浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号147 RIC方式

d0133636_20331222.jpg
英協版
d0133636_20332165.jpg
旺文社版
【タイトル】"RIC方式"英文速読速解法
【著者】笠島準一
【肩書】上智大学助教授
【出版社】日本英語教育協会/旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】208頁
【目次】
はしがき
本書の特長と利用法
PART Ⅰ.レクチャー編
第1章 RIC方式とは
[1] オリエンテーション
[2] センスグループ
[3] むずかしい構文の集中講義
第2章 英文速読のコツ
[1] 単語レベルの対処法
[2] パラグラフのおさえ方
[3] 文章全体のとらえ方
[4] 練習法
PART Ⅱ.実践編
第1章 Beginner's Level
[1] 1文の内容を頭に残す
[2] 文意を読み取る
[3] 英語で考える
[4] 英語のままで受け答えを考える
[5] 短文を直読直解する
[6] 長文を直読直解する
第2章 Intermediate Level
[1] 分詞構文-リーディングのスピード
[2] 同格-食卓での着席順
[3] 並列・省略-職場での男女平等観
[4] 二重否定-機械化と労働
[5] 挿入・譲歩-アフリカの生活
[6] 関係詞-バレンタイン・デー
第3章 Advanced Level
[1] 記述の展開をつかむ-部下と上司のにらみ合い
[2] 会話の流れを把握-スーパーマーケットでの失敗
[3] 文脈から意味を明らかにする-アメリカ人の結婚観
[4] パラグラフの最初に着目する-言語の機能
[5] パラグラフをとらえる-異文化でのあいさつ
[6] 対比を視覚化する-英米のレストラン比較
[7] 特定の情報を探し出す-大都市での生活
[8] 情報をまとめる-ファースト・フード
【初版発行年月日】1987年5月10日
【収蔵品発行年月日】1992年 重版発行/1998年 重版発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)/本体860円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】山崎健生「スラッシュ式英語長文攻略法」(ごま書房)
本正弘「本英語長文講義の実況中継―[初級コース] 」(上)
【コメント】
予備校バブル絶頂期に受験雑誌にバンバン広告を出し、英語の語順にそって英文が頭から理解できる、という甘い言葉で英語劣等生に夢を与えた東京SIM外語研究所の「SIM」(現・「スーパーSIM」)に対抗して、日本英語教育協会がぶつけたカセット教材が「RIC」(Rapid Interpretation Course Based on Sense Grouping of English Sentences)であり、そのさわりをまとめたのが本書である。
上記の事情から日本英語教育協会から出ていたものとばっかり思っていたが、いつのまにか旺文社からも出ていた。中身は全く同一。
たぶらかされてカセット教材に大枚を叩いた受験生は数知れず、館長はたまたま「SIM」派だったので(成績は全く向上しなかったが・苦笑)、受験生当時、本書も同じようなものだろうと高をくくって手に取らなかったが、十数年ぶりに中を見て驚いた。「SIM」よりよっぽど実戦向きの内容なのである。
若干センスグループの切り方にクセがあり、読んでいて居心地が悪いケースがあるが、「SIM」や佐藤忠志「ズバリ!合格の英文解釈」(KKベストセラーズ)等に比べて複雑な構文に対する意識がはっきりしており、それなりの汎用性はある。
出版時期が時期なだけに、パラグラフ・リーディングに関してはほとんど触れられておらず、この辺に関しては宮尾瑛祥「宮尾の[アッと驚く英語長文読解ルール]」(大和書房)以降のパラリー本で補完するしかない。また、このテの本に総じて言えることだが、「直読直解」を前面に出して「文法軽視」に陥りがちな面があり、読解文法について一通り学んだ上で使用しないとただ上滑りして何の役にも立たなくなる。
[PR]
by roudai | 2008-11-25 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号146 ザ・受験数学

d0133636_20234325.jpg
【タイトル】ザ・受験数学 居直り受験数学のすすめ
【著者】伊藤太一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】評論社
【サイズ】B6
【ページ数】112頁
【目次】
Ⅰ 受験数学は論理的か
Ⅱ 受験は一つの哲学的世界か
Ⅲ 受験数学の答案チェックポイント
Ⅳ 共通一次に必要な技術的公式
Ⅴ 受験数学に必要な技術的公式
【初版発行年月日】1987年2月1日
【収蔵品発行年月日】1987年2月1日 初版発行
【収蔵品定価】690円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
著者は現在東進ハイスクールで地学を教えているが、昔は代ゼミで数学を担当していた。その頃を知る人間にとっては意外でもなんでもないが、受験数学の著書はこれ1冊だけにレア度は高い。
期待して読み始めたが、ⅠとⅡは研究者から見た受験数学と受験生に対する不満を並べたもので、読んでいてちっとも面白くない。文面も竹村健一チックに横文字のカタカナを並べているのが鼻持ちならなくてうんざりした。
多少マシなのはⅢだが、これすらもたった1題の問題に対して、1つの模範解答と3つの生徒による答案を並べて、その良し悪しを講釈しているだけ。この調子で10題もやってくれれば評価は違ったかもしれないが、たった1題では焼け石に水。
Ⅳ・Ⅴもこの本オリジナルといえる公式は皆無で、見るべきものはない。
レアな本が必ずしも良書とは限らないといういい見本か。そもそも評論社は英語に定評のある出版社だし。
[PR]
by roudai | 2008-11-18 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号145 英作文100

