浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号152 評論文ガッチリ読破術

d0133636_1121833.jpg
【タイトル】MD BOOKS 現代文 評論文ガッチリ読破術
【著者】辻本浩三
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】朝日出版社
【サイズ】B6
【ページ数】212頁
【目次】
第1講 筆者の「プラス評価」「マイナス評価」を把握する
第2講 筆者の「論理展開」を把握する
第3講 文脈から「最頻出単語」を把握する
第4講 筆者による「頻出テーマ」を把握する
第5講 筆者の「主張」を把握する
第6講 頻出テーマ「国際化」「アイデンティティ」を克服する
第7講 頻出テーマ「近代」を克服する
第8講 頻出テーマ「文化論」を克服する
第9講 頻出テーマ「現代社会批判」を克服する
第10講 頻出テーマ「言語と国家」を克服する
第11講 頻出テーマ「レトリック」を克服する
第12講 頻出テーマ「言語と認識」を克服する
【初版発行年月日】1999年6月30日
【収蔵品発行年月日】1999年6月30日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】950円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】古荘元康「現代文の上手な解き方」(ライオン社)
【コメント】
石原千秋の「教養としての大学受験国語」で「基礎強化入試現代文」と並んで「良心的」と評されたために不当に評価の高まっている本。
著者は代ゼミ講師となっているが、代ゼミのサイトを見ても名前が見つからない。著者紹介に「東大、早稲田等難関大学対策には定評がある」とあるが、首都圏近郊の「東大現代文ゼミ」や「早大現代文ゼミ」を持った形跡もない。
中位~上位私立大の問題を中心に収録しており、私大志望者向けのつくりだ。あくまで問題に対する姿勢を一通り手取り足取り習うための本で、これが終わって問題演習を積まないと宝の持ち腐れになる。
「これが論理展開だ」というタイトルで予備校で講師が行う板書が掲げられており、文章の理解に役立つ。最後に「何度でも振り返ってほしいこの講義のエッセンス」というまとめがあるが、もうすこし具体的に書かないと後で見返してもチンプンカンプンだ。解説が丁寧なのは結構だが、問題文からだいぶ離れてしまうケースもあり、出来れば問題文だけ別冊にした方がよかった。
このレベル向けの参考書でこれだけ丁寧な本は少ないので代替参考書を選ぶのが難しい。レベルをだいぶ下げることになるが「現代文の上手な解き方」くらいか。
[PR]
by roudai | 2008-12-30 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号151 計算で勝つ!

d0133636_0513580.jpg
【タイトル】江川博康の超基礎数学塾 計算で勝つ!
【著者】江川博康
【肩書】一橋学院講師・中央ゼミナール講師・新宿セミナー講師
【出版社】学研
【サイズ】A5
【ページ数】159頁+解答40頁
【目次】
第1章 計算技法の大原則
第2章 項目別52の計算技法
[数と式]
[不等式・方程式]
[2次関数]
[場合の数・確率]
[数列]
[図形と式]
[三角比・三角関数]
[対数]
[微分方と積分法]
[ベクトル],[複素数平面]
◆はみ出し講座①二項定理
◆はみ出し講座②3次関数のグラフと面積
【初版発行年月日】1999年8月
【収蔵品発行年月日】1999年8月 第1刷発行
【収蔵品定価】900円
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】900円
【代替参考書】清史弘「数学の計算革命」(駿台文庫)
【コメント】
あえて先週に引き続いて「計算」関係の本を並べてみた。
著者は一橋学院講師にして聖文社の「全国大学入試問題詳解」解答者。センター試験対策の著作が多い。

目次を見ればわかるように、先週の秋山師の「計算回避のしかた」に比べて明らかに網羅的(文系数学の範囲だが)かつ体系的な書き方をしており、どちらの使い勝手が良いかは論をまたない。「超基礎数学塾」という表題に騙されて、見栄っ張りの受験生は手に取らないのだろうか。この本を誉めているのを寡聞にして聞いたことがない。逆にいえば、それだけ他人に差をつけることができるはず。
一つ一つの技法は他の参考書にも書かれているアタリマエのことだが、なぜそう計算するのかを丁寧に説明してくれている。「基礎」とは「易しい」の同義語ではない、ということが身に染みて分かる良書。
旧課程の「複素数平面」が含まれる為か、Amazonでは既に絶版扱いになっている(しかもマーケットプレイスでは叩き売りされている!)が、まだ流通在庫を良く見かける。オークションで万券はたいて「計算回避」を買うくらいならこの本を定価で10冊買った方がよほどためになる。
代替参考書はやや技巧的、属人的な面が気になるが「計算」について最新の良書。
[PR]
by roudai | 2008-12-23 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号150 数学の計算回避のしかた

