浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号261 新・大学受験事情

d0133636_1359759.jpg
【タイトル】[新・大学受験事情]親にも読ませろ
【著者】坂田稔
【肩書】東京都立八潮高校教諭・新世代センター理事・作家
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】222頁
【目次】
まえがき
二五年前と比較して
いま史上最悪の受験事情に突入している
”国公立離れ”とは必ずしもいえない
就職に敏感すぎる学部選択は失敗する
有名大学では浪人が強くなっているが「
難関大学の競争率はあまり動いていない
女子は学部分散の傾向が強まっている
都立の大学より地元大学の見直しを
拡大した推薦入学は利用価値がある
早期に受験科目を決めて研究しておく
小論文など学科外試験も無視できない
大学・学部によって勝負科目がある
自分の得点力から合格可能性を考える
大都市の大学の難易度が上がっている
地方受験者の受験費・学費は二百万になる
偏差値出願で学力が伸び悩むことが多い
【初版発行年月日】1985年11月30日
【収蔵品発行年月日】1985年11月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】990円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1円~
【鑑定額】1円
【代替参考書】
【コメント】
2週続けて大和書房のオモ参シリーズとなった。
前回の「田村の本音で迫る文学史」もオモ参シリーズではだいぶレアな方だが、今回の「新・大学受験事情」がおそらく最強だろう(2番目が「牛尾の[受験数学]ベクトル・行列編」)。
「めざせ!合格」と並ぶオモ参「別巻」で、しかも著者は高校教師(新世代センターとは七十年代の都立高教師の研究グループ)で代ゼミとは何の関係も無さそう(一応、学研から「まんが日本国憲法」「超・受験勉強法」の著書がある)で長く「幻の本」であった。
 大学・短大の入試に勝つには、何よりも勉強が第一―もちろんそうである。しかしその前に大切なことは、入試がどのように行われているか、その実情をしっかりつかみ、それにもとづいて志望校選択を考え、受験勉強をすることである。ところが受験生の多くが、意外に大学受験のことを知らない。また聞きかじりの狭い知識や、ひとりよがりの判断で誤った受験の作戦を立てて失敗する。
 そしてもっと困るのは、親の方である。大学受験のことをまるっきり知らないとか、知っていても二五年ほど前のむかし話である。そのくせ子どもの受験に対して、「ああだ、こうだ」とやたらに口を出す。もちろん親として心配している気持ちはわかるが、押しつけがましくて迷惑この上もない。こちらが反論したり説明したりしても、なかなかわかってくれないので困りはてる。何せ大学進学のスポンサーなのだから、ケンカするわけにもいかないし、無視することも出来ないので弱ってしまう。
という「まえがき」の出だしは「オモ参」らしい砕けた内容を期待させるが、本文を読み始めると高校教師らしい当たり障りのない、それでいてクドくて読みづらい文章が延々と続く。データ分析も通り一遍で、学部選択で「文学・芸術などは就職が悪く、経済・経営・商学部はツブシがきいてサラリーマンへ」なんていうのは、50年前から何ら変わらない話だ。コレのどこが「オモ参」?と首をかしげざるを得ない。

今から25年前の受験データ(学研提供)が色々と載っているので将来この時代の受験事情を研究する人間には便利かも知れないが、それ以外には全く必要のない本。
[PR]
by roudai | 2010-12-28 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号260 本音で迫る文学史

