浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号138 新研究現代国語

d0133636_0292482.jpg
【タイトル】新研究現代国語
【著者】吉田精一・森島久雄
【肩書】東京大学名誉教授・文教大学教授
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】399頁
【目次】
第1部 基本的能力の養成
1 現代文の読み取り方
2 段落・構成をとらえる
3 文脈をたどる
4 部分解釈・説明をする
5 要旨・主題をつかむ
第2部 総合的応用力の錬成
1 評論・論説の問題
2 小説・随筆の問題
3 詩歌の問題
 (1)詩
 (2)短歌
 (3)俳句
4 言語事項に関する問題
 (1)現代語文法
 (2)漢字・語句
5 作文・論述に関する問題
 (1)作文の書き方
 (2)論述の書き方
6 文学史に関する問題
付録
索引
【初版発行年月日】1978年2月10日
【収蔵品発行年月日】1980年 重版発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2500円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】森島久雄「大学入試現代文総演習[増補新訂版]」(桐原書店)
【コメント】
ここまで137回の展示の大半が1990年以降のもので、真のクラシックと言える四半世紀以上前の参考書は、「新釈現代文」のような超ロングセラーを除けば三浦和雄「古文解釈法」(明治書院)くらいしかなかった。
別に当博物館の収蔵庫にクラシックな参考書がないわけではないが、展示することが受験生にとって有益な情報であるのかといえば疑問なものも多く、他の大人の事情もあってそういう参考書の展示をわざと避けてきた。
しかし、今回は当博物館が開館1周年を迎えた記念として、今から30年前に初版が出された現代国語の逸品をご紹介する。

以前、森島久雄「詳解 現代文」(旺文社)を取り上げたが、これはそれ以前に旺文社から出ていた総合的現代国語参考書である。

著者名は吉田精一との連名になっているが、森島氏に直接伺ったところ、吉田は名義だけで実作業は全て氏が行ったという。当時の高名な大学教授の名を冠した受験参考書というのは「古文研究法」のような例外を除いて大半がそういうものであったようだ。実際、「はしがき」において
 本書は定評のあった従来の「研究 現代国語」を全く新しい視点とユニークな構想から抜本的に改稿したもので、書名も「新研究 現代国語」とした。本書は、従前の類書のように、何か形式的・高踏的なスタイルを取らず、諸君の切迫した不安を解消し、諸君の期待にこたえるよう構想・執筆されている。換言すれば、諸君のハートにこちらの肉声が届くような、そして諸君をぐいぐい引っ張っていくような実践本位の参考書である。
と述べられており、従来の吉田精一と塩田良平による「研究 現代国語」(旺文社)とは別物であることが宣言されている。また後の「詳解 現代文」と比較すると説明の仕方がほとんど同じことから、真の著者が誰なのかはおのずと分かる。

ただし、時代のせいもあって、小説・詩歌の分量が多く、評論で取り上げられている作家も、二時代前(丸山真男・亀井勝一郎・和辻哲郎・三木清・小林秀雄)の作家ばかりである。また共著者であるにもかかわらず、吉田精一「古典文学入門」が出題されているあたりが意味深で面白い。

当時としてはそれなりに斬新な参考書だったのだろうが、後継の「詳解 現代文」を見た後で読み返すと、高校の現代国語対策であって、大学入試対策という感じがしない。コレクター以外はオンデマンド版の「詳解 現代文」を買い求めたほうが賢明だろう。

【追記】
下のコメントでご指摘いただいたように、「研究 現代国語」も森島氏と吉田氏によるものでした。
d0133636_15175797.jpg

[PR]
by roudai | 2008-09-30 00:00 | 国語 | Comments(3)

収蔵品番号137 入試英語ここまで 下

d0133636_026835.jpg
【タイトル】入試英語ここまで 下
【著者】副島隆彦
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】JICC出版局
【サイズ】A5
【ページ数】209頁
【目次】
第5章 比較の文の仕組みを解剖する
第6章 分詞構文と動名詞句のちがいについて
第7章 その他の重要事項 その1
第8章 その他の重要事項 その2
これでしあげ まとめの練習問題
【初版発行年月日】1988年11月1日
【収蔵品発行年月日】1989年4月1日 第2版第1刷発行
【収蔵品定価】820円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】
【コメント】
上巻を入手してから苦節二〇年(爆)、ようやく下巻を手に入れた。上巻を見て予想はしていたが、やっぱり下巻の内容もゼロだ。

