浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号294 英文法問題の特訓345

d0133636_1241377.jpg
【タイトル】大学入試集中講義 英文法問題の特訓345
【著者】飯田康夫
【肩書】駿台予備学校専任講師
【出版社】桐原書店
【サイズ】A5
【ページ数】203頁
【目次】
第1章 5文型に関わる問題
第2章 動詞の時制と仮定法に関わる問題
第3章 助動詞に関わる問題
第4章 不定詞・動名詞・分詞に関わる問題
第5章 代名詞に関わる問題
第6章 関係詞に関わる問題
第7章 接続詞と前置詞に関わる問題
第8章 疑問文と否定文などに関わる問題
第9章 形容詞と副詞と比較に関わる問題
第10章 冠詞と名詞と一致に関わる問題
さくいん
オイラの提言
「文法をやれ」「参考書を読め」「授業の効果は予習しだい」「目標を高く持て」「他人にたよるな」「自分にとって何が得か考えろ」「時間を大切にしろ」「予備校だって改革すればいい」「点の取れる答案を書け」「合格しろよ」
【初版発行年月日】1995年10月25日
【収蔵品発行年月日】1996年1月20日 第2刷発行
【収蔵品定価】1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】飯田康夫「英文法基本300選」(駿台文庫)
【コメント】
桐原書店の「集中講義」シリーズの最終巻(?)。これまでの3冊はいわゆる「実況中継」型だったが、この本だけなぜか「英頻」型の文法問題集(やや整序・条件作文多め)。表題にあるようにわずか345題で、基本見開き4題のレイアウトなので解説量は英頻やその類書と比べて格段に多い。解いていくと、未見ではないが何度も間違えた記憶のある問題ばかりで、ムダのない筋肉質な作りになっている。
「だから英文法は~」「やっぱり英文法は~」で繰り返された受験生に向けた苦言も「オイラの提言」という形で繰り返されている。最近飯田師は積極的に新刊を出されているので、この本でなければ、というのはこの「オイラの提言」だけで(師の「英文法道場」を見ていれば同様な内容が書かれているし)、わざわざプレミア価格で購入する必要性を感じない。Amazonでは絶版扱いだがまだ版元から手に入る「精選英文法道場4択問題123×3」が問題量・質共にこの本に一番近いだろう。
[PR]
by roudai | 2011-07-26 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号293 小泉の古語・慣用句ブック

d0133636_12402321.jpg
【タイトル】小泉の実力がつく古語・慣用句ブック
【著者】小泉貴
【肩書】武蔵高等予備校講師・代々木ゼミナール講師
【出版社】學燈社
【サイズ】B6
【ページ数】159頁
【初版発行年月日】1991年8月1日
【収蔵品発行年月日】1991年8月1日 初版発行
【収蔵品定価】600円(本583体円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】土屋博映「土屋の古文単語222」(代々木ライブラリー)
【コメント】
増進会出版の「古文セミナー42」(改訂後は「最強の古文」と改題)で知られる小泉師だが、武蔵高等予備校の講師だった(一時期は代ゼミにも出講していた)ことは一般にはあまり知られていない。

學燈社からは「武蔵の抜群」シリーズの「必修英文740」と「英解公式110番」が再刊している縁からも小泉師が同シリーズで出していた「古語・慣用句のすべて」の再刊が期待されたが、全くの別物なので注意が必要。
おそらく同様の表紙デザイン(こちらはA5)で出された篠崎武(富増章成)「高速学習 近現代マニュアル」(学燈社)と同様に『受験の国語 学燈』の増刊号(厳密には増刊号版の存在は「高速学習 古代~近世マニュアル」しか確認できていない)として出版された内容を単行本化したものと思われる。

意味の広い言葉は1語1頁、次が2語1頁、一意しかない言葉は4語1頁という区分をしながら、語順は単なるあいうえお順というのはちょっといただけない。各語に付された「ノート」の内容が良いだけにもう少し並び順に気を配ってくれれば評価出来たのだが。

