浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号226 笑う入試問題

d0133636_2025343.jpg
【タイトル】笑う入試問題
【著者】新保信長
【肩書】流しの編集者&ライター(灘高-東京大学文学部心理学科卒)
【出版社】角川書店
【サイズ】B6
【ページ数】216頁
【目次】
第一章:この入試問題がすごすぎる!
1:無理難題にもほどがある!
2:これってクイズですか?
3:選択肢に気をつけろ!
4:ウケ狙いもほどほどに
5:こんな出題は失礼千万!
6:美術系、体育系大学入試の気になる中身
第二章:大学サバイバル時代の”いまどき入試事情”
1:それは一芸入試から始まった
2:こんな入試に誰がした?
3:少子化時代の大学PR大作戦
4:大学案内パンフレット徹底比較!
第三章:センター試験にチャレンジ! 元東大生はどれだけバカになったか
1:東大は出たけれど……
2:まずは無難な国語と英語からスタート!
3:数学、理科、社会ははたしていかに?
4:入試問題ってやっぱりヘン!
あとがき
【初版発行年月日】2003年3月25日
【収蔵品発行年月日】2003年3月25日 初版発行
【収蔵品定価】1300円(税別)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】菅野祐孝「菅野も笑った!変な日本史入試問題」(エール出版社)
【コメント】
西原理恵子の担当編集者として西原ファンには有名な新保君の単著。

「阪神ファン」という不治の病を患ったために、灘高-東大というエリートコース(笑)を歩みながら道を踏み外して流しの編集者に転落してしまった著者があちこちの大学の「面白」入試問題をかき集めたお笑い本。ただし、一部を除いて正解がないので読者としてはフラストレーションが溜まる問題も多い(正解の出しようのない小論文等は仕方ないが)。

本書の半分を占める第1章は実際に10年ほど前の大学入試で出題された入試問題で、春頃に現役生が「どんな入試問題が出ようとも揺れない心」を涵養するために読むのも一興ではないだろうか。逆に入試直前に読んだらノイローゼになりそうだが。

著者が文系ということもあって日本史の問題が結構収録されているが、上位私大受験者なら当然なレベル(三管領四職・五畿七道など)までを疑問視している辺りはすこし割り引かねばならないか(一般人から見れば非常識な問題なのは間違いないが)。

第3章はかつて東大合格時に共通一次試験の5教科7科目(国数英理理社社)で900点台を叩き出した過去の栄光が、現在のセンター試験にどれだけ通用するかのルポ。結果は時間をフルに使って英語144点・国語148点・数ⅠA40点・数ⅡB27点・政経69点・生物67点の495点。受験から離れて20年の元・東大生(阪神ファン)のレベルが分かるのも収穫だ。「十で天才、十五で才子、二十歳過ぎればただの人」と昔の人は上手いことを言ったものだ。
[PR]
by roudai | 2010-04-27 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号225 入試国語のエッセンス

d0133636_18211750.jpg
【タイトル】入試国語のエッセンス
【著者】霜栄
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】248頁
【目次】
Ⅰ 漢字の意味と用法
 常に試験に出る感じ825
 間違いやすい難漢字425
Ⅱ 語彙力をつける国語常識
 グループ別に覚える四字熟語180
 グループ別に覚える慣用句210
 空欄補充問題に強くなる類義語100
 空欄補充問題に強くなる対立語100
 いつもネラわれる同音異義語50
 小論文に必要な現代文重要語201
Ⅲ 文学史に強くなる国語常識
 古典文学の整理
 近代文学の整理
Ⅳ 古文・漢文のための国語常識
 分類して覚える古文単語240
 古文単語の読み書き100
 主な掛け詞50
 主要な枕詞50
 古文常識の基準は方位・時刻と季節・行事
 漢文の基礎知識(構造・単語・句法)
【初版発行年月日】1996年3月1日
【収蔵品発行年月日】1998年 重版発行
【収蔵品定価】本体980円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
駿台国語科のトップ講師が一冊に国語に関する知識を全て詰め込んだよくばりな参考書。
こうした内容は予備校のテキストの付録に部分的には載ることはあっても、これだけの量がまとまることはあまりない。特に文学史をまとめたパネルが菅野師ばりの情報密度で、この20頁分を見るだけでもこの本を買う価値はある。
さすがに古文・漢文は本業ではない(霜師は古文単語の参考書も書かれているが)のでこちらはオマケ程度と思った方がいい。
[PR]
by roudai | 2010-04-20 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号224 今井の英文法入門