d0133636_227848.jpg
【タイトル】田村の[本音で迫る文学史]
【著者】田村秀行
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】198頁
【目次】
はしがき
Ⅰ 日本近代文学史の流れ
 第一章 日本近代文学の幕開け
 第二章 写実主義と浪漫主義
 第三章 明治二十年前後
 第四章 紅露時代
 第五章 言文一致運動
 第六章 『文学界』と前期浪漫主義
 第七章 新体詩の導入
 第八章 『明星』と後期浪漫主義
 第九章 俳句・短歌の革新
 第十章 象徴詩
 第十一章 社会派の文学
 第十二章 自然を描いた文学
 第十三章 明治四十年前後
 第十四章 自然主義
 第十五章 自然主義の作家たち
 第十六章 反自然主義
 第十七章 夏目漱石
 第十八章 森鴎外
 第十九章 耽美派
 第二十章 理知主義―新思潮派
 第二十一章 人道主義―白樺派
 第二十二章 私小説
 第二十三章 戯曲
 第二十四章 口語自由詩の成立
 第二十五章 短歌・俳句のその後
 第二十六章 関東大震災
 第二十七章 新感覚派
 第二十八章 新心理主義
 第二十九章 近代詩の発展
 第三十章 プロレタリア文学
 第三十一章 文芸復興
 第三十二章 戦時下の文学
 第三十三章 戦後文学の出発
 第三十四章 無頼派
 第三十五章 戦後派
 第三十六章 第三の新人たち以降
Ⅱ 個別の文学
 第一章 明治初期の文学
 第二章 歌人たち
 第三章 小泉八雲
 第四章 泉鏡花
 第五章 柳田国男
 第六章 佐藤春夫
 第七章 宮沢賢治
 第八章 大衆文学者たち
 第九章 新興芸術派
 第十章 梶井基次郎
 第十一章 転向文学者たち
 第十二章 三島由紀夫
Ⅲ 余話
 第一章 「文学」と「文芸」
 第二章 日本近代文学の堅苦しさ
 第三章 「純文学」と「大衆文学」
 第四章 江戸文学の名残
 第五章 言文一致運動の帰結
 第六章 正岡子規の性質
 第七章 短歌と俳句の違い
 第八章 鴎外・漱石・荷風の帰朝後の態度
 第九章 森鴎外の遺書
 第十章 作家たちの演技
 第十一章 中原中也と小林秀雄
 第十二章 『女人藝術』
 第十三章 自殺文学者たち
 第十四章 第二芸術論
「本書に出てくる作品年表」
【初版発行年月日】1995年9月1日
【収蔵品発行年月日】1996年8月15日 第2刷発行
【収蔵品定価】1200円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】600円
【代替参考書】土屋博映「土屋の試験に出る文学史」(ライオン社)
【コメント】
「文学史」とあるが、目次の内容を見れば分かるように昭和半ばまでの「日本近代文学史」。

読んだこともない本の羅列になりがちな「文学史」を、時系列に沿って互いの関連を押さえつつ読みやすくまとめている希有な本。ひとえに田村師が国文学畑の人ではなく哲学科出身ということもあるだろう。

いささかプロレタリア文学の評価が高すぎる点や戦時下真っ暗史観に辟易する点もあるが、本文中にレベルの高いことを埋め込みながら、各章の最後に「本章でかならず覚えること」という形で受験における必要最低レベルの内容を再確認してくれる点は受験生のレベルを知り尽くしているからこその老婆心の現れだろう。

Ⅲの余話は田村師の主観を前面に出したため受験レベルを逸脱した話も多く、受験にすぐ役に立つわけではないが、知っておくと理解が深まる興味深い話が多い。正岡子規の性質についての暴露(山本夏彦翁の読者から見ればこれでも全然"甘い"と思うが)など、教科書しか読んでいない生徒がビックリするような内容もある。正直、鴎外や荷風も子規以上に人格に問題を抱えた人間だっただけにその辺もキチンと書いて欲しかった。その辺を詳しく知りたい方には夏彦翁の「完本・文語文」(文春文庫)をオススメしておく。
[PR]
by roudai | 2010-12-21 00:00 | 国語 | Comments(2)

収蔵品番号259 これっきり英文解釈

d0133636_2213675.jpg
第3刷
d0133636_2213195.jpg
第14刷
【タイトル】超基礎英語塾これっきり英文解釈
【著者】佐藤雅文
【肩書】中央ゼミナール講師/一橋学院講師
【出版社】学研
【サイズ】A5
【ページ数】159頁
【目次】
はじめに
本書の構成と活用法
Part1[これっきり学習テク]どうして英文解釈が苦手なのかその理由を解明しよう!
Special Lecture 文の意味は動詞が決定することに気づけばもうOK!
これっきり学習テク1 動詞をマークすれば英文の骨組みはばっちりわかる
これっきり学習テク2 主部を大きなかたまりでとらええれば訳文はできる
これっきり学習テク3 目的語の部分がどこまでか分かれば正しい訳がつく
これっきり学習テク4 動詞を”=”にすれば目的語と補語を見分けられる
これっきり学習テク5 つなぎの言葉が分かれば複雑な文だってOKだ!
Special Lecture ノートは/や○をフル活用すれば実力大幅UPだ
Part2[これっきりルール]覚えることがたくさんあるように思えるけど大事なルールはコレ!
これっきりルール1 動詞の訳し方は文型とペアで覚えることが基本だ
これっきりルール2 イコールの関係が発見できれば、補語のある文だ
これっきりルール3 不定詞は仮主語構文や意味上の主語が要マークだ
これっきりルール4 動名詞は、文中で主語・補語・目的語の役目をする
これっきりルール5 分詞の用法は名詞を修飾したり、補語になることだ
これっきりルール6 分詞構文はつなぎの語と主語を補って訳せばよい
Let's try!
これっきりルール7 and、but、or、for、soを見たら○でかこんでしまえ
これっきりルール8 名詞節は主語、補語、目的、同格のどれかになる
これっきりルール9 関係代名詞は「接続詞+代名詞」に置き換えよう
これっきりルール10 副詞節は時・原因・理由・目的・結果・条件・譲歩を表す
Let's try!
Part3[これっきりピンチ脱出法]入試問題でつまずくところは決まっている。切り抜け方をコーチ!
これっきりピンチ脱出法1 意味の通らない訳文になったら主語を確認しよう
これっきりピンチ脱出法2 Thisが全文の内容を表すときには要注意だ
Let's try!
これっきりピンチ脱出法3 関係詞に導かれる文は( )でくくってしまえ!
これっきりピンチ脱出法4 同格関係にある語句を見つけたら線でつなげ!
Let's try!
これっきりピンチ脱出法5 カンマではさまれた挿入はとりあえず無視!
これっきりピンチ脱出法6 省略構文は省略されている語句を補って訳せ
これっきりピンチ脱出法7 倒置構文はもとの構文の順序を正してから訳せ
これっきりピンチ脱出法8 無生物主語の構文は主語を副詞のように訳せ
Let's try!
index
【初版発行年月日】1992年7月
【収蔵品発行年月日】1993年3月 第3刷発行/2002年3月 第14刷
【収蔵品定価】850円(本体825円)/本体850円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】篠田重晃・玉置全人・中尾悟「英文読解の透視図」(研究社出版)
【コメント】
夏コミで出した「1QQ4」の第1章ではないが、2つの表紙の違いが分かるだろうか。

