浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号129 入試を制する多義語333+α

d0133636_2359775.jpg

【タイトル】佐藤の英語 入試を制する多義語333+α
【著者】佐藤浩司
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】B6
【ページ数】289頁
【目次】
【初版発行年月日】1997年12月25日
【収蔵品発行年月日】1997年12月25日 初版発行
【収蔵品定価】本体900円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】嶋田順行「大学入試 天下無敵の英単語 最重要多義語300」(中経出版)
【コメント】
代々木ライブラリーの迷走期に出された1冊で、流通量が少なかったのか神秘化されてオークションで人気の1冊。

講習用の分厚いテキストに自習用としてついてくる語彙リストをそのまま本にしたような内容で、それほど新味はない。多義語333+αをアルファベット順に並べており、辞書的に使えるものの、実際に辞書として使うかどうかは疑問

1つの語に複数の意味が書いてあるが、ほとんどが中学レベルの意味で、数字がふってあっても入試に出る順でも何でもない。どうせなら例題で扱う意味とコアとなる意味だけ記述したほうがまだ個性が出たと思われる。頭から読んでいくと重要多義語の「take」が出てくるのはP.250、「tell」はP.254、「way」に至っては最後の単語(P.266)というのもこれだけのページ数を考えると不親切。

本来単語集の一角で済む「多義語」をわざわざ1冊にまとめようとして水ぶくれした失敗作と言える。
[PR]
by roudai | 2008-07-29 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号128 総括英文法

d0133636_23562469.jpg

【タイトル】大学受験総括英文法
【著者】山田弘
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】評論社
【サイズ】A5
【ページ数】126頁+別冊解答21頁
【目次】
1.疑問・否定・感嘆・命令・祈願
2.感情動詞と第5文型
3.受身
4.助動詞
5.関係詞
6.不定詞
7.分詞
8.動名詞
9.接続詞
10.時制
11.自動詞・他動詞
12.動詞の活用
13.形容詞・副詞
14.比較
15.代名詞・冠詞
16.仮定法
17.名詞
18.話法・一致
19.否定
20.It構文・There構文・無生物主語・倒置
21.前置詞(1)
22.前置詞(2)
決戦問題
決戦問題解答
付録1 ベクトル法
付録2 独立不定詞
    慣用的独立分詞構文
解答
【初版発行年月日】1996年7月30日
【収蔵品発行年月日】1996年7月30日 初版発行
【収蔵品定価】定価1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】山田弘「センター英語で大逆転できる本 2010年版」(エール出版社)

【コメント】
駿台で教鞭をとりながら英語科の大ボス伊藤和夫に楯突き、「基本英文700選」の向こうを張って「ポルノで英語がスイスイ学べる 基本淫文700選」(エール出版社)を永見拓也名義で発表した怪人。その後、代ゼミに移籍しパンチパーマの風貌からヤクザ先生と呼ばれるも、後発の佐藤(人称代名詞がit)忠志ほどの知名度はない。1990年ごろは札幌校で教えていた。

最近は「ポルノで~」の縁かエール出版社で「中学英語で~」シリーズを連発しているが、この本はそれ以前に評論社から出された本で、知名度は低いもののカルト的人気のあるシリーズ。

表題は参考書っぽいが、100%pure英文法問題集。

先行して同社から「1問1解英文法初級問題集」「1問1解英文法中級問題集」「1問1解英文法決戦問題集」(ネーミングが代ゼミの数学問題集を髣髴とさせる)を出しており、この本はそれらを所持していることが前提で書かれており、それぞれの問題に対応する個所が提示されているだけで問題の解説はほぼゼロという問題作。

著者名に惹かれて単独で買うと痛い目に会うので、3冊を持っている人だけイケズな難問を楽しんでください。
[PR]
by roudai | 2008-07-22 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号127 めざせ!合格