d0133636_18191647.jpg
d0133636_18193162.jpg
d0133636_18194265.jpg
【タイトル】今井の英文法入門 PART.1/2/今井の英文法入門
【著者】今井宏
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】167頁/154頁/318頁
【目次】
[Part.1]
1     講義を始めるにあたって
2~8   動詞と時制①~⑦
9~11  助動詞①~③
12~21 不定詞①~⑩
22~28 分詞①~⑦
29~31 動名詞①~③
32~39 仮定法①~⑧
40~48 関係詞①~⑨
[Part.2]
49~58 比較①~⑩
59~62 名詞①~④
63~65 代名詞①~③
66~67 冠詞①~②
68~70 形容詞・副詞①~③
71~73 疑問詞・疑問文①~③
74~78 前置詞①~⑤
79~82 接続詞①~④
83~85 否定①~③
86~88 文型①~③
89~91 受動態①~③
92~93 倒置①~②
94~95 数詞①~②
96    講義の終わりに
[単行本]は[Part.1][Part.2]をまとめたもの
【初版発行年月日】1998年4月1日/1998年9月1日/2004年4月1日
【収蔵品発行年月日】2005年5月25日 第6刷発行/2003年4月30日 第10刷発行/2004年4月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円+税/900円+税/1200円+税
【入手困難度】★★☆☆☆/★★☆☆☆/★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~/500円~/2000円~
【鑑定額】500円/500円/1000円
【代替参考書】今井宏「今井の英文法教室」上下(東進ブックス)
【コメント】
スカイパーフェクトTVで1年間だけ放映された代ゼミTVネットのテキストとそれを元にした単行本。
元々はテキストなので、講義で話す分は省略されているはずだが、一応単体で読んでも理解できるレベル。
上述の通り、テキスト2冊と単行本はほぼ同じ内容なのだが、今井師の東進移籍に伴い代々木ライブラリーの本が軒並み絶版になった瞬間から単行本のオークション価格が急騰した。
一方、テキストの方は2冊組ということもあるのか、だいぶ後までブックオフの105円均一で入手可能だった。
現在は東進ブックスからフルカラーの改訂版(代々木ライブラリー版は2色刷)が出されたことで一時の異常価格は収まりつつあるが、よほどの理由がない限り単行本を高値で買う意味はない。
比較しながら読んでいくと、単行本の不可解な誤植に気がついた。
d0133636_041553.jpg
縮小してしまっているので分かりづらいが「はじめに」の3頁目。真ん中に引かれた赤い下線の位置が意味不明である。最初は前の持ち主が引いたのかと思ったが、どうやら印刷のようだ。はてさて、何でこんな所に下線があるのか?

さまよえる下線の謎を解け!
[PR]
by roudai | 2010-04-13 00:00 | 英語 | Comments(4)

収蔵品番号223 予備校で教える受験数学

d0133636_204527.jpg
d0133636_2041473.jpg
【タイトル】予備校で教える受験数学 数Ⅰとその周辺の問題/細野真宏の受験数学のテクニックが面白いほどわかる本
【著者】細野真宏
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】142頁+別冊解答42頁/141頁+別冊解答42頁
【目次】
[予備校]
Section 1 包絡線について
 1.2次式の包絡線の問題
 2.1次式の包絡線の問題
 3.一般の包絡線の求め方
Section 2 同値変形について
Section 3 f(x)-b/x-aの図形的意味について
[Ver.2.0]
問題一覧表
Section 1 曲線の通過領域と存在領域について~包絡線の活用~
 1.直線の通過範囲について~1次式の包絡線の問題~
 2.2次曲線の通過領域と存在領域について~2次式の包絡線の問題~
 3.一般の包絡線の求め方
Section 2 同値変形について
Section 3 f(x)-b/x-aの図形的意味について
Point一覧表
【初版発行年月日】1994年7月5日/1997年9月17日
【収蔵品発行年月日】1994年7月5日 第1刷発行/1997年9月17日 第1刷発行
【収蔵品定価】定価1200円(本体1165円・税35円)/本体1200円+税
【入手困難度】★★★☆☆/★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆/★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~/2000円~
【鑑定額】1000円/1000円
【代替参考書】清史弘「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論11 受験数学と教えられない数学」(駿台文庫)
【コメント】
近頃は評論家活動ばかりで予備校講師業が疎かになっている(笑)ように見受けられる細野師の初期に出された参考書。以前「買ってはいけない」第二章 開けてビックリ玉手箱 ~お前は既に持っている~で軽く取り上げたが、ようやく旧版を手に入れたのでBlogにて公開する。

表紙もタイトルも全く違うために別物と思っている人もいるかもしれないが、基本的な中身は一緒で収録順と収録問題が若干違っている。「Ver.2.0」の方が問題一覧やPoint一覧が付いているので便利だが、旧版の方が若干高値で出品されることが多いようだ。

中経出版の「数学が面白いほどわかる」シリーズは、その名に違わずハイレベルな内容を分かりやすく丁寧に説明している良書だと思うのだが、現在は細野師が小学館から「本当によくわかる」シリーズを出したためか全て絶版。2つのシリーズは共通する内容が多いが、本書の内容を引き継ぐような本は出なかったために、以前はそれほどでなかったVer.2.0までがオークションで高騰している。

いざ、絶版になってみると本書と同じ内容が載っている参考書は少なく(探し方が悪い?)、駿台の清史弘師がSEG時代に書き起こした「数学参考書」シリーズの最終刊(現在は駿台文庫から改訂再版)に包絡線や同値変形についてホンの少し載っている程度。ある程度出来る生徒にしか需要のない内容なので、やや易しめになった小学館版に引き継がれなかったのは仕方ないか。
[PR]
by roudai | 2010-04-06 00:00 | 数学 | Comments(0)