浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号133 読むチカラ

d0133636_217791.jpg
【タイトル】「東大国語」入試問題で鍛える!斎藤孝の読むチカラ
【著者】齋藤孝
【肩書】明治大学文学部教授
【出版社】宝島社
【サイズ】B6
【ページ数】221頁
【目次】
まえがき
第一章 実社会で必要なのは「読むチカラ」
column 創業社長はなぜ意思決定力があるのか
column 「ジョーク」は高度なコミュニケーション
第二章 東大の「現代文」は最高の良問
column 入試問題に採用される文章とは
column 「東大合格」より大事なこと
第三章 問題を解くヒント
column 「200字作文」廃止の背景
column 受験参考書を鵜呑みにするな
第4章 東京大学の「現代文」を読む
あとがき
【初版発行年月日】2004年8月13日
【収蔵品発行年月日】2004年8月13日 第1刷発行
【収蔵品定価】本体1200円+税
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】150円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】西田安実「東大の現代文25ヵ年[第3版]」(教学社)
【コメント】
ベストセラー連発で最近はやや質の低下が目立ってきた齋藤孝による一般書籍。一般書籍にもかかわらず石原千秋「教養のための大学受験国語」(ちくま新書)と並んで学参コーナーに置かれていることが多い。

石原の著作のインチキぶりは冬コミ発行予定の「買ってはいけない」(タイム指数研究所)に詳述する予定なのでここでは省くが、それに比べれば東大の過去問にこだわって書かれている分多少マシかと思っていたが、いざ読み始めると非常な違和感を覚えるようになる。

まえがきで齋藤は
 浪人中だった私は、あるとき、友人と2人で普段は時間を割かない東京大学の「現国」の入試問題を解いてみることにしたのです。まだ共通一次が始まる前の東大独自の一次試験の過去問です。四つの選択肢から一問を選ぶ形式でした。その際決めたことは「考え抜いて、解答に至る根拠が明確になるまで答えを決めない」ということでした。
(中略)
 4年分の問題に最終結論を出し、結果は全て正解でした。しかしそのとき、私たちの中に残ったものは、満点が取れたことの喜びではなく、「よくもこのような問題が作れるな」という驚きでした。(太字は原文ママ)
と書いている(P.3)。勿論、齋藤は東大志望(東大法学部卒)だから過去問を持っていたわけだが、実際は1960年生まれの一浪(?)なので、1979年に始まる共通一次試験を受けて東大に合格しているはずだ。

齋藤は1999年に廃止された200字作文を評価しており、客観性を保ち、主観性を加えながら200字で表現する、知的でありながらアクティブな解答が理想とお題目を唱えているが、彼自身が実際にお手本を示してくれることはない。「受験参考書を鵜呑みにするな」などと偉そうに能書きを垂れるが、彼の"著者性"の出た解答例は1冊を通じて1つもない。端的に言えば「卑怯」なのである。

200字作文を除く東大現代文は原則行数指定であって字数指定ではないので、解答の長さに多少の誤差は許され、表現の幅が広く解答者の腕の見せどころなのだが、能書きだけ垂れて、実際に字数制限下で答えを作る作業は放棄している。これでは東大の問題を扱う意味がない。

問題だけの「投げっぱなしジャーマン」であることを明記していないあたりに著者の不誠実さがあらわれており、参考書はおろか、一般書籍としても欠陥品といえる。

全国の書店には参考書売り場からこの本を撤去することを勧める。よって、当博物館初の☆ダブル0評価である。

P.S.大型書店の棚を見ていたら竹内康浩「東大入試 至高の『第2問』」(朝日選書)なる類似本が新たに出ていた。中で齋藤の「読むチカラ」を引いているあたり存在は意識しているのだが、「25ヵ年」の解答を(「読むチカラ」には解答がないのでその解説も)「優等生的」と貶しているものの、この本も自らの模範解答を示さない。また齋藤は他の問題も取り上げているが、この本はもう多分出題されることのない「第2問」限定である。どうしてこういう使い物にならない本が陸続と出版されるのか、全く地球にやさしくない。
[PR]
by roudai | 2008-08-27 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号132 入試にでる英単語 もう1つの意味

d0133636_20562350.jpg
【タイトル】入試にでる英単語 もう1つの意味<よく出る1000語>
【著者】斎藤昌哉
【肩書】予備校講師・文芸翻訳家
【出版社】中経出版
【サイズ】新書
【ページ数】285頁
【目次】
はじめに
本書の構成
Aランク
入試最頻出/常識のウラ意味337
Bランク
これだけは最低覚えておくウラ意味373
Cランク
受験生の盲点になるウラ意味299
索引
【初版発行年月日】1994年1月6日
【収蔵品発行年月日】1994年1月6日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円+税26円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
以前「入試を制する多義語333+α」をボロクソに貶したが、隠れた理由の1つにこの本の存在があった。勿論、この本も絶版でまずオークションなどで見かけることは無い。

論より証拠、表4に書かれたTEST問題がどれくらい出来るだろうか。
①will(・・・でしょう)→(名)
②tongue(舌)→(名)
③start(始める)→(動)
④save(救う)→(動)
⑤sound(音)→(形)
⑥pretty(かわいらしい)→(副)
⑦behind(・・・の後ろに)→(副)
⑧duty(義務)→(名)
⑨name(名前をつける)→(動)
⑩net(網)→(形)
オモテの意味は中学レベルだが、ウラの意味を出されると意外に脆いはず。(正解は最後に)

