浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号327 古文総攻撃<基礎編>

d0133636_1044991.jpg
【タイトル】木寺淳浩の古文総攻撃<基礎編>
【著者】木寺淳浩
【肩書】代々木ゼミナール専任講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】175頁
【目次】
はじめに
第1講 説話で入門[出典『十訓抄』『古今著聞集』]
第2講 歌物語で基礎確認[出典『伊勢物語』『大和物語』]
第3講 伝記物語で基礎制覇[出典『竹取物語』『落窪物語』]
第4講 日記で慣れる一人称作品[出典『更級日記』『和泉式部物語』]
第5講 敬語法一気攻略 随筆作品[出典『徒然草』『枕草子』]
【初版発行年月日】1999年2月25日
【収蔵品発行年月日】1999年2月25日 初版発行
【収蔵品定価】本体952円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
予備校の1学期の授業に相当する内容をコンセプトとした問題集型参考書。2学期分は<実践編>として出ているが、旺文社迷走期のためか流通量が少なく、古文の参考書としては異例の高値が付いている。<基礎編>も一時期同様だったがだいぶ見かけるようになった。
各講ごとに実用本位必出古文単語(ノルマ30語)→例文暗記省エネ文法→読み単で覚える古文常識→入試問題で固めるネットワークの文学史→ジャンル別スーパー長文読解(A・Bの2題)の順に並べられており、順を追って読んでいけば最後の長文読解が解けるようになっている。
これも処女作らしくページ数の割にはごちゃごちゃしたレイアウト(解説部分は全て2段組)で詰め込まれており、内容が詰まっていると見るか、窮屈で息苦しいと見るかで評価は分かれそう。ギリギリまで詰め込んだ結果、索引がないのも不親切か。
[PR]
by roudai | 2012-02-28 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号326 徳重の英語ポイント集PART2

d0133636_952297.jpg
【タイトル】徳重の英語ポイント集PART2 マークシート方式狙われる口語表現
【著者】徳重久雄
【肩書】代々木ゼミナール専任講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】B6
【ページ数】216頁
【目次】
Part 1 出題予想:重要語句編
Part 2 出題予想:文法事項・語句編
Part 3 出題予想:重要イディオム編(その1)
Part 4 出題予想:重要イディオム編(その2)
索引
【初版発行年月日】1985年1月20日
【収蔵品発行年月日】1988年12月25日 第14刷発行
【収蔵品定価】810円(本体788円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】瓜生豊・篠田重晃「全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ」(桐原書店)
【コメント】
世評の高い「PART1」や、整序作文に特化した「PART3」に挟まれていささか影の薄い本書だが、中を見るとどうしてどうして一筋縄ではいかない難問集である。
いわゆるマークシート方式を想定した択一式の問題形式に統一されており、「PART1」のとっ散らかったレイアウトと比べれば見やすさは断然である。惜しむらくは1色刷で平板な紙面だが、余白が多めにとってあるので書き込みも出来るし、自分で色分けして使いやすい参考書に成長させる可能性も秘めている。

収録問題の大半を占める重要語句編は現在でもその価値を減ずることはなく、きちんと押さえておけば確実に点差を稼げる問題が集められている。コラムも効果的に設けられており、例えば「たいせつなgoの用法」としてこんな問題が並べられている(正解は最後に)。大切かどうかは微妙な所だが、どれだけ正解できるだろうか。

366.またうわさが広がってきた。
The rumors are going (   ) again.
367.君の提案に賛成できない。
I can't go along (   ) your suggestion.
368.彼女は美人コンクールに参加を申し込んだ。
She has gone (   ) for the beauty competition.
369.音楽会はたいへん首尾よくいった。
The concert went (   ) very well.
370.肉が悪くなっている。
The meat went (   ).
371.彼女は昔あの男とよくデートをしたものだった。
She used to go (   ) with that man quite a bit.

