浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号331 本番で勝つ!古典文法

d0133636_1413896.jpg
【タイトル】大学入試 本番で勝つ!古典文法 「超」合格講座 新装版
【著者】飯塚敏夫
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】文英堂
【サイズ】A5
【ページ数】303頁+別冊32頁
【目次】
第Ⅰ部
古文講義
 1 はじめに
 2 基礎カチェック
 3 古文はカンで訳すな
 4 カンでは何とかならない
 5 古文公式で訳せ
 6 古文公式は入試に直結する
 7 設問も古文公式で即解
 8 センスを磨こう
 9 助動詞とは(一)
 10 助動詞とは(二)
 11 用言の活用
 12 用言の活用の種類
 13 活用形の名称
 14 助動詞の活用
 15 助動詞の接続日
 16 助動詞の接続
 17 漢文と助動詞
 18 助動詞の活用の型
 19 助動詞の語源
 20 助動詞の意味
 21 i動詞の意味の関係
 22 助詞
 23 敬語
 24 同形語の識別
 25 むすび
第Ⅱ部古文公式
用言編
 ①動詞
 ②形容詞・形容動詞
助動詞編
 ③き・け
 ④ぬ・つ
 ⑤たり・り
 ⑥ず
 ⑦「ぬ」「ね」の識別
 ⑧む(ん)・むず(んず)
 ⑨べし
 ⑩じ・まじ
 ⑪らむ(らん)・けむ(けん)
 ⑫まし
 ⑬らし・めり・なり
 ⑭る・らる
 ⑮「る」「れ」の識別
 ⑯す・さす・しむ
 ⑰なり・たり
 ⑱たし・まほし
 ⑲ごとし
助詞編
 20 格助詞―が・の
 21 格助詞―より・から・して
 22 接続助詞―ば・とも・ど・ども
 23 接続助詞―が・に・を・て
 24 接続助詞―ながら・ものから・ものの・ものを・で
 25 副助詞―だに・すら・さへ・し
 26 係助詞―ぞ・なむ(なん)や・か・こそ
 27 係り結びの注意点
 28 終助詞・間投助詞
敬語編
 29 敬語の基本
 30 敬語の二重使用
 31 奏す・啓す・給ふ
同形語の識別編
 32 Aランクの同形語
 33 Bランクの同形語
【初版発行年月日】1996年7月10日
【収蔵品発行年月日】2002年日 新装第3刷版 発行
【収蔵品定価】本体1240円
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】1240円
【代替参考書】飯塚敏夫「本番で勝つ!飯塚敏夫の古典文法」(文英堂)
【コメント】
古典文法がどうも苦手だ。
「古典文法」といえば、活用表ばかりを並べた辛気くさい本か、この法則を覚えればOK!という胡散臭い本のどちらかしか無く、何のために文法を勉強するのか、という根源のところを自覚させてくれる本はほとんど無い。さらに、古文解釈と古典文法との架け橋となる本というとこれまた皆無に等しい。
吉川師の「宇宙語」「全天候」は確かに名著だが、あのページ数に網羅性を期待する方がそもそも間違っている。敢えて挙げれば「伊田古文講義の実況中継」上下(語学春秋社)くらいだが、上下2冊を読み切るのは講義形式とは言え結構しんどい。
そんなこんなで「文法」コンプレックスを持ったまま今に至っているが、ふと手に取った本書が久しぶりの大当たりだった。
著者の飯塚師は「漢文入門講義の実況中継」上下で知られる漢文の講師だが、古文の本も何冊か著している。中でも本書は講義形式ながら1冊で古典文法を網羅。さらに短文解釈を通じて文法を反映した正確な訳作りを教えてくれる。暗記すべきところはそうなる理屈を示した上で暗記させるので頭にも入って来やすい。何でこんな本が埋もれていたの?と不思議に思ってしまう好著だ。
幸いなことにタイトルを少し変えただけで引き続き発売されているので、古典文法に不安を持っている受験生は是非1週間かけて1冊を読み切ってほしい。読む前と後で確実に違いが出るはずだ。
[PR]
by roudai | 2012-03-27 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号330 早大マル秘100%合格作戦

