題者の意図を見破る法
<指示にしたがって書きかえる形式>
<連立書きかえ形式>
<連立穴うめ完成形式>
Chapter 3 コツでつくる和文英訳
Chapter 4 スピード英文解釈
【初版発行年月日】1982年4月5日
【収蔵品発行年月日】1987年6月10日 11版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】400円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】
【コメント】
ラジオ講座でディオン光岡とコンビを組んで口語英語を担当されていた御園先生の著書。
口語英語に特化せず、英語全体の急所を網羅している。以前紹介した「英語問題237の盲点」と同系列の本だがこちらの方が大分易しい。
「237」のように手も足も出ない問題ではなく、この問題今まで何回間違えたっけ?と自嘲したくなる既視感のある問題ばかりだがやっぱり間違えてしまう。後半の英文解釈問題などは新書で扱うにはちょっと重たすぎで、前半の文法問題一色のほうが良かったか。
最近は意外とこういうコンパクトな追い込み向けの本がないので、安く見かけたら手に入れてみるのも一興だろう。
[PR]
by roudai | 2008-04-22 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号114 私の大学合格参考書作戦’93年版

d0133636_0483187.jpg

【タイトル】私の大学合格参考書作戦年版’93年版
【著者】エール出版社
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】203頁
【目次】
1章 英語
2章 数学
3章 国語
4章 理科
5章 社会
【初版発行年月日】1992年7月10日
【収蔵品発行年月日】1992年7月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】エール出版社「私の東大合格参考書作戦 2008年版」
【コメント】
本来なら先週取り上げなければいけなかったのだが、手違いで1週遅れてしまった。

この年から版型が新書サイズからB6に変更され、現在に至っている。それに伴い定価も一気に1.5倍という強気の商売をしているところが、いかにも予備校バブル後期らしい。
丁度この辺が大学受験参考書文化のピークで、現在オークションで高値を呼んでいる参考書の大半は定価で入手できた。この本が出てからわずか15年、今や隔世の感がある。

スペースが広くなったからめったやたらに書名を挙げているが玉石混淆で本当に合格者がこれらの参考書全てに手を付けたとは考えられない。書名と出版社名しか載っていないので、後ろの参考書リストを作成するのにだいぶ手間がかかった。リストは目次を元にしたが、本編で取り上げていながら目次にない本もあった。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2008-04-15 00:00 | 受験情報 | Comments(10)

収蔵品番号113 入試に出た!日本史99

d0133636_023455.jpg

【タイトル】重要事項チェック 入試に出た!日本史99
【著者】三浦五郎
【肩書】代々木ゼミナール・武蔵高等予備校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】新書
【ページ数】223頁
【目次】
はしがき
本書の利用法
古代
中世
近世
近代
現代
付録
1.蝦夷地・琉球の歴史
2.史学史
3.明治の思想・宗教界
4.女性史
5.事件と内閣総辞職
6.戦後政治史
7.戦後外交史
8.戦後経済史
9.戦後文化史その他
さくいん
【初版発行年月日】1984年3月20日
【収蔵品発行年月日】1985年 重版
【収蔵品定価】620円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】
【コメント】
以前ケチョンケチョンに貶した「三浦の日本史頻出問題150選」の著者の手になるもう1冊の参考書。Amazonや紀伊国屋で検索しても出てこなかったのですっかり忘れていたが、同じ大学JUKEN新書の「セットで覚える日本史」をひっくり返していて思い出した。

中身のレベルは現在では標準以下だが、「入試の問題文は、簡単な歴史叙述として参考になるものが多い」という観点から、入試で実際に出題された問題文の空欄を埋めたものだけで通史の読み物としたアイディア賞ものの参考書である。実際に問われた部分ではなくて、単に重要と思われる部分がゴシックになっているのが減点材料だが。

同じ考えに基づく本があったような気がするが、すぐに思い出せない。やはり著作権的に相当微妙なので真似できないのだろうか。

付録は年表だけでそれほど価値のあるものではないが、この時期にこういう切り口でまとめたものがある点は評価したい。
[PR]
by roudai | 2008-04-08 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号112 チャート式確率統計

d0133636_1441758.jpg

【タイトル】チャート式確率統計
【著者】橋本純次・数研出版編集部
【肩書】前神戸大学教授・理博
【出版社】数研出版
【サイズ】B6
【ページ数】108頁
【目次】
はしがき
緒言
第1章 確率
1 場合の数と確率
2 確率の加法定理・乗法定理
3 独立試行の確率
4 期待値
第2章 資料の整理
5 度数分布と平均
6 標準偏差
第3章 確率分布
7 確率分布
8 二項分布
9 正規分布
第4章 標本調査
10 母集団と標本
11 推定
12 検定
13 抜き取り調査
試練問題の略解
索引
【初版発行年月日】昭和40年3月1日
【収蔵品発行年月日】昭和59年6月15日 新制第1刷発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】100000円~
【鑑定額】100000円
【代替参考書】福田邦彦「解法の探求・確率」(東京出版)
【コメント】
「数Ⅰ・基礎解析・代数幾何・微分積分・確率統計」時代の赤チャート。中でも「確率統計」は幻の一冊とされ、長くその存在が疑問視されていたが、初版第1刷のみ発行されていたことが今回判明した。ページ数も他の赤チャートの半分以下で本屋で目立たなかったためとみられる。あまりにレアすぎるため国会図書館にも存在しないのでヤフオクに出てくればこの値段は仕方ないところ。ただし、内容的に新味はなく、「鉄則」や「解法のテクニック」で充分代用可能。熱狂的なコレクター以外は間違っても高値入札しないように。

More
[PR]
by roudai | 2008-04-01 00:00 | 数学 | Comments(0)