浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

発行書籍番号003 いつまでもバカと思うなよ

d0133636_1559247.jpg
【タイトル】いつまでもバカと思うなよ
【著者】原ハジメ
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】30頁
【目次】
はじめに
第一講 評論文の読み方・解き方
第二講 小説文の読み方・解き方
【付録一】「新・一読たどり読み」のための手引き
【付録二】センター漢字の三大注意事項
【初版発行年月日】2009年12月31日
【定価】300円
【在庫状況】完売
【学力貢献度】★★☆☆☆
【コメント】
当博物館監修同人誌初の本格的(?)受験参考書。
コミックマーケット77にてコピー誌で発売された。

二〇〇九年のセンター試験本試験現代文の解説書だが、著作権の関係で問題は未収録。
お買い求めいただいた方は以下のアドレスより問題をダウンロードしてください(pdf一括が便利です)。
河合塾
東進ハイスクール
表紙にあるように、偏差値50以上ある人には言わずもがなの内容なので、学力貢献度はこの辺に。
講義形式で昨年のセンター現代文を徹底解説(余談多め)。森久師の幻のメソード「一読たどり読み」を継承した「新・一読たどり読み」を本邦初公開。
値段と釣り合わない情報量の多さながら、字ばかりの紙面が嫌われ(笑)て限定20部の完売は予想より遅く13:44。講義終了後の謎の画像については...そういうことです(爆)。
【内容見本】
http://www.geocities.co.jp/keiba_zone/sample_winter.pdf
(直リン不可のため、アドレスを貼り付けてください)
【正誤表】
1頁 「はじめに」※注 いましたが→いましたが
22頁上段12行目 払われた暗い部屋→払われた暗い部屋
23頁上段13行目 知っると→知っると
[PR]
by roudai | 2009-12-31 00:01 | 同人誌 | Comments(4)

発行書籍番号002 参考書の品格

d0133636_22452082.jpg
初版

d0133636_16301122.jpg
増補改訂版

【タイトル】参考書の品格
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】40頁(初版)/60頁(増補改訂版)
【目次】
[初版]
まえがき
第一章 光るもの全て金に非ず~「自称」出題者にダマされるな~
第二章 森一族の陰謀~あなたの知らない『でる単』秘話~
第三章 完全無欠の一発屋
     チョットだけよ、アンタも好きねぇ~代ゼミ人気講師編
     えっ、あの人がこんな本を!~代ゼミマニアック講師編
     見てくれこの本、これが関西の秘密兵器だ!~首都圏以外の代ゼミ講師編
     ハッキリ言って講師陣が不満です!~東進ハイスクール移籍講師編
     Todai is not Sundai.~駿台予備校講師編
     机と模試は日本一!~河合塾講師編
     麦は踏まれて強くなる~四大予備校以外の講師編
あとがき
おくづけ
[増補改訂版]
まえがき
第一章 どこの誰かは知らないけれど~幻の参考書を訪ねてⅡ~
第二章 森一族の陰謀~あなたの知らない『でる単』秘話~
第三章 完全無欠の一発屋
     チョットだけよ、アンタも好きねぇ~代ゼミ人気講師編
     えっ、あの人がこんな本を!~代ゼミマニアック講師編
     見てくれこの本、これが関西の秘密兵器だ!~首都圏以外の代ゼミ講師編
     ハッキリ言って講師陣が不満です!~東進ハイスクール移籍講師編
     Todai is not Sundai.~駿台予備校講師編
     机と模試は日本一!~河合塾講師編
     麦は踏まれて強くなる~四大予備校以外の講師編
第四章 光るもの全て金に非ず~「自称」出題者にダマされるな~
あとがき
おくづけ
【初版発行年月日】2009年08月16日(初版)/2009年12月31日(増補改訂版)
【定価】300円(初版)/500円(増補改訂版)
【在庫状況】完売(初版)/完売(増補改訂版)
【学力貢献度】不明
【コメント】
当博物館監修の参考書評論誌の第二弾。
コミックマーケット76にてコピー誌で発売され、コミックマーケット77で増補改訂版がオフセット誌で発売された。

第一章は前号の続編で、石原千秋『教養のための大学受験国語』(ちくま新書)の解答作成能力における欠陥を徹底糾弾したもの。増補改訂版では第四章に移動。
第二章は今年の正月に発表した記事の完全版。
第三章は意外な講師による受験参考書の一覧(全55冊)。
第四章として、前号同様オークションでも滅多に見かけない超レア本の情報を予定していたが、諸般の都合で中止。増補改訂版で第一章として公開。

