浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号201 '新しい事柄'で読む現代文

d0133636_225341.jpg
【タイトル】'新しい事柄'で読む現代文 評論文読解―13の原則―
【著者】白旗潤也
【肩書】河合塾講師
【出版社】河合出版
【サイズ】B5
【ページ数】126頁+別冊48頁+折り込み1枚
【目次】
はじめに
もくじ
本書の使い方
第一編 評論文読解の二大原則
第二編 二大原則を使って読む
 演習 1 自然 川田順三『曠野から』(共通一次)
    2  旅  山口昌男『知の旅への誘い』(日本大・経)
    3 俳諧 村田修 『俳句入門はじめのはじめ』(武蔵大・人文)
    4 文学 夏目漱石『文芸の哲学的基礎』(成蹊大・文)
    5 女性 寿岳章子『日本語と女』(成城大・経)
    6 老い 岸田秀 『不惑の雑考』(北海道大)
    7 日本文化 山崎正和『室町記』(東洋大・経)
    8 哲学 中村雄二郎『哲学の現在』(岡山大)
    9 父親 佐々木孝次『母親と日本人』(日本経済短期大学)
   10 日本文化 小林秀雄『考えるヒント』(日本大・文理)
   11 歌舞伎 広末保『四谷怪談』(島根大)
   12 近代 丸山真男『日本の思想』(上智大・法)
   13  死  村上陽一郎『非日常性の意味と構造』(共立女子大・文芸)
   14 ロマン 竹田青嗣『陽水の快楽』(センター試験)
小説読解の二方法
【初版発行年月日】2000年3月15日
【収蔵品発行年月日】2000年3月15日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】本体840円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
以前、絶賛した高橋阿里「かてる英文解釈」と同じL-BOOKSシリーズの1冊。「現代文SOS」上巻が「いかに解くか」に特化した参考書であったのと反対に、「いかに読むか」に特化した内容となっている。逆に、解答のテクニックには一切触れられず、ひたすら出題文を読んで要約していくだけの内容なので、フツーの参考書を期待して手に取った向きには「何これ?」と思われただろう。

数学でタイトルに「幾何」や「軌跡」と付くと根こそぎヤフオクで高騰するというのは何度も書いた話だが、国語に関しては「要約」という作業に皆コンプレックスを抱いているのか、谷田貝常夫「現代文要約法」(三省堂)や「買ってはいけない」でご紹介した所一哉「現代国語レトリック読解法」(匠出版)などは出るとたちまち高騰している。そんな中では知名度が低いためかまだそれほど入手困難ではない。

演習は全て空欄補充などを取り去った評論文を予め読んだ上で、どこを読んでどこを捨てるかを解説し、残された部分をつなげて要約文を作っている。折り込み1枚にまとめられた13の原則に特に目新しい内容はないが、原則13 逆接(But)の前の部分を詳しく読まない(=要約時に捨てる)というのはなかなか大胆だ。ただし、日本語は右から左に流れるので、逆接を発見した時には既に読んでしまっているのだが(笑)。

肝心の要約例は本文をただそのまま縮小再生産したという感じで、「これなら書けそう」とは思えるが、余計な内容も多く含まれている(もっと削れる)印象も受ける。何より入試に出題された字数ではなくて筆者が自主的に指定した字数(80字から270字)のため、要約問題特有の字数におけるせめぎ合いを克服するためのテクニックについては皆無と言っていい。そういった意味で森島久雄師の「詳解現代文」(旺文社)は100字要約にこだわっている分ストイックだ。

現代文を読む際に本文に何を書き込めばいいのか分からないという生徒が読むと、一定の結果が残るようになるだろう。13の原則がややくどいため、ある程度自分のスタイルが出来ている人が読むとむしろ逆効果な本である。
[PR]
by roudai | 2009-11-24 00:00 | 国語 | Comments(4)

収蔵品番号200 受験のシンデレラ

d0133636_021234.jpg
ノベライズ

d0133636_0212753.jpg
DVD

d0133636_2035142.jpg
公開時映画パンフレット

【タイトル】受験のシンデレラ
【著者】和田秀樹
【肩書】精神科医・映画監督
【出版社】小学館
【サイズ】文庫
【ページ数】253頁
【初版発行年月日】2008年3月11日
【収蔵品発行年月日】2008年4月2日 初版第二刷発行
【収蔵品定価】本体514円+税/4935円+税(DVD)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】和田秀樹「受験のシンデレラ DVDブック」(ブックマン社)
【コメント】
2007年10月に開館した当博物館も200個目の収蔵品展示となった。

