浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号124 驚異の現代文読解法

d0133636_23495529.jpg
d0133636_119122.jpg

【タイトル】出口の驚異の現代文読解法
【著者】出口汪
【肩書】代々木ゼミナール講師/ラジオたんぱ大学合格ラジオ講座講師
【出版社】代々木ライブラリー/語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】103頁+別冊43頁/110頁+別冊66頁
【目次】(代々木ライブラリー版・改訂新版は問題番号が通し番号)
序章 読解の基本ルール<前提>
 これだけは知らなければならないこと 前提一
 これだけは知らなければならないこと 前提二
 例題 夏目漱石「ケーベル先生」・・・関西学院大学
第一章 評論読解法
 一 林達夫「思想の運命」・・・立命館大学
 二 大森荘蔵「流れとよどみ」・・・東京大学
 三 中村雄二郎「考える愉しみ」・・・立教大学
第二章 小説読解法
 一 芥川龍之介「蜜柑」・・・岡山大学
 二 有島武郎「生まれ出づる悩み」・・・同志社大学
 三 清岡卓行「アカシアの大連」・・・共通一次
第三章 随筆読解法
 一 馬場あき子「私の転機」・・・昭和女子大学
 二 宇佐美英治「印影」・・・同志社大学
 三 藤原新也「旅後の章」・・・早稲田大学
【初版発行年月日】1989年8月1日
【収蔵品発行年月日】1991年2月20日 第10刷発行
【収蔵品定価】780円(本体757円)
【入手困難度】★★★☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】出口汪「出口の驚異の現代文読解法 改訂新版」(語学春秋社)
【コメント】
関西代ゼミで頭角を現してきた出口師の処女作。「森川の的中英文Part1 30選」「森川の的中英文Part2 40選」に続く関西代ゼミ所属講師によるライブラリー本。出版社が同じだけに「田村の現代文講義」と非常に似通ったレイアウトである。
一冊で評論・小説・随筆の3つを網羅しようとした欲張った内容も処女作らしい微笑ましさだがその分一つ一つの量が少ない上に、評論ならでは、小説ならでは、随筆ならでは、の解き方といったものが明示されているわけではない。実際に入試において小説の出題は一部の女子大・国立大とセンター試験だけという傾向はこの頃も変わらないのだから、この程度の内容で敢えて小説読解法を載せる意味があったのか疑問だ。

出口師の東進移籍に伴って「ライブラリー」版が絶版になり、語学春秋社へ版元が移ったが、「旧版をパワーアップ」と書く割には内容は全く同じで、例題の「ケーベル先生」を独立した問題にして別冊へ移動した点と解答欄・アドバイス・採点基準(問題冊子に「・・・があったら○点」といった記述問題の採点基準を入れるのは疑問だが・苦笑)を問題冊子に載せた程度の変更。本文の頁差は1行の字数が減ったためで、正直「パワーアップ」の看板に偽りありだろう。
[PR]
by roudai | 2008-06-24 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号123 ネコタン365

d0133636_23481580.jpg

【タイトル】入試古文単語ネコタン365
【著者】五十嵐一郎
【肩書】東京学芸大学附属高校教諭
【出版社】学研
【サイズ】B6
【ページ数】736頁
【目次】
4月 現代語と意味が異なる語(1)
5月 現代語と意味が異なる語(2)
6月 互いに類似した意味をもつ語(1)
7月 互いに類似した意味をもつ語(2)
8月 慣用的に使われる語
9月 対にして覚える語
10月 語の構成から意味がわかる語
11月 古文独特のふんい気をもつ語
12月 いろいろな意味をもつ語
1月 尊敬・謙譲を表す語
2月 その他の重要語(1)
3月 その他の重要語(2)
【初版発行年月日】1989年1月
【収蔵品発行年月日】1991年2月 第3刷発行
【収蔵品定価】1050円(本体1019円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】なし
【コメント】
日めくりカレンダーのような装丁で、1日1語ずつネコのモノクロ写真とともに古文単語が紹介されるという、ネコ好きにはたまらない癒し系参考書
d0133636_23473270.jpg

