浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【速報】大変残念なお知らせです

d0133636_2385630.jpg
今回もいつも通りに申し込んだのですが、残念ながら落選してしまいました。4連勝中だったので、確率的にはそろそろだったのですが・・・。冬の方が郵便局員とそば屋が来れないので確率は良いはずなんですけど。

丁度、本業の競馬予想の方も節目の300号を迎えて記念出版を考えていたのに全部パー。
当然カットの本も延期です。もう若くもないので、先の予定は何も考えられません。
3年ぶりに大晦日は大掃除をして、新年SP企画を考えます。
[PR]
by roudai | 2010-10-30 00:00 | おしらせ | Comments(4)

収蔵品番号252 ガッツ漢文2

d0133636_21375378.jpg
【タイトル】中野の[ガッツ漢文]②
【著者】中野清
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】174頁
【目次】
いいわけ(まえがきに代えて)
第八講 紫色の太陽
第九講 たたりじゃ
第十講 詩は志を言う!?
第十一講 つける薬がない!
第十二講 数学って何だ?
第十三講 藝は身を助く
第十四講 おまけ
索引
あとがき
【初版発行年月日】1990年4月10日
【収蔵品発行年月日】1992年2月10日 第3刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】中野清「中野のガッツ漢文 改訂新版」(情況出版)
【コメント】
二畳庵主人「漢文法基礎」(増進会出版社)が奇跡の復活を遂げて、例によってまた売れているようだが、あんな603頁もある文庫本を10月半ばになってから押っ取り刀で読み始める受験生もいるのだろう。ご苦労なこった。
ふと思い返せばだいぶ前に「ガッツ漢文」①の紹介をしたきり、コメントも付けていなかったのを思い出したので、これを機に読み返してみた。こちらも「漢文法基礎」同様黒一色だが、行間が少し広いので読みやすさは段違いだ。
久しぶりに読み返してみると、②の山場は第十講の漢詩の解説と第十一講の東大の出題ミス批判くらいで、①に比べると今ひとつ例文も面白くないし、読んで漢文が分かるようになった感じがしない。ただ、①②と併せた索引が付いているので、①単体よりは使いやすくなっている、というか2冊揃えるくらいなら改訂新版1冊の方が良いのかも知れない。
[PR]
by roudai | 2010-10-26 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号251 トップ講師の英語教室

d0133636_2118121.jpg
【タイトル】予備校発→大学行 トップ講師の英語教室
【著者】佐久間治・井川治久・瀬下譲・長崎玄弥・奥田俊介
【肩書】河合塾講師・早稲田予備校講師・河合塾講師・トフルゼミナール講師・代々木ゼミナール講師
【出版社】ライオン社
【サイズ】新書
【ページ数】200頁
【目次】
第1講 [河合]佐久間の新次元・英単語ハイテクゼミ
1 単語学習に熱心なものほど英語力がない
2 知っていそうで実は知らない単語はやっぱり”知らない”単語
3 辞書の定義は大まかな目安に過ぎない
4 右を見て左を見てから単語の勉強
第2講 [早予]井川のイディオムマル秘100%合格ゼミ
1 イディオムで偏差値は20アップ
2 どんなイディオムがあるのか
3 実力のつく<井川式>勉強法はコレだ!!
4 入試の出題傾向をさぐれ!!
5 井川のイディオム合格マル秘リスト
第3講 [河合]瀬下の文法・語法ソバ式直解ゼミ
1 ちょっと待って盲点・ツボを横断する7項目
2 英語という異界にワープするための10項
3 ワナに落ちないための文法・語法20ポイント
第4講 [トフルゼミ]長崎の奇跡の長文”速読速解"ゼミ
1 長文ほど点が取りやすい
2 長文の波に乗って読みすすむ
3 このへんで一息ついて長文をまるめこむ対策法を
第5講 [代ゼミ]奥田の作戦指令・英作文マル秘解法ゼミ
1 英作文は得点源だ
2 スーパー整序解法実戦編
3 困ったときの芋づる式英訳作戦
4 気になる否定・比較構文
5 注意せよ!3つの落とし穴
6 頻度順・暗記用構文30選
【初版発行年月日】1989年8月1日
【収蔵品発行年月日】1989年8月1日 初版発行
【収蔵品定価】720円(本体699円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
大手予備校講師が呉越同舟で名を連ねた珍しい参考書。

