浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号163 志望大合格する参考書・ムダな参考書’91年版

d0133636_2357743.jpg

【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’91年版
【著者】早稲田大学予備校研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】新書
【ページ数】222頁
【目次】
1章 英語参考書合格メニュー
2章 数学参考書合格メニュー
3章 国語参考書合格メニュー
4章 理科参考書合格メニュー
5章 社会参考書合格メニュー
6章 センター試験用参考書・合格メニュー
【初版発行年月日】1990年1月25日
【収蔵品発行年月日】1990年3月25日 第3刷発行
【収蔵品定価】850円(本体825円+税25円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】100円
【代替参考書】船山英樹&受験参考書研究会「志望大合格する参考書・ムダな参考書 (2009年版)」(エール出版社)
【コメント】
以前91年版を公開していたが、その後に90年版を入手したので便宜の為に91年版と順番を入れ替えた。
慶大の2年目は手抜きだったが、早大の2年目はというとギリギリ「部分改訂」という言い訳が成り立つ程度に手が入っている。前回は担当者の名前が名字だけだったが、今回はフルネームになり大分メンバーが入れ替わっていることが分かる。
国語科のメンバーは古文が入れ替わっただけなのに、なぜか国語編だけほとんど新しく書き下ろしたとまえがきにある。ところが改訂の結果は使い物にならない「新釈現代文」と「チャート式現代文」が昇格し、「田村の現代文講義」「現代文のトレーニング」「現代文入門」「現代文要説」の降格という全く不可解なもの。今回は「採点表」自体が掲載されていないので余計に胡散臭い。「採点表」に替わる「合格メニュー」には前回同様本編に掲載されていない「宮尾のアッと驚く長文読解ルール」(大和書房)や森一郎「試験にでる英熟語」(青春出版社)などが載っている。
前回座談会だけだった「英文法講義の実況中継」(語学春秋社)は本編に追加されたが、「英文法教室」(研究社)と「マスター英文法」(吾妻書房)は相変わらず放置されたまま。
唯一の収穫は冬コミで出した「買ってはいけない」で取り上げた「必修安田の確率」(旺文社)の出版事情についての情報源がこの本だったと分かったことか。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2009-02-24 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号162 数学SOS!!数学総合編

d0133636_8134530.jpg
【タイトル】数学SOS!!数学総合編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】B5
【ページ数】206頁
【目次】
序章 数学SOSとは
 ・数学は正しい勉強法・思考法で
 ・「たて割り」「よこ割り」とは何だ?
 ・数学SOSとは何だ?
 ・数学SOSの活用法
第1章 毎日の学習へのSOS
 SOS① 積極的にフィードバックせよ
 SOS② 計算を手抜きするな
 SOS③ 解答はなるべく見ずに自分の頭で考えよ
 SOS④ 公式は覚えるよりも求める
 SOS⑤ 「論理記号・用語」の「定義・用法」は確実に
 SOS⑥ 同値変形の概念を理解せよ
 SOS⑦ 因数分解を使いこなせ
 SOS⑧ 難しい言葉は自分の言葉に置き換えて理解せよ
 SOS⑨ 問題の趣旨を把握せよ
 SOS⑩ アプローチ法は1つじゃない
 SOS⑪ 思い切ってレベルを下げよ
第2章 解法を導き出すSOS
 SOS⑫ できる限り図示して視覚的に考えよ
 SOS⑬ 出題者の誘導にのれ
 SOS⑭ 問題をそのまま式にせよ
 SOS⑮ 対象性に注目せよ
 SOS⑯ 実数条件は判別式で
 SOS⑰ 必要条件から十分条件へ
 SOS⑱ 具体例を考えよ
 SOS⑲ 結論から解答の方針を導き出せ
第3章 毎日の学習へのSOSー点のとれる答案とは
 ヒント① さまざまな解答から学べ!
 ヒント② 効率的な答案作成法とは?
■巻末 問題一覧表
    答案作成のフローチャート
【初版発行年月日】1997年6月17日
【収蔵品発行年月日】1997年6月17日 第1刷発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】佐々木 隆宏「佐々木隆宏の数学の発想力が面白いほど身につく本」(中経出版)
【コメント】
著者は現役の東大生30余人による合格指導アドバイス集団ということだが、どこまで本当かはワカナラナイ。
ところで、現在出版されている各種参考書において、このような「よこ割り」の勉強法、考え方を意識したものはほとんどなく、唯一の例として「秋山数学講義の実況中継」(語学春秋社)をあげることができる。しかし、この本はコンセプトこそすぐれているものの、数学の実力が伸びない生徒、数学が苦手な生徒が「よこ割り」の考え方を養うには内容が高度すぎるという欠点がある。(9頁)
と序章に書かれているように「数学講義の実況中継」丸パクリ本ダイジェスト版と言っていい内容である。収録されている問題も平易で「実況中継」に比べれば大分取っつきやすい。
オークションでも「実況中継」より遙かに安く手に入るので、これから大学受験数学に取りかかろうというレベルであればこちらの方が合うかもしれない。
あくまで受験数学に対する心得集なので、過度な期待はしないこと。
[PR]
by roudai | 2009-02-17 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号161 亀井和子の現代文名探偵養成講座