重要イディオム編(その1)(その2)は純粋なイディオムばかりを集めた今では珍しいもので、知らなければ解けない問題だけに貴重だ。ただし、よく出るかと聞かれれば「No」なので、「フェイント集」の名にふさわしいとも言えるのだが。

正解はこちら
[PR]
by roudai | 2012-02-21 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号325 現代文 満点への公式12

d0133636_0165654.jpg
【タイトル】現代文 満点への公式12
【著者】村井義應
【肩書】平成学院予備校講師
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書
【ページ数】215頁
【目次】
まえがき
Ⅰ 理論編―あなたは現代文を"解釈"で解こうとして、点を落としていないか
(1)現代文は、満点を取って当然の科目
(2)現代文は、問題文を読むのではなく、ながめよ
(3)現代文は、設問の"読み方と解釈"が命である
(4)現代文は、数学のように解け
Ⅱ 公式編―誰でもラクラク満点がとれる"現代文12公式"
●公式編のはじめに
[公式一]「表題選択」
[公式二]「段落整序」
[公式三]「同義語選択」
[公式四]「反意語選択」
[公式五]「指示内容」
[公式六]「脱文補充」
[公式七]「要約」
[公式八]「心情分析」
[公式九]「語句補充」
[公式十]「理由説明」
[公式十一]「部分説明」
[公式十二]「接続詞補充」
Ⅲ 実践編―入試問題でわかる"現代文公式"の生かし方・高め方
●実践編のはじめに
[例題一]"公式"を最大限に生かす問題文、設問の"読み方"(青山学院大学)
[例題二]小説問題こそ"公式"をフル稼働させ、満点をねらえ(立正大学)
[例題三]"段落整序""記述"問題も"公式"でスンナリ解ける(京都女子大学)
【初版発行年月日】1993年3月30日
【収蔵品発行年月日】1993年3月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】出口汪「システム現代文 解法公式集」(水王舎)
【コメント】
しばらく現代文の参考書を取り上げていなかったので、何か適当なものは無いかと探していたが、年明け以降忙しくて腰を落ち着けて読み込む時間が無かったのでとりあえず新書版でお茶を濁すことにする。

本書はごま書房が予備校バブル期に出していた受験参考書シリーズの一環でありながら、変形新書版から新書版へのデザイン変更時に消えてしまったある意味「幻の本」である。この機会にキチンと中身を晒しておかないと、「現代文はだれでも満点が取れる科目だ!」などという扇情的なサブタイトルが一人歩きして将来どんな被害を生むか分かったものではない。
「センター試験現代文」で満点(100点)を取る、というのは決して不可能ではない(多少の「問題運」は必要)と思うが、全称命題としての「現代文で満点を取る」というのはマークシートでも至難の業で、まして記述問題では絵空事に過ぎない。それを出来ると言い張るのは夢想家かペテン師かはたまた革命家のどれかである。残念なことに世の中にはペテン師が溢れていて、この本もその例に漏れない。現代文に「公式」と呼ぶべき「解き方」が存在することは確かだが、この本に出ている「公式」とやらは何とでも言える玉虫色の内容の上、例題選択が恣意的で意味不明なモノも多い。例えば、同義語選択の例題で挙げられた同志社大の問題を見てみよう。
設問 傍線部C「本来の都市的な世界」の説明として正しくないものを、次の選択肢から選び、その番号をマーク解答用紙の所定欄にマークしなさい。

 産業化が高度に成熟し、その結果、いわゆる組織的な単純労働を必要としなくなったということは、都市民を、いまやはじめてC本来の都市的な世界に解放しつつあるとみることができる。

選択肢
1 娯楽文化やスポーツが盛行する世界
2 趣味や発想がさまざまに広がる世界
3 情報がとめどなく生み出される世界
4 物質的な素材が意味を喪失する世界
5 消費者の趣味や見識が問われる世界

この問題は公式6の筆者の評価をもとに判断します。
1「娯楽文化」「スポーツ」は、ここでは紙面の都合で出せませんが、本文中で批判されています。
2「趣味」「発想」は本文中で肯定されています。
3「情報」は本文中で肯定されています。
4「物質的な素材」は本文中で肯定されています。
5「消費者の趣味や見識」は本文中で肯定されています。
傍線部Cは筆者によって肯定されているので、評価の対応を検討すると1だけが矛盾します。
したがって、解答は1(112~113頁・太字は引用者による)
省略した本文が根拠という時点で噴飯もの(省略されたものからどうやって読み取るのか・嗤)だが、こんな出題年度も学部も出典もない例題を調べるのは時間の無駄なので、実際に本文に何が書かれていたのかを一々調査しないが、これだけの問題文しかないにしてもこの解答はおかしい。

筆者が「本来の都市的な世界」と言っているのだから字義通りに解せば「都市」が根源的に持つ、単純労働を要さない世界ということである。日々の糧を得るためだけの単純労働に時間を取られない、別の言葉で言い換えると「文化的」な生活である。

