浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号272 英語重要語法96

d0133636_7422671.jpg
【タイトル】西谷の英語重要語法96
【著者】西谷昇二
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】301頁
【目次】
LESSON 1~10 動詞編 ver.1 5文型
LESSON 11~20 動詞編 ver.2 頻出語法
LESSON 21~30 動詞編 ver.3 同一内容シリーズ
LESSON 31~40 動詞編 ver.4 [V] A [前] B 型
LESSON 41~50 動詞編 ver.5 基本動詞の熟語(句動詞)
LESSON 51~60 名詞・代名詞編
LESSON 61~70 形容詞編
LESSON 71~80 副詞編
LESSON 81~96 前置詞編
【初版発行年月日】1998年4月1日
【収蔵品発行年月日】1999年11月30日 第3刷発行
【収蔵品定価】1300円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】
【コメント】
1年間だけ放映された代ゼミTVネットだが、この本は西谷師人気もあってか翌年も販売・増刷されていたことが分かる。
目次だけを見て既視感を覚える読者もいるだろうが、その通り。先週取り上げた旺文社の「語法100」と全く同じ(最後の前置詞編だけまとめ方が若干違う)章立てだ。
では何で他の参考書のように別版扱いにしなかったのか、と思われるかもしれないが、理由は簡単。目次は一緒でポイントをまとめた表も一緒なのだが、題材としている問題形式が全く違うからだ。
「語法100」は1項目につき1題、択一式の語法問題を解く→解説を読む、という形式だが、本書は空欄補充を含む1~2パラグラフ程度の英文の解釈(構造説明付き)→解説→数題の択一式の演習問題+場合によっては冒頭の英文に関する実戦問題と、1回につき45分だった番組構成に合わせてだいぶ増量されている。
授業のメインはおそらく英文解釈だったと思われ、その部分については文の構造を示した図と訳文しかないが、それでも解釈において語法の知識がどう影響するかについては分かる。
[PR]
by roudai | 2011-02-22 00:00 | 英語 | Comments(4)

収蔵品番号271 英語入試頻出語法100

d0133636_23182169.jpg
【タイトル】西谷昇二の英語入試頻出語法100
【著者】西谷昇二
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】136頁+CD2枚(69分・74分)
【目次】
本書の利用法
PROGRESS・1 動詞編 ver.1 5文型
PROGRESS・2 動詞編 ver.2 頻出語法
PROGRESS・3 動詞編 ver.3 同一内容シリーズ
PROGRESS・4 動詞編 ver.4 [V] A [前] B 型
PROGRESS・5 動詞編 ver.5 基本動詞の熟語(句動詞)
PROGRESS・6 名詞・代名詞編
PROGRESS・7 形容詞編
PROGRESS・8 副詞編
PROGRESS・9 前置詞編・一般用法(pt.1)
PROGRESS・10 前置詞編・一般用法(pt.2)
頻出語法100総索引
【初版発行年月日】1997年6月27日
【収蔵品発行年月日】1997年10月1日 第3刷発行
【収蔵品定価】3000円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3500円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】
【コメント】
代ゼミデビュー以降20年にわたってトップクラスの人気を誇る西谷師の数少ない解説音声付き参考書。正規販売されたものは館長の知る限り、これと「西谷昇二の入試英語読解最強アイテム100」しかないはず(他に雑誌付録CDがある程度)。最近はCD付きの参考書も珍しくないが、当時はまだだいぶ高い代物だった。
久しぶりに聞く西谷師の声は館長が受講した頃と全く変わらず、この歳になって聞くとこっ恥ずかしい煽り文句もそのままだ。まだ右も左も分からぬ高校生なら素直に受け取れるのだろうが。
100題強の英文法問題を元に、解説の中で派生する語法のポイントを丁寧に熱く語ってくれる。通して聞くと疲れるので、空いた時間に数項目ずつ聞くのがベストか。
テキストも入試レベルで聞かれることをコンパクトにまとめた内容で(完全書き下ろしではなく西谷師の講義テキストからの転載と思われるが)、これを完璧にマスターできたら文法・語法問題が足を引っ張ることはなくなるだろう。
[PR]
by roudai | 2011-02-15 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号270 The BASICS