d0133636_13423444.jpg

【タイトル】亀井和子の現代文名探偵養成講座
【著者】亀井和子
【肩書】河合塾講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】208頁
【目次】
はじめに
名探偵への近道<本書の効果的な使い方>
第1講 入門編その(一)【評論】名探偵とヘボ刑事の違い
    中村光夫「芸術家と芸人」(82年共通一次試験・本試)
第2講 入門編その(二)【小説】名探偵の条件
    三浦哲郎「鳥寄せ」(80年共通一次・本試)
第3講 実践編その(一)【評論】指示語という手がかり
    見田宗介「近代日本の心情の歴史」(85年共通一次・追試)
第4講 実践編その(二)【小説】接続語という手がかり
    夏目漱石「道草」(91年センター試験・本試)
第5講 実践編その(三)【評論】比喩というトリック
    柳宗玄「装飾ではない装飾について」(89年共通一次試験・本試)
第6講 実践編その(四)【小説】語句の一致というミラクル技
    吉本ばなな「TSUGUMI」(96年センター試験・本試)
第7講 実践編その(五)【評論】いつもと違う問いかけには要注意
    村上陽一郎「自己の解体と変革」(83年共通一次試験・追試)
第8講 実践編その(六)【小説】あらすじ紹介にこめられた手がかり
    北杜夫「幽霊」(90年センター試験・本試)
第9講 チャレンジ編その(一)【評論】構造を捉える力こそ名探偵の証
    丸山圭三郎「言葉と無意識」(93年センター試験・追試)
第10講 チャレンジ編その(二)【小説】満点解決への最後のハードル
    福永武彦「忘却の河」(93年センター試験・追試)
おわりに<名探偵に用意されたもう一つの謎>
【初版発行年月日】1999年2月25日
【収蔵品発行年月日】1999年2月25日 初版発行
【収蔵品定価】952円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】田村秀行「田村のセンター試験現代文」(代々木ライブラリー)
【コメント】
なかなか魅力的なタイトルで著者は河合塾の人気講師。確かに美人ではあるものの、カットで描かれた自画像は少女漫画チックでちょっと引く。しかも問題集はこれ1冊(他に「MD現代文・小論文」に若干あるが)ということもあって、一部の骨董品を除いて高値になることがない現代文というジャンルにおいて異例の高値で取り引きされている。
値段が値段だったために大分期待が先行してしまったのだが、中を見てビックリ。表紙に「客観式問題攻略に最適の一冊!」と書いているものの、中身は100%ピュア共通一次/センター試験問題なのである。イマドキ共通一次の過去問を多数収録している現代文参考書もレアだが、アラフォー世代にとっては自分の受けた問題が含まれていて奇妙な懐かしさを覚えた。
確かに第2講の「鳥寄せ」の主人公の性別の話(一人称が「おら」だが状況証拠から女の子と分かる)などで(別に問題を解く上で必須ではないものの)やられたっ!と思わせる(受験生レベルならほぼ100%感動してしまうだろう)深い「読み」を見せてくれるが、全体としては平凡な内容で、デキる人目線(文章が読めるのはアタリマエで如何に解くかを重視)の解説でしかない。
選択肢を絞る上でどこに気を付けるのかを丁寧に解説してくれている点は好感が持てるものの、所詮は共通一次試験とセンター試験という全国民に正解が晒される特殊条件の出題なので、一般私大のエゲツナイ選択肢にこの本だけで対応できるかは微妙なところ。決して悪い本ではないが、定価以上のプレミアを出して読む本ではない。
選択肢の絞り方は田村秀行師と同じなので、代替参考書で十分同様の効果は期待できる。
[PR]
by roudai | 2009-02-10 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号160 解法の発見 代数幾何/入試数学の原点