d0133636_23552415.jpg

【タイトル】土屋の[めざせ!合格]
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】245頁
【目次】
まえがき―受験生諸君へ
初心忘るべからず―自分史編
目標は高くもて―学校編
さあ、今日もとびおきよう―日常生活編
自分のために生きるんだ―人生編
負けるもんか―ガンバリズム編
辛・学問のすヽめ
【初版発行年月日】1988年3月1日
【収蔵品発行年月日】1990年2月25日 第四刷発行
【収蔵品定価】定価980円(本体951円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】西谷昇二「壁を越える技術」(サンマーク出版)
【コメント】
オモ参の別巻扱いの一冊。まえがきには「受験ごくらく・妙薬100錠」(シュパル社・1983)が母体と書かれているが、それ以降の話も多く、大分改訂されていると思われる。
内容は土屋師の授業を受けたことがあれば一度は聴いたことがある話がゴロゴロしており、All about 土屋トークの観がある。受験生に向けてのメッセージが熱い口調と豊富な具体例で怒涛のごとく迫ってくる。土屋師のコンプレックスは群馬出身というだけで、学歴的には申し分ないため、昨今のゆとり教育世代には上から目線に感じるのだろうか。

個人的にツボだったのがP.222(おお、なんと土屋っぽい数字だ・笑)~223の一節
東京にS高校という私立校があります。僕はここで二年間、講師をさせてもらいました。今をさること十年前です。その当時は名門でも何でもなく、どちらかといえばすべり止めに近かったのではないかと思います。
 現校長のS先生はおっしゃいました。「開成・麻布・武蔵の御三家に追いつけ!」何せまだ東大に一人も合格しない、すべり止め校に近い学校が、御三家に追いつく、というのですから。僕に小錦を押しつぶせ、というのと同じことで、無理な注文でしょう。
 しかし、今年はなんと、27人合格!29位!と堂々ベスト30に登場してしまったのです。たったの十年で、ゼロから27人、そのエネルギーの根源は一体何か?それは、
1 中高一貫教育
2 教師は大学院出身者
3 文武両道
という三点にしぼられると思います。
 実力のある教師に、六年間みっちり教育させ、生徒の学力をハイレベルに引き上げる、これを実践したのです。
 S高校はよい意味での校長のワンマン体制だと思います。ただのガンバリズムではなく、深謀遠慮あり、そして学問のみならず、全生徒が柔剣道初段目標という文武両道の精神!この原理を信じ、強烈に推し進める力、これがS高校のエネルギーです。
どう見てもS高校とは我が母校巣鴨高校(実際に土屋師は講師として在籍)なのだが、なぜか校長のイニシャルがSになっている。昨年隠居されたがこの当時(戦後からずっと)の校長は堀内政三(まさぞう)先生だから、HかMを使うべきなのだが、2年しか居なかった土屋師は「せいぞう or しょうぞう」と思い込んでいたのだろうか(笑)。
あと、ウチの東大合格者(現役・浪人併せて)は私が中学に入学した当時でも5~6人いたはずだし(土屋氏が居たのはその2、3年前の話とはいえゼロということはなかったと思う)、20人を超えたのは、この本が出た後の1990年のことだったと記憶しているのだが。

P.S.調べたところ、この本が出る直前の1985年の東大合格者数が14人(現7・浪7)で、私の記憶していたのは現役生の数字だった。土屋師が教鞭をとっておられた時期は1970年代後半になので、ゼロという数字もあながち間違っていないようだ。
[PR]
by roudai | 2008-07-15 00:00 | 受験情報 | Comments(4)

収蔵品番号126 数学問題これがでる

d0133636_235336.jpg

【タイトル】数学問題これがでる
【著者】元家秀詞
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】文化創作出版
【サイズ】A5
【ページ数】199頁
【目次】
≪第1回≫
≪第2回≫
≪第3回≫
≪第4回≫
≪第5回≫
≪第6回≫
≪第7回≫
≪第8回≫
≪第9回≫
≪第10回≫
≪第11回≫
≪第12回≫
≪第13回≫
≪第14回≫
≪第15回≫
≪第16回≫
≪第17回≫
≪第18回≫
≪第19回≫
≪第20回≫
【初版発行年月日】1989年8月30日
【収蔵品発行年月日】1989年8月30日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】定価1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】鳥山昌純「文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B」(河合出版)
【コメント】
前述の「現国これがでる」が出た際に「英語問題これがでる」「英単・英熟これがでる」と併せて発売された文系数学問題集。シリーズはこの4冊でだけで、以後続刊はない。
版元の文化創作出版は所在地が東京都渋谷区なのに、なぜかこのシリーズは全て関西代ゼミの講師で、森川師と出口師は代々木ライブラリーから既に著書があったため関東での知名度は多少あったが、元家師は「アルファ」に連載記事が載ったことがある程度で関東では全く無名の人だった。後に「飛躍への100問数学Ⅰ・A」(代々木ライブラリー・1999)の著者に名を連ねて健在を示した。

