浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号193 会話・発音・アクセントの盲点

d0133636_1213296.jpg

【タイトル】英語 ここで差をつける 会話・発音・アクセントの盲点
【著者】河合塾マーク試験研究会
【肩書】
【出版社】河合出版
【サイズ】新書
【ページ数】146頁
【目次】
第1章 会話問題
第2章 発音・アクセント問題
 1.発音問題-母音の発音
 2.発音問題-子音の発音
 3.アクセント問題
 4.発音・アクセント融合問題
 5.同音異義語の発音問題
第3章 分強制・その他の問題
索引 会話編の索引
   発音・アクセント編の索引
【初版発行年月日】1990年
【収蔵品発行年月日】1992年8月10日 初版第2刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】800円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】なし
【コメント】
大分前に紹介した「文法・語法の盲点」と同じ河合塾のマーク模試で誤答率が55%以上だった難問集。
ただ、発音、アクセントといった問題は語法ほど嵌りパターンがないので、80%台の激難の問題は少なく、あってもむしろ「何でコレが?」と思う変哲のない問題だったりする。現在のゆとり世代向けの試験対策にはこのような難問集は必要ないのかもしれない。
問3(誤答率82.7%)
A:Shall we have a bottle of wine?
B:(   ) We'll have a look at the wine list in a minute. Then for dessert I suggest some fruit salad.
A:No, not for me. I'd prefer an ice-cream.
① Yes, why not?
② Later,I think.
③ I'd rather have some tea.
④ Let's not.
問22 下線の部分の発音が他の三つと異なるものを一つ選びなさい。(誤答率84.2%)
①abroad ②throat ③approach ④coast
問17 与えられた単語と同じ位置に最も強いアクセントのある語を、一つ選びなさい。(誤答率86.6%)
ad-di-tion
①cit-i-zen
②pol-i-tics
③per-cent-age
④an-ces-ter


正解はこちら
[PR]
by roudai | 2009-09-29 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号192 古文 例の方法

d0133636_1391746.jpg
旧版
d0133636_1394843.jpg
決定版

【タイトル】古文 例の方法/古文 例の方法 決定版
【著者】有坂誠人
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書/新書
【ページ数】252頁/272頁
【目次】
まえがき
1章 出題者心理で導く”選択肢推断法”
2章 ”汚しの作業”による”主体推断法”
3章 敬語で攻める”あらすじ推断法”
4章 本番で差をつける、文法・解釈”速断公式”
5章 ”有坂流推断法”による総合問題演習
総合問題①「枕草子」(日本大学商学部)
総合問題②「伊勢物語」(立教大学文学部A)
総合問題③「源氏物語」(東京女子大学文理学部)【決定版のみ】
付録 イヤでも覚えられる・有坂式文法講座
動詞・形容詞・形容動詞活用一覧
あとがき
【初版発行年月日】1991年11月30日/1995年8月30日
【収蔵品発行年月日】1991年11月30日 初版第1刷発行/1995年8月30日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】1000円(本体971円)/950円(本体922円)
【入手困難度】★★★☆☆/★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆/★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~/2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
有坂師の人気講座「古文推断法ゼミ」を一冊の本にまとめたもの。
「例の方法」というタイトルから1章の”選択肢推断法”に目が行きがちだが、本論は2章以降の”汚しの作業”。「問題文が分からなくても合格点が取れる」というキャッチコピーから胡散臭いものを感じる方も多いだろうが、この”汚しの作業”は古文の「本能に訴えかける技by青木勝『はじめの一歩』」なので例外なく効力を発揮する。非常に基本的な作業だが、いざ類書を探そうとすると全くと言っていいほどないことに気づく(予備校の講義では行われているのだろうが)。どちらも絶版だが、決定版の方が若干レア。ただし、違いは総合問題③の有無だけ(42頁の「吐いて捨てるほど」の誤植も訂正されていない)で、むしろ版型が小さくなった分だけ窮屈な誌面になっている。
[PR]
by roudai | 2009-09-22 00:00 | 国語 | Comments(2)

収蔵品番号191 私の大学合格参考書作戦’96年版

d0133636_23161930.jpg

【タイトル】私の大学合格参考書作戦’96年版
【著者】エール出版社
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】191頁
【目次】
1章 英語
2章 数学
3章 国語
4章 理科
5章 社会
【初版発行年月日】1995年7月10日
【収蔵品発行年月日】1995年7月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】エール出版社「私の東大合格参考書作戦 2010年版」(エール出版社)
【コメント】
また色々な本を紹介しているうちに久しぶりとなってしまった「参考書作戦」。最近の売れ筋がちらほら見えると同時に、数学で山本(矩)・秋山が全滅(塚原はその代替?)といった世代交代も見て取れる。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2009-09-15 00:00 | 受験情報 | Comments(4)

