浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号176 助動詞

d0133636_1464165.jpg

【タイトル】帆糸英語一気シリーズ③助動詞
【著者】帆糸満(渡部十二郎)
【肩書】代々木ゼミナール講師・日本獣医畜産大講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】B6
【ページ数】64頁
【目次】
Ⅰ.助動詞(PRIMARY)
 1. DO
 2. BE
 3. HAVE
Ⅱ.法助動詞(MODALS)
 [A]主語について述べる場合
 イ. CAN
 ロ. MAY
 ハ. MUST
 ニ. WILL
 ホ. SHALL
 ヘ. NEED
 ト. DARE
 チ. OUGHT TO
 リ. USED TO
 [B]文全体について述べる場合
【初版発行年月日】1985年5月15日
【収蔵品発行年月日】1985年5月15日 初版発行
【収蔵品定価】380円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】帆糸満の基本語法とその問題集
【コメント】
助動詞だけで1冊の本である。
当博物館に収蔵する英語参考書を調べてみたがこの本以外に「助動詞」単体の参考書は存在しなかった。
目次にあるように助動詞を2つに大別し、その過程で進行形・完了形・受動態のニュアンスの違いや、法助動詞の訳し分けについて詳細に述べている。誤文訂正問題を意識した書き方が多いが、英作文でよく間違えそうな急所があちこちに出てくる。
帆糸師が管理しているサイトの記述はこの本をさらに進化させたものなので、興味のある方は代替参考書のところのリンクをたどって「8 助動詞とは」だけでも目を通しておくことをお勧めしておく。
[PR]
by roudai | 2009-05-26 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号175 宮田の数学特講 発想の転換

d0133636_1441982.jpg

【タイトル】宮田の数学特講 発想の転換
【著者】宮田敏美
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】215頁
【目次】
序章 プロローグ
第1章 関数の値域
第2章 平面上の点の軌跡と領域
第3章 空間の点の軌跡
第4章 平面上と空間の点の変換
第5章 一次変換
第6章 不変直線・不動直線
第7章 固有値・固有ベクトル
第8章 一次変換の線型性
収録問題一覧
【初版発行年月日】1992年6月5日
【収蔵品発行年月日】1992年6月5日 初版発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】15000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】今野和浩「軌跡・領域 (最密講義Fシリーズ) 」(文理)
【コメント】
長年ヤフオクを観察していると、数学において「幾何」と「軌跡」というタイトルのついた本だけ異常に高騰する傾向に気づく(ex.津野田修吉「大学への幾何」、清宮俊雄「幾何の研究」、根岸世雄「新数学問題の解法360°①写像と軌跡」等)。この本の内容も「軌跡」と「一次変換」なので、最近は出品されれば万券確定という暴騰ぶりである。ちょうど代々木ライブラリーが関西代ゼミの講師の本を出すようになった時期のものでその点でもレアな本である。

「発想の転換」というタイトルが付いているが、演繹的にこう考えればよいという方法を授けてくれるワケではなく、問題を解きながらケースバイケースでこういう考え方だとスマートに解けるという形を示される。ただ、同じ代々木ライブラリーの新書版形式の問題集である「山本の数学超特急」シリーズと比べると、頁を跨いでダラダラと続くレイアウトが致命的に読みにくく、明確なまとめがあるわけでもないので他の問題に応用出来るようになれるかは疑問。本文の最後(!)に収録問題がまとめてあるのは代ゼミの「初級・中級・上級問題集」を意識してのことだろうが、収録問題の出題校が載っていないので正直言ってあまり意味を感じない。

悪い点ばかり先に書いてしまったが、不動直線が詳細かつ多めに載っている点は他の本に比べて評価できる。決して悪い本ではないのだが、今の相場はあまりにコストパフォーマンスが悪すぎる。「山本の1次変換の基本」がだいたい3000円前後で落札されていることを考えると、その5倍の値段に見合う価値は感じられない。

代替参考書はこのジャンルで絶版になっていない(半分なりかけているが)数少ない良書を挙げる。絶版本なので代替参考書には挙げなかったが、宮田師の単著ではないものの、
「飛躍への100問数学I・A」
「飛躍への100問数学II・B」
はまだ安くマーケットプレイスから購入できる。