【初版・正誤表】
7頁上段1行目 感性の変革感性の変革(括弧→二重括弧)
10頁下段5行目 媒→媒
11頁上段2行目 媒→媒
11頁上段2行目 仲立ちをすること→仲立ちをするもの
11頁上段6行目 媒→媒
25・26頁 問題④の解答が画像⑥
       問題⑤の解答が画像④
       問題⑥の解答が画像⑤
29頁⑥ 学社→学社
31頁⑤ ばせる→ばせる
33頁⑦ 『望月古典文法講義実況中継』→『望月古典文法講義実況中継』
35頁⑥ 【出版時肩書】他の→【出版時肩書】両国予備校講師【ヒント】他の
【増補改訂版・正誤表】
16頁下段6行目 主する→主する
【増補改訂版・訂正表】
34頁2段目左画像の題字部分が印刷時に飛んでしまいました(色情報を削除した時、背景と題字に差が出なかったため)が、本のタイトルは「川田流英語のツボ」です。
[PR]
by roudai | 2009-12-31 00:00 | 同人誌 | Comments(6)

収蔵品番号206 山本の空間図形と直線

d0133636_22172445.jpg
【タイトル】山本の空間図形と直線
【著者】山本矩一郎
【肩書】代々木ゼミナール専任講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】207頁
【目次】
まえがき
Ⅰ 基本の点検
①直線のベクトル表示
②平面の座標表示
③ねじれの2直線
④球面と円錐と円柱
⑤空間の軌跡
Ⅱ 解法の探究
①基本演習
②総合演習・A
③総合演習・B
④難問演習
Ⅲ ベクトル超特急
【初版発行年月日】1987年12月5日
【収蔵品発行年月日】1989年12月25日 第10刷発行
【収蔵品定価】830円(本体806円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2500円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】細野真宏の ベクトル[空間図形]が本当によくわかる本(小学館)
【コメント】
[PR]
by roudai | 2009-12-29 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号205 今日は再び来らず

d0133636_2238455.jpg
d0133636_2238176.jpg
【タイトル】今日は再び来らず
【著者】城山三郎
【肩書】作家
【出版社】講談社
【サイズ】B6/文庫
【ページ数】238頁/251頁
【目次】
第一章 招かれざる客
第二章 独立の条件
第三章 溌剌たる野心
第四章 高学歴低学力
第五章 勉強集団
第六章 多士済々
第七章 異様なこと
第八章 激減の冬
第九章 激ふたつ
第十章 独身送別会
第十一章 転勤の季節
第十二章 覇気満々
解説 小中陽太郎(べ平連・元代ゼミフランス語講師)[文庫版のみ]
【初版発行年月日】1977年9月20日/1981年6月15日
【収蔵品発行年月日】1977年9月20日 第1刷発行/1981年6月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】780円/300円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】250円
【コメント】
[PR]
by roudai | 2009-12-22 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号204 試験に出る抽象名詞

d0133636_221426.jpg
【タイトル】長文読解のベスト対策 試験に出る抽象名詞
【著者】武蔵高等予備校教材編集委員会
【肩書】
【出版社】三沢書店
【サイズ】A5
【ページ数】207頁
【目次】
STEP1 1語1訳語では入試に太刀打ちできない!―基本的意味から発展的意味へ
*名詞でトレーニング
*動詞でトレーニング
STEP2 訳語を全て丸暗記するなんて愚の骨頂だ!―語源と動詞から抽象名詞をつかむ
*意味の広がる分節点を押さえよう
*空間⇔時間⇔一般的関係で考えてみる
*"動名形副"という品詞感覚
STEP3 入試の評論文(長文読解)は抽象名詞が鍵!―トピック別"最重要名詞"一覧表
*単語の姿をリアルにとらえよう
*入試突破の最重要名詞を凝縮
1 日本(人)論、英米(人)論、国民性論のキーワード34
2 教育論、人生論のキーワード33
3 言語論、コミュニケーション論のキーワード33
4 読書論、マスメディア論のキーワード35
5 文化・文明論、芸術論のキーワード34
6 科学論、科学技術論のキーワード31
7 人間論、自然・環境論のキーワード35
8 政治・経済論、社会論のキーワード32
STEP4 名詞表現に強くなれば評論文は絶対に読める!―様々な名詞表現にアタック
*具体的なことと抽象的なこと
*名詞表現の代表―無生物主語構文
*~'sや~ofには「文」がある
◆名詞表現を斬る!
◆完成トレーニング
STEP5 単語集が軽視している重要語句がこんなにある!―ジャンル別キーワード(2~6語)リスト
●入試によく出る"重要名詞"の最終チェック
【初版発行年月日】1987年8月8日
【収蔵品発行年月日】1987年8月8日 初版発行
【収蔵品定価】980円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】
【コメント】
これまた何度か取り上げている「武蔵の抜群シリーズ」。武蔵高等予備校という都内限定の予備校が独自な参考書をシリーズとして公刊していたことは今から考えると驚異的である(今でも森田塾やみずす学苑が出しているものの冊数は少ない)。前期の本はある程度流通したようで稀にオークションで見かけるが、後期に出された本(11番以降)はほとんど見かけない。
この本は単著ではないため、あまりオークションの人気は高くないが、その内容は空前にして絶後と言っていい。何しろ1冊丸ごと全て「抽象名詞」だけの本である。受験生が最も苦手とする名詞構文の訳出、その鍵を握るのが抽象名詞だが、どんな文法書・単語集でも抽象名詞だけで200頁以上を割くということはあり得ない。つまりこの本にはそれだけ特殊な情報が詰め込まれているのである。
かつて西谷師のテキストの巻末に収録されていた「語彙リスト」を彷彿とさせる(こちらの方が先に書かれているが)内容と中畑師の「インテグラル英文読解S」でこだわった名詞構文の訳出という内容を考えればこの評価は決して過大評価ではない。
[PR]
by roudai | 2009-12-15 00:00 | 英語 | Comments(5)