語数が300ということもあって、直接のライバルは先行する代替参考書になるが、新書の持ち運びやすさや、類似の意味をまとめた並び順などから「土屋」に軍配を上げる。
[PR]
by roudai | 2011-07-19 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号292 ホールインワン英語C

d0133636_1223411.jpg
【タイトル】ホールインワン英語 ランクC 偏差値45
【著者】松永憲二
【肩書】河合塾専任講師
【出版社】河合出版
【サイズ】A5
【ページ数】192頁+別冊29頁
【目次】
実力診断テスト
PART1 構文がねらわれる適語補充・適語選択問題
PART2 作文整序問題
PART3 あらゆる英語力が問われる誤文訂正・誤文選択問題
PART4 同意分作成・選択問題
PART5 会話完成・適文選択問題
修得度テスト(別冊)
【初版発行年月日】1990年5月20日
【収蔵品発行年月日】1990年5月20日 初版第1刷
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】
【コメント】
普通受験生は1年間、浪人したとしてもせいぜい2年間しか受験参考書の顧客とはならないものである。
ところが、シリーズものの参考書というのはえてしてその2年のスパンに収まらないことが多い。例えば秋山師の発見的教授法による数学シリーズはスタートこそ6冊がほぼ同時(中1カ月)発刊だったが、「数学の計算回避のしかた」のみ6年も後に発刊されているし、安藤師の日本史講義シリーズも連載を元にしたとはいえ完結まで5年もかかっている。田村の現代文講義シリーズも、旧版は3年(+別冊5年)かかっている。
もっとも、木村光一「高校数学 探究と演習 上」(Z会出版・2007)のように、下巻を出す気があるのか無いのか分からない困ったチャンもいるのだが。

それらに比べれば多少マシだが、この「ホールインワン英語」もCが出て4カ月後にBが出た後ピタリと止まって、こうして収集を始めるまでAが出ていたことを知らなかった(AはBの1年後)。

表紙に大々的に書かれているように本書は一番下のランクC(河合塾模試偏差値45以下)向けとなっており、Bが偏差値46~54、Aが55以上となっているが、意外と侮れないのは山田師の「英文法初級問題集」に通じるモノがある。

本書の特徴は、「英頻」形式の問題に対して解説でその問題の急所となるキーワードを指摘しており、短答形式の英文法問題においてどこに注目すれば早く解けるのかという意識付けに重点が置かれている点で、どうやらその辺が「ホールインワン」らしい。「英頻」同様文法項目ではなく出題形式別にまとめられているので飽きずに進めることが出来る。
[PR]
by roudai | 2011-07-12 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号291 とことん数学Ⅰ・A

d0133636_0112859.jpg
【タイトル】今野和浩のとことん数学Ⅰ・A
【著者】今野和浩
【肩書】日本教育フォーラム・プレカレッジコース数学科講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】182頁
【目次】
第1講 2次関数
第2講 数と式(整式・論理)
第3講 三角比
第4講 個数の処理と確率
第5講 数列
第6講 2次関数の応用
第7講 数と式(整式・論理)の応用
第8講 三角比の応用
第9講 個数の処理と確率の応用
第10講 数列の応用
補講 入試直前基礎力ファイナルチェック
【初版発行年月日】1999年6月30日
【収蔵品発行年月日】1999年6月30日 初版発行
【収蔵品定価】本体952円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】今野和浩「センター力UP!はじめからわかる数学Ⅰ・A」(学研)
【コメント】
一時期話題となった「日本教育フォーラム」所属の今野師だが、最近は「日本教育フォーラム」という名前を聞くことも少なくなった(名古屋にはまだあるようだが)。Amazonの著者略歴によれば、昨年で代ゼミを勇退して自身が主宰する数専フォーラムに専念されたとのこと。そういえば昨年突然フレックスサテラインに出講して驚かせてくれた定松師も代ゼミを辞められて自身の私塾に専念されている。2000年を境にベテラン講師を一掃して一気にショボくなった「講師の代ゼミ」が再度スケールダウンの時を迎えているのだろうか。

蛍雪ライブシリーズでは、今野師と同じ「日本教育フォーラム」会員の真下雅浩師とが揃って「とことん数学Ⅰ・A」「数学Ⅱ・B」を出しており、大変紛らわしい。普通は1人に両方任せるか、1教科ずつ担当者を替えるかするものだが。

本書は今野師がこだわる「Frame(思考の枠組み)」を用いてセンターから文系二次程度の良問を分かりやすく解説している。最近のクドい参考書に比べると式変形の箇所などは至極アッサリだが、効果的に赤字のコメントを入れることでスッキリした構成になっており、収録した問題数はわずか40題(他に解答のみ30題)ながら泥臭い方法とスマートな別解を比較したりしたLecture部分が存外個性的でタメになる。
[PR]
by roudai | 2011-07-05 00:00 | 数学 | Comments(0)