浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号277 ものがたり現代文

d0133636_23465066.jpg
【タイトル】木島の[ものがたり現代文]
【著者】木島佐一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】240頁
【目次】
亭主の好きな赤烏帽子
山のあなたの空遠く
抽象と捨象
レモン哀歌
異文化との出会い
空想の魔杖
【初版発行年月日】1986年10月5日
【収蔵品発行年月日】1990年2月25日 第3刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】800円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
現在は野川塾という国語専門の塾を主宰している木島師唯一の参考書。オモ参最初期に出された本なので結構早い時期に絶版になっており、オークションでもあまり見かけなかった。
1題あたり30頁超を費やした解説は確かに丁寧なのだが、読解のポイントや普遍的な法則は何も示されず、高校教師のようなダラダラとした一方的な説明しかない。しかも収録された文章も文学的な文章に偏っており、嬉々として文学史的な説明を繰り広げているあたり、昨今の出題傾向からはだいぶかけ離れている。
文学部や女子大といった文法・文学史・文学的文章を出題する一部の大学を受験する生徒以外は全く必要のない参考書である。
[PR]
by roudai | 2011-03-29 00:00 | 国語 | Comments(3)

収蔵品番号276 クニヒロの入試の英作36景 第1集

d0133636_2344363.jpg
【タイトル】添削式クニヒロの入試の英作36景第1集
【著者】國弘正雄(企画構成 川村徹)
【肩書】東京国際大学教授・上智大学講師・NNN系テレビ「きょうの出来事」キャスター
【出版社】南雲堂
【サイズ】A5
【ページ数】120頁
【目次】
第1景 (学習院大)
第2景 (高知大)
第3景 (白百合女子大)
第4景 (新潟大)
第5景 (慶応大)
第6景 (神戸大)
第7景 (徳島大)
第8景 (京都府立大)
第9景 (徳島大)
第10景 (阪大)
第11景 (神戸大)
第12景 (奈良女子大)
第13景 (岡山大)
第14景 (一橋大)
第15景 (中央大)
第16景 (同志社大)
第17景 (東大)
第18景 (阪大)
第19景 (京都府立大)
第20景 (中京大)
第21景 (群馬大)
第22景 (追手門学院大)
第23景 (学習院大)
第24景 (成城大)
第25景 (弘前大)
第26景 (筑波大)
第27景 (聖心女子大)
第28景 (福島大)
第29景 (山口大)
第30景 (津田塾大)
第31景 (同志社大)
第32景 (京都教育大)
第33景 (秋田大)
第34景 (広島大)
第35景 (京都大)
第36景 (横浜市立大)
【初版発行年月日】1987年11月10日
【収蔵品発行年月日】1987年11月10日 1刷
【収蔵品定価】880円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】国弘正雄「怒涛の入試英作文基礎20題―英作文はこれで楽勝!」(たちばな出版)
【コメント】
前回紹介した「入試の英作36景」シリーズの第一弾。今から四半世紀近く前の問題ばかりなので全てが和文英訳形式なのも第2集との違い。第1集ということもあって、第2集を見た後だと色々とアラも見える。解答例は第2集のようなネイティヴ臭がなく、大げさなBig Wordが所々に顔を覗かせているところから國弘氏自ら書き起こしてネイティヴチェックを受けているように見える。
[PR]
by roudai | 2011-03-22 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号275 おまえはバカじゃない

d0133636_2342342.jpg
【タイトル】暴走族から予備校講師になったオレが言うんだ「おまえはバカじゃない」やれば必ず合格する
【著者】吉野敬介
【肩書】元・暴走族特攻隊長 現・代々木ゼミナール古文講師
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書
【ページ数】208頁
【目次】
オレほど"できない"受験生なんて、ほかにはいない―まえがきにかえて
1章 「どうせオレはバカだから」と、なぜ最初からあきらめてしまうんだ
    ―偏差値25から四ヶ月で大学に合格するまで
2章 「みんながやっているから」と、なぜ人と同じことしかやらないんだ
    ―"みんなと同じ"勉強をしていたら、オレは絶対に合格できなかった
3章 「どうもやる気が出なくて」と、甘えるのもいいかげんにしろ
    ―オレは"つっぱり"のエネルギーを、全て受験にぶつけた
4章 「どこでもはいれればいい」と、自分の力を出し惜しみするな
    ―大きな目標があったから、オレもここまでがんばれたんだ
【初版発行年月日】1991年7月30日
【収蔵品発行年月日】1993年6月30日 第11刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】吉野敬介「やっぱりおまえはバカじゃない」(小学館文庫)
【コメント】
現在は自ら塾を設立し塾長に収まっている吉野師の代ゼミ大船校時代に書かれた処女作。なぜかこの本だけ最近見かけないなと思ったら文庫化されていた。小泉チルドレンの杉村太蔵氏が自殺ネタをパクって詫びを入れさせられたのもこの本。
現在に至るまで暴走族上がりをウリにした講師が他にいないように、当時としても衝撃的な内容だったが、基本は自分がどれだけ不良だったか、どれだけ集中して勉強したかの自慢話に終始し、これを読んで共感を覚えたり、やる気が出るのはホンの一握りの例外的受験生だけだろう。勿論、効率的な勉強法など何も書かれていない。
友人達の吉野評では義理だ人情だと持ち上げているが、この本の中で恩人として名前を挙げている土屋師をその後、後足で砂をかけるように自著でボロクソに書いていなかっただろうか。
初期の経歴に必ず書かれていた代ゼミの講師採用試験で最高点獲得というのも、よく読めば、代ゼミ史上2人目の受験生(普通は採用試験など行わない)だったというオチ。
[PR]
by roudai | 2011-03-15 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号274 日本史Q&A