収蔵品番号203 短期完成チェックシート①数学Ⅰ

d0133636_23325391.jpg
d0133636_2210696.jpg
【タイトル】数学Ⅰ必見重要パターン/短期完成チェックシート①数学Ⅰ
【著者】わらばんシート研究会(Y.A.)/浅井康明・千田勇司
【肩書】都立多摩工業高校教諭・都立竹早高校教諭
【出版社】教育社
【サイズ】A5
【ページ数】31頁/63頁
【目次】
必見重要パターン
 ●著者からのメッセージ●
  1 式の計算
  2 数と式
  3 2次方程式
  4 色々な方程式
  5 不等式
  6 等式・不等式の証明
  7 2次関数
  8 点と直線
  9 円
 10 軌跡と領域
 11 三角比
 12 三角形
 13 条件と命題
三段階基礎力チェック
 ●著者からのメッセージ●
  1 二重根号のはずし方
  2 絶対値記号のはずし方
  3 高次式の式の値
  4 1の虚立方根
  5 2次方程式・3次方程式の解と係数の関係
  6 方程式・不等式の同値変形による解法
  7 特別な形の方程式(相反方程式・不定方程式)
  8 恒等式と割り算
  9 2式の大小の決定
 10 2次の絶対不等式
 11 等式が成り立つことの証明
 12 方程式の解からの係数の条件
 13 関数の最大値・最小値
 14 合成関数・分数関数・逆関数
 15 定点を通る直線や曲線の条件
 16 円と接線
 17 弦の長さ
 18 線分の中点の軌跡
 19 点(f(x,y),g(x,y))の存在範囲
 20 領域における最大最小
 21 sinθ+cosθ,sinθcosθの値
 22 f(sinθ,cosθ)の最大値・最小値
 23 三角形の内接円・外接円の半径と面積
 24 三角方程式の解き方
 25 必要条件・十分条件
 26 相加平均・相乗平均の不等式以外への応用
【初版発行年月日】1989年7月25日/1991年8月10日
【収蔵品発行年月日】1989年7月25日 第1刷/1991年8月10日 新装第1刷発行
【収蔵品定価】390円(本体379円)/500円(本体485円)
【入手困難度】★★★★★/★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~/500円~
【鑑定額】300円/500円
【代替参考書】
【コメント】
何度か取り上げている「わらばんシート」だが、やはりわら半紙の安っぽさが嫌われたのか、程なくして教科ごとにまとめられて復刊している。もちろん紙質は大幅に向上している上に2冊分で1冊分のお値段。
元々40冊あった「わらばんシート」が13冊にまとめられたのだが、基礎解析・代数幾何・微分積分は3冊の合本だったにも関わらず数学Ⅰは2冊しかなかったので、他と比べてやや寂しい内容。
前半の「必見重要パターン」は見開き完結で各単元に3題ずつ私大型の問題を配してパターン問題の確認作業が行える。
後半の「三段階基礎力チェック」は1頁完結でレベル別に三段階の問題と解答が詰め込まれていて、ページ数の割には密度は高い。私大文系数学の基礎確認向けの本で、最近はあまり見かけないタイプ。

[追記]元ネタの一角である「重要パターン」があったので、画像と諸元を追加した。中身は全く同じ。わらばんシート時代の著者名はイニシャル表記だったことが分かる。
[PR]
by roudai | 2009-12-08 00:00 | 数学 | Comments(0)

【速報】臨時休館のお知らせ(追記アリ)

夏コミに続いて、冬コミにも出品いたします。
場所は12月31日(木曜日) 西地区 "ら" ブロック 16a タイム指数研究所。
d0133636_2343936.jpg