問題文が「説明として正しくないものを」(この点について全く触れていないのも不親切)となっているのだから、こういった方向性を持たない言葉が正解になる。であれば1はどこも間違っていないし、2も間違っていない。3も労働から情報にシフトしているので正しい。4は突然「物質的な素材」という実のある言葉が出てきた上に、「意味を喪失する」というマイナスの表現からして1~3とは明らかに異質な選択肢だ。素材が意味を喪失するとどうなるのか、素材でなければ加工技術なのか、本文を読んでいないので分からないがやはり異質だ。5も趣味や見識といった「文化的」な内容が重視されるということで1~3と方向性で言えば同じだ。「正しくないものを選べ」と言っている以上、5つの中で仲間はずれになるものが正解なのだから、これだけの材料から判断すれば4が正解とみるべきだろう。

記述式の解説もトンデモだ。
実例で、次の傍線部の説明について、制限字数が二十五字以内ということで検討してみましょう。
[実例]傍線部を二十五字以内で説明せよ。
 日常私達が使用する言葉は、自分の意思の伝達を目的とするものとされており、いわば記号として考えられている。しかし、歴史的に考察すると、もともと言葉とは呪術性を持った存在だった。このことを示すものとして、現代においても呪文という形が残っている。


このあと、驚愕の解説がキミを襲う!
[PR]
by roudai | 2012-02-14 00:00 | 国語 | Comments(2)

収蔵品番号324 数学ワークブック第0講

d0133636_23492021.jpg
【タイトル】湯浅の苦手克服講座 数学ワークブック第0講Ⅰ・A・Ⅱ・Bダッシュ!
【著者】湯浅弘一
【肩書】
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】128頁
【目次】
テーマ1 因数分解は5つに分けろ!
テーマ2 二重根号は√和±2√積にせよ!
テーマ3 割り算は大きく分けて2タイプ
テーマ4 こんな方程式も解けるかな?
テーマ5 整数解は大きく分けて5つに分ける!
テーマ6 2次関数はグラフと方程式の解を常にリンクせよ!
テーマ7 円と直線はキョリで解決!
テーマ8 軌跡とは点を見つめて式を作る!
テーマ9 必要・十分条件は内側⇒外側?
テーマ10 三角比で覚えておくのは4項目!
テーマ11 あれのそれ乗がこれ!
テーマ12 数列は具体化せよ!
テーマ13 1、2、たくさん!?(二項定理、多項定理)
テーマ14 微分とは、さわった感触!肌ざわり?
テーマ15 積分とは集めること
テーマ16 ベクトルはあっち、そっち、こっちのイメージ!
テーマ17 見えないけど見えろ!?複素数
テーマ18 場合の数・確率の基本は、まず数えろ!
【初版発行年月日】2000年5月15日
【収蔵品発行年月日】2000年5月15日 初版発行
【収蔵品定価】本体700円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1200円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】
【コメント】
代ゼミ→東進→代ゼミと珍しい経歴を積んでいる湯浅師の旺文社から出していた唯一のシリーズもの。
メインの数列・ベクトル・複素数・微分積分(数Ⅱ)の4冊とは別に、数Ⅰ・A・Ⅱ・Bの基礎を駆け足でまとめた第0講(本書)と数Ⅲの基礎をまとめた第00講がある。参考書で00なんて(この数字を見てルパート・ジョーンズを思い出せたらその人は筋金入りの阪神ファン)番号を用いたのは恐らくコレが最初で最後であろう。1~4はAmazonでも捨て値で売られているのに対し、この第0講と第00講はプレミア付きで取引されている。旺文社迷走期直後とあって紙質が極めて悪く、刊行10年にして状態の良い本は少ない。
内容は全18テーマについて3~4題ずつの例題があり、いきなり解答を読ませて「わかった?」と確認する斬新な内容。分からない場合のみその先のまとめを見て次に進むという「解かずに読む」問題集。やや解説部分が素っ気なく物足りないため、本当に分からないレベルだと他の参考書で補う必要があるが、確認して思い出せるレベルなら結構重宝する本。128ページ最後まで本文という下手な編集をした同人誌のような詰め込み方(本文自体は余白多めなので、上手くやれば最終頁くらいは余せたと思うが・笑)は湯浅師の熱意の表れだろう。偏差値50近辺で壁にぶち当たっている受験生限定の良書で、それ以上には不要な本。
[PR]
by roudai | 2012-02-07 00:00 | 数学 | Comments(0)