内容は数Ⅰ・代幾・基解・確統について毎回大問で6題ずつ(4ジャンルの配分はまちまち)入試問題とその解答・解説を載せるといった形式で、1回分で国立文系用模試1回になるよう配列されている。
既に体系的に数学を学んだ人間の腕だめし用の問題集で、1冊目に使うという訳には行かない。
着眼点や別解、重要事項の整理など内容は良いのだが、惜しむらくは模試形式にしてしまったために特定ジャンルの集中学習や一からの学習には向かず、また模試形式にもかかわらず、問題と解答が別冊になっていない点もマイナス(当時はそういう装丁の本は少なかったが)。

同シリーズの他の3冊がダメダメだっただけに生き残って欲しかった1冊。
[PR]
by roudai | 2008-07-08 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号125 現国問題これがでる

d0133636_23514715.jpg
初版
d0133636_23515884.jpg
改訂新版
【タイトル】現国問題これがでる/<改訂新版>新書判 現国問題これがでる
【著者】出口汪
【肩書】代々木ゼミナール講師/旺文社ラジオ講座講師・東進ハイスクール講師
【出版社】文化創作出版
【サイズ】A5/新書
【ページ数】175頁/253頁
【目次】
文明論
 ●哲学の現在・・・中村雄二郎
 ●美意識と神様・・・梅棹忠夫
文化論
 ●混沌からの表現・・・山崎正和
 ●日本語の表と裏・・・森本哲郎
言語論
 ●日本語の語源・・・阪倉篤義
 ●思想の運命・・・林達夫
芸術・文芸論
 ●同化の芸術・異化の芸術・・・吉崎道夫
 ●中野重治・・・北川透
哲学・思想
 ●レトリック認識・・・佐藤信夫
 ●失明の階層―中間階級篇・・・高橋和巳
随筆
 ●四角三角丸矩形・・・吉行淳之介
 ●時のかたみ・・・竹西寛子
小説
 ●青梅・・・高井有一
 ●雁・・・森鴎外
付録(改訂新版のみ)
 ●センター試験問題(平成6年度本試 竹田青嗣『陽水の快楽』・司馬遼太郎『項羽と劉邦』)
【初版発行年月日】1989年8月30日/1994年6月30日
【収蔵品発行年月日】1989年8月30日 初版第1刷発行/1994年6月30日 改訂新版第1刷発行
【収蔵品定価】定価1000円(本体971円)
【入手困難度】★★☆☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】出口汪「現国問題これがでる 改訂新版」(文化創作出版)
【コメント】
「驚異の現代文読解法」に遅れること約1ヶ月で出された問題集。「驚異の」が「田村」の影響を多分に受けた形で作られているのに対して、こちらは従来の問題集の枠を越えておらず、だいぶ解説が少ない。出口師自身、当時はまだ関西でしか知名度のない講師だったために関東では知る人ぞ知るレア本で、あっという間に姿を消した。
にもかかわらず、出口師が全国展開した予備校バブル末期には新書になって再登場。改訂新版といっても平成6年のセンター試験の問題とその解説を追加しただけという手抜きの上、新書という版型の上に行間を空けているので非常に使いづらい。

驚くのは未だにこの本が現役で店頭に並んでいることだ。

以前「牧野の的中現代文」で取り上げた、昭和60年同志社大学出題の林達夫「思想の運命」がこの本にも載っているが、出口師の解答は

未完成な話し言葉に対し、全体を何らかの思想で一貫させ、余計なもの、冗漫、重複的なものを取り除く作業。(五〇字)

と、「話し言葉との関連」を抑えている点は牧野よりマシだが、「未完成な話し言葉に対し」と書くなら「書き言葉は~だ」で受けるべきなのに流れているのがいただけない。藤田修一的な「・・・があったら~点」感覚の弊害というべきだろう。思想で一貫させる対象も書かれていないし、日本語として意味をなさない点は牧野以下か。

コレクターか熱狂的な出口信者以外は手を出すべきではないだろう。
[PR]
by roudai | 2008-07-01 00:00 | 国語 | Comments(0)