浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号188 堀木の読めてくる現代文1

d0133636_12262036.jpg
【タイトル】堀木の読めてくる現代文1 基礎づくり10+1講
【著者】堀木博禮
【肩書】旺文社ラジオ講座講師・代々木ゼミナール講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】231頁+別冊31頁
【目次】
●受験生へのメッセージ
第1講 森本哲郎「生きがいへの旅一九六〇年代の哲学的風景」
第2講 清水幾太郎「論文の書き方」
第3講 外山滋比古「日本語の特質」
第4講 上田三四二「眩暈を鎮めるもの」
第5講 岡部朗一「異文化を読む」
第6講 中村真一郎「芸術をめぐって」
第7講 戸川秋骨「活動論」
第8講 村上春樹「回転木馬のデッド・ヒート」
第9講 高橋睦郎 朝日新聞掲載の文による
第10講 伊藤整「小説の認識」
補講 山口剛「南京新唱序」
【初版発行年月日】1992年6月5日
【収蔵品発行年月日】1993年 重版発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】堀木博禮「[入門編] 現代文のトレーニング 改訂版」(Z会出版)
【コメント】
あらかじめお断りしておくが、館長は予備校時代に1年半堀木博禮師にお世話になっており、常時最前列で受講していた堀木「信者」である。
本書は当時の「旺文社大学受験ラジオ講座」で放送された内容を元にしたもので、堀木師が1講座30分間ひたすら喋った内容をほぼそのまま載せている。堀木師の喋りをじかに聴いたことがある人なら、「堀木の子守歌」と呼ばれた独特の口調が脳裏に蘇ってくるだろう。
ラジオ講座のテキストは大半が問題文で、板書用のスペースはホンの僅かしかないため、代ゼミでの授業以上に口頭での説明が必要になり、最近の参考書に比べて圧倒的にクドい。この辺が「堀木の子守歌」と呼ばれた所以であり、徹底した具体化による本文の理解こそが現代文攻略の王道であるという堀木師の信念の表れでもある。
だから、藤田修一師に代表される記号式読解のような安直な方法論は出てこないし、最近の現代文講師のようなコケおどしのカタカナ語で思考停止することもない。ただひたすら難解な言葉を平易な言い回しに置き換えていく。そのために必要なのが堀木師が「背丈」に例える「語彙力」と「常識力」で、即効性という言葉とは対極にあると言える。
出口師批判によくあるように(出口師を特段評価するわけではないが)、イマドキの受験生は何かというとすぐ安直かつ即効性のある「方法論」を求めたがるが、その点からすれば「最も使えない参考書」であろう。
これといった方法論がなく、ひたすら本文の説明に終始するという意味で「新釈現代文」と同じベクトル上にある参考書とも言えるが、「新釈」のように大事なところとそうでないところの区別もつけず一本調子に読む側の都合も考えずまくし立てるのとは違い、本書は二色刷の上、別冊でいかに問題文にマーキングしていくかを指し示しているように、読者にいかに分からせるかに心を砕いている点で大違いである。
2ちゃんねるの参考書板を見ていると、現代文の問題集を何周したかという愚にも付かない自慢合戦を散見する。この本を繰り返し読んで自分の読みを堀木師の説明にどれだけ近づけるかという使い方ならまだしも、回数を増やすこと自体が目的と化してるようでは本末転倒である。「語彙力」も「常識力」も幅広い読書によって養われるのだから、問題集の数を増やしこそすれ、何か1冊を繰り返しやりさえすればいいというのは大間違いである(電話帳くらい問題量があれば別だが・笑)。
堀木師の解説がどれくらいクドいのか、ちょうど同じ代ゼミの人気講師酒井師の「酒井の[現代文ミラクルアイランド]」(大和書房)と同じ問題(1985年学習院大学文学部①)が収録されているので両者の解説を比較してみよう。
 絵画においても削り落としの原理は作用している。日本画の背景は( D )である。洋画のように色で塗りつぶさない。何も描かないことによって余情を増幅しているとも考えられるが、削りうるものはなるべく省く美学のためであろう。
(外山滋比古「日本語の本質」)

