浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号239 英文法初級問題集

d0133636_9284868.jpg
【タイトル】1問1解英文法初級問題集
【著者】山田弘
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】評論社
【サイズ】B5
【ページ数】79頁
【目次】
1.主語と動詞の一致
2.肯定文と否定文と疑問文
3.感嘆文と命令文
4.名詞
5.冠詞
6.代名詞
7.比較
8.関係詞
9.助動詞
10.時制
11.仮定法
12.不定詞
13.分詞と動名詞
14.態
15.話法
16.前置詞
17.接続詞
【初版発行年月日】1991年10月10日
【収蔵品発行年月日】1992年5月30日 3刷発行
【収蔵品定価】650円(本体631円)
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】山田弘「英文法初級問題集」(評論社)
【コメント】
一応現行品だが、Amazonや大手書店の片隅でしか見かけないレアな問題集型参考書。おそらく山田師の処女作。
初級・中級・決戦の3タイプ存在するが、現在流通しているのは初級だけで、残る2冊は古書価がベラボーに高騰している。
全250題の基本的な択一式問題を解きながら似た内容の選択肢の違いを短い解説ながら的確に説明してくれる。欠点は同じ内容が続くため、選択肢の予想が付いたり、後の問題を見て前の問題の答えを思い出したりすることか。
1項目15題(話法だけ10題)で17項目あるが、1項目につき1~2題はへぇ、という内容が含まれる。のんびりやっても7日間、本気でやれば3日で基礎確認が出来るコンパクトさ。処女作ということもあり「中学英語で~」にあるようなジャーゴンはほとんど出てこないので万人向け。おそらく絶版になった途端に残る2冊と同じ運命をたどると思われるので、英文法に自信のない方はお早めに。

次の10題の択一式問題を「自信を持って」答えられる人にこの本は不要です。

(1)It is not he but I that (   ) to blame.
 ① have ② has ③ am ④ is
(2)What (   ) dogs there are in this neihborhood!
 ① many ② much ③ a lot of ④ many of
(3)We have two (   ) in our house.
 ① piano ② pianos ③ pianoes ④ pianon
(4)They chose Tom (   ) captain.
 ① a ② the ③ it ④ 何も入れない
(5) Jane is (   ) of these two girls.
 ① the taller ② the tallest ③ taller ④ tallest
(6) I am (   ) than he.
 ① less tall ② less taller ③ as tall ④ least tall
(7) He is the only person (   ) can spreak English in this office.
 ① who ② which ③ that ④ what
(8) I wish she (   ) me.
 ① loves ② will love ③ loved ④ would have loved
(9) He is impossible for you (   ).
 ① to laugh ② to laugh at ③ to laught at him ④ to be laught at
(10) He escaped (   ) by the police.
 ① catching ② to catch ③ having caught ④ being caught

正解は...
[PR]
by roudai | 2010-07-28 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号238 要点整理 世界史