現在の宮田師は自身が主宰する「理数研セミナー」で教鞭を執りつづけておられるようで、「宮田のコラム」4.の辺りにも本書で示された「発想の転換」へのこだわりが垣間見える。
[PR]
by roudai | 2009-05-19 00:00 | 数学 | Comments(2)

収蔵品番号174 全解英語構文

d0133636_1383129.jpg
全解英語構文

d0133636_1384524.jpg
英語構文ゼミナール①

d0133636_1385354.jpg
総合英文読解ゼミ

【タイトル】全解英語構文/英語構文ゼミナール①~⑤/総合英文読解ゼミ
【著者】山口俊治
【肩書】日本医科大教授/日本医科大教授/日本医科大客員教授
【出版社】語学春秋社
【サイズ】B6(ハードカバー)/A5/B6(ソフトカバー)
【ページ数】624頁/①128②150③116④130⑤152頁/624頁
【目次】
①基本文型
① 基本5文型
① 主語
① 目的語
① 主格補語(SVC)
① 目的格補語(SVOCC)
①it構文
① itを含む構文
① 形式主語[目的語]
① 強調構文
②不定詞
②分詞
②動名詞
②関係詞
② 非制限用法・先行詞
② 主格・所有格・目的格
② 二重限定など
② その他
③比較構文
③ as ・・・・・・ as~
③ 比較級・最上級
③否定構文
④相関構文
④副詞節
④ 時・条件
④ 仮定法
④ 譲歩・目的・結果など
⑤倒置構文
⑤同格
⑤挿入
⑤共通関係
⑤省略
⑤名詞構文
⑤索引

※①「英語構文ゼミナール①英文の基本構成」に収録
※②「英語構文ゼミナール②英文の修飾構造」に収録
※③「英語構文ゼミナール③重要構文の解明」に収録
※④「英語構文ゼミナール④副詞節のすべて」に収録
※⑤「英語構文ゼミナール⑤英文の実際的形態」に収録
【初版発行年月日】1986年3月20日/①②1989年6月1日③④⑤1989年7月15日/不明
【収蔵品発行年月日】1986年3月20日 初版発行/①1989年6月1日 初版発行②1990年2月1日 第6刷発行③1989年7月15日 初版発行④1989年7月15日 初版発行⑤1989年7月15日 初版発行/2001年2月1日第4刷発行
【収蔵品定価】1400円/670円(本体650円)/本体1400円+税
【入手困難度】★★★★☆/★★☆☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆/★★★☆☆/★★☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~/300円~/1000円~
【鑑定額】700円/300円/700円
【代替参考書】山口俊治「総合英文読解ゼミ」(語学春秋社)
【コメント】
英語教育に携わっている人に長年ぶつけたいと思っている質問が2つある。
「英語には『構文』がいくつありますか?」
「『構文』と『熟語』の違いは何ですか?」
「構文」という言葉を『大辞林』で引いても「文章の構造。文章の組み立て。」としか書いていないので、前者の回答は「5~無限大」までありうる。実際ネイティブの日本語使いとして前者の質問を日本語についてされたら答に窮してしまう。
ところが世の中には「英語構文」というタイトルで有限個数の英語構文を扱った参考書が数多ある。ひどいのになると「石黒の英語構文1500」(代々木ライブラリー・後に「石黒の英語構文1000」に改訂)といったベラボーな数(いきなり2/3になること自体選定基準に疑問が残る)を受験生に強要する本も過去にはあった。
本書は英語の構文を200の「型」に分類し(「200」というキリのいい数字になるところに恣意的なものを感じるが)それぞれの「型」について詳しく説明されている。ただ、目次を見れば分かるように旧来の「英文法」「総合英語」「英文解釈」と銘打たれた本との違いはあまりない。
実際タイトルが3通り挙げられているが中身は原則同じ(「全解英語構文」だけが1色刷り)であり、現在流通している「総合英文読解ゼミ」では「構文」という言葉自体がタイトルから消えている。
確かに良い本ではあるし、収録されている例文はいかにも受験生の間違えそうな英文なのだが、600ページを越える参考書を通読できるかといえば「否」だろう。「ゼミナール」は5分冊なのでこちらなら読めなくはないものの現在は絶版なのが残念。書き方にクセがあるので辞書的につまみ食いするのには向かない。
伊藤和夫の「ビジュアル英文解釈」や「英文解釈教室」に比べて網羅性ではこちらの方が上だと思うが、そのぶん量があるので、高1、高2くらいからじっくり取り組むならまだしも、忙しい受験生が評判だけで手に取ると結局中途半端に終わりそうな気がする。
[PR]
by roudai | 2009-05-12 00:00 | 英語 | Comments(7)