d0133636_20193063.jpg
【タイトル】ポイント攻略 英作文100
【著者】桑原五郎
【肩書】渋谷ゼミナール専任講師
【出版社】三省堂
【サイズ】B6
【ページ数】129頁
【目次】
Chapter 1 さまざまな主語
Chapter 2 itの用法
Chapter 3 分詞構文
Chapter 4 動名詞
Chapter 5 不定詞
Chapter 6 助動詞
Chapter 7 仮定法
Chapter 8 比較
Chapter 9 一致
Chapter 10 否定
Chapter 11 接続詞
【初版発行年月日】1990年8月1日
【収蔵品発行年月日】1991年12月10日 第3刷発行
【収蔵品定価】580円(本体563円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】750円
【代替参考書】金子稔「ルール48 英作文の解法」(洛陽社)
【コメント】
三省堂の「ポイント攻略シリーズ」の1冊だがシリーズの他の本と大分体裁が違う。
内容は2次私大で出題される短め(ほとんどが1センテンス)の英作文で気をつけるべきポイントを100の例題で解説している。例題1つにつき1ページを費やして[これだけは知っておこう][では解いてみよう][こう答えよう]の3段階で説明してあり、英作文の問題集の中では大分丁寧に説明している部類に入る。めったに見かけないだけにオークションに出ると予想外に高騰することがあるが、無理して落札するくらいなら代替参考書に挙げた「ルール48」でも大差ない。
[PR]
by roudai | 2008-11-11 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号143 基礎強化入試現代文

d0133636_2353039.jpg
d0133636_23383384.jpg
【タイトル】偏差値ぐんぐん基礎強化入試現代文
【著者】森永茂
【肩書】河合塾講師
【出版社】学研
【サイズ】A5
【ページ数】183頁+別冊24頁
【目次】
第1部 基本戦略編 現代文とは何か
 1 「ゲーム」としての現代文
 2 「制限時間」がポイント
 3 なぜ「間違え」てしまうのか
 4 どうすれば「速読」できるか
 5 真の敵は「出題者」
第2部 問題文解読編 現代文の「流行(モード)」を知ろう
 1 「モード」で本文を大づかみする
 2 社会論のモード―つねに『近代』は嫌われる
 3 文化論のモード―基礎モード(西洋VS.日本)から発展モード(情報化社会)へ
 4 芸術論のモード―「象徴」を知れば、「虚構」も分かる
 5 言語論のモード―よみがえる『言霊』
第3部 設問攻略編 「戦術」で点を取ろう
■第1講■評論問題を攻略しよう(1)
川喜田二郎『日本文化探検』(学習院大-経済学部)
■第2講■評論問題を攻略しよう(2)
真木悠介『気流の鳴る音』(成城大-文芸学部)
■第3講■随筆問題を解決しよう
谷川俊太郎『楽しむというころ』(日本大-文理学部)
■第4講■小説問題を分析しよう
島尾敏雄『鬼剥げ』(法政大-経済学部)
【初版発行年月日】1998年9月
【収蔵品発行年月日】1998年9月 初版発行
【収蔵品定価】900円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】森永茂「入試現代文読解と正解のルール」(学研)
【コメント】
ハッタリ屋の石原千秋が「教養としての大学受験国語」(ちくま新書)の中で「最近出たもので僕が良心的だと思った」と評したために突然人気に火がつき、絶版となった今でもオークションで高額落札されるケースを見かける。表紙が2パターンあるが中身は全く同じで、後から出た「わたせせいぞう」のイラストが表紙の方が若干人気があるようだ。
実際に現代文の参考書としての出来は水準以上で、社会論・文化論・芸術論・言語論の4つのモードについて頻出語の基本イメージや使われ方などを詳しく解説してくれる。現代文初心者だけでなく我流で点が取れている中級者でもハッとさせられる点の多い参考書で、石原の新書など読むヒマがあったらこちらを読んだ方が100倍タメになる。
女子高生との対話形式で進める前半がわざとらしい楽屋オチで終わるあたり、自分の技巧に酔ったキザったらしさが鼻につくが、全体としては入試現代文というものが全く見えていない初心者にとってよい指針となるだろう。解説が丁寧な分、問題量が少ないので、早めに終えて解説が詳しい問題集で演習量を積まないと実際の力にはならない。
定価の半額ならマメにブックオフを見ていればひょっこり出てくることがある。

P.S.コメント欄で長十郎さんから情報を頂いたので代替参考書に追記しました。
[PR]
by roudai | 2008-11-04 00:00 | 国語 | Comments(6)