[問題](一)文中の空所A~Dを埋めるのに最も適当なものを、それぞれ(イ)~(ホ)の中から選び、解答欄にマークせよ。
D (イ)無色 (ロ)簡素 (ハ)空白 (ニ)無地 (ホ)淡泊
「日本画の背景は( D )である。」
とあって、洋画と比較し、「色で塗りつぶさない」「何も描かない」とあるから容易だろう。
 たとえば、君が試験の答案用紙に「何も書(描)かない」で出したとする。それは何と言うのか考えてみなくとも、「白紙」答案であることがわかるはず。(イ)無色、(ロ)簡素、(ニ)無地、(ホ)淡泊とは決して言わない。(酒井「前掲書」31~32頁)
 「日本画の背景は( D )である」。さあ、これは「無色」か、「空白」か、あるいは「無地」か。これは次のように考えます。下に「洋画のように色で塗りつぶさない。」と書いてあります。さらにその後に「何も描かないことによって……」とも書いてあります。「色で塗りつぶさない」というのは、「無色」ということではないですね。「無色」というのは、色がないということです。たとえば、無色透明。ガラスは無色透明だ、という場合の「無色」です。また、何も描かないということも無色とはいいません。それでは「無地」はどうか。たとえば無地の着物というと、柄のない、朱なら朱、紺なら紺、そういうただ一色のものを無地というわけです。ですから「色で塗りつぶさない」というのとはまた違いますね。
 結局、ここは「空白」ということです。何も描かないでおく、何も色を置かないでおく、だから「空白」ということです。ヒントになるのは「色で塗りつぶさない」、また「何も描かない」。ここが空欄Dを入れるときのヒントになります。(堀木「前掲書」61頁)
決して酒井師の説明が悪いわけではないが、堀木師と比較してみるとやはり「上から目線」の解説というか、答えが分かっているからそう説明しているのでは?と思える。
堀木師の「空白」の具体化も丁寧だが、酒井師が「~とは決して言わない」の一言で済ませている部分まで堀木師はキッチリ説明し倒す。こうして読者の「語彙力」は鍛えられていくのである。
他にも堀木師ならではという発言が随所に見られるので、いくつか引用する。
①現代文の成績をアップさせるのに必要なことは「語彙力」と「論理力」とを養うことです。この二つの力を備え、両者が車の両輪のようにうまくかみ合って働けば、あなたの「読解力」はもう完璧なものになります。しかし、「語彙力」といっても、それは単に書き取りができるということだけのことではありません。設問箇所のどの言葉のどういう意味に眼を向けるかが大切なことです。また「論理力」は設問箇所をその前後のどことどことに関連させて、そう読解するのかを明らかにするような具体的な働かせ方をしなければなりません。そうしたことが本書ではきちんと説明されています。(堀木「前掲書」3頁)
 文章というのは、一番基本的には、ひとつひとつの言葉をつなげて書かれているわけです。その言葉に対して語彙力がないと、文章はもうどうやっても分からないですよ。ですから、ぜひ語彙力をつけること、それが基本なのです。文章を読むテクニックもありますけど、しかし、とにかく言葉が分からなければだめです。みなさんは英語をやるときに、一生懸命単語を覚えます。ところが、日本語をやるときには、あまり単語にウエートを置かないですね。でも、ぜひこれからは言葉に対して敏感に、言葉に対して関心を持つようにお願いします。(堀木「前掲書」80~81頁)
堀木師のこの後に書かれた一連の「現代文のトレーニング」シリーズも姿勢としては何も変わっていない(向こうの方が自作問題が中心な分、堀木師の意図が明確になっている)ので、現役の受験生が高値でこの本を購入する必要はあまりない。むしろ教える側の人間が読むと得るところが大きいだろう。
[PR]
by roudai | 2009-08-25 00:00 | 国語 | Comments(12)

収蔵品番号187 多久の漢文教室

d0133636_0201760.jpg

【タイトル】故事成語で学ぶ多久の漢文教室
【著者】多久弘一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】158頁
【目次】
[あ行]
[か行]
[さ行]
[た行]
[な行]
[は行]
[ま行]
[や行]
[ら・わ行]
事項・人名索引
多久庵コラム
【初版発行年月日】1990年10月1日
【収蔵品発行年月日】1990年10月1日 初版発行
【収蔵品定価】750円(本体726円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】多久弘一「故事成語で中国を読む」(ちくま文庫)
【コメント】
館長は小学校時代に読んだ佐藤春夫「お話宝玉選」(小学館)、中2で読まされた「論語」、高校時代に読んだ駒田信二「新・十八史略」(河出文庫)、その間に読んだ宮腰賢「現代に生きる故事ことわざ事典」(旺文社)のおかげで、漢文の勉強を全くしたことがない(マトモに読んだのは「ガッツ漢文」程度)のに入試で困ることはほとんどなかった。漢文という教科は文法よりも常識(中国史の知識を含む)寄りの問題が多いので、故事成語とその出典に関する知識があると大分楽になることは経験則として言える。
上記の「故事ことわざ事典」もよい本だが、入試に即応するという意味で多久師のこの本に並ぶものはない。
わずか158頁に140もの故事成語とその原典が詰め込まれていて、解説ではその訳と共に「漢文常識」の知識まで詰め込まれている。もちろん、ここに出てくる故事成語は現代文においても必要なので一挙両得である。余話の範囲も広く、「白バラのプリンス」多久師の教養の深さが伺える。
[PR]
by roudai | 2009-08-18 00:00 | 国語 | Comments(5)

