浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号230 数学講義の実況中継・下

d0133636_11184869.jpg
【タイトル】数学講義の実況中継(下)―問題の戦略的解法
【著者】秋山仁
【肩書】理学博士・東海大学理学部数学科教授・中国山東海洋大学客員教授・東京理科大学講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】243頁
【目次】
講義(後期)をはじめるにあたって
第15回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(1)対称性①
第16回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(1)対称性②
第17回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(2)次数
第18回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(2)偶奇性
第19回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(3)連続性,単調性,凸性,周期性①
第20回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(3)連続性,単調性,凸性,周期性②
第21回講義 最短距離の解法をさぐれ(1)
第22回講義 最短距離の解法をさぐれ(2)
第23回講義 必要性で押せ(1)
第24回講義 必要性で押せ(2)
第25回講義 記号・座標系を導入せよ(1)
第26回講義 記号・座標系を導入せよ(2)
第27回講義 問題文から解法のカギを割り出せ(1)
第28回講義 問題文から解法のカギを割り出せ(2)
第29回講義 出題者の誘導にのれ(1)
第30回講義 出題者の誘導にのれ(2)
講義(後期)を終わるにあたって
【初版発行年月日】1987年4月10日
【収蔵品発行年月日】1989年2月1日 第10刷発行
【収蔵品定価】850円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】雲幸一郎・森茂樹「大学への数学解法の突破口」(東京出版)
【コメント】
実況中継シリーズ初期の大ベストセラー。二学期分ということで、以前紹介した上巻と比べてだいぶ問題が難しくなっている。上下巻を通じて言えることだが、一通り数学の学習を終えていないと、戦略を説明されてもその先はチンプンカンプンになり、宝の持ち腐れになるのがオチである。特に下巻は問題を解く途中で必要な戦略がメインのため、上巻に比べて即効性に欠けるので学力貢献度をやや下げた。逆に理系の上位校を狙う受験生なら知っておくべき知識が満載なので評価はまた別のモノになる。
[PR]
by roudai | 2010-05-25 00:00 | 数学 | Comments(7)

収蔵品番号229 ハートで古文を読む方法

d0133636_18265366.jpg
d0133636_182729.jpg
【タイトル】ハートで古文を読む方法/ハートで読む古文
【著者】高橋いづみ
【肩書】駿台予備学校専任講師/駿台予備学校古文科専任講師・東京成徳短期大学講師
【出版社】飛鳥新社/PHP文庫
【サイズ】新書版ハードカバー/文庫
【ページ数】218頁/204頁
【目次】
メッセージ
●第1章●古文ぎらい、古文不得意は治る
●第2章●古典の鍵は女が握る
●第3章●古典の主流はラブストーリー
●第4章●女の影(ママ)に男あり?平安貴族はどう生きたか
●第5章●死と古典文学
あとがき
【初版発行年月日】1989年7月8日/1995年4月17日
【収蔵品発行年月日】1989年7月8日 第1刷発行/1995年4月17日 第1版第1刷発行
【収蔵品定価】定価1100円(本体1068円)/定価480円(本体466円)
【入手困難度】★★☆☆☆/★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~/105円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】田中貴子「検定絶対不合格教科書古文」(朝日新聞社)
【コメント】
今を遡ること20年前の先代「古文のマドンナ」の処女作。
あたかもコレを読めば古典文法なんかそっちのけで古文が読めるようになる、という幻想を抱かせてくれる表題だが、その実は「気合で古文を読む方法」か「超能力で古文を読む方法」の間違いとしか思えない内容。
 そこで、古文を読むために、
「使える武器」
と、
「使えない武器」
を区別することからアプローチしていこう。
 文法は、正しく有効に使えば強力な武器になる、しかし、数多くの高校生のように、使い方がわからないまま文法書を丸暗記しても、古文を読むのに利用できないとすれば、文法は使えない武器にすぎない。
 使えるようにするためには、適切な指導者か参考書が必要。しかも一定時間の訓練を要する。予備校などで、優れた授業を探して受けるのが一番手っ取り早い。
 しかし、使えない武器は眠らせておけ!という主義の人は今のところそれでもかまわない。使える武器を徹底的に活用して、古文が読めるようになってしまえば良いのである。
 それでは、指導者が身近にいない、基礎訓練を受けない状態で使える武器とは何か。
 それは、私たち一人一人の”心”である。そんなやさしいことばを使うと”武器”のイメージから程遠くなるかも知れない。強いことばに言い換えれば”考える力”だ。これは計り知れないパワーを持った最強の武器となる。
 私たちは皆、一定の状況が与えられた時に、人間がその状況の下でどんな心情になるかを推し量る能力を持っている。それをフルに生かしたら古文だって読めるはずだ。
 「じゃあ、単語は? 訳は? 文法は?」
と細かいことばかり気になってしまう人のために言う。
 作者は、現代語訳してもらいたくて書いているのではない。品詞分解してもらいたくて書いているのでもない。
 古文の作者だって「何か」を伝えるために書いているのである。(新書版20~22頁、文庫版21~22頁・赤太字は引用者による)
大変結構なお話だが、どうすれば「一定の状況」が手に入るのか。
文中の「古文」を「英語」に置き換えれば、彼女がいかにデタラメを書いているか一瞬で分かる。分からない人はラテン語でもギリシャ語でもいい。
文法の丸暗記が「使えない」→必要なのは「心」だ!とはなんと短絡的なオツムをしているのか。これで都立富士高校→上智大外国語学部イスパニア語学科中退→東京大学文学部国文学科卒というのだから恐れ入る。彼女が人気講師でいられたというのだから当時の駿台の生徒はよほど文法のデキが良くて「心」だけが足りなかったのだろう。
確かに一冊の中で文法的な説明は皆無である。いきなり長い古文を提示してその内容を延々と説明するだけ。どうすれば読めるようになるのかは最後まで出てこない。
余談だが、NHK教育テレビで夏休み期間中「NHK高校実力アップコース 高校古文」(あの土屋博映師ですら、同じシリーズの古文はラジオだった)に出たためかPHP文庫から文庫化されたが、一般的なPHP文庫の背表紙の色(黄緑・クリームイエロー)と違い灰色の背表紙なので、古書店で探す際には気をつけること。
[PR]
by roudai | 2010-05-18 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号228 速読・推理英語長文読解