今回は西地区なのでご注意ください(お誕生日席一歩手前でした・笑)。

前回コピー誌で出して完売した「参考書の品格」を改訂の上オフセット印刷で発行します。
受からないと意味がないので、まだ判明した誤植を訂正しただけです。
改訂作業は前回載せられなかった第4章が中心になると思います。
「買ってはいけない」もまだ在庫がありますので欲しい方はこの機会に是非。
既発の同人誌の内容については左の「同人誌」のカテゴリをクリックしてください。

カットに予告した新刊コピー誌は諸般の事情でだいぶ微妙(まだ未着手)ですが、まあ何とかがんばります。改訂と新刊の進捗については明らかになり次第追記します。

ということで、年末まで記事・コメントの更新は相当遅れると思いますが何卒ご了承ください。

【続報】2009/12/06
『参考書の品格【増補改訂版】』を昨日入稿しました。
これで当日(12/31)現地に来れば、最低限1冊は新刊があります。
誤植・表記揺れの訂正と「旧 第4章 どこの誰かは知らないけれど」を第1章に変更して追加しました。
B5・60ページで500円ですので、『買ってはいけない』とセットだと1000円になります。
カットで予告した「センター現代文講義録」はこれからなので、確率は30%くらいです。

【直前情報】
もうカタログが売られてますのでご存じの方もいるでしょうが、コピー誌の新刊タイトルは
「いつまでもバカと思うなよ」
というセンター試験対策の講義録です。
年末ギリギリまで仕事があって、睡眠時間を削ってテープ起こしをしていますが、
ちょっとダメそうです。出てたら奇跡と思ってください。

【最終情報】2009/12/30 18:45
今仕事から帰ってきました。
一応出しますが、もしかすると評論だけで、小説は夏かも...。

【確定情報】2009/12/31 03:45
コピー誌20部(販売価格300円)製本終わりました。
奇跡的に原稿が間に合いました。
後半の校正がいつもより若干甘めかも知れませんが。
睡眠不足でヘロヘロなので、館長とオタ話をしたい方は
出来れば、1時過ぎくらいに来ていただければ回復しているかも。
[PR]
by roudai | 2009-12-06 22:30 | おしらせ | Comments(4)

収蔵品番号202 やっぱり英文法は嫌われる

d0133636_227589.jpg
【タイトル】大学入試集中講義やっぱり英文法は嫌われる
【著者】飯田康夫
【肩書】駿台予備校専任講師
【出版社】桐原書店
【サイズ】A5
【ページ数】204頁
【目次】
第1回 助動詞1
第2回 助動詞2
第3回 代名詞1
第4回 代名詞2
第5回 接続詞
第6回 前置詞
第7回 冠詞
第8回 形容詞と副詞
第9回 名詞
第10回 疑問文と否定文
さくいん
【初版発行年月日】1994年4月30日
【収蔵品発行年月日】1994年6月30日 初版第2刷発行
【収蔵品定価】1000円[本体971円]
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】600円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
だいぶ前に紹介した「だから英文法は嫌われる」の続編。こちらも駿台の月刊誌「アセント」1993年度に10回連載された記事が元になっている。表題は同じくビートたけし「やっぱり私は嫌われる」(新潮社)のパロディだが、表紙の飯田師はどう見ても立川談志師匠(笑)。べらんめぇ調で書かれた参考書というもこの2冊だけだと思うが、最近「日本一の職人」岡野雅行氏の著作ばかり読んでいるせいか以前に比べてだいぶ違和感が無くなってきた。

毎回受験生に対する説教が4頁ほどあり、残る12頁ほどで文法の解説という構成だが、むしろ前半の受験生に対する説教の方が面白い。特に参考書に関しての記述は、自らも参考書を出しているというポジショントークであることを前提にしても、首肯できる。
 そうかと思うと、「参考書は何がいいでしょうか」って聞いてくるヤツがいたりして。何か1冊、特効薬みたいな参考書を紹介しろってことなんだろうけど、これも図々しい話だよな。だって、何か1冊で済ませようということ自体、勉強量という点で絶対に足りないわけだからさ。
 何か1冊じゃなくて、片っ端から次から次へと参考書を征服していくたくましさが必要なんでさ。そうすりゃ学力なんかいくらでも上がるんだよ。(中略)
 だから、参考書は、テメェの判断と責任で選ぶべきなんでさ。人に決めてもらおうなんてのは、それだけでも受験という競争に参加する資格を欠いていることになるし、いかにもうまそうなインチキ勉強法に飛びついて騙されるのがオチなんだよ。(本書23~24頁・赤字は原文ママ)
この後の論理展開も岡野氏とそっくり(こちらの方が先に出版されているが)なのが笑える。

難易度が両極端という文法書としての使い勝手の悪さは相変わらずだが、耳の痛い説教集としては面白い本だと思う。
[PR]
by roudai | 2009-12-01 00:00 | 英語 | Comments(0)