d0133636_2330171.jpg
【タイトル】宮崎尊の入試英語基礎問題集 The BASICS
【著者】宮崎尊
【肩書】「大学受験ラジオ講座」講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】159頁
【目次】
1 GRAMMAR
 [1]補語と語順の問題
 [2]to不定詞・動名詞の問題
 [3]時制・仮定法/助動詞の問題
 [4]接続詞と関係詞の問題
 [5]比較・否定と倒置の問題
2 WORDS & PHRASES 語法問題
 [1]基本動詞の問題
 [2]前置詞(副詞)の問題
 [3]連語・熟語の問題
 [4]「つなぎ語」の問題
3 READING,TRANSRATION & COMPOSITION 英文解釈・英作文問題
 [1]カタマリを作る・並べる
 [2]文の「相似」&基本文形20
 [3]語句の「入れかえ」&作文基本形10
 [4]発想の転換
【初版発行年月日】1992年9月25日
【収蔵品発行年月日】1992年9月25日 初版発行
【収蔵品定価】700円(本体680円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】
【コメント】
92年ラ講別冊テキスト4月号宮崎尊の「The BASICS~入試必修英語の完全チェック~」の単行本化。
全部で3章に分かれているように、放送時にはわずか30分×3回で解説されている。単行本のレイアウトの頁跨ぎが多く、問題と解答(同じか次の頁にある)の位置が分かりづらいケースが多いが、別冊テキスト時はB5(128頁)だったためでそこだけが少し残念。
タイトルが「The BASICS」とストレートだが、それについて宮崎師はこう語っている。
 この本の題名"The BASICS"というのはもちろん「基本」という意味ですが、それは「易しい」という意味ではありません。「一般・普遍」を集めたものだと解釈して下さい。[図2](省略)を見てください。これが本当の姿です。基本が中央にデンとあって、例外的・特殊な事項が少しある。もちろんbutはこちらに入るわけです。実は入試問題だって、この基本の部分が7割、8割を占めているのです。いったん理解した後は実際の入試問題に当たって練習していくこと、また、語彙力を強化していくことが必要なのは言うまでもありません。しかし、この問題集を終えただけでも得点力は大きく伸びると確信しています。「普通・普遍」ということはどんな英文にも出てくる、つまり出題者が絶対に無視できない、その結果として毎年の入試問題で必ず扱われる「定番」問題を網羅することになるからです。(2~3頁)
わずか160頁弱の問題集だが、宮崎師が豪語する通り頻出問題がてんこ盛りで丸暗記する価値は十分ある。また切り口が単純な文法項目順ではないので、飽きが来ないこともよい。一応「宮崎尊の入試英語スーパーマニュアル」準拠の問題集という体裁だが、最低限の解説は付されており、単体で使用しても問題はない。
[PR]
by roudai | 2011-02-08 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号269 ニュー・チェック日本史

d0133636_123531.jpg
30刷
d0133636_1231415.jpg
33刷
【タイトル】大学入試ニュー・チェック①日本史
【著者】白井明
【肩書】代々木ゼミナール・新宿セミナー・渋谷ゼミナール・中央ゼミナール・栄光ゼミナール・早稲田ゼミナール/各講師
【出版社】評論社
【サイズ】B6
【ページ数】209頁+付録16頁+別冊16頁/209頁
【目次】
Ⅰ 原始・古代史チェック
Ⅱ 中世史チェック
Ⅲ 近世史チェック
Ⅳ 近現代史チェック
Ⅴ 直前たたき込み!日本全史チェック
Ⅵ 重要事項チェック
国公立共通一次試験問題(初版30刷のみ)
大学入試新傾向問題選(初版30刷のみ)
【初版発行年月日】1976年9月30日
【収蔵品発行年月日】1987年8月10日 初版第30刷発行/1989年8月20日 第33刷発行
【収蔵品定価】790円/850円(本体825円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】「一問一答日本史B用語問題集」(山川出版社)
【コメント】
かつては「白井の日本史」として確固たる地位を築き、館長が現役の頃は最晩年だったが手がけられた参考書の数ではまだNo.1だった。興味本位で1度だけ講習の「テーマ史ゼミ」にモグった(前田師と同じテキストを使っていたため)ことがあるが、狭い教室だったことと、板書も少なく口頭で説明するだけの退屈な授業だったことしか覚えていない。
その白井師も2002年12月にお亡くなりになり、今ではその著書も全て絶版になったため、今の受験生が全盛時の偉容を知ることは難しくなっている。
本書は数多く出された白井師の参考書群の中でおそらく一番のベストセラーであり、日本史の参考書がたった2年で3刷(その前は9年で30刷!)というのは、出版事情が現在と異なるとはいえ、予備校バブル期前であることを考えれば驚異的である。
中身は「山川の一問一答」と全く同じレイアウトだが、冒頭の「この本を利用する諸君へ」で
この本は簡単な一問一答形式によって日本史の基礎を確立し、また直前学習でのたたきこみにも応じようとしたものである。その点ではわが国ではじめてのユニークな本である。(太字原文ママ・以下同じ)
と豪語している(「その点」が何を指すのかが微妙だが・笑)ところから山川の方が後発なのだろうか(山川は改訂毎に初版年月日を戻してしまうので、正確な前後は不明。手元の「一問一答改訂版」の初版は1989年、ちなみに「日本史Q&A」の初版は1987年)。
また、「Ⅴ 直前たたき込み!日本全史チェック」について、同じく冒頭で
日本全史チェックは12月まで手をつけてはいけない。これは直前たたきこみ用であって、12月になってからやろう。入試本番直前にやるのが時間活用上、有効である。正確に見て、口で唱えて、書いて、ものにしよう。入試本番中だけ身につけておけばよく、本番がすんだら忘れてしまってかまわない。」
という「それを言っちゃあオシマイよ」な割りきり方を書いてしまっているのは受験生本位と言えるが、12月からと勿体付けたワリに「日本全史チェック」自体難度の高い一過性の盲点集ということはなく、今の眼で見ると単に通史で取りこぼした分をまとめただけにしか見えない(勿論、現在の私大日本史がより重箱の隅を突くようになったためで、当時としては難問だったのかもしれないが)。
なぜか当時評論社の参考書には別冊付録の入試問題集が添付されていたが、33刷には無く(古書で入手したので散逸してしまったのかもしれないが)、また目次には両方「国公立共通一次試験問題」と書かれているものの、33刷では該当箇所が存在しない(目次の消し忘れ?)という評論社のアバウトな編集態度が一笑を誘う(30刷では当時の直近2年分である60年/61年の共通一次試験問題と正解を収録)。
[PR]
by roudai | 2011-02-01 00:00 | 社会 | Comments(2)