d0133636_11529.jpg
【タイトル】[速読・推理]英語長文読解
【著者】加藤恭子
【肩書】上智大学講師
【出版社】三省堂
【サイズ】A5
【ページ数】205頁
【目次】
Ⅰ 基礎編
 1 入試会場にいる自分を想像して下さい
 2 焼いたサツマイモの話
 3 チンパンジーはしゃべれない
 4 日本人が海外に出ると
 5 蛍光ペンは読書の仕方を変えてしまった
Ⅱ 応用編
 6 忠告は惜しみなく与えられる
 7 英文は論理的に作られているのだ
 8 今日における大学の役割とは
 9 犯罪者に対して寛大になる傾向
 単語・イディオム集
【初版発行年月日】1993年10月10日
【収蔵品発行年月日】1993年10月10日 第1刷
【収蔵品定価】1300円(本体1262円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】4000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
筆者が先生役となり、生徒との対話形式で英文を読んでいく上でのノウハウをまとめている。
出来る生徒にとってはアタリマエな話が多いが、ここまで懇切丁寧に問題の解き方を解説した本は(予備校の授業で聴くことは出来るが)珍しい。辞書を使わないでどこまで速読できるか、というのが1つのテーマであり、分からない単語を類推していく過程は「ミチタン推測法」(学研)に通じるモノがある。
惜しむらくは基礎編と応用編でレベルが大きく違っており、最初は1分間で4語しか読めなかった生徒Hが最後の問題では1分間で70語も読めてしまうあたりにやや唐突(もちろん努力すれば不可能ではないだろうが)な感じを受ける。
ただ「速読」と言っても明確な方法論があるわけでもなく、神業的な読解スピードを期待すると間違いなく落胆する。あくまで慣れることによってスピードを上げていく姿勢の本である。
[PR]
by roudai | 2010-05-11 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号227 日本文化史の整理と演習