発行書籍番号001 買ってはいけない【改訂版】

d0133636_2294155.jpg

【タイトル】買ってはいけない-大学受験参考書篇【改訂版】-
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】60頁
【目次】
まえがき
第一章 甲の薬は乙の毒 ~時間泥棒にご用心~
第二章 開けてビックリ玉手箱 ~お前は既に持っている~
第三章 まだ生きてるよ ~新刊が欲しくないのですか?~
第四章 声はすれども姿は見えず ~幻の参考書を訪ねて~
第五章 買ってもいい参考書 ~一生使える九原則~
あとがき
おくづけ
【初版発行年月日】2008年12月30日
【収蔵品発行年月日】2009年08月16日 改訂版発行
【定価】500円
【在庫状況】完売
【学力貢献度】不明
【コメント】
当博物館監修の参考書評論誌の第一弾。
コミックマーケット75にてコピー誌で発売された初版を大幅改訂して、コミックマーケット76にてオフセット化した改訂版を発売。
第一章は石原千秋『教養のための大学受験国語』(ちくま新書)の欠陥を徹底糾弾したもの。
第二章は旧版とタイトルが違う偽装新刊の問題を研究。
第三章はまだ新刊で入手できる隠れた名著の紹介。
第四章はオークションでも滅多に見かけない超レア本の情報。
第五章は機械的に参考書の質を見極める九原則を提示。
初版と改訂版の主な違いは全体的なレイアウト変更、第一章の加筆、第二章に2問追加、第四章のコメントを大幅加筆した点。
【内容見本】http://www.geocities.co.jp/keiba_zone/sample.pdf
(直リン不可のため、アドレスを貼り付けてください※注意※実際の本は白黒です)
【正誤表・追記】
2頁上段13行目 H校長→校長(半角英数→全角英数)
9頁上段5行目・下段7行目 公認会計士一次試験→公認会計士試験第一次試験
15頁下段10行目 並べ立ててきたが、→並べ立ててきたが、
28頁上段5~6行目 高橋昭→高橋
33頁上段26行目 (ノンフィクション)→(フィクション)
36頁下段16行目 土師雄→土師
38頁下段6~7行目 「一次数学攻略のすべて」→「一次数学攻略の決め手
42頁下段27行目 【収蔵品価格】不明→【収蔵品価格】2000円+税
51頁下段4行目 ゴマブックスごま書房
[PR]
by roudai | 2009-08-16 10:00 | 同人誌 | Comments(27)

収蔵品番号186 新・受験数学勉強法

d0133636_21524582.jpg
【タイトル】新・受験数学勉強法
【著者】根岸世雄(ときお)
【肩書】駿台予備学校数学科専任・東京薬科大学教授
【出版社】講談社
【サイズ】新書
【ページ数】185頁
【目次】
まえがき
第1章 受験数学に強くなる 父子将棋から
第2章 味方は自分だけ つねに自分で考える
第3章 合格への基本戦略
第4章 少数の良問から最大の実力を
第5章 難問をやさしくする法
第6章 受験生の弱点はここ!
第7章 試験にのぞむ心がまえ
付録
【初版発行年月日】1982年1月20日
【収蔵品発行年月日】1987年5月18日 第2刷発行
【収蔵品定価】540円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】270円
【代替参考書】秋山仁「数学流生き方の再発見―数学嫌いに贈る応援歌」(中公新書)
【コメント】
駿台の3N(根岸・野澤・中田)と称された数学講師の数少ない単著。根岸師といえば、ヤフオク高額落札常連の「新数学問題の解法360°①写像と軌跡」(駿台文庫)で知られるが、この本も活字中心で問題を説明するためか軌跡や領域がほとんどである。
この本の特色は数学の勉強法の例として詰将棋をを挙げて解説している点だが、「これは、やさし過ぎて、世間では詰め将棋とは言わないようなものだが」と評している最初の例題ですら7手詰めで、盤駒ナシで変化手順を全て読み切るにはアマ五~三級は必要と将棋の心得のない受験生にはチョット厳しい。
その後に引用されているのが「大道詰将棋」と呼ばれる、縁日などでテキヤに使われた素人をヒッカケるワナだらけの詰将棋で、問題1は15手詰の上に中合+合駒限定を含む「香歩問題」の中でも中級レベルのもの。これを盤駒ナシで読み切れたら優にアマ二段はある。問題3の「香歩問題」はアマ四段でもキツいのではという超難問(ただし、巻末に丁寧な解説付き)。
確かに、論理的にパズルを解くという意味では詰将棋以上の例はないのだが、いささかレベルが常軌を逸している(根岸師は多分アマ四段クラスの指し手と推察する)。他にも「銀問題」の難問が2題と「香歩問題」の類題が6題含まれているように、数学の勉強法と思って本書を入手した受験生が目を白黒させるような内容だ。
肝心の数学の勉強法については、詰将棋の具体例と密接にリンクしているので、詰将棋の部分を飛ばして読むとほとんど後に何も残らない
指将棋がアマ初段以上の腕前で数学の勉強法に悩んでいる、という非常に限られた読者にのみ勧められる一冊である。
代替参考書は同じ駿台の人気数学講師による一般書ということで選んだ。こちらの方が万人向けだし、意外にもまだ現役なので手に入るうちにどうぞ。
[PR]
by roudai | 2009-08-11 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号185 かてる英文解釈