d0133636_142070.jpg
初版
d0133636_1421038.jpg
改訂第2版
【タイトル】井川方式早大マル秘100%合格作戦
【著者】井川治久
【肩書】早稲田予備校講師
【出版社】新声社
【サイズ】新書
【ページ数】277頁(初版・改訂第2版)
【目次】
PART1 私はこのようにして早稲田に合格した!
PART2 早大100%合格のためのマル秘英語対策
PART3 ≪予備校の先生紹介≫
PART4 ≪信用できる参考書紹介≫
【初版発行年月日】1987年7月5日(初版)
【収蔵品発行年月日】1987年7月5日 初版発行/1990年6月11日 改訂第2版第3刷
【収蔵品定価】780円(初版)/803円(本体780円+税23円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】井川治久「井川のビジュアル英文精読教室」(開拓社)
【コメント】
ちょうど受験関連本に何を取り上げるか考えていたところだったので、リクエストにお答えして井川治久師の自伝的進学指導書を取り上げる。「暗記するだけ」「マル秘英単語1234」「英文解釈マル秘解答術セブン」に続く新声社ブタさんシリーズ第4弾。

初版・改訂版・改訂第2版と3タイプ存在するが当博物館には初版と改訂第2版しか収蔵していない。早稲田(一文)対策(つまり英・国・小論)しか書いていないのに「早稲田・慶応らくらく突破」、一浪した上に、予備校講師になってからの著作なのに「現役だから教えられる」とツッコミ所満載の表紙だが、そこは大人の態度でスルーしておく。

本書の半分を占めるPART1の合格体験記は今読み返すと「おまえはバカじゃない」を彷彿とさせる(時系列は逆だが)ど根性ぶりで、現役時に4時間睡眠で追いこみをかけたり、2年間で20キロの体重減(75→55)を誇るあたり汎用性に疑問符が付く。もっとも一連の物語が受験相談でよく聞かれる162の質問に対応するように書かれており、構成としては吉野師の本とは雲泥の差がある。ちなみに「受験の国のオリザ」の平田オリザ氏と井川師は同じ1962年生まれなので、ほぼ同じ時期の代ゼミ私大文系クラスを活写したものになっている。

他にもPART1を読むと井川師について色々なことがわかる。開成でクラスの下1/5の落ちこぼれだったこと、ゲームが大好き(浪人時代はゲームセンターでアルバイト)で、ゲームの攻略については開成No.1だったこと(処女作を「ゲーメスト」で知られる新声社から出版したのも井川師がゲーム好きだったからではないだろうか)。意外だったのは現役時の12月に文転して、一浪時も英・国・数で受験しており、早稲田の「日本史・世界史」における暗記地獄を全く経験していない点だった。

和田氏や井川師は謙遜して「灘でも落ちこぼれ」「開成でも落ちこぼれ」と仰るが、開成を落ちた私に言わせれば、小6であの試験に受かる「地頭(じあたま)力」の持ち主と並の「落ちこぼれ」ではポテンシャルが全く違う(仮に中高5年間遊んでいたとしても)。並の受験生が井川師のアドバイスを全て受け入れてしまうと場合によってはパンクしかねない。

田島稔師と椿本昌夫師について習っていたのは他の本の推薦者(監修者)に名前が挙がっていたので知っていたが、本書では英語を潮田師に習っていたことが判明する。しかし「英文解釈マル秘解答術セブン」で予想した通り、139頁には
この場をかりて、代々木ゼミナールの田島稔先生、椿本昌夫先生、潮田五郎先生、中野清先生、永橋博先生、猪狩博先生、原秀行先生に心から感謝申し上げたい。
と原尊師の名前も刻まれていた。

PART2の英語対策は井川師の初期作品と大きく変わらず、「井川方式英文解釈の基本的姿勢セブン」などは代替参考書とまったく同じである。他にはお薦めの参考書(PART4でも再掲載)と一般的な勉強法ということであまり「早稲田」に特化してはいない。

PART3では各教科の予備校講師を紹介しているが、既に早稲田予備校に奉職しているにもかかわらず、堂々と代ゼミの講師を薦めているのが面白い(改訂版では修正されているが)。また、全く受けていないはずの河合や駿台の講師の名前も挙がっているが、それらの紹介文が通りいっぺんなのに対し、自分が受講した代ゼミの講師については詳しく語っている点も見逃せない。