すぐに説明を放棄して、「丸暗記せよ」の連発。しまいにはそれを「革命的」と言い出す夜郎自大ぶり
私のこの本は、受験参考書の革命を目指してここまで書かれてきたのだが、要するに英語の勉強なんて、何が何だかワケが分からねえと1人、ポツリとつぶやいていた皆さんに向かって「だからね、そう覚えること。そのことがスゴいことなのだ。そうすれば点数があがるんだよ」ということが私の受験参考書の革命なのだ。入試問題やモギ(原文ママ)試験問題を作っている連中だって、これ以上のことは考えていないのだ。そのこれ以上はないという限界を確認して、そのことによって「どの範囲まで、どれだけ、どう勉強すればよいのか」を明らかにしたことが、この本の革命的な存在理由である。(下巻P.71)
別に覚える範囲についてはどんな参考書だって無限だなどと言っていないし、覚えられない生徒にただ覚えろと繰り返すだけなら鸚鵡でも出来る。

さらに「その他の重要事項 その2」では性懲りも無く「ライトハウス英和辞典」から「as」について丸4頁分無断引用(下巻P.165~169)と手口は上巻と全く変わらない(同一著者なのだからアタリマエだが)。入手困難な本が必ずしも名著とは限らない代表例として永久保存したい。
[PR]
by roudai | 2008-09-23 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号136 英単語の合格水準A

d0133636_10271481.jpg
d0133636_10273276.jpg
旧テープ
d0133636_10274365.jpg
新テープ

【タイトル】英単語の合格水準A
【著者】梶木隆一・山口俊治
【肩書】東京外大名誉教授・日本医科大学客員教授
【出版社】語学春秋社
【サイズ】B7
【ページ数】273頁
【目次】
【初版発行年月日】不明
【収蔵品発行年月日】1991年9月20日 第307刷発行
【収蔵品定価】580円(本体563円)/旧3600円/新3000円(本体2913円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】宮川幸久「英単語ターゲット1400」(旺文社)
【コメント】
本には初版発行年月日が記されていないが、「私の大学合格参考書作戦’83年版」からその名が見受けられるところから1980年~1982年の間に出されたものと思われる。

一時は「試験にでる英単語」「奇跡の英単語」と並び称されたが現在は絶版。例文や語源説明もなく、力任せに暗記を要求する内容が時代に取り残された要因だろう。ざっと見て単語レベルは入試必須レベル(1300語収録)。この本(Aコース)の9割は知らないと受験生の資格はないという意味で未だ内容は適切だが見せ方で損をしている本。

一部ヤフオクやAmazonでベラボーな高値をつけて、ウソ八百のレビューが載っているが、ブックオフの文庫本コーナーをマメに探せばすぐ見つかるし、鑑定額以上の金を出して買う価値は全くない。

カセットテープが出ているが、単語の発音と意味を音読するだけであまり価値はない。旧版と新版の違いはパッケージがビニールか紙かで中のテープは同一のもの。
[PR]
by roudai | 2008-09-16 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号135 大学入試数学のウラ技

d0133636_10135978.jpg
d0133636_212476.jpg
【タイトル】大学入試数学のウラ技/2003年センター試験対応 大学入試数学のウラ技
【著者】小嶋有介
【肩書】
【出版社】広文社
【サイズ】A5
【ページ数】175頁/166頁+特別付録15頁
【目次】
Section 1 面積
Section 2 三角関数・複素数・ベクトル・数列・合同数・問題集
特別付録 2002年度センター試験をウラ技で解く
【初版発行年月日】2002年2月15日/2002年9月15日
【収蔵品発行年月日】2002年2月15日 初版発行/2002年9月15日 初版発行
【収蔵品定価】本体1500円+税/本体1300円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】坂本龍「センター数学で大逆転できる本 2010年版」(エール出版社)
【コメント】
比較的最近の本だが既に絶版となっている。

著者の経歴が結構「謎」で、1965年長野県生まれにもかかわらず、旧東京物理学校(理学部)で数学、都留文科大学で音楽(器楽)を専攻となっている。物理学校卒なら「坊ちゃん」の後輩に当たるが、物理学校は1949年の学制改革で改組されている。拗ね者一流の韜晦だろうか。

内容としては数Ⅱの積分における面積の早い出し方にこだわった内容で、全体の半分が面積に関する問題である。この手のウラ技本にありがちな、ウラ技だけ書いて正統な解き方にはしらんぷり、という態度ではなく、一般的な解き方にも言及している(一部計算が煩雑になるケースは途中で放棄しているが・笑)。K先生とSさん、T君、Y君の掛け合い漫才で進む展開は「なべつぐ」シリーズを髣髴とさせる。