d0133636_0183513.jpg

【タイトル】かてる英文解釈 訳順オール・オープン
【著者】高橋阿里
【肩書】河合塾講師
【出版社】河合出版
【サイズ】B5
【ページ数】177頁
【目次】
基礎編 まずは、日本語とのちがいから
●最後まで分からない日本語-日本語と英語の語順
●化けない動詞と化ける動詞
●英文をややこしくするやっかいもの
応用編 「訳す」から「解釈する」へ
●一筋縄ではいかない「A of B」
●訳順を混乱させるもの
●「読み下して速読する」は幻想!
完成編 効果的に解釈する鉄則
●まず主部(主語)をつかまえろ!
●話題の展開3パターンはこうだ!
●文脈・ストーリーをつかめ!
【初版発行年月日】2000年3月15日
【収蔵品発行年月日】2000年3月15日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】840円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】400円~
【鑑定額】840円
【代替参考書】高橋阿里「必修英文解釈へのアプローチ」(学研)
【コメント】
長年参考書を眺めていると不思議な傾向を見つけることがある。それは、B5の判型の参考書は他の判型に比べて数が少ない割に良書が多い、ということだ。もちろん、B5で出す以上そうなる必然性が著者なり出版社の事情としてあるのだろうが、受験用参考書に限ると現行・絶版を含めてB5の本の絶対数が少ない割には何冊も良書が存在する(ゴマブックスの「カリスマ○○生」シリーズは除く・爆)。そしてもう一つの不思議な傾向として、B5の参考書は驚くほど短命である、ということだ。もっともこちらの方は、本屋の本棚に収まらないとか、値段が高くなる傾向があるといった点から説明が付くが。
今回ご紹介する「かてる英文解釈」は河合出版から一時期出ていたL-BOOKSシリーズの1冊だが、2000年に出たにもかかわらず、このシリーズは全て絶版になっている。著者はZ会出版から「英文和訳のトレ-ニング」を出されている高橋阿里(あり)師。
サブタイトルにあるように、英文を訳す際の「訳順」にこだわった内容で、世の受験参考書で目の敵にされる「返り読み」を推奨している反骨の参考書である。
最近バカみたいにオークション価格が高騰している「英語の構文がとれる本」以来久しぶりに、読んでいてゾクゾクした、と言ったら褒めすぎだろうか。とにかく、read(読む)からtranslate(訳す)に至る過程を事細かに解説し、分類してくれる。「なぜ英文が長くなるか」という視点もあるし、『「読み下して速読する」は幻想!』とまで言い切ってくれるところが小気味いい。
完成編に若干パラグラフリーディング的な物も含まれるが、ほとんど冒頭から一文一文キッチリ訳していくスタイル。B5だから字も大きく行間も広く非常に読みやすい。1週間もあれば楽に読み切れる分量だ。

さて、これだけ絶賛すると読みたくなる人も出るだろうが、何とこの本はつい最近(2009/3)タイトルを変えて復刊(骨格は同じで演習問題量が増加)したばかりである。それが代替参考書の「必修英文解釈へのアプローチ」(どっかで見たようなタイトル・笑)である。なぜか今年出たばかりだというのにAmazonに画像なし。やる気あるのか?学研。
惜しむらくはサイズがA5なのと、学研の編集者の色覚センスが最悪なことで、誌面の大半がキツい赤色で占められ眼がチカチカするという前代未聞のひどさ。こちらを使う人は全ページ拡大コピー(もちろん白黒)して使用することをオススメする。ググってもほとんど評判が載っていない(Yahoo!知恵袋で1件だけ)ので、ライバルを出し抜くにはもってこい。
[PR]
by roudai | 2009-08-04 00:00 | 英語 | Comments(9)