d0133636_22233894.jpg
【タイトル】私大・二次対策 日本史Q&A
【著者】小池勲
【肩書】
【出版社】山川出版社
【サイズ】B6
【ページ数】285頁
【目次】
第1章 古代国家の起源
第2章 律令国家の形成
第3章 貴族政治と国風文化
第4章 武家社会の形成
第5章 武家社会の成長
第6章 幕藩体制の確立
第7章 幕藩体制の動揺
第8章 近代国家の成立
第9章 近代日本とアジア
第10章 現代世界と日本
【初版発行年月日】1987年2月10日
【収蔵品発行年月日】1994年12月10日 1版15刷発行
【収蔵品定価】710円(本体689円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】700円
【代替参考書】
【コメント】
山川出版社は歴史専業出版社らしく、一度出した本は細々と増刷を続けてくれる出版社として定評があった(単に売り切れるほど売れ行きが良くないため?)が、この本はゆとり世代には余りにも難しすぎるためか、後に「日本史Q&A―私大・二次対策日本史B」として改訂された後、あっという間に姿を消した。
館長が受験生の頃は、「この本を丸暗記すれば早稲田の政経は堅い」と言われたものだが、幾多の受験生がその甘言を信じて討ち死にしたものだ。とにかく山川の「詳解日本史」のどこかに書いてある事が細大漏らさず1問1答形式になっており、その難度は「高校生クイズ」の決勝戦並であった。
他社からも「一問一答」形式の日本史参考書は沢山出ているが、間違いなく最強(最凶)と言える内容で、よほど時間に余裕のある浪人生以外にはとても勧められない。
[PR]
by roudai | 2011-03-08 00:00 | 社会 | Comments(2)

収蔵品番号273 現代文頻出問題解法

d0133636_7441965.jpg
【タイトル】吉成の現代文頻出問題解法
【著者】吉成学
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】学研
【サイズ】A5
【ページ数】191頁+別冊48頁
【目次】
第一章 予講―これだけは頭に叩き込もう
 入試現代文「何が」「どう」出る!
  評論・論説
  小説
 本書の効果的な使い方―現代文を"手"で解く法
第二章 本講―手で解く頻出問題10
 第1講 評論1 記号論への招待
     池上嘉彦●立教大学・経済学部
 第2講 評論2 観察としての小説
     川村二郎●北海道大学(前期)
 第3講 評論3 回転木馬のデッド・ヒート
     村上春樹●専修大学・商学部
 第4講 評論4 暮らしの思想
     加藤秀俊●南山大学・経済学部
 第5講 評論5 住まい方の演出
     渡辺武信●東京大学(前期)
 第6講 評論6 時代観察者の冒険
     小林信彦●龍谷大学・文学部
 第7講 評論7 宗教と科学の接点
     河合隼雄●関西学院大学・経済学部
 第8講 評論8 異文化としての子ども
     本田和子●九州大学
 第9講 小説1 桜島
     梅崎春生●岡山大学
 第10講 小説2 幽霊
     北杜夫●センター試験
第三章 補講―現代文重要語100
【初版発行年月日】1994年10月
【収蔵品発行年月日】1995年2月 第2刷発行
【収蔵品定価】本体930円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】森永茂「入試現代文 読解と正解のルール (学研合格新書)」(学習研究社)
【コメント】
以前「参考書の品格」で軽く取り上げた駿台の講師による問題集型参考書。
今では教えていないようで、検索しても引っかからないが、関西圏の講師なのか結構関西私大の問題が取り上げられている。
表紙に大きく「手で解く」と書いてあるが、手の「作業」という点では有坂師の「例の方法」の方が上。
記述式の問題が多く、どちらかと言えば国公立型の本文の表現にとらわれない解答方法なので、国公立志願で現代文をどこから手を付ければいいか分からない生徒向き。
各問題について、授業中に行うような文章構造の板書が示され、それに基づく120字~200字の要約例も提示されているのが特徴。ただし字数制限が甘いため、要約例はまだだいぶ削れる感じであくまで入門レベル。
第8講の九大の問題のように、空欄補充の問題が省かれていたりするので、この本1冊でオールマイティというわけではないが、解説が丁寧な記述・要約の問題集は珍しいため使う人間のレベルによってはもう少し上の評価をしてもいいかも。
[PR]
by roudai | 2011-03-01 00:00 | 国語 | Comments(0)