浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号168 思考訓練の場としてのマッキーの日本史実践

d0133636_0343975.jpg
【タイトル】思考訓練の場としてのマッキーの日本史実践 前近代史編
【著者】槇道雄
【肩書】トフルアカデミー・ソフィア早慶予備校・研数学館講師
【出版社】育文社
【サイズ】B5
【ページ数】152頁
【目次】
①原始時代の日本
②古代の対外交渉
③古墳文化
④律令国家成立の過程
⑤律令制度
⑥藤原氏の他氏排斥
⑦荘園制の展開
⑧武士の台頭
⑨鎌倉時代の政治
⑩南北朝・室町時代の政治
⑪戦国時代
⑫織豊政権
⑬幕藩体制の成立
⑭江戸時代の対外交渉
⑮江戸時代の産業・経済
⑯幕政の安定と動揺
【初版発行年月日】1991年4月5日
【収蔵品発行年月日】1991年4月5日 第1刷発行
【収蔵品定価】1500円(本体1456円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】篠崎武「高速学習 日本史マニュアル[古代~近世]」(學燈社)
【コメント】
偏差値80以上とも言われる凶悪な難易度を誇る「思考訓練の場としての英文解釈」で知られる「思考訓練」シリーズだが、実はオリオン社の通信添削から作られた「英文解釈」と「現代国語」以外に、突然変異種の「日本史」も存在した(現在はオリオン社と全く関係のない「体系化学」も出版されている)。
一見、基礎的な用語を空欄補充しているだけのように見えるが、ポツン、ポツンと激辛な問題が埋め込まれており「思考訓練」の名に恥じない内容になっている。「近現代史編」は未刊だが、もし出ていればどれだけエゲツナイ内容になっていただろうか。
レベルはだいぶ違うが、前近代史というくくりで一冊にまとめた本として代替参考書を挙げる(こちらは「近現代」も出版されている)。
[PR]
by roudai | 2009-03-31 00:00 | 社会 | Comments(2)

収蔵品番号167 実戦英語水準表

d0133636_0194792.jpg
【タイトル】新版 西尾の実戦シリーズ1 実戦英語水準表
【著者】西尾孝
【肩書】前早稲田大学教授
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】B6
【ページ数】336頁
【目次】
序編 実戦英語必勝法
§1.受験は作戦勝ち
§2.入試英語出題の限界
§3.単語の征服法
§4.熟語の征服法
§5.相関語句習熟法
§6.文法力増強法
§7.表現力増強法
§8.基本文型の利用法
§9.最近の英語出題の傾向
本編 実戦英語水準表
Ⅰ.基本文型33
Ⅱ.文法必修事項142
Ⅲ.相関語句100
Ⅳ.必修熟語1770
Ⅴ.必修単語5500
≪付録≫合格答案作成上のポイント
【初版発行年月日】1978年3月1日
【収蔵品発行年月日】1982年3月10日 重版発行
【収蔵品定価】820円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】上垣暁雄「大学入試英語頻出問題総演習」(桐原書店)
【コメント】
半年ほど前からヤフオクで突然「西尾孝」ブームが起きて困惑している。西尾孝氏といえば四半世紀以上前の受験英語の大御所だが、ひたすら暗記量を要求する本ばかり出しており、今の参考書を見慣れた目で見ると全く価値を感じないのだが、ここのところベラボーな値段で出品されては相次いで落札されている。
「はしがき」に拠れば、この「水準表」という言葉は「大学入試突破に必要な学力の限界を数字を持って示したもの」という意味だそうだが、この本1冊を丸暗記すれば事足れりかといえばだいぶ心許ない。アタリマエの原理原則しか出ていないので、仮に丸暗記したところでちょっと目先を変えられたらコロコロ間違えそうだ。
「文法必修事項142」などは、ほぼ同時期に「試験にでる英文法」が出版されていることを考えると絶望的な内容だ。中年のノスタルジーにつきあって無駄金を使わぬよう老婆心ながらご忠告しておく。
[PR]
by roudai | 2009-03-24 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号166 現代文SOS!!修得編