ということで今回はいつもと趣向を変えて映画批評をしてみたい。といっても普通の映画ではなく、受験評論家としても有名な和田秀樹氏の初監督作品「受験のシンデレラ」である。

2008年3月に公開された時に日頃その見識に一目置いている前田有一氏の「超映画批評」絶賛されていた(※注 70点は「満足度高めな一品」で週によっては「今週のおすすめ」レベル)のを見て、俺様が見に行かんで誰が見に行くという気概で映画館に足を運んだもので、どこかで非映画マニア的(館長は年1程度しか映画を見ない)な批評を書こうと思いつつタイミングを逸してきた。

この批評を見るだいぶ前に本作がモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(BEST FILM)・最優秀主演女優賞(BEST ACTRESS)・最優秀男優賞(BEST ACTOR)・最優秀脚本賞(BEST SCREENPLAY)の四冠を達成したニュースをVariety Japanで読んでおり、和田氏が高校時代からの夢である映画制作を達成した上に初監督作品で国際映画祭のグランプリを取ってしまう運の強さに驚いたが、後で「モナコ国際映画祭」とは「暴力描写やセックス描写のない映画のための映画祭」ということを知って合点がいった。

和田氏がどこかで書いたのを読んだらそういう計算はなかったとのことだが、海外で新人監督が賞を獲るために、いかにライバルの少ない穴場を探し当てたかを誇ってくれた方が面白かった。まぁ、資金こそ緑鐵舎が出したインディーズ映画だが、俳優からスタッフにいたるまで一流どころが揃っている本作が低予算インディーズ相手のコンペティションに出品するのはワンメークレースにインディカーで参加するようなもので、ある意味これほどの格差(笑)もない。

見に行ったのは新宿のK's cinema、平日の夜(18:50~)だったので上映直前に数えたら6人しか客がいなかった。

大まかなあらすじは「超映画批評」で知った上で見始めたが、主演の真紀役の寺島咲を初めて見て、その楚々たる魅力に圧倒された。彼女をヒロインに抜擢した段階でこの映画のデキは半ば決まったと言っていい。確かに前半、受験に本気になるまでの芝居に滑稽なまでのありえなさを感じたが、後半はぐんぐんと引き込まれた。

そしてもう一人の主役である豊岡功補はまんまドラマ版「のだめカンタービレ」のハリセンで、ドスをきかせて受験生を圧倒するカリスマ教師五十嵐役を熱演。末期ガンで自分の技術を最後に伝える相手として偶然出会った真紀を選ぶ。彼女を選ぶ理由は「んなワケねーだろ」と言いたくなるご都合主義だが、この2人が演じるとそれが大人向けのファンタジーとして成立するから凄い。

当ブログ的な見所としては、真紀が東大を受験するシーンで真っ先に手をつける際にチラッと見える数学の問題が実際に東大で2007年に出題されたもので、この年で一番易しい問題であったことや、本編で五十嵐が真紀に勧める参考書がパンフレットに全て載っているが、かつて東進のアドバイザーをしていたクセに河合出版の参考書がほとんど(駿台文庫・代々木ライブラリーはゼロ)ということか。

ツッコミどころも満載で、不必要に豪華なキャストと併せて、館長の大好きな「新幹線大爆破」を彷彿とさせる。「新幹線大爆破」における多岐川裕美が本作における辰巳琢郎(どちらも一瞬の出演シーンを見落とすとエンディングで?になる・笑)か。

例えば貧乏なはずの真紀が2005年段階で高級機のFOMAなんか使ってる。消費税をケチっているのにパケ代はどうしたのか(笑)。それに16歳の女の子の本棚に高橋幸二「押忍!!空手部」は普通ないと思う。和田氏は受験版「あしたのジョー」と言っているが、ラストシーンはどう見たって「○○○をねらえ!」だろう。とにかく見終わると無性にマーブルチョコレートが食べたくなる映画である。

単館上映だしこんな内容なのでDVD化は絶対ないな、と思っていたらまさかのメジャーレーベル(ジェネオン)からのDVD化。こちらもいつまで手に入るか分からないので早めに入手した。ノベライズ版は映画で描ききれなかったところを和田氏が加筆したもので、映画で説明不足だったところが分かる反面、ケータイ小説的な描写も目立つので、映画を見る前に読むことはオススメしない。今では入手不能のパンフレットもネタバレが多く、上映前に読んでだいぶ興を削がれた。