表題は1000語となっているが、カウントしているのは「ウラの意味」の数で、同じ単語が複数ページにわたって出てくるので実際の英単語の数は半分くらいか。複数の個所に載っているのはレベル別・品詞別に並べているからで、同一単語であればそれぞれの項目内に参照ページ数と意味は載っている。

単語集の2冊目以降として使うとパワーを発揮しそうな好著。

正解はこちら
[PR]
by roudai | 2008-08-20 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号131 田中の現代文速読・速解法

d0133636_02397.jpg

【タイトル】田中の現代文速読・速解法
【著者】田中雄二
【肩書】研数学館講師
【出版社】三省堂
【サイズ】A5
【ページ数】252頁
【目次】
1 最初と最後を読めば解ける
2 読みにくい文章ほど解きやすい
3 合格ラインは高くない
4 勉強法・・・「本を読め!」は得点につながらない
ルール編
 第Ⅰ部 <基本編>「言いたいこと」をつかむテクニックの理解と練習
 第Ⅱ部 記述式のコツ
 第Ⅲ部 誤った選択肢に引っかからないコツ
知識編
 第Ⅳ部 入試現代文のための評論用語・漢字<付>接続の言葉リスト
 第Ⅴ部 これだけ文学史
演習編
 演習問題(ヒント編・ノーヒント編)
【初版発行年月日】1992年12月15日
【収蔵品発行年月日】1992年12月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】定価1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】津田秀樹「センター試験マル秘裏ワザ大全 国語 2009年度版」(洋泉社)
【コメント】
「漢文早覚え速答法」(学研)で知られる著者の数少ない現代文読解の参考書(他には「大学入試センタ-試験攻略 国語Ⅰ・Ⅱ」(三省堂))。三省堂も予備校バブル崩壊後は一気に点数を減らし、この「JUKEN LIBRARY」シリーズも良書が多かった割には現在全て絶版となっている。

目次を見れば分かるように、「最初と最後だけ読んで答える」というトンデモ本系の内容。確かに同シリーズからは和角師の「和角のグリデン古文『完全版』」も出ているので不思議ではないのだが、現代文で例題の文章の本文を省略するなんてページ稼ぎと正反対の行為を行う参考書は前代未聞だろう。

実際、30行、40行省略などはザラで、省略されてみると問題のポイントが分かりやすいケースもある。ただ、どれだけの問題にこの手法が通じるのかは保証の限りではない。あくまでこの手が通じる問題だけを取り上げているかもしれないのだから。

非常にアナーキーな内容で、ある程度実力がついた受験生が読むと雷に打たれたようなショックを受けるだろう。しかし、これから始める受験生には毒だ。

後半の知識編は非常によくまとまっており、出た当時ならコストパフォーマンスがよかったであろう1冊。ただし、オークションで高値落札する価値はない。

それにしても「みてすぐわかる」シリーズと同じ渡辺福男(富永一朗系のひょっとこ顔のキャラ)の挿絵は学習意欲を減退させるなぁ。三省堂の参考書でしかお目にかからないがお抱え絵師だったのだろうか。
[PR]
by roudai | 2008-08-13 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号130 栗山ベーシック数学講義の実況中継

d0133636_01780.jpg

【タイトル】栗山ベーシック数学講義の実況中継
【著者】栗山計芳
【肩書】市進予備校・代々木ゼミナール講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】225頁
【目次】
講義を始めるにあたって
第1回 関数のグラフ
第2回 グラフの応用問題
第3回 分数関数の問題
第4回 空間図形の書き方(1)
第5回 空間図形の書き方(2)
第6回 絶対値の問題の解き方
第7回 外分と複素数
第8回 方程式の解き方と空間図形
第9回 恒等式と因数定理
第10回 方程式の解と領域
第11回 最大値・最小値
入試直前の学習ポイント
【初版発行年月日】1996年4月25日
【収蔵品発行年月日】1996年12月5日 第4刷発行
【収蔵品定価】定価1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】栗山計芳「光速の数学数学Ⅰ・A」(語学春秋社)
【コメント】
予備校バブル最後のあだ花である「月刊実況中継」という知る人ぞ知る雑誌がある。
1995年4月~1996年8月のたった1年5ヶ月間で廃刊してしまったが、そこでの連載から何冊かの「実況中継」シリーズ(と一部「中継新書」)が生まれ、その中の1冊。

「ベーシック数学」と銘打ちながら内容としては教科を跨いだ内容で、数Ⅰ的道具立てを中心として、あまり他所には書かれていない"光速の"解法が披露されている。

所々、代ゼミの矢木師の講習で習った例題が出てきたりして既視感を覚えるが何か関係があるのだろうか。

語学春秋社の「数学」と言えば秋山師の「数学講義の実況中継」上下があるが、この本も負けず劣らずの名著である。オークションであまり見かけることはないが、定価の倍くらいまでなら損はないだろう。

同著者の「光速の解法」は本書と内容が違うものの、こちらはまだ現役なので無くなる前に押さえておきたい。
[PR]
by roudai | 2008-08-06 00:00 | 数学 | Comments(0)