d0133636_11323478.jpg

【タイトル】現代文SOS!!上 修得編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】202頁
【目次】
プロローグ/現代文に悩む全国の受験生へ
第1部 『現代文SOS』修得編
 第1章 現代文の得点能力とは?
 第2章 『現代文SOS』とは?
 第3章 何題やればよいのか?(志望校別勉強量)
 第4章 『現代文SOS』勉強法
 第5章 演習問題の解答・解説の構成と学習法
 第6章 語彙力の必要性と身につけ方
 第7章 『SOS①』~『SOS⑭』
第2部 『現代文SOS』演習問題(センター試験レベル)
 (センター試験レベル)
 第一問
 解答・解説
 第二問
 解答・解説
 第三問
 解答・解説
 第四問
 解答・解説
巻末 『現代文SOS』リスト
   『現代文SOS』フローチャート
【初版発行年月日】1995年10月16日
【収蔵品発行年月日】2001年3月10日 第14刷発行
【収蔵品定価】1165円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1200円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】出口汪「出口のシステム現代文解法公式集」(水王舎)
【コメント】
ちょっと前までは2000円程度でもバンバン落札されていた人気参考書だが、このところ沈静化している。
この本について代ゼミの笹井師の信者が「パクりだ」と貶しているのをよく見かける。笹井師を受講したことがないので方法論はテキスト等から類推するしかないが、この本の骨子である傍線部の分析方法が笹井師の「なぜ・何・ぐー」と類似の部分があるところからそう言うのだろう。「SOS」も「なぜ・何・ぐー」も所詮傍線部の具体化や主述関係の追加で、そんなことは笹井師以前に森師や堀木師も行っている話であり、その程度のことを我が仏尊しで拘泥している信者の偏狭さが痛々しい。
上巻はSOSの説明とセンター試験の過去問を用いたSOSの運用法を説いており、マーク式の選択肢を選ぶにあたって、あらかじめ記述解答を作成してそれとの比較で選ばせる、という点が類書に比べて目新しい。
ところが通読して振り返ると重大な欠陥に気づく。「SOS」は終始一貫「如何に答えるか」の方法論であって、「如何に読むか」ということについては全く答えてくれていない。執筆者が「現役東大生」を名乗っているせいか「読めてアタリマエ」という前提で書かれており、「読めるけど(記述解答が)書けない」という生徒には効力を発揮しても、それ以下の「現代文が読めない」というレベルの生徒にとっては期待ハズレだろう。
[PR]
by roudai | 2009-03-17 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号165 理系数学の解法40

d0133636_1046566.jpg

【タイトル】大学入試ハイアップシリーズ 理系数学の解法40
【著者】永井四郎
【肩書】
【出版社】教学社
【サイズ】B6
【ページ数】158頁
【目次】
第1の部屋 数学Ⅰの急所
第2の部屋 関数とグラフ(Ⅰ)
第3の部屋 関数とグラフ(Ⅱ)
第4の部屋 ベクトル
第5の部屋 空間図形
第6の部屋 行列と1次変換
第7の部屋 数列
第8の部屋 極限
第9の部屋 微分法
第10の部屋 積分法
演習問題/解答
【初版発行年月日】1990年8月10日
【収蔵品発行年月日】1990年10月20日 第2刷発行
【収蔵品定価】520円(本体505円・税15円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】奥平禎「奥平禎の理系数学頻出40テーマ[Ⅲ・C]を攻略する本」(中経出版)
【コメント】
教学社は京都に本社がある関係で関東では知名度の低い著者を起用することが多い(この本の場合は著者の履歴が全く不明)が、隠れた名著が多い。
コンパクトな体裁のわりに受験生の盲点となりがちな項目や背伸びした公式(ロピタルの定理など)までカバーしている。直前期のまとめ用なので代替参考書とは少し毛色が違うが、理系用のポイント集というとこれくらいしか思い浮かばない。表題の通り、数Ⅲの範囲が半分を占めるので文系にとってはちょっとコストパフォーマンスが悪いか。
[PR]
by roudai | 2009-03-10 00:00 | 数学 | Comments(2)

