浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号181 奇跡の高校数学Ⅰ

d0133636_1595350.jpg

【タイトル】奇跡の高校数学Ⅰ
【著者】入江伸
【肩書】伸学社塾頭
【出版社】祥伝社
【サイズ】新書
【ページ数】248頁
【目次】
まえがき
1章 三角関数・・・・・・数Ⅰでいちばん楽しく、入りやすい
2章 式と計算・・・・・・高校数学の根底は計算力
3章 関数とグラフ・・・・・・数Ⅰすべての基礎
4章 方程式と不等式・・・・・・慎重に吟味する数Ⅰの楽しさ
5章 指数と対数・・・・・・計算尺の原理の応用
6章 図形と方程式・領域・・・・・・暗算で方針を立ててから解く!
7章 ベクトル・・・・・・図形の性質を十分、生かせ
【初版発行年月日】1976年6月10日
【収蔵品発行年月日】1989年4月1日 第26刷発行
【収蔵品定価】750円(本体728円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】岡安實「わかってニッコリ数学Ⅰの集中講義」(草思社)
【コメント】
かつて関西圏でスパルタ塾としてその名を轟かした「伸学社(入江塾)」。そのカリスマであった入江伸氏も既に鬼籍に入ったため、今や知る人も少ない。
ノンブックスの「奇跡」シリーズ全般にいえることだが、この本もタイトルのハッタリに見合った驚きはない。
「なべつぐ」シリーズ同様、教師役の「おじさん」と生徒役の「三郎」くんと「武男」くんの3人を中心に、時折「渡辺」くんが出てくる対話形式で進められるが、大半は教科書の域を出ず、この本ならではという点は少ない。生徒役の3人に「なべつぐ」シリーズにおける「トーベン」くんのようなオッチョコチョイが不在で、出された問題を片っ端からスラスラ解いてしまうあたり不出来な生徒の共感を呼びづらいだろう。
ちょっと目を惹いたのは、以前「因数分解」でも取り上げた「相反方程式」の因数分解がサラリとだが触れられている点と、第3章111ページのy=a(x-α)(x-Β)のグラフの頂点を求める方法のうち、平方完成を使わない方法が出ている点で、この手法は授業で習っていないような気がするのだが気のせいだろうか。
新書の割に高額で出品されることが多いが、範囲といい内容といいよく似ている代替参考書の方が圧倒的に使い勝手がよいと思う。
[PR]
by roudai | 2009-06-30 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号180 英文読解講座

d0133636_1572259.jpg

【タイトル】英文読解講座
【著者】高橋善昭
【肩書】駿台予備校専任講師
【出版社】研究社出版
【サイズ】B6
【ページ数】216頁
【目次】
はしがき
第1章 文の中核構造
 研究1 主語と動詞の特性
第2章 文の変形と埋め込み文の構造-その1(句)
 研究2 第5文型の特性
 研究3 文の句変形の諸相
第3章 文の変形と埋め込み文の構造-その2(節)
 研究4 接続詞による変形
 研究5 疑問詞による変形
 研究6 関係詞による変形
 研究7 関係詞連鎖
 研究8 関係詞節の並列限定と二重限定
第4章 情報の予告と展開の構造
 研究9 予告と展開の構造
第5章 比較文の構造
 研究10 比較の概念と2文合成
 研究11 比較否定文の概念と構造
第6章 破格文の構造
あとがき
INDEX
【初版発行年月日】1986年12月10日
【収蔵品発行年月日】1986年12月10日 初版発行
【収蔵品定価】900円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】高橋善昭「英文読解講座 [新装復刊]」(研究社出版)
【コメント】
「英文和訳講座」と同様に「高校英語研究」の連載を元にした高橋師の処女作。昭和末期の研究社出版の本らしくスミ一色で活字の詰まった組版。ひたすら1~2パラグラフ程度の英文を訳していくが「和訳講座」と比較するとやや出題校が私大寄り。ただし、基本的に全訳しかしていないので、内容としては国公立志願者向け。
「文とその変形」をメインテーマとしているので、一般的な読解文法はとっくに済ましているレベルでないと太刀打ちできない。説明はぶっきらぼうだが、生徒が勝手読みしそうなところを「~はデタラメ読み」「○○と訳すのは誤り」「・・・と読むのは関係詞連鎖に対する無知に起因するもの」とズバズバ斬ってくれる。ただ
There are men ...「...な人々がいる」Thereを「そこに」と訳出するのは致命的な誤り。(P.202)
とまで言うのは、「破格文」などという内容を読もうとするレベルを考えれば、そんなヤツおれへんやろ~!とツッコミの一つも入れたくなる。
第4章は最近流行りの「情報構造」っぽいが、内容的には至極アッサリとしている。第5章の比較文については「no more ~ than」「no less ~ than」「not more ~ than」「not less ~ than」の違いを非常に理屈っぽく教えてくれる。個人的には代ゼミの原秀行尊師の教え方の方がインパクトの面で上だと思うが、活字になったものの中では上位に位置する内容だと思う。
200ページちょいの厚さだが内容的には相当歯ごたえがある。最低「ビジュアル英文解釈」は卒業していないと読みきるのは辛いか。