d0133636_139145.jpg
d0133636_1395771.jpg
【タイトル】解法の発見 代数・幾何/入試数学の原点
【著者】小島敏久
【肩書】一橋学院講師・工学博士/駿台予備学校・SEG予備校数学科講師
【出版社】学研/英潮社
【サイズ】B6
【ページ数】228頁/314頁
【目次】
1.平面上のベクトル
2.空間図形
3.行列
4.1次変換
5.2次曲線
<参考> 固有値と固有ベクトル
実戦問題解答・解説
Compass 1 視覚的に考える
Compass 2 視点を変える
Compass 3 困難を分割する
Compass 4 離れているものをまとめる
Compass 5 置換する
Compass 6 特殊化を考える
Compass 7 逆に考える
Compass 8 対象性の利用
Compass 9 場合を分ける
Compass 10 一般化を考える
Compass 11 類比を考える
※英潮社版はCompassをPrincipleに変更
【初版発行年月日】1986年11月/1993年10月30日
【収蔵品発行年月日】1987年発行 第2刷/1993年10月30日 初版発行
【収蔵品定価】900円/1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆/★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~/1000円~
【鑑定額】2000円/1000円
【代替参考書】小島敏久「実戦演習 代数 幾何精講」(開拓社)
【コメント】
冬コミで出した「買ってはいけない」の「第3章 まだ生きてるよ」の記事を書くため、倉庫から「入試数学の原点」持ち出して数ページめくったところ強烈な既視感に襲われた。丸善で新本を購入したあとカバーを付けたままほとんどチェックをしていなかったため気づかなかったが、ヤフオクで高値落札した「解法の発見 代数・幾何」に瓜二つなのである。改めて中身をチェックしたところ「解法の発見」の再発という文言はどこにもなく、「まだ生きてるよ」ではなくて「第2章 開けてビックリ玉手箱」の対象であることを思い知らされた。
同じ小島師の本であることは知っていたが、タイトルや出版社だけでなく、ページ数も全く違うので並べてみようという気さえ起こらなかったが、これがとんだ喰わせものなのである。
普通、これだけページ数が違えば問題の差し替えやまとめの追加などがありそうなものだが、それが一切ない。
では、なぜページ数が増えているのかというと、まず「原点」は重要例題のページが1ページにつき2行少ない。さらに実戦問題の解答が「解法の発見」では2段組になのが「原点」では1段組になっている。そのため解答部分が68ページから134ページとほぼ倍増している。
「解法の発見」では「本書の特色と構成4」が
見やすく勉強しやすい見開き構成
1題を小型本見開き1つで構成してあるから~
となっているが、「原点」の同じ箇所では、
見やすく勉強しやすい構成
1題を1つのテーマで構成してあるから~
と同じ内容でレイアウトを変更したため意味不明な文言になっている。
行間が開いて見やすくなるなら改善だろうと思うかもしれないが、ページ毎に2行ずつ次のページへ溢れていくので、内容が中途半端にページを跨ぐケースが多く、大変見にくい(かつ醜い)レイアウトになっている。これだけで「解法の発見」の良さは半減である。
ついでに言えば「原点」の「はしがき」にある「それらはほとんどすべて最近の入試問題から選んだものであり、」という文言は「解法の発見」と全く同じで、1993年時点で7年前の「最新」をいまだ「最新」と強弁する小島師の姿勢は強く批判したい。
レイアウトの酷さに目をつぶれば、内容は非常に良いので、流通在庫を見かけたら手に取るのも一興だろう。「解法の発見」との差はレイアウトだけなので、無理をしてオークションで高値落札する必要はない。代替参考書も流通在庫だけなので欲しい人はお早めに。
[PR]
by roudai | 2009-02-03 00:00 | 数学 | Comments(0)