浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号197 エッチでわかる数学Ⅰ

d0133636_12104029.jpg

【タイトル】エッチでわかる数学Ⅰ
【著者】原田茂
【肩書】受験指導研究家
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書
【ページ数】207頁
【目次】
プロローグ
第1章 2次方程式は"ベッドインのマナー"を使って解け
第2章 2次関数はX軸をオンナのカラダに見立てて解け
第3章 解の判別式は、インサートの成功・失敗を見て調べろ
第4章 2次不等式は"快感の深さ"を測りながら求めろ
第5章 三角比は、彼女の"アソコ"に触れる要領で解け
第6章 正弦定理、余弦定理は、彼女のパンティーの形を想像しながら使いこなせ
第7章 連立方程式・等式証明は、彼女の下着をはずす要領で
第8章 高次方程式は、彼女にピッタリの"モノ"を探してかかれ
第9章 複雑な数式は、"チカン"のやり方をおぼえてかんたんにしろ
【初版発行年月日】1993年2月23日
【収蔵品発行年月日】1993年2月23日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】600円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
「ポルノ漢文」「ポルノ古文」ときて、ついに「ポルノ数学」まで登場してしまった(「ポルノ英語」参考書は多数あるので省略・笑)。
カバーを付けずに電車の中で読み耽るのはちょっとした羞恥プレイに当たる本。あんまり変な言葉で検索エンジンに拾われたくないので所々伏せ字にすることをお許しいただきたい。
この程度の内容で劣情を催すウブな高校生など都会では当時でも払底していたはずだが、京都の高校生はよほど純情なのだろう。
とにかく下品な例示のオンパレードで、
2次関数の標準形を
[ズレ○ン標準形]y=a(x-p)2+q
[ニク○ン標準形]y=a(x-α)(x-β)
[処○マン標準形]y=ax2+bx+c
と分類したり、f(x)はfemale xの略、判別式DはDegree of ecstasies/Depth of penisの略(念のため書いておくとdiscriminantの略)だとか、陰数定理(正しくは"因"数定理)とか、読んでいて頭が痛くなる。当然、「解」なんて用語は使わず、古式床しい「根」だ。第9章なんて置換をチカンなんてストレートすぎて涙が出てくる。
問 次の式をを因数分解せよ。
(b-c)3+(c-a)3+(a-b)3…①
のような問題を解くには「不完全パ○ティー型チカン」を使って、
b-c=x、
c-a=y、
a-b=-(x+y)と置換して解く、
なんて良いことが書いてあるのが台無しである。
新米の家庭教師が出来ない坊主を振り向かせるためのアンチョコとして以外は評価のしようがない本である。
[PR]
by roudai | 2009-10-27 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号196 現代文SOS!!演習問題編

d0133636_1964741.jpg

【タイトル】現代文SOS!!下 演習問題編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】230頁
【目次】
プロローグ/現代文に悩む全国の受験生へ
第1部 『現代文SOS』修得編
 解法 『SOS①』~『SOS⑭』
第2部 『現代文SOS』演習問題(選択肢問題)
 選択肢問題
 第五問
 解答・解説
 第六問
 解答・解説
 第七問
 解答・解説
第3部 『現代文SOS』演習問題(記述問題)
 記述問題
 第八問
 解答・解説
 第九問
 解答・解説
 第十問
 解答・解説
参考
巻末 『現代文SOS』リスト
   『現代文SOS』フローチャート
【初版発行年月日】1995年10月16日
【収蔵品発行年月日】2003年8月20日 第8刷発行
【収蔵品定価】1165円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
以前紹介した上巻の続編。裏表紙に「高橋廣敏の現代文[客観問題]が面白いほどとける本」の広告が載っているように、結構長い期間現役だったようだ。
20頁ほどの第1部でさらっと「SOS」を復習しているので、下巻単独でも使用できるが上巻があるに越したことはない。
第1部の例文が解説のために書き起こしたと見られる出典不明の文ばかりなので、SOSに合わせて創作しているようにも感じられ、今ひとつ信頼が置けない。
第2部の出典は
第五問(91年度 学習院大学経済学部)
第六問(94年度 専修大学文学部 小倉千加子「醤油と薔薇の日々―楽しくニョーボする時代」)
第七問(88年度 早稲田大学商学部 鹿野政直「近代日本の民間学」
第八問(84年度 共通一次試験追試改題 安岡章太郎「海辺の光景」)
第九問(85年度 秋田大学 小松英夫「徒然草抜書 解釈の原点」前言)
第十問(91年度 東京大学文理共通前期 粟津則雄「日本洋画22人の闘い」
と出題年度がバラバラだが、出典や出題年度を明記していない(太字は当博物館収蔵の資料にて調査)あたりが素人作りの悲しさか。第六問は胸糞悪いフェミの戯言が出典の上、
問一 傍線部X「薔薇」とは異なるグループに属する語を、次の1から5の中から一つ選び、その番号を解答欄にマークしなさい。
1 合歓 2 芍薬 3 山梔子 4 蒲公英 5 竹夫人
なんてキチガイ問題(少なくとも「現代文」の問題ではない。正解は5)を選んでいるのが気に入らない。あと、問5が深読みしすぎて間違っている。正解は2の「経済」ではなくて1の「制度」。
第八問も共通一次の追試なんてマニアックなものを改題した割に解説は平凡で、せめて「亀井和子の現代文名探偵養成講座」並に「東京から来られると、こちらは暑いでしょう」という医師の台詞から、主人公の属性と病院との物理的距離や病院の立地を読み取るような「読解」を見せてくれれば評価のしようもあるが。第九問も出版時点で10年前の秋田大でかつ頻出出典でもない、と出題意図が不明確。第十問の東大の問題は、東大銀杏学舎の結成が92年というから、おそらく彼らが受けた年の問題だろう。
よくネット上で「現代文SOS」に言及する際に「上巻だけあればよい」とあるが、以上の理由により下巻が他の問題集より抜けて優れているという点は無いに等しい。
[PR]
by roudai | 2009-10-20 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号195 日本史講義①