[追記]
最近産経新聞の「正論」欄に寄稿することの多い和田氏だが、その縁でか今月九段会館で上映会が行われるそうだ。大きなスクリーンで見られる最後のチャンス(というか公開以来最大会場?)と思われるのでスクリーンで見たい人は是非。

第2回「正論」シネマサロン(事前予約制?・2010/5/23)
http://www.sankei.co.jp/seiron/kokuti/0416cinema.html

[追記・2]
BSプレミアムでドラマ化されて2話まで流し見したが映画版に比べて小泉孝太郎・川口春菜ともダメダメでガッカリ。貧困ながら芯の強い主人公が売りなのに、川口春菜に汚い言葉づかいをさせるだけで萎える。
ドラマ化に合わせて入手困難(?)だった映画版がムックになる模様。寺島咲の名演を是非多くの人に鑑賞していただきたい。
[PR]
by roudai | 2009-11-17 00:00 | 受験情報 | Comments(2)

収蔵品番号199 ルウレ方式

d0133636_8104139.jpg
表紙
d0133636_8105994.jpg
初版裏表紙

【タイトル】英語長文読解ハイレベルトレーニング あなたのためのルウレ方式
【著者】本田哲也
【肩書】to Be 学習援助室主宰
【出版社】メディアファクトリー
【サイズ】B6
【ページ数】317頁(初版)285頁(改訂版)+別冊55頁
【目次】
はじめに
本書の構成・約束
本書の完全攻略法

PART 1:グループとジョイント
◇グループ7種
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
◇ジョイント3種・ルウレ3文型
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
PART 2:アンソロジー
第14話~第30話
エピローグ:超長文
ルウレ伝説|ペリーの箱

付録1:英文を「読むのに必要な文法」の力を、さらに強化するための3冊
付録2:直訳を書く威力と下線部訳勉強法
参考文献、引用文献
おわりに
COMIC:ルウレ伝説(作画:嶋田かおり・初版のみ)

【初版発行年月日】1997年2月25日
【収蔵品発行年月日】1997年2月25日 初版第1刷/1999年9月14日 改訂版第2刷発行
【収蔵品定価】1442円(本体1400円)/1400円(税別)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】700円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】かんべやすひろ「超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えてくれない」(研究社出版)
【コメント】
収蔵番号100番台最後にふさわしい終末的な参考書。

英文は7種のグループ
①オナジシュングループ
②and orグループ
③前置詞グループ
④動名詞グループ
⑤不定詞グループ
⑥関係詞グループ
⑦分詞グループ

3種のジョイント
①レ文型
②ウ(W)文型
③ル文型
でつながっているという考え方で英文読解法を説明するのは良いのだが、TIMEやNEWSWEEKなどの例文をパッチワークして、「MMR」ばりのアメリカ人テロリストによる放射能テロで日本滅亡の危機というトンデモ話を作り上げた上、最終章では自作の英文で、助かる為の鍵は「ペリー提督の予言」なんだ!という「な、何だって!!!」と叫びたくなる内容が書かれている。

ちなみに初版にのみ収録されている巻末の漫画「ルウレ伝説」はそこに至るまでの話をバリバリの少女漫画タッチでわずか32頁に詰め込んだもの。読むだけで宇宙からの電波を感じることが出来る。なぜか改訂版では削除されているが、これがないとさらに意味不明になりそうな気がするのだが。
[PR]
by roudai | 2009-11-10 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号198 受験の国のオリザ

d0133636_0134963.jpg
【タイトル】新版 受験の国のオリザ
【著者】平田オリザ
【肩書】劇作家・演出家
【出版社】晩聲社
【サイズ】A5
【ページ数】213頁
【目次】
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
第8章
第9章
第10章
第11章
第12章
第13章
第14章
第15章
第16章
第17章
第18章
第19章
あとがき
増補
【初版発行年月日】2001年9月10日
【収蔵品発行年月日】2001年9月10日 初版第一刷
【収蔵品定価】本体1600円+税
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】平田オリザ「新版 受験の国のオリザ」(晩聲社)
【コメント】
あの悪名高い鳩山首相の所信表明演説の演出をしたことでも知られる平田オリザ内閣官房参与が無名時代に書いた大学受験体験記。