d0133636_18242985.jpg
【タイトル】[標準版]日本文化史の整理と演習
【著者】神原一郎
【肩書】河合塾講師
【出版社】河合出版
【サイズ】A5
【ページ数】143頁(講義編)+104頁(演習編)+74頁(演習編解答)
【目次】
第1講 外来文化の時代Ⅰ
 1.飛鳥文化
 2.白鳳文化
 3.天平文化
 4.弘仁・貞観文化
第2講 外来文化の時代Ⅱ
 テーマⅠ.古代仏教史
 テーマⅡ.古代建築史
 テーマⅢ.古代仏教彫刻史
第3講 日本独自文化の展開Ⅰ
 1.国風文化
 2.院政期文化
 3.鎌倉文化
第4講 日本独自文化の展開Ⅱ
 1.室町文化
 2.桃山文化
 3.江戸初期の文化
第5講 日本独自文化の展開Ⅲ
 テーマⅣ.史書編纂の歴史
 テーマⅤ.古代中世文学史
 テーマⅥ.古代~近世初期絵画史
 テーマⅦ.中世・近世建築史
第6講 江戸時代の文化Ⅰ
 1.時代区分と特色
 2.近世の学問 a.儒学
            b.国学
            c.蘭学=洋学
            d.社会思想
第7講 江戸時代の文化Ⅱ
 1.演劇
 2.文学
 3.絵画
第8講 近現代の文化Ⅰ
 1.近代の思想
 2.近代の自然科学研究
 3.近代の宗教
 4.近代のキリスト教
 テーマⅧ.神道史
第9講 近現代の文化Ⅱ
 1.近現代の教育
 テーマⅨ.前近代の教育
 2.近代のジャーナリズム
 3.近代の文学
第10講 近現代の文化Ⅲ
 1.近代の美術
 2.近代の演劇・音楽
 テーマⅩ.生活文化史
【初版発行年月日】不明
【収蔵品発行年月日】2004年4月20日 初版第3刷発行
【収蔵品定価】本体1143円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】神原一郎「日本文化史の整理と演習 改訂版」(河合出版)
【コメント】
日本史の参考書は「大学への日本史」(研文書院)や「日本史講義1~5」(駿台レクチャー叢書)といった一部の例外を除けばオークションで異常に高騰するケースは少ないのだが、この本は一時期絶版だったため、比較的新しい本なのに出品されるとことごとく高騰した。

正直、文化史というジャンルは山川の教科書という一応の歯止めがある以上、特定の一冊が他を圧する程の良書ということは考えづらい。出題パターンが膨大なテーマ史ならこの参考書にしか書いていない、という最新テーマがあるかもしれないが。ところが先日、同様に出れば根こそぎ高騰していた「“考える”日本史論述」と共に改訂版が出た途端、パタッと火が消えたように沈静化した。河合出版の参考書は芦川進一「英語基礎貫徹ゼミ」に代表されるように絶版のようでいて細々と増刷したり、売り切れ後に改訂したりするので、一瞬市場から消えてパニックすると大損する。時間のない受験生はある程度仕方ないが。

講義編は文化史の時代区分ごとの説明だが、予備校の授業を元にしたせいか、通史とテーマ史がチャンポンになっていて(特に第8・9講)、同じ内容が通史とテーマ史で間を空けずに出てきたりする。また、何かというと「覚えたい」「覚えておこう」の連発だが、効果的な覚え方(菅野師や前田師のような図化やゴロあわせ)はほぼ皆無。最近の入試問題をあまり見ていないが、極端に細かい事象を「ここまで必要」と言いながら、別の場所では入試基礎レベルの「~だけは覚えよう」と難易度が一定していない感じがする。2,3冊文化史の本を済ませた後でないとこの本の良いところは伝わりづらいだろう。
演習編は普通の文化史問題集。結構分量がある(55題)ので、演習量としてはコレで十分だろう。

改訂版は立ち読み程度だが、主な変更点はメチャクチャだった順番が通史・テーマ史に分けられたことと、講義編と演習編が一冊にまとめられたことか。あと書き順・字形が問われる日本史で、偶数頁の板書部分が昔の河合の参考書でよく使われた丸ゴシック体から明朝体になっている。
細かなことだが16頁の板書における薬師寺東塔の説明で、初出なのに「裳階」にルビが振られていなくて(32頁の古代建築史ではルビが振られている)、今時の生徒にコレで良いのか?と思っていたら案の定改訂版では初出時にルビが振られていた(笑)。
[PR]
by roudai | 2010-05-04 00:00 | 社会 | Comments(0)