収蔵品番号164 中畑のインテグラル英文読解S VOL.1

d0133636_10194565.jpg

【タイトル】中畑のインテグラル英文読解S VOL.1
【著者】中畑佐知子
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】157頁
【目次】
OVERTURE 思考者宣言
ACT 1 名詞構文の解釈
ACT 2 無生物主語構文の解釈
ACT 3 無生物主語の名詞構文の解釈
ACT 4 主題展開(Ⅰ)-例証-
ACT 5 主題展開(Ⅱ)-因果関係-
ACT 6 主題展開(Ⅲ)-比較・対照-
ACT 7~9 和訳演習(Ⅰ~Ⅲ)
ACT 10 主題展開の読解演習
ACT 11 合格宣言
ACT 12~14 前置詞の理解(Ⅰ~Ⅲ)
ACT 15 前置詞の問題演習
ACT 16~17 必修内容講義-「知性」-(Ⅰ~Ⅱ)
ACT 18~21 必修内容講義-「自然」-(Ⅰ~Ⅳ)
ACT 22~24 必修内容講義-「言語」-(Ⅰ~Ⅲ)
ACT 22~24 必修内容講義-「科学」-(Ⅰ~Ⅲ)
ACT 22~24 必修内容講義-「歴史」-(Ⅰ~Ⅲ)
ACT 31 成功宣言
ACT 32~33 相当箇所の発見(Ⅰ~Ⅱ)
ACT 34~35 対比箇所の発見(Ⅰ~Ⅱ)
ACT 36~37 訳出の盲点-what-(Ⅰ~Ⅱ)
ACT 38~40 和訳演習(Ⅳ~Ⅵ)
ACT 41 必修内容講義(Ⅰ)-「知性」-
ACT 42 必修内容講義(Ⅱ)-「自然」-
ACT 43 必修内容講義(Ⅲ)-「言語」-
ACT 44 必修内容講義(Ⅳ)-「科学」-
ACT 45 必修内容講義(Ⅴ)-「歴史」-
ACT 46 至上英語宣言
FINALE 自己実現宣言
◎実戦問題の全文訳
【初版発行年月日】1998年4月1日
【収蔵品発行年月日】1998年4月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】表三郎「スーパー英文読解法」上(論創社)
【コメント】
1年間だけスカイパーフェクトTVで放映された「代ゼミTVネット」の講義テキスト。テキストは本屋で購入できたが、放映開始時点で既に入手困難だったのがこの本。存在は知っていたが店頭で見かけた記憶がない。
テキストで出されたうち、「今井の英文法入門」「富田のビジュアル英文読解」「荻野の勇者を育てる数学Ⅲ・C」「為近の基礎物理ⅠB・Ⅱ」のようにその後一般の参考書として再発売(「今井~」は講師移籍により現在絶版)したものもあるが、この本はそのままお蔵入り。
元々おいしい所は講義で話すものとして書かれているため、「代ゼミTVネット」のシリーズは総じて不親切な本が多いが、この「インテグラル英文読解S」は単体で通用するだけの内容を持っている。代替参考書は同じ京大志向ということで関西系の表師の本を挙げる。

著者の中畑師は大阪北予備校からの移籍組で、本学の掲示板でも「北新地のホステスのような予備校講師(©エコノミスト氏)」として一時期話題となっていた。以前1年間だけ代々木に出講していたはずだが、経費節減か不人気かそれきりになっていた。やはり上から目線の物言い+バリバリの関西弁+ハリセンという授業スタイルが東京に合わなかったのだろうか。

Part1が入門編でPart2が完全本格編という位置づけで、Part1では短めの英文を美しく訳していくことを主眼としている。入試頻出の基礎知識と名詞構文の訳出にこだわった内容で、京都大学の下線部訳を強く意識しているため、英文解釈の基礎が出来ていない生徒が読んでもチンプンカンプン(代替参考書ほどではないが)だろう。ある程度訳出は出来るものの違和感をぬぐえないという日本語センスのある人間が読むと得るところが大きい。
和訳なんて言うけどね、実は『訳す』んじゃなくて、『情報伝達する』んだよ。満点の訳文とは、原文の英文を見ずに、いわば通りすがりの日本人がその訳文を一読して、『ああ、そうですか』と納得してくれるもののことなんだ。だから和訳をしようとする時には、常に小学校高学年の弟や妹に、自分が英文から得た情報を、具体的な自然な日本語で説明してやると思えばいい。そう、訳文とは、説明文のことなんや。(36頁)
どれをとってもこの意識にもとづいてなされているが、具体例としてAct9から
Being exposed to the existence of other languages increases the perception that the world is populated by people who not only speak differently from oneself but whose cultures and philosophies are other than one's own.

[0点訳]
他の言語の存在にさらされるということが、世界は、自分自身とは違うように話すのみならず、その文化と哲学も自分自身のものとは違う人々によって住まれているという知覚を増加させる。

模範訳とは・・・
[PR]
by roudai | 2009-03-03 00:00 | 英語 | Comments(2)