出たときには色物と思って敬遠していたが、今回じっくり読んでみると、意外とネコの台詞に託したダジャレも記憶の定着に役立ちそう。裏には実際に入試で出題された例文が載せられていて、欄外のミニ知識などもいい仕事をしている。
後に単語数を絞った簡易版(「入試基礎古文単語ネコタン280」)も出ているがこちらも絶版。著者のネームバリューがあればもっと売れただろう。
[PR]
by roudai | 2008-06-17 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号122 とびダス英単熟語

d0133636_23351692.jpg

【タイトル】RC方式 記憶マシン とびダス英単熟語
【著者】手嶋利昂
【肩書】RC語学研究所主宰
【出版社】南雲堂
【サイズ】新書
【ページ数】255頁
【目次】
パート1 -ハッとする-特選873語
パート2 -ドキッとする-精選830語
パート3 -ワクワクする-厳選843語
【初版発行年月日】1988年9月20日
【収蔵品発行年月日】1988年9月20日 1刷発行
【収蔵品定価】650円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】清水かつぞー「英単語ピーナツほどおいしいものはない 銅メダルコース」(南雲堂)
【コメント】
RC方式(RIC方式ではない・笑)とはReversal Compounds(反転結合語句)の略らしいが、とにかく情報があちこちに散らばりすぎて分かりづらい。
P.18に対応するのがP.21で、P.20に対応するのがP.23で、間に挟まれたP.19の反意語の解答はP.230といった発狂もののレイアウトだ。
さらに連語の空白部分をピリオドに置き換えたりして(ex.it.will.not.be.long.before)、英語としてありえない字面に辟易する。
また一連の語句を一部分だけ日本語に置き換えるため、英語の語順で日本語訳が表示され、非常に違和感がある。さらに前置詞の位置もメチャクチャなため、真っ当な語学センスのある人にとっては拷問以外の何物でもない。収録語のレベルを云々する以前の失敗作と断言できる。

似た考え方に基づく本で富永直久氏の「メクリマン」シリーズがあるが、あちらは図形的に対応する単語が分かるためこの本ほど使いづらくはない。出版年次から判断すると、「とびダス」が先達かもしれないが(富永直久「英語は電車の中で」は1981/05初版発行)、アイディア倒れもはなはだしい。

代替図書としては「メクリマン」シリーズが全て絶版なこともあって、同じ系統だが遥かに使いやすい「英単語ピーナツ」シリーズを挙げる。
[PR]
by roudai | 2008-06-10 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号121 因数分解

d0133636_2333886.jpg

【タイトル】Aクラス選書 因数分解
【著者】小林善一
【肩書】東京教育大学名誉教授 理学博士
【出版社】昇龍堂出版
【サイズ】A5
【ページ数】119頁
【目次】
Ⅰ.因数分解の準備
Ⅱ.基本公式を用いての因数分解
Ⅲ.基本公式を組み合わせた総合問題
Ⅳ.発展問題
Ⅴ.因数定理を利用した因数分解と対称式,交代式の因数分解
Ⅵ.因数分解の応用例
【初版発行年月日】1978年2月
【収蔵品発行年月日】2001年5月 33版発行
【収蔵品定価】本体777円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】なし
【コメント】
一部の上位中高一貫校で根強い人気を誇る昇龍堂のAクラスシリーズ。大半は中学の範囲の内容だが、この本は唯一と言っていい高校の範囲まで含む例外的な本。
そもそも大学入試において因数分解とは手段であって目的ではないので、専門の本は私が知る限りこの本くらいしかないが、実際は微積などの最終段階で因数分解の力がないと二進も三進も行かなくなることがあり、盲点になりがちな分野である。表題が難しそうなⅥ.が大したことなく、実はV.の対称式・交代式がこの本の山場である。数Ⅰの本に3次の交代式まではさらっと書かれているが、本当の威力を知るにはこの本が最適だ。

例えば、
【例題73】ab(a3-b3)+bc(b3-c3)+ca(c3-a3)を因数分解せよ
などは何分で解けるだろうか。この本の解法なら1分程度で解けてしまう。

また、Ⅳ.に出ている相反式の因数分解は数Ⅰの本で見た記憶が無いが、意外と使い道はありそうだ。
[PR]
by roudai | 2008-06-03 00:00 | 数学 | Comments(5)