P.S.
2010年06月上旬に復刊が決まったそうです。復刊ドットコムで予約が始まっています。価格は1500円+税と山貞の時のようなボッタクリではありません。
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68313715
[PR]
by roudai | 2009-06-23 00:00 | 英語 | Comments(8)

収蔵品番号179 土屋の[古文]ナンセンス編

d0133636_11483228.jpg
新版
d0133636_130218.jpg
旧版

【タイトル】土屋の[古文]ナンセンス編
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】219頁
【目次】
幸福の青い鳥(沙石集)
おもらし(宇治拾遺物語)
ブリッコの勝ち!(今昔物語)
愛情物語(伊勢物語)
みちのくブス女(伊勢物語)
禁句(宇治拾遺物語)
ヘイチュー!(宇治拾遺物語)
エロじいさん(落窪物語)
ベルト(源氏物語)
【初版発行年月日】1985年9月10日
【収蔵品発行年月日】1991年7月10日 第21刷発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】吉川栄治「古文が宇宙語でなくなる日」(中道館)
【コメント】
以前、紹介したオモ参版「土屋の古文」の第1作。前回の「ユーモア編」はタイトルから中身の想像がつくが、「ナンセンス編」とは果たしてどんな中身なのか。
文体は「ユーモア編」同様(発行順序は逆だが)授業中のトークを細大漏らさず再現した臨場感溢れるものだが、引用される出典が「ユーモア編」とはだいぶ毛色が違う。まあ一言で言ってしまえば「ポルノ古文」というべきか。少なくとも女子高生の勉強のお供には不向きな内容である。
とりわけ「宇治拾遺物語」からの3本が全て、スカト○・手コ○・○ェチと「ポルノ漢文」で有名な「漢文法基礎」をヘ○タイ度では遥かに上回るのにあまり話題にならないのはなぜだろう(そもそもこんな箇所を出題した剛毅な大学があったのだろうか)。
こんな内容だからこそ自然に「下痢念ず」という例文が出てきて、「念ず=我慢する」と記憶がすんなりと定着するのだが。
読んでいくと代ゼミの内輪ネタがよく出てくるが、以下の記述は今から四半世紀以上前の話なので、重度の代ゼミヲタク以外にはチンプンカンプンだろう。
ここで小生の友人、アリサ・カマサト君の作成、いやデッチアゲた邪道公式を一発。
「に、」は接続助詞
わけのわからん君、簡単なことだ。「に」の下に「、」があったら、それは接続助詞である確率が高いということなのだ。なければ格助詞であることが多い。
このアリサ君、予備校の先生をやっているのだが、非常にユニーク。第一番目の設問には×がくる、とか、字画の多い作品は古いものである、とか、小生と同じような発想をするのである。
そういえば「あなた方の食べるギョーザはウンコなのよ~」と言って、ギョーザ協会に恨みをかったとかいう先生がおいでだったなあ。
基礎といえば、話はまたずれるが、有名予備校の英語の講師が本を出したんだね。それが、「基礎英作文」、なんだけれど、その著者の先生、なんと”木曽栄作”という名前。これがペンネームじゃないってんだからものすごい。思わず笑ってしまった。
出てくるギャグもさすがに時代を感じさせる。
男は、ちょうど「今の妻」の家にいた。今なら、フライデーやフォーカスされちまうんだから、ほんとに。
イカンガ、などというとマラソンの瀬古選手を思い出しちまうのも言語の持つイメージとして面白い(と感じているのは私だけでしょうか)。
土屋師お得意の「朝マッシー(あさまし)」があるかと思ったが収録されておらず、替わりに「糸売りの少女(いとほし)」の小ネタは収録されている。
ただ、これだけふざけた内容ながら、古文に関しては実にしっかりとしている。まるで「のだめカンタービレ」のミルヒ・ホルスタインのようだ。そういえば「のだめカンタービレ」#1で千秋ものだめの部屋にベルトを忘れていったっけ。
[PR]
by roudai | 2009-06-16 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号178 解決!イングリッシュ