近頃のDQN親によるDQNネームは目を疑うものが多いが、まるでペンネームのような著者の名前もれっきとした本名で、シナリオライターである父親がラテン語の「oryza(稲)」にちなんで名付けたもの。

DQNネームを付けられた子供はその後、自転車による世界一周旅行を決行するためにわざわざ定時制高校に入り、休学するというように中二病を順調にこじらせる。

ちなみにその時の旅行記である『十六歳のオリザの未だかつてためしのない勇気が到達した最後の点と、到達しえた極限とを明らかにして、上々の首尾にいたった世界一周自転車旅行の冒険をしるす本』(晩聲社)は日本語で書かれた本のタイトルとしては最長だそう(名付け親は晩聲社の編集長。元ネタはセルバンテスの『ドン・キホーテ』続編第一七章「WHEREIN IS SHOWN THE FURTHEST AND HIGHEST POINT WHICH THE UNEXAMPLED COURAGE OF DON QUIXOTE REACHED OR COULD REACH; TOGETHER WITH THE HAPPILY ACHIEVED ADVENTURE OF THE LIONS」)だ。中二だからもちろん未成年にもかかわらずしょっちゅう同級生と酒を飲みに行き、またそれを逐一日記に記す。そういえば「樹」と書いて「たつる」と読ませるDQNオヤジも大検合格者だそうだ。

そうした"痛い"18歳が大学受験ヒエラルキーの埒外にあるICUを目指すために代々木ゼミナール(と古藤師主催の「日曜講座」)で高校2年生兼予備校生(大検をとって受験するため)兼なんちゃって作家という特異な立場に身を置きながら悪戦苦闘し、ICUに合格するまでを一人語りした本。後半、上記の旅行記を出した後は出版社から本を出したという特権意識が丸出しでこれまた痛々しい。今で言えばストーンズ抜きの西谷師一人語りというところか。そういえば西谷師も"公式"プロフィールはICU卒だ(苦笑)。

そういった痛々しい点を除けば、今から30年ほど前の代々木ゼミナール私立文系コースの状況が活写されており、この本は当時の予備校史を語る上での一級史料(ただし私立文系に限る)と言える。

中で触れられている主な講師(本文登場順)