d0133636_156941.jpg
【タイトル】大学受験 展開形式の総まとめ要点整理 世界史
【著者】前川貞次郎
【肩書】京都大学名誉教授・文博
【出版社】数研出版
【サイズ】B6
【ページ数】295頁
【目次】
世界史のあけぼの
ヨーロッパ古典古代
アジアの古典文明
ヨーロッパ中世
イスラム世界の成立と拡大
中国社会の展開
中国の専制国家
近代ヨーロッパの誕生
絶対主義時代
市民革命と産業革命
自由主義と国民主義
列強の進出とアジアの反応
帝国主義とアジア・アフリカ
第一次世界大戦とロシア革命
第一次世界大戦後の世界
全体主義と第二次世界大戦
現代の世界
付録 共通第一次試験について
索引
【初版発行年月日】1978年2月1日
【収蔵品発行年月日】1987年2月1日 第11刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
館長の高校の担任が世界史の教師だったのだが、その担任が最初の授業の際に「『世界史』なんていうケッタイな教科があるのは日本だけで、普通は中国史、英国史、ギリシャ史など国別の歴史しかない」と言い放ったことを四半世紀経った今もハッキリ覚えている。そんなことを言われて世界史が好きになるはずもなく、受験では日本史しか使わず、世界史も勉強しようとしたが何度も挫折して今に至っている。
ここ10年ほど世界史の参考書は長足の進歩を遂げ、以前に比べれば判りやすい参考書も増えたが、日本史における菅野師の立体パネルのようにコンパクトに世界史の全体像が掴める参考書というのはなかなかない。
ところが、今から30年以上も前に世界史における「立体パネル」というべき参考書が出ていたことはあまり知られていない。
内容のレベル自体は普通の参考書だが、瞠目すべきはそのまとめ方で、最初の先史時代についての記述を見てもらえば判るように見開き完結で必要事項がコンパクトにまとまっている。
d0133636_22561279.jpg
あとはコレをノートに引き写して、問題演習時に間違えたポイントを書き込んでいけば世界で一冊のオリジナルノートの出来上がりだ。学校の教師による五月雨式でまとまりのない板書とは雲泥の差である。
確かに入試の傾向を反映していないし、現代史が全く書かれていないが、ノート作りの手本としての価値は未だ失っていない。
[PR]
by roudai | 2010-07-20 00:00 | 社会 | Comments(4)

収蔵品番号237 中学英語で大学入試英作文が解ける

d0133636_1472788.jpg
【タイトル】中学英語で大学入試英作文が解ける
【著者】山田弘
【肩書】元駿台予備校講師、元代々木ゼミナール講師
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】191頁
【目次】
第1講 外国人語学教師の嘆き(大阪外大)
第2講 外人墓地(横市大)
第3講 図書館で京都の本(京都府立大)
第4講 映画監督の受賞(京大)
第5講 アメリカ人と野球(京大)
第6講 文化財(京大)
第7講 昔は怖い大人がいた(京大)
第8講 英会話を学ぶとき(阪大)
第9講 イギリス人は控えめ(お茶の水女子大)
第10講 人生の重大なことは自分で決める(千葉大)
第11講 大人になるには(京大)
第12講 日本で一番暑い京都(岡山大)
第13講 無謀運転は禁物
第14講 交渉とか議論とかを英語でする(奈良女子大)
第15講 東欧の建築物再建
第16講 沖縄の花火(名大)
第17講 プールと海(金沢大)
第18講 目の疲労
第19講 40過ぎれば自分の責任(お茶の水女子大)
第20講 早寝早起き(京大)
第21講 対話
第22講 安全な道を行きたがる青年(京大)
第23講 日本の宗教と火
第24講 人間みな同じ(京大)
第25講 背景知識のなさだった(高知大)
第26講 人間の好奇心(京大)
第27講 おびただしい本の中から(一橋大)
第28講 虹の色はいくつ
第29講 個性無視の日本の学校(福岡女子大)
第30講 自転車のお礼(佐賀大)
第31講 欧米人との意思疎通(九大)
第32講 日記は人には見せない(阪大)
第33講 会話は出来るが複雑な文章は書けない(阪大)
第34講 乗り慣れない路線(お茶の水女子大)
第35講 ディベートなんか出来なくていい(徳島大)
第36講 日本の英語教育法への疑問(徳島大)
第37講 韓国の若者と日本(徳島大)
第38講 優雅に反駁しよう(九大)
【初版発行年月日】2004年11月15日
【収蔵品発行年月日】2004年11月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】1300円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】河村一誠「減点されない英作文 改訂版」(学研)
【コメント】
最近は「センター英語で大逆転できる本」(エール出版)で知られる山田弘師の英作文問題集の傑作。以前紹介して最近ようやく評価が高まってきた佐藤忠志「佐藤忠志のズバリ!合格の英作文」(KKベストセラーズ)と同系統の本。代ゼミ柏校の伝説である謎のジャーゴン「指図動詞」「海蛇のget」「とっちゃん坊や構文」「エバミルク構文」「糸五目構文」etc.を縦横無尽に駆使して、難関国公立大学の長文英作文問題を身近なレベルにまで引きずり下ろしてくれる。
Amazonのレビューでは「解説がほとんどない」と書かれているが大嘘。普通の英作文問題集の解説より遙かに丁寧(特に日→日変換については必読)な解説が付いている。ついでに言えば「中学英語」と「ハイレベル英語」の二通りの解答を提示しているが、「ズバ作」で言えば前者が「ゲリラ解答」、後者が「発想転換解答」レベルで、どちらも字面通りに訳した「模範解答」ではなく、一ひねりして易しくしたものになっている。
たまたま代替参考書と同じ問題があったので、河合塾の速報と併せて並べてみる。あなたはどのレベルなら書けるだろうか?
【第26講】
子どもは好奇心のかたまりだ。それが、多くの動物の場合、成熟すると幼いときほどには好奇心を示さなくなるらしい。ところが、人間は年をとっても、様々なことに対する興味を持ち続けることができる。してみると、人間はいつまでも子供でいられるという特権を享受する幸福な種族であるのかもしれない。
(2001年京都大学前期・III(1))
[河合塾]
(A)Children are full of curiosity.
In the case of many animals, as they mature, they seem to become less curious.
In contrast, human beings continue to be curious about various things even when we
grow older.
Thus, one could say that human beings are a happy species because we enjoy
the privilege of being children as long as we live.
(B)Children have a keen sense of curiosity.
It seems that many animals become less curious as they grow mature.
However, human beings maintain their curiosity about various things long after they
have become grown-ups.
This suggest that human beings are a blessed species because they are able to enjoy the privilege of lasting curiosity.
[減点されない]
Children are very curios.
But many animals seem to become less curious as they mature.
On the other hand, we can continue to have a great interest in various things even
when we grow old.
So we may be a fortunate species who has the privilege of remaining children all our
lives.