d0133636_1502454.jpg

【タイトル】1日1セット20日完成 解決!イングリッシュ
【著者】福崎伍郎・柴田卓也
【肩書】河合塾/東進ハイスクール講師・東進ハイスクール講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】304頁
【目次】
はじめに
The making of "解決!イングリッシュ"
本書の特徴と使い方
STEP 1 基本アイテムを揃えよう!(基礎編)
 1日目 自動詞の作る文型をマスターしよう!
 2日目 他動詞が作る文型
 3日目 SVOC型をきわめよう!
●STEP 1 確認テスト
STEP 2 基本アイテムをパワーアップさせよう!(応用編)
 4日目 カタマリを見抜こう!
 5日目 『不定詞』というカタマリを学ぼう!
 6日目 『動名詞』というカタマリを学ぼう!
 7日目 『分詞』というカタマリを学ぼう!
 8日目 『接続詞』というカタマリを学ぼう!
 9日目 『関係詞』というカタマリを学ぼう!
10日目 『疑問詞』というカタマリを学ぼう!
●STEP 2 確認テスト
STEP 3 基本アイテムを駆使して、さぁ出発だ!(実戦編)
11日目 実戦問題
12日目 実戦問題
13日目 実戦問題
14日目 実戦問題
15日目 実戦問題
16日目 実戦問題
17日目 実戦問題
18日目 実戦問題
19日目 実戦問題
20日目 実戦問題
あとがき
【初版発行年月日】1998年3月24日
【収蔵品発行年月日】1998年3月24日 初版発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】「井川治久の超基礎英語塾 超基礎英語わかりすぎる!」(学研)
【コメント】
ありそうで無かった読者参加型の受験参考書。有名予備校講師2人が監修しているので、某「カリスマ大学生」シリーズのような素人仕事と比べて(比べるのも失礼だが・笑)完成度が高い。表紙にプリクラを使うあたりが20世紀っぽい。
読者を偏差値55までに限定して、そのレベルの生徒がミスしそうな問題を中心にQ&A形式で懇切丁寧に説明してくれる。
前半は誤りやすい急所の文法事項の説明だが、分量の関係で網羅性は多少犠牲になっている。後半の問題演習は単語・文法・構文・読解問題が1日単位でセットになっていて、飽きずに進められる仕組みになっている。読解問題の解説も一文ずつ分解するほど詳しく説明されており、一冊で二度美味しい内容である。欄外にも口語表現やイディオムチェックが散りばめられ、コストパフォーマンスが高い。
ただ、本当に基礎から勉強したい生徒にとっては網羅性(特に準動詞全般と関係代名詞)に欠けるので、上は偏差値55でも下は一通り文法の勉強の済んでいる偏差値45くらいの生徒とツボに嵌るレンジは意外と狭い。もっとも、それ以上であっても以下に挙げる問題に引っかかるようなら十分使用する価値はあるが。
代替参考書はSTEP2までの雰囲気が似ている「超基礎英語塾」シリーズを挙げる。
次の英文が正しい英文になるように、カッコ内の適語を選びなさい。
1.Things will (come, go) all right.
2.This kind of magazine will not (have, do) you good.
3.I (expected, hoped) you to do your best.
4.The man (who, whom) I thouguht was honest deceived me.
5.That was the reason (why, which) prevented me from coming with you.


正解は...
[PR]
by roudai | 2009-06-09 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号177 志望大合格する参考書・ムダな参考書’92年版

d0133636_14443753.jpg

【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’92年版
【著者】早稲田大学予備校研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】新書
【ページ数】215頁
【目次】
1章 英語 参考書・合格メニュー
2章 数学 参考書・合格メニュー
3章 国語 参考書・合格メニュー
4章 理科 参考書・合格メニュー
5章 社会 参考書・合格メニュー
<コラム>
・「英文解釈教室」攻略マニュアル
・英単語集を斬る!
・過去問集辛口採点
・「堀木式現代文読解法」のすべて
・日本史・山川三種の神器の使用法に関する一考察
【初版発行年月日】1991年2月25日
【収蔵品発行年月日】1991年2月25日 改訂版第1刷発行
【収蔵品定価】850円(本体825円・税25円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】100円
【代替参考書】船山英樹&受験参考書研究会「志望大合格する参考書ムダな参考書(2010年版)」(エール出版社)
【コメント】
微妙に表紙の色を変えながら続いてきたシリーズが突如赤から紫に。この版では従来続けてきた5つ星評価をやめ、使用時期に応じて並べる形式に変更された。各参考書に関する講評について大きな変更はない。
正直なところ数学なんてスタート時から重たい参考書が列挙され、夏休み後にはさらに重たい参考書になり、一体何人の受験生の参考になるのか疑問が残る。
国語では前年度版で酷評していた「みてすぐわかる現代文」や「例の方法」をわざわざ直前期に指定する意図が皆目わからない。「新釈現代文」や「チャート式現代文」が相変わらず載っていて、前年から全くラインナップが変わらないあたり現代文担当者の質の低さがにじみ出ている。
今回は埋め草に5本のコラムが追加され、特に「『堀木式現代文読解法』のすべて」なる大風呂敷(わずか新書3ページ分)が目を引くが、堀木師を受講したことのある人間にとってはアタリマエの話でしかなく、堀木師の真髄である記述解答の美しさに全く言及していないことからも私大型の講義しか受けていないと思われる。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2009-06-02 00:00 | 受験情報 | Comments(0)