d0133636_11555959.jpg

【タイトル】日本史講義①日本史の基礎知識
【著者】安藤達朗
【肩書】駿台予備学校日本史科講師
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】158頁
【目次】
①日本史の舞台
 島国-日本
 単一民族国家
 世界の辺境
 稲作農耕と日本
 日本の地形
②世界の中の日本(1)
 中国・朝鮮の王朝と日本
 古代の対外関係
 華夷思想と冊封体制
 日中私貿易
 中国・朝鮮と近代
③世界の中の日本(2)
 近代の対外関係の「軸」
 日本の朝鮮進出
 韓国の植民地化
 日本の中国進出
 中国情勢の変化
 戦後の対外関係
④東と西
 「中央」と「周辺」
 東と西の違い
 原始の東と西
 古代の東と西
 中世・近世の東と西
⑤五畿と七道
 国と県の対比
 五畿
 七道
 国名の分化
 国衙・城下・県庁
⑥干支と年号
 年号の始まり
 十干・十二支
 改元
 年号制定の意味
 年道と日本史学習
⑦日本史の時代区分(1)
 時代区分の必要性
 政権所在地による区分
 古代・中世・近世の三区分
 三区分法の導入
 唯物史観による時代区分
 唯物史観の妥当性
⑧日本史の時代区分(2)
 原始と古代
 古代と近代の間
 奴隷制と農奴制
 古代国家の成立
 古代の崩壊の中から
 「人間の解放」の歴史
⑨近代史の問題点
 産業資本と資本主義
 歴史の理論と歴史
 「絶対主義」論
 「近代」の成立
 ヨーロッパ以外の近代
 「近代」から「現代」へ
⑩これからの歴史
 歴史の中の「個性」
 歴史学と未来
 歴史の「発展」と「型」
 新しい「枢軸時代」
補論 論述問題の考え方
【初版発行年月日】1992年10月16日
【収蔵品発行年月日】1998年2月25日 初版第3刷発行
【収蔵品定価】806円(税別)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】安藤達朗「いっきに学び直す日本史入門 古代・中世・近世 教養編」(東洋経済新報社)
安藤達朗「いっきに学び直す日本史入門 近代・現代 実用編」(東洋経済新報社)
【コメント】
「買ってはいけない」で触れたように、駿台日本史科の重鎮 安藤師が5年の歳月を費やして執筆したシリーズの2冊目(順番は③→①→②→④→⑤)。初期は銀色の表紙で収蔵品は後期のもの。
まず読み始めてビックリするのは、左頁と右頁が独立して進むこと。左と右のフォントの大きさが微妙にしか違わないため、つい左から右へ読み進めたくなる(正しくは左→左)。河合出版の「日本史精説」は左側だけが本文で右は史料や図版のため混乱しないが、このシリーズは左右共に活字が詰まっているので一見して流れが分かりづらい。
それでいて読者サービスなのか、右頁のみが1頁完結して、左頁はダラダラと頁をまたいで展開している。右頁が「日本史精説」のように白紙部分が多ければまだしも、ギッチリ活字を詰め込んでいるため非常に読みづらい。
左頁が本論で、右頁がコラム的な内容だが、右頁には受験レベルを逸脱した細かい歴史知識が散りばめられ、左頁は、安藤師の思想信条がどのようなモノかは知らないが、唯物史観に関する記述が後半部のほとんどを占めている上に、歴史的事実を解説する際に以下のような独断と偏見ではないかと疑われる記述も散見する。
近代以前において、日本では車がほとんど発達しなかったことなどは、このような峻険で複雑な地形の結果であったということができる。(P.10~12)
←逆に「車が発達した地域」とはどこを指して言っているのか(ローマ?)日本においても平安朝には牛車が存在したし、水車など車輪を作る技術自体は存在した。ただ原動機がない時代において車を駆動する力は牛馬なので、馬車を引けるような大型馬が近世までの日本に存在しなかったことの方が日本の地形との関連より強いのではないか?
貨幣鋳造権は王権の象徴の一つであるが、幕府によって行われる勘合貿易によって明銭が独占的に導入され、それが国内に流通することは、幕府が天皇から実質的に貨幣鋳造権を奪い、それを幕府が掌握したのと同様の意味を持つことになったのである。(P.21)
←貨幣鋳造権と王権の関係は西洋史での概念で、日本史において同様の意識があったかどうかは疑問。そもそも、律令体制における貨幣鋳造は皇朝十二銭の乾元大宝(~963)で終了しており、その後は宋銭や明銭などの輸入銭が流通していたのだから、勘合貿易によって幕府が貨幣鋳造権を「天皇から」奪うというのは牽強付会。それなら、武田信玄が甲州金を作ったのも幕府から貨幣鋳造権を奪ったといえるのか?
日本が唐の制度・文物を導入し、忠実に模倣しながらも相対的に独立を維持し、しかも、導入・模倣した制度を長期にわたって維持し続けたことは、日本が中国に対する「周辺文明」であることによって可能となった。その関係は、インドのヒンドゥ文化の影響を受けて成立し、長くその制度・文化を維持しつづけたバリ島に似ている。日本は矢野暢のいう「劇場国家」であったのである。(P.22)
←全く意味不明。日本が中国文化を受容したことは間違いないが、朝鮮のように忠実に模倣したことなどほとんど無い。高校生や浪人生相手に半端な術語を振り回しているだけのように見える。
また、朝鮮は将軍の代替わりのときに慶賀使を送ってきて、江戸に上がり将軍に謁見した。(P.26)
←朝鮮からの使節は「通信使」。「慶賀使」は琉球からの使節。他の箇所では正しいのだが。