では、「中学英語」ではどう書くのか
[PR]
by roudai | 2010-07-13 00:00 | 英語 | Comments(6)

収蔵品番号236 合格日本史ここが知りたい

d0133636_11524093.jpg
【タイトル】カリスマ菅野の合格日本史ここが知りたい
【著者】菅野祐孝
【肩書】代々木ゼミナールTVネット日本史講師
【出版社】文英堂
【サイズ】A5
【ページ数】255頁
【目次】
もくじ
第1章 受験界の現実
 一 受験生の皆さんへ
 二 予備校というところ
第2章 採点する側、される側
 一 検証/試験問題
 二 受験で失敗しないために
 三 やはり知りたい合格の秘策
第3章 のぞき見「菅野の日本史」
 一 仏教の歴史
 日本史こんな視点もアリ①上空から見た日本史
 二 教育の歴史
 日本史こんな視点もアリ②音でつづる日本史
 三 女性の歴史
 日本史こんな視点もアリ③いまだに大和時代
 四 年発達の歴史 
 日本史こんな視点もアリ④地図を回転させると
【初版発行年月日】2003年5月20日
【収蔵品発行年月日】2003年5月20日 第1刷発行
【収蔵品定価】本体950円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
「日本史そこが知りたい」というのは菅野師の代ゼミ時代の直前講習名だが、それとは関係ない。
前半は菅野師のエッセイ集。4月くらいに受験生が読んでおくと、入試日本史の限界や対処法など得るところが多い。逆に直前に読むと逆効果になりそう。今読み返して、
 NHKの「週刊こどもニュース」という番組がありますが、あのような説明で参考書にしたら日本一わかりやすい最優秀本になると思います。優れた参考書、優れた授業というのは、隣のおじさん、隣のおばさん、近所の子どもなど、誰が読んでも誰が聞いてもわかるというものです。(11頁)
という記述に驚く。菅野師は7年前に池上彰ブームを予見していたことになる。さすが超一流の学者・医者・易者・芸者・役者である。
後半は「実況中継[テーマ史]」の内容と重複するところが多い。
[PR]
by roudai | 2010-07-06 00:00 | 社会 | Comments(1)