また、PART1・2は初版も改訂2版もほとんど変わらないが、PART3・4には微妙な違いがある。比較していくと「大人の事情」も透けて見えてくる。

PART3でいうと
初版                  改訂第2版
秋田秀正(英語・早稲田予備校)
芦川進一(英語・河合塾※元代ゼミ)
猪狩博(英語・代々木ゼミナール)    →宮本守良(英語・早稲田予備校)
井川治久(英語・早稲田予備校)
伊藤和夫(英語・駿台予備学校)
潮田五郎(英語・代々木ゼミナール)
古藤晃(英語・河合塾※元代ゼミ)
紺野智生(数学・早稲田予備校)
関井光男(現国・早稲田予備校)
高橋善昭(英語・駿台予備学校)
田島稔(数学・代々木ゼミナール)
土屋博映(古文・代々木ゼミナール)   →山崎保男(古文・早稲田予備校)
椿本昌夫(国語・代々木ゼミナール)
中野清(漢文・代々木ゼミナール)    →石川三佐男(漢文・早稲田予備校)
永橋博(古文・代々木ゼミナール)
萩野浩基(英語・早稲田予備校)
原秀行(英語・代々木ゼミナール)    →小林弘(英語・早稲田予備校)
村上収(英語・早稲田予備校)
山口隆成(英語・早稲田予備校)
と代ゼミの人気講師4人が減らされている(残る4人は本文で触れられているためか)。元の講師の場所にそのまま同一教科の他の講師をねじ込んだために、初版では五〇音順だった並び(笑)が歪になってしまっているのが笑える。

PART4の参考書は専門である英語以外は目新しいものは無く、早稲田向きでもない。「古文要説Ⅰ」のように改訂時既に絶版のはずの本も名前を連ねている。あと、こちらも「大人の事情」発動で代々木ライブラリーの「大学受験アルファ」が早稲田予備校と関係の深いライオン社の「私大進学」に差し変わっている。

PART4の参考書はこちら
[PR]
by roudai | 2012-03-20 00:00 | 受験情報 | Comments(2)

収蔵品番号329 だれでもできる数学解答術 基礎解析編

d0133636_22521723.jpg
【タイトル】合格王のだれでもできる数学解答術 基礎解析編
【著者】安本肇
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】A5
【ページ数】221頁
【目次】
○はじめに
合格王のアドバイス
[1]関数
 PART 1―三角関数 ●公式の記憶+マスターが攻略の第一歩
 PART 2―指数関数 ●解くカギは指数法則にある
 PART 3―対数関数 ●指数関数が対数を解くカギになる
[2]数列・漸化式
 PART 4―数列 ●等差数列等比数列は基礎が肝心
 PART 5―数列の和 ●Σ問題の決め手は「階乗関数」だ
 PART 6―差分方程式 ●差分方程式は数列を解く重要テクニックだ
 PART 7―特殊な漸化式 ●漸化式に慣れれば数列は怖くない
 PART 8―数学的帰納法 ●重要テクニック「帰納法」はこうマスターしろ
[3]微分・積分
 PART 9―微分法 ●(ax+b)nの微分に絞り込め
 PART 10―2次・3次関数 ●接線の方程式はここで完璧にしろ
 PART 11―微分の応用 ●最大値・最小値はこう求める
 PART 12―積分法 ●不定積分、定積分の意味からつかめ
 PART 13―面積 ●どこでも使える面積の解法パターン
 PART 14―標準系変換定理 ●微積の難問はこれで解け
【初版発行年月日】1995年3月18日
【収蔵品発行年月日】1995年3月18日 初版発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】坂本龍「3分で解く!センター数学B」(エール出版社)
【コメント】
現在は坂本龍名義で執筆している安本師のミラクル数学第2弾(第1弾は代数幾何編)。鳴り物入りで東進に出講したもののすぐに名前を聞かなくなったので佐藤(人称代名詞がit)忠志的な色物と思っていたが、「大学合格王」の肩書きは伊達ではなかった。

エール出版社から出ていた一連の本はベクトルと確率の範囲が多く、数列・微積・三角関数といった本書に載っている内容はあまりない(数列に関しては代替参考書に掲載されている)。「大学入試合格王の絶対合格マル秘コツ」に載っていた数列の箇所はほぼそのまま載っており、あちらは新書の一部という紙幅の制限のために説明不足でわかりづらかったが、こちらは2色刷の講義