佐久間師はまだムック形式の「出す単」「出す熟」(旺文社)しか出しておらず、単行本初登場。井川師もまだ新声社の一連のシリーズだけで「知る人ぞ知る」といった段階での抜擢。瀬下師も「ゼロからわかる英文解釈」(ライオン社)や「英語入門講義の実況中継」(語学春秋社)の前で世間的な知名度は低く「トップ講師の~」はJAROに訴えられても文句の言えない誇大広告と言える。
残る2人の長崎師と奥田師はは既にライオン社から著作があるので名を連ねても不思議ではないが、長崎師はまだしも奥田師が代ゼミのトップだった時代などあったのだろうか(笑)?

内容は若手3人が気合いを入れて書いているのに対して、ベテラン2人が思い切り若手の脚を引っ張っている。巻頭の佐久間師が【中学生も顔をそむける超基本語Best 3】【たちの悪い、基本語の派生語14選】【重要多義語111選】【'問題語'になりうる12の形容詞】【'訳しにくい'、'使いにくい'7つの超重要副詞】などなど美味しい情報をこれでもかと詰め込んでくれているのに対して、巻末の奥田師に到っては「マル秘英作文必勝テクニック」などと大見得を切りながら、その実は「小さくつないで大きくまとめる」という腰砕けぶり。前半の3人だけで1冊の分量なら★3つを付けても良かった。
[PR]
by roudai | 2010-10-19 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号250 東大入試43年の軌跡

d0133636_2304368.jpg
【タイトル】大学への数学 東大入試43年の軌跡 CD-ROM版
【著者】大学への数学
【出版社】東京出版
【メディア】CD-ROM
【枚数】1枚(157MB)
【動作環境】
システム:日本語版Windows95/98/NT4.0以上/MacOS8以上
CPU:Pentium133MHz以上(MMX300MHz以上推奨)/PowerPC(100MHz以上推奨)
メモリ:64MB以上
ドライブ:4倍速以上(8倍速以上推奨)
モニタ:800×600ドット以上
    (High Color以上表示可能)/(32000色以上表示可能)
【初版発行年月日】2001年6月
【収蔵品発行年月日】2001年6月 発行
【収蔵品定価】2000円(税込)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】20000円~
【鑑定額】5000円
【代替参考書】「東京大学数学入試問題50年―昭和31年(1956)~平成17年(2005) 」(聖文新社)
【コメント】
雑誌「大学への数学」の別冊として毎年刊行している「東大入試10年の軌跡」の総集編。

1959年~2001年(1969年を除く)の43年分の二次試験と1959年から1978年まで(1972年と1973年を除く)の18年分の一次試験の問題を収録。中身は東大の二次試験の過去問とその解答を1問につき1ファイル(問題だけのファイルも別にある)にバラして難易度・発想力・処理力をそれぞれ3段階評価したもので、各項目ごとに問題を検索することも可能。
OSの指定はあるが表示周りと検索機能をMacromediaDirectorで作っているからで、誌面は300dpiのPDFのため、誌面を見るだけならAcrobat Readerが入っていればOSは問わない。ちなみに館長のXP環境で問題無く動作した(VISTAでは未確認らしい)。収蔵品は初版で、後に2004年までの3年分を追加した改訂版「~46年の軌跡」(定価2100円)が出ている。

最近になって急にオークション価格が高騰したが、実は3、4年ほど前まで楽天市場で定価販売されており、オークションで高額落札した後に気付いて、怒りに任せてもう片方の「京大入試47年の軌跡」(東大は69年に入試が無かったので収録年数が異なる)を即買したのも今となってはいい思い出だ。

東大や京大は10年以上前の問題を少し変えただけで出題した過去が何度もあるだけにこういったデータベースは受験生にとってありがたいはずなのだが、東京出版が楽天市場から撤退したのを期に絶版。ただ改訂後6年が経ち、別途「10年の軌跡」が必要になっており、聖文新社から代替参考書も出たため、一時の希少性はだいぶ薄れた。