「ダイナマイト英文解釈」の佐藤雅文師と言えば伊藤政弘師と並ぶ中央ゼミナール英語科の二枚看板だが、ふとブックオフで手に取った版を見ると肩書きが一橋学院講師になっていた。表2のプロフィールを見ると1982年から一橋学院講師ということになっているが、さすがにコレは勇み足だろう。ちなみにカバーを取ると両方とも表紙は「中央ゼミナール講師」となっている(というか、カバーにしか刷数表記がない)。
d0133636_22133567.jpg
d0133636_22134277.jpg
学研の「超基礎」シリーズの英語は井川治久師のシリーズが売れ線で、その他は目立たないまま消えてしまったのかと思っていたら、意外や意外この本は10年近く流通していたことになる。
「ダイナマイト英文解釈」というキャッチコピーの割にあまり衝撃的な内容ではなかったために今まで評価していなかったのだが、冒頭の件をキッカケに読み直すと意外に悪くないことに気づいた。
確かにこの本にしか書かれていない衝撃的な内容は無い。ただ、出来の悪い生徒にとって、「これっきり」という割り切り方が絶妙なのだ。あくまで偏差値55以下というレベルにおいて、この本に書いてあることが「アタリマエ」になれば英文を見る目がだいぶ変わってくるはずだ。逆に言うと、目次の表題から書かれている内容が類推できないようだとまだまだこの本を読む意味はあるのではないか。
ある程度以上のレベルだとPart1・2は「何を今更」感が濃厚で、いちいち例文を図解されるのをクドく感じて本を放り投げてしまうかもしれないが、Part3のやや長めの下線部訳とその解説の丁寧さはそれまでの労苦に報いるだけの内容はある。代替参考書はこの本より遥かに上のレベルだが方向性自体は一緒。
[PR]
by roudai | 2010-12-14 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号258 受験数学超上達法

d0133636_232649100.jpg
【タイトル】大学入試集中講義 受験数学超上達法 合格への最短コース
【著者】中西伸介
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】桐原書店
【サイズ】A5
【ページ数】207頁
【目次】
第1章 三角関数
ポイント0 この分野の特徴と上達のポイント
ポイント1 単位円を制するものは三角関数を制す
ポイント2 公式の海に溺れないためにはどうすればよいか
ポイント3 難解「三角関数の合成」を使いこなすには
ポイント4 sin、cosアレルギーの人たちに朗報!「三角関数の問題をsin、cosを使わずに解く方法」
第2章 指数・対数関数
ポイント0 この分野の特徴と上達のポイント
ポイント1 指数と対数は1つのものを表から見るか裏から見るかの関係にある
ポイント2 方程式・不等式を解けるか否かが基本事項の理解度を見るための目安になる
第3章 数列
ポイント0 この分野の特徴と上達のポイント
ポイント1 数列の基本は「植木算」にあり
ポイント2 公式丸暗記は間違いのもと。実際に使える形で覚えよ!
ポイント3 漸化式は解法の大きな流れをつかめ!
ポイント4 数列の和の求め方も本質的な共通性をつかめ!
第4章 ベクトル
ポイント0 この分野の特徴と上達のポイント
ポイント1 「すべてのベクトルは基本ベクトルの一次結合の形で表せる」この事実がすべての問題の土台にある
ポイント2 内分点は求めることはもちろん式中から取り出すことも重要である
ポイント3 内積を使いこなすためには
ポイント4 ベクトル方程式によって図形がいっそう深く理解できる
第5章 行列
ポイント0 この分野の特徴と上達のポイント
ポイント1 実数計算との比較が行列計算をマスターするための一番の近道である
ポイント2 「ケーリーハミルトンの定理」は成分計算を避けるための最も有力な武器である
【初版発行年月日】1994年4月25日
【収蔵品発行年月日】1994年4月25日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】1100円(本体1068円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】15000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】佐々木隆宏「大学入試合格力を鍛える数学勉強法」(中経出版)
【コメント】
2、3年前までは5000円前後で取引されていたが、最近は1万円越えはザラというベラボーな値段で取引されている本書。駿台の先生にしては刺激的なタイトルがデキない生徒の「青い鳥」幻想を呼び起こすのだろうか。