その他にも、日中関係史において、大陸での王朝交代と日本史上の事件が「必ず」結びついているかのように記述したり、ちょっとやり過ぎである。

読みづらいレイアウトと併せてこれらの独断癖は読んでいて非常にストレスがたまる。
時折ふーん、という箇所も無くはないが、それ以上に首をひねる箇所が多く、素直に山川の教科書でも読んでいた方がよっぽどいい。

タレコミがあったので代替参考書を差し替えました。
[PR]
by roudai | 2009-10-13 00:00 | 社会 | Comments(5)

収蔵品番号194 解法すいすい理解 数学Ⅰ

d0133636_0482222.jpg
カバー
d0133636_111795.jpg
中身

【タイトル】教科書傍用に徹したなべつぐの解法すいすい理解 数学Ⅰ
【著者】渡辺次男
【肩書】
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】343頁
【目次】
第1章 数と式
 §1.式の計算
 §2.因数分解
 §3.分数式の計算
 §4.数と集合
第2章 方程式と不等式
 §1.1次方程式
 §2.2次方程式
 §3.高次方程式
 §4.応用問題と整数解
 §5.不等式
 §6.等式と証明
 §7.命題と必要・十分条件
第3章 関数
 §1.関数
 §2.関数とグラフ
 §3.最大・最小
 §4.図形の移動
第4章 図形と式
 §1.点の座標
 §2.直線の方程式
 §3.円の方程式
 §4.軌跡と領域
 §5.図形の応用問題
第5章 三角比
 §1.三角比
 §2.正弦定理・余弦定理
 §3.三角比の応用
見出しさくいん
【初版発行年月日】1986年2月25日
【収蔵品発行年月日】1989年 重版発行
【収蔵品定価】1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】技術支援システム提供 がんばれ受験生!
【コメント】
相変わらず高値で取引されている「なべつぐ」シリーズの1冊。
収蔵品の時期は「あすなろ数学」「楽しくつきあえる」「解法すいすい理解」の3シリーズが全て同じ表紙デザインなので非常に紛らわしい。今回、収蔵品のカバーをめくってみたら中から旧デザインが出てきた。
「解法すいすい」シリーズは表題に「教科書傍用に徹した」と書かれているので何となくナメていたのだが、記事を書くにあたって読み始めると予想外に骨っぽい参考書であることに気づいた。何より、数学Ⅰの各項目を見開き2頁完結でまとめ上げた点がすばらしい。尤も項目によっては最後が尻切れトンボになって「誤植?」と思ってしまう箇所もなきにしもあらずだが。
造本に関しては色違いの紙を用いた「楽しくつきあえる」シリーズや袋とじの「あすなろ数学」シリーズと違い、コレといった特色はない。
裏表紙には
最高度のテクニックが習得できる「なべつぐの数学」
△教科書に沿った項目別配列で小項目編成
△各項目共に学習に便利な見開き頁構成
△各項目の左肩に難易度天気図(○◎●印)つき
とあり、最後の項目がなべつぐ先生の気象研究所、気象大学(気象に関する著書もある)出身の片鱗を見せている。実際、例題に東大や東工大の問題も含まれており、「最高度のテクニック」の言葉に偽りはない。
頁のレイアウトやヘッダーの書体に見覚えがあったので、ヤフオクの出品を調べたところ驚くべき発見があった。

その発見とは…
[PR]
by roudai | 2009-10-06 00:00 | 数学 | Comments(4)