後半の雑多な問題は埋め草くさく、中途半端な印象を受ける。2本立てくらいにした方がよかっただろう。 

所々のコラムに英語や国語のネタ(面白英作文など)が挟まれており、こちらも結構楽しい。ベタベタな話だが、個人的には「サインはy」というのがツボだった。

P.S.約半年前に出されたほぼ同内容の本が手に入ったので追記した。値段は半年で200円のダンピング(笑)。2002年度センターについては別冊ではなく本文に繰り込まれている。
[PR]
by roudai | 2008-09-09 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号134 浪人しないで何が人生だ!

d0133636_20591219.jpg
【タイトル】浪人しないで何が人生だ!
【著者】牧野剛
【肩書】河合塾講師
【出版社】学研
【サイズ】文庫
【ページ数】190頁
【目次】
第1講 浪人とは?
 つるつるした人生では得られない、豊かな人生へのパスポート
●ツワモノ浪人伝①"夜間男"と"すずめ男"
第2講 浪人の一年
 浪人の卵から、立派な"ご浪人さま"への長く険しい道のり
●ツワモノ浪人伝②"モグリふたり組"
第3講 浪人の生態
 酒も飲めば、パチンコもする こんなことで合格できるのか?
●ツワモノ浪人伝③マーク式"例の方法"
第4講 浪人後・・・
受験の「戦略的側面」を自分の血や肉にしてこそ、浪人時代が完成する
●ツワモノ浪人伝④"雨乞いコンパ"
補講1●21世紀、巨大予備校はどこへ行く
補講2●ベストセラー参考書の辛口批評
補講3●勉強だけではつまらない!あぁ青春の読書案内
あとがき
【初版発行年月日】1996年3月
【収蔵品発行年月日】1996年3月 第1刷発行
【収蔵品定価】650円(本体631円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】100円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】吉野敬介「だからおまえは落ちるんだ、やれ!」(ロングセラーズ)
【コメント】
サヨク系一発屋講師 牧野剛の本領が遺憾なく発揮された怪著。

表題の通り、「浪人賛歌」と取れる内容は浪人を経験している館長も同意するところだが、浪人がメシの種である予備校講師によるポジショントークと考えると額面通りに受け取るわけには行かない。

どちらかと言えば補講のほうが面白く、補講1内の続・予備校戦争秘話なんかは、河合塾講師による河合塾ヨイショの部分を考慮して読めば貴重な同時代史と言える(河合ベッタリで代ゼミをこき下ろす辺りが痛々しいが)。尤も、衛星放送の名称で代ゼミを「サテライブ(正しくはサテライン、サテライブは東進ハイスクールの衛星放送の名称)」としている辺り、どれだけ正確な事実に基づいているかは疑わしいが。

補講2の「ベストセラー参考書の辛口批評」は「基本英文700選」の例文が「原発礼賛」だとか、「チャート式数学」のチャートが矛盾しているとか、自分の守備範囲以外の参考書に難癖をつけているあたり自らの品の無さを体現していて面白い。

本業である現代文も「田村の現代文講義」を評しても、自らの客観的読解能力の無さを棚に上げて、「『客観性』というワナにはまった参考書」などとこき下ろしている。

自身が名古屋大学文学部国史科卒なのに国語教師をやっている僻みか、「菅野の日本史実況中継」を指して「予備校文化の退廃形態」と貶し、「儒教のイデオロギー的状況に何ら言及しないことは、まるで江戸時代を何も理解しようとしないものではないか」「その本を真剣に暗記する若者が多ければ多いほど、日本人の若者の歴史意識の貧困が明らかになる」などと噛み付いている。

菅野師がイデオロギー的説明をしないのは受験に必要かどうかという観点に立ってのことで、そういった無色透明の歴史がベストセラーとして受け入れられていることがサヨクからすれば悔しくて悔しくて仕方がないのだろう。ミロゴキブリ(菅野師の「五品江戸廻送令」の覚え方)だ。

純真な受験生には毒になる事が多すぎて、本来の対象読者にはおすすめできない。が、裏も表も知り尽くしたマニアが読んで嗤う分にはこれほど面白い本もない。
[PR]
by roudai | 2008-09-02 00:00 | 受験情報 | Comments(0)