「10年の軌跡」の目玉である受験生の報告も無いし、収録年数でも代替参考書を下回っているので、熱烈な大数ファン以外は代替参考書で止めておいた方が賢明である。
[PR]
by roudai | 2010-10-12 00:00 | 数学 | Comments(4)

収蔵品番号249 年代ズバリ暗記

d0133636_22262053.jpg
【タイトル】試験に出る中学社会歴史<重要年代200> 年代ズバリ暗記
【著者】柳川正実
【肩書】神奈川県立川崎市立宮前平中学校教諭
【出版社】学習研究社
【サイズ】文庫
【ページ数】96頁
【目次】
はじめに
本書の特徴と活用法
本書の約束ごと
◆年代ズバリ暗記 日本史
第1章 国のおこりから律令制の成立
第2章 律令政治と摂関政治
第3章 武家政治の成立と発展
第4章 武家政治の確立
第5章 幕府政治の移りかわり
第6章 近代日本の成立
第7章 近代日本の発展
第8章 二つの世界大戦と日本
◆年代ズバリ暗記 世界史
第1章 世界の古代文明
第2章 ヨーロッパ世界の形成
第3章 ヨーロッパ世界の発展
第4章 二つの世界大戦
◆誤りやすい事項・人物の征服法
日本史
世界史
「用語解説」さくいん
【初版発行年月日】1976年2月15日
【収蔵品発行年月日】1985年 第26刷発行
【収蔵品定価】200円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】旺文社「元祖日本史の年代暗記法」(旺文社)
【コメント】
当博物館も開館以来4年目に突入した。
ネタにする本には困っていないのだが、読み込む時間とコメントの少なさが悩みの種だ。
今回は3周年記念ということで(今見直すと2周年の時には何にもしていなかった・笑)、館長の「原点」を振り返ってみることにしよう。よって、今回は「大学」受験参考書ではない。

本書は館長が生まれて初めて「自分の眼」で選んで買った受験参考書である。ちなみに館長11歳、「中学」受験を志したときのこと(収蔵品は後に買い直したもの)。もちろん「中学」受験用にも年代暗記の参考書はあったが、敢えて「高校」受験用の本を選ぶあたりにマニアとしての萌芽が見て取れる。
現在に至るまで館長は語呂合わせ専門の本が大嫌いだが、それはこの本に由来している。生まれて初めて買った本が語呂合わせなので語呂合わせが嫌い、というのは矛盾しているように見えるがそうではない。この本の語呂合わせの出来が良すぎて、その後に見た本の不自然かつ覚えにくい語呂合わせに辟易しているのだ。

たとえば「平安京遷都」の794年の語呂合わせは世間的に「鳴くよウグイス平安京」というのが通り相場だ。しかし、ウグイスが鳴くことと平安京にどれだけの関係があるのか。ちなみに本書は「泣くよ坊さん平安京」である。平安遷都の目的として、奈良の僧侶の政治介入を防ぐため、という意味まで含まれている。同じく平城京遷都も「南都 平城 長安まねる」とよく「なんと綺麗な」などと感嘆詞として使われる710年を平城京の別称である「南都」と繋げている点が秀逸である。
他にも応仁の乱で「応仁で 都は野辺と人(1)詠(4)む(6)な(7)り」と「汝ヤシル都ハ野辺ノ夕雲雀アカルヲ見テモ落ルナミタハ」(飯尾彦六左衛門尉)を詠み込む周到さ。
今回読み返して気付いたのは享保の改革で、「美(1)男(7)ヒー(1)ロー(6)享保の吉宗」と書かれたのはおそらく1976年、「暴れん坊将軍」放映開始(1978/1/7)の2年前になる。館長がこの本を買った時には既に「徳川吉宗=松平健」だったので、「美男ヒーロー」に何の違和感もなかったが、松平健以前の吉宗というと「大岡越前」(1970~2006)の山口崇が筆者の念頭にあったのか(笑)?

あまりに覚えやすかったので買って四半世紀以上経った現在も200の語呂合わせの半分以上は一字一句違えずに覚えている。大学受験向けとして絶対量が足りないのは承知の上で、今から30年以上前に出されたこの本より覚えやすい年代暗記の本はないと断言する。
[PR]
by roudai | 2010-10-05 00:00 | 社会 | Comments(0)