収蔵品番号173 現代文のルール

d0133636_13441100.jpg

【タイトル】受験補習 現代文のルール
【著者】堤 可正
【肩書】早稲田ゼミナール・武蔵高等予備校専任講師
【出版社】新塔社
【サイズ】B6
【ページ数】166頁
【目次】
□現代文の押さえ方
一 空欄の問いがある問題
二 傍線の問いがある問題
三 文の特徴などの問いがある問題
四 「抜き出せ」の問いがある問題
五 指示語の問いがある問題
六 趣旨(主題)の問いがある問題
七 表題の問いがある問題
八 段落の問いがある問題
九 整序・挿入文の問いがある問題
一〇 登場人物の心情の問いがある問題
一一 作者の意図・心情の問いがある問題
一二 「誤りを正せ」の問いがある問題
≪付録≫現代文のための読書について
【初版発行年月日】1984年4月20日
【収蔵品発行年月日】1985年11月10日 重版発行
【収蔵品定価】550円(本体円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】板野博行「ゴロゴ板野の現代文解法565(ゴロゴ)パターン集」(アルス工房)
【コメント】
当博物館への検索キーワードで常に上位をキープしている「新釈現代文」と同じ出版社から、「新釈現代文」の四半世紀後に出版された問題集型参考書。
著者の肩書きが早稲田ゼミナール・武蔵高等予備校専任講師となっている(但し、執筆時の年齢は67歳!)し、目次を見る限り「新釈現代文」よりだいぶ実践的に見える。
しかし、「ルール十五条」なるお題目を並べ始めた瞬間その期待は簡単に吹っ飛ぶ(笑)。
ルール1 主観や常識で答を決めてはいけない。
これはわざわざ言われるほどのことではない。
ちなみに最後のルールはこうなっている。
ルール15 故事・成語・熟語の常識によって答をみちびく。
イイタイコトは分からなくはないが、最初に何を書いたのか忘れてしまったのだろうか。
この程度ならまだかわいい。問題は次だ。
ルール2-1 前後の文脈から答をみちびく。
ルール2-2 直前の文脈から答をみちびく。
ルール2-3 直後の文脈から答をみちびく。
ルール2-4 前の説明の文脈から答をみちびく。
ルール2-5 後の説明の文脈から答をみちびく。
 以上の文脈のルールは、ルールの中でもいちばん基本的で大切なルールである。答は必ず文脈の押さえどころを押さえてから出すというルールがマースター(原文ママ)できれば、大半の問いは征服できることになるだろう。(7頁)
これを読んだ瞬間、本を閉じたくなったし、井上ひさしの「私家版日本語文法」(新潮文庫)に書いてあった「晴れたり曇ったり所により雨」という「万能の天気予報」を思い出した。
そもそも文脈とは何なのか、文脈を押さえるとはどういう行為なのか、そういったことには何も触れていない。つまり「新釈現代文」から四半世紀、何ら進歩していないと言える。
「電話帳」で調べた限り、S56~58の中堅私大の問題を中心に収録しており、時代もあってやや最近の参考書より小説が多い。
ざっと見た感じでは説明がしやすいところだけ載せて、私大特有の微妙な選択肢についての言及は少ない(というか解答自体がアテにならない気がする)。
新塔社が潰れたのも当然と思わせる不出来な参考書である。
[PR]
by roudai | 2009-05-05 00:00 | 国語 | Comments(2)