椿本昌夫師
内容の軽薄さのわりに、ゆっくりとした説得力のあるしゃべり方であった。男は国語の教師である。記念すべき僕の第一回の授業は現代国語であった。椿本と名乗るその教師は、なにやら黒ずくめの出で立ちで、一節一節を切り離しては語尾を疑問形のようにこねくりまわして僕らに語りかけるのであった。国語の教師らしいナと僕は思った。(中略)この怪傑黒ズキンのような男が、はたしてどのような読み方を僕らに示すかは解らない。しかし、自己の主張を問いかけの型にはめて、聞く側に斬り込んでくるあの話しぶりは、やはり国語の教師の所業に他ならないのであった。(34~5頁)
小堺勝師
二時間目は小堺先生の英文法の授業であった。漫才の「今いくよ・くるよ」のあの太鼓腹の「くるよ」のほうを、色を黒くしたような教師である。一時間半の授業中、彼はテキストに載っている「英文法問題」に付随する膨大な量の例題、類題を黒板一面に書きならべ、おそろしいスピードで喋りまくった。(中略)小堺氏はそのよくでた腹を揺するようにして。教壇の上を右に左に歩き回っては、問題をむさぼるように解いていき、その合間に強烈な偏差値イズムの主張を訴えるのであった。(42頁)
「こんなのも解んないの、まっ、いいでしょう、あと半年ある、覚えるんですよ、ここで覚えていくんです。いいね。二学期には偏差値六〇ですよ。それ以下は人間じゃないですからね。それであと五上げて六五あればどこの大学でも大丈夫ですからね」(94頁)
古藤晃
「少し背が高くって、ひげはやしてて、それでスマートな教師に習っていれば偏差値が上がるのなら、そりゃ苦労しませんよ。僕だって、そんなことならやせてあげますよ」と、これはかの”偏差値の鬼”小堺氏の弁なのであるが、ここで言う「スマートなひげの教師」こそ、なにをかくそう古藤氏なのである。彼は、その容貌と、ユーモアの中に社会批判を加えた(と本人は思っている……?!)授業によって、女子生徒から圧倒的人気を得ているのだ。(51頁)
土屋博映
教室にはもう古典の土屋先生がやってきていて何やら騒いでいた。土屋氏は最初の授業で言った。「私は、別に教える技術が他の有名な先生方よりもあるとは思っていません。代ゼミにはスゴい先生がそろっていますから。それでまあ、僕のとりえというか、それは若いこと。若い、古藤先生なんかより全然若いんです(※引用注 古藤師は1945年、土屋師は1949年生まれ・笑)。で、その若さでみなさんに授業を楽しんでもらう、まあ、そう思っているわけです」
こんなことを言うだけあって、たしかに彼はパワフルな授業をする。教壇をかけずり回り、駄じゃれを連発し、歌をうたう。二〇分の休み時間中の後半一〇分には、つぎの教室にいって漫談を始める。そのバカ話を他のクラスのファンが聞きにくるほどである。(51~2頁)
森久師
七月九日、梅雨の合間のよく晴れた木曜日、二時間目の現代国語の授業をもって、第一学期が終了した。森と名乗る初老の国語教師は「とにかく本を読むように……」と語って授業を終えた。(74頁)
青木義巳師
夏期講習申し込みのためつぶれた授業の補講がある。青木先生の英語、人気科目なだけに教室は超満員である。青木氏は汗だくで授業をする。熱心という言葉ではかたづけられないほどに、授業に対して異常な執着心をみせる。(中略)彼の授業は、申し込み受付けから数時間で定員いっぱいとなり閉まりはじめていく。たしかに授業は理解しやすいと思う。しかしあの絶大な人気は、やはりこれも幼児性を秘めた異常さのように思える。(76~7頁)
永橋博師
授業は永橋先生の基礎古典である。彼の授業も青木氏に勝るとも劣らないほど情熱的である(78頁)
二時間目、永橋氏の古典。夏期講習でも習っているので、授業の要領はわかっている。この先生に習えることがB2になった最大の収穫である。古典はこの永橋氏と、野村、雨海両氏といったところが人気がある。もちろん一学期に習っていた土屋氏も人気はあるが、一応これとは別にしておくべきだろう。(99頁)
有坂誠人
有坂氏はICU出身の現国の講師である。彼は片足を机にもたれるようにかけて延々と喋り続ける。僕には退屈な話であったが、周囲の人たちの反応には少少興味があった。(80頁)
多久弘一
四つ目の夏期講習は多久先生の基礎漢文であった。この多久氏は通称「白バラのプリンス」、代ゼミ講師陣の中でも最大級のスターである。とにかく授業がおもしろい。迫力がある。教壇の上を縦横無尽に駆け回り、飛んだりはねたりするものだから、上の教室で彼が授業をしているとすぐわかってしまう。七十数歳と噂される(※引用注 多久師は1921年生まれなので当時六〇歳)その年齢を超越した授業を展開するのだ。(96頁)
潮田五郎師
一時間目、潮田先生の英語。潮田氏も代ゼミ人気講師のひとりである。英語科では、青木、猪狩、潮田の三人を「A・I・Uトリオ」と呼んで、もっとも人気が高いとされている。(99頁)
堀木博禮師
堀木氏の現代国語。評判の授業だけあって教室は満員である。ねずみのような顔をした堀木氏が教壇に上がって授業をはじめる。別にたいしておもしろい授業だとも、ためになる授業だとも思わない。二学期は現国の授業は受けないことに決める。(100頁)
山口俊治師(?)
九月一六日水曜日、山口先生の英文法。これは一学期の小堺氏の授業から変わったものである。どうみても小堺氏の授業の方が利用価値が大きいので少し授業を入れ変えることにする。(100頁)
渡辺寿郎師(?)
午後からの渡辺先生の英語・基本構文の授業を受けるのだ。この授業は一学期から取っているのだが、とにかく人数が少ない。本科生の選択科目のために現役生はいない。一番少ないときには三〇〇人の教室に四人で授業を受けたこともある。(107頁)
野村嗣男師
代ゼミ最後の冬期講習は野村先生の古典であった。彼は代ゼミ古典のナンバーワンとされる講師である。英語が、量で勝負の小堺氏と質を重視する潮田氏の両方を軸に進めたのと同様に、古文も、量の永橋氏に対して野村氏の充実した内容の授業を通して総復習をかねることにした。(161頁)
特に小堺師がその強烈なアクの強さもあって終始出ずっぱりである。以上の記述にノスタルジーを覚える四〇代後半以上の方々にとっては興味深い一冊になるであろう。
[PR]
by roudai | 2009-11-03 00:00 | 受験情報 | Comments(4)