収蔵品番号190 入試数学のタクティクス①ベクトル・複素数

d0133636_2301063.jpg

【タイトル】入試数学のタクティクス①ベクトル・複素数
【著者】西岡康夫
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】116頁
【目次】
●ベクトル
●複素数
☆「判断枠組」構築の提案
【初版発行年月日】2000年10月30日
【収蔵品発行年月日】2002年3月30日 第4刷発行
【収蔵品定価】本体800円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】清史弘「分野別受験数学の理論5ベクトル」(駿台文庫)
【コメント】
西岡師と「鉄人の数学」の数魔鉄人氏との対話形式(TALK BATTLE)で進められる分野別問題集。国公立上位校を中心に理系の問題も多く収録されている。
難易度は高めだが、解答はほぼ全て1頁に収まる切れ味。分野別の割に網羅性はないので、この本でこの分野を一から学ぼうとするのは間違い。ある程度出来る生徒の実力強化向け。
問題の数魔鉄人氏だが、相変わらずその正体は不明。最近米谷達也師がプリパスで始めた「数理哲人」と関係があるようなないような。
[PR]
by roudai | 2009-09-08 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号189 吉川のベイシック英語

d0133636_09629.jpg

【タイトル】吉川のベイシック英語
【著者】吉川勇一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】191頁
【目次】
【第1日】スタートラインを引きなおそう
①スタートラインの引き方
②辞書を引いてみよう
③単語の覚え方、単語力のつけ方
④英語以外の勉強、とくに常識について
【第2日】名詞を徹底的に理解しよう
Text.1<名詞(noun)の役割>
Text.2<名詞の用法で注意すべき点>
【第3日】形容詞を徹底的に理解しよう
Text.3<形容詞(adjective)の役割>
Text.4<形容詞の用法で注意すべき点(その1)(その2)>
【第4日】副詞を徹底的に理解しよう
Text.5<副詞(adverb)の役割>
Text.6<副詞の役割で注意すべき点>
【第5日】動詞の基礎を理解しよう
①基礎中の基礎、自動詞と他動詞の区別
Text.7<動詞(verb)についての重要問題点>
②文型の理解
③状態動詞と動作動詞
④準動詞との関連
【初版発行年月日】1991年7月10日
【収蔵品発行年月日】1992年9月10日 第4刷発行
【収蔵品定価】780円(本体757円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
当時、代ゼミで最も英語が苦手な生徒向けの講座として開設されていた「ベイシック英語ゼミ」の春期講習の5日間の内容を実況中継形式で1冊にまとめた本。そのため、扱う内容は名詞・形容詞・副詞の3点(若干の動詞も扱う)に絞られ、なぜこれらの3品詞が重要なのか、と、なぜ英語で躓いてしまったのか、について丁寧に語られている。
だからといって、普通の学力の生徒が読む必要はないかというとさにあらず。「こんなことは当たり前」と丸暗記してきたが故の落とし穴や、意外と知らない盲点などが載っていて、ちょっと英語には自信のある小天狗の鼻をポキリと折ってくれる。この本に載っている問題の解説が全て自分で出来るようなら基礎力に不安は全くないと言えるだろう。
出題される問題は短大や中堅以下の私大の問題が大半だが、額面以上の難問も時には含まれる。
次の各文の(  )内に入れるのに最も適当なものを下の語群から選びなさい。
1.(  ) Japanese eat rice at least once a day.
 (a) Almost (b) Most (c) Most of
(京都女子大)

2.The flower smells (  ). I can smells it (  ).
 (a) good/good (b) well/well (c) good/well (d) well/good
(南山大・外)

3.Normally he lives in London but at present he (  ) in Boston.
 (a) will live (b) lives (c) is living (d) lived
(関東学院大・工)
その後吉川師は1994年に、雑誌「高校英語研究」の連載1年分をまとめた「大学入試納得できる英文法」(研究社出版)を出しているが、順序は違うものの内容はほぼ同じで、こちらの方が古書価は安い

例題の正解はこちら
[PR]
by roudai | 2009-09-01 00:00 | 英語 | Comments(4)