何でも市川伸一「勉強法が変わる本」(岩波ジュニア新書)で高く評価されているそうだが(この本自体持っているが未確認)、だいたい2000年に発行された本が6年前に出て、アッという間に絶版になった本を勧めている段階で不見識かつ無責任と思わなければならない。
表紙を見れば分かる通り、本書の内容は三角関数/指数・対数関数/数列/ベクトル/行列に限られており、数Ⅱ・Bの"花形"である微分・積分には一切触れていない。
表2の
●受験数学の勉強法を書いたノウハウ本はいろいろあるけれど、それを読んでから参考書を別にやるのは2度手間じゃないか。1冊で両方の役割を果たす本があればこれほど便利なことはないじゃないか!待望の1冊ついに登場!
という文言は同意できる部分もあるが、たかだか200頁ちょいの分量で「2度手間」だ何だと御託を並べていると、同じ「大学入試集中講義」シリーズの著者である飯田康夫師「勉強量という点で絶対に足りない」と一喝されそうだ。

確かにこの5単元の基本レベルから講義体で懇切丁寧に解説してくれるが、目新しい点はほとんど無い(個人的には角の合成と単位円の関連が興味深かったが)。少なくとも通年で予備校に通っていればこの程度の内容はどの講師でも授業中に話しているはず。このペースで1冊につき1単元くらいの内容なら評価できるが、5単元も入れたためにどれもこれも中途半端なレベルまでしか説明できていない(特に行列)。高2の1学期くらいで使うならまだしも、受験期になって大枚はたいて買う本ではない。
内容自体が悪い本ではないため、多少のプレミアは仕方ないが、鑑定額以上出して買ったら間違いなく後悔する本。

[追記]
倉庫から問題の「勉強法が変わる本」を引っ張り出してきて言及した箇所を探したら、本文ではなく、コラムでちょっと紹介しただけだった。
中西伸介著『受験数学超上達法』
 ぼくの研究室にいた数学好きの大学院生が、ぼくならきっと気に入るはずだと言って紹介してくれたのがこの本である(桐原書店,1994)。ほんとうに、数学の受験参考書の中ではいちばん気に入ってしまった。著者の中西氏は駿台予備学校の数学科の講師で、数学の専門職にもついている人だ。
 最も共感できるのは、「ただ公式を丸暗記するだけでなく、考え方の筋道をしっかりとらえることが、じつは受験数学を制する実力をつけるためのいちばんの近道である」と述べている点だ。だから、基本的な概念や公式の意味をすごくていねいに(しかも簡潔に)説明しているし、問題を解くときのポイントも的確に指摘している。語り口調で書かれているので読みやすく、実際の講義を聞いているような気分にさせられる。質の高い予備校の講義とはこのようになされるものなのかと、妙に感激してしまった。
 解説してある分野は、三角関数、指数・対数、数列、ベクトル、行列で、それほど網羅的ではないし、例題数も多くはない.にもかかわらず、「どのように学ぶか/考えるか」という姿勢がゴチックや赤字で随所に語られているので、数学学習への取り組み方をしっかり学ぶことができるだろう。(前掲書P.136・太字は引用者による)
2000年時点の院生が紹介したのだから現役時がちょうど5~6年前で帳尻は合う。太字の箇所は館長が言及している点と同じで、それをプラスと見るかマイナスと見るかの違いだ。ただ、この本を斜め読みする限り市川氏の予備校と受験参考書に関する知識(市川氏が東大を受験したのは共通一次より前)で特筆するものはなく、狭い見識の中から取り上げたものを転売屋が針小棒大に喧伝したものだろう。
[PR]
by roudai | 2010-12-07 00:00 | 数学 | Comments(0)