d0133636_045262.jpg
【タイトル】発見的教授法による数学シリーズ別巻 数学の計算回避のしかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント、数学オリンピック財団専務理事
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】143頁
【目次】
序章
第1章 次数の考慮
第2章 図の利用
第3章 対象性の利用
第4章 やさしいものへの帰着
第5章 置き換えや変形の工夫
第6章 積分計算の簡略法
あとがき
【初版発行年月日】1995年4月20日
【収蔵品発行年月日】1996年6月16日 初版第3刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】5000円
【代替参考書】秋山仁「数学の計算回避のしかた (発見的教授法による数学シリーズ別巻2) 」(森北出版)
【コメント】
発見的教授法による数学シリーズの6が刊行されて6年も経ってから突如として出版されたシリーズ別巻。6でコンプリートと思っていただけにこの本の存在を知った時には驚愕した。
必死の思いで落札したが、その後手元に届いてまた驚愕。わずか143頁と「立体のとらえ方」とほぼ同じくらいの薄さ。読んでみても「体系的に」と書いているほど練習問題量が無いのが致命的。実際に「計算が大変な解法」というサンプルがあるが、仮に思いついても明らかに手が掛かりすぎてやる気が起きない解法と一般の解法(それほど鮮やかなケースは少ない)を並べているだけで、問題解法の方針をパターン化している点は評価できるが、「計算回避」という看板にはやや偽りあり。
実際の流通量が少なく、シリーズコンプリートの「効き目」となる本なので鑑定額にはその競争率も考慮した価格になっている。内容だけで判定すればこの半値が適当だろう。
代替参考書は知名度は低いが近頃の本としては出色の出来。いつ絶版になってもおかしくないので、本屋で見かけたら新本でも是非ゲットしておくべきだろう。

[追記]
森北出版からの復刊第2弾で復刊が決まったので代替参考書を変更した。
[PR]
by roudai | 2008-12-16 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号149 解体問書

d0133636_2123871.jpg
【タイトル】入試日本史 解体問書
【著者】菅野祐孝
【肩書】
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】175頁
【目次】
第1章 政治史
第2章 社会・経済史
第3章 外交史
第4章 文化史
第5章 総合史
1.頻出史料・よく出る一節
2.入試に出るスローガン
3.入試に出る女性
4.類似用語の総整理
5.入試に出る同名異義語
6.和歌・狂歌・川柳・落首の世界
7.難読文字/読めますか?
8.書けますか?
9.知っ得ニックネーム
10.数字のついた歴史名辞
【初版発行年月日】1998年9月25日
【収蔵品発行年月日】1998年9月25日 初版発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】菅野祐孝「菅野の日本史テーマ別知識の総整理」(旺文社)
【コメント】
菅野師の全盛期にサテラインでも締め切りを出していた直前講習「日本史そこが知りたい」のテキストをベースに作られたと思われる参考書。菅野師の1問1答形式の参考書の究極形態と言うべき名著だが、今amazonで投売り状態なのは嘆かわしい限りだ。
B6のコンパクトサイズに目一杯美味しいネタを詰め込んだ本で、以前に紹介した「菅野の<日本史>ポイントトレーニング」の内容はほぼそのまま含まれている。
内容のすばらしさを伝えるために第5章の総合史だけ中の表題を載せたが、こんなまとめ方をしている本はそうはない。代替参考書は比較的入手しやすい同路線の本だが、「ごゆさ」は比較にならない。
この時期、私大型日本史で追い込みをかけたい受験生にはぜひとも入手して欲しい秘密兵器だ。
[PR]
by roudai | 2008-12-09 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号148 私の大学合格参考書作戦’95年版

d0133636_20384810.jpg
【タイトル】私の大学合格参考書作戦年版’95年版
【著者】エール出版社
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】188頁
【目次】
1章 英語
2章 国語
3章 社会
4章 数学
5章 理科
【初版発行年月日】1994年7月10日
【収蔵品発行年月日】1994年7月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】エール出版社「私の東大合格参考書作戦 2009年版」(エール出版社)
【コメント】
色々寄り道していたので約半年ぶりの「参考書作戦」。名著の絶版が徐々に始まりだしてきたのがラインナップからも感じられれる。執筆者にあまりマニアがいなかったせいか、あまり物珍しい参考書はない。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2008-12-02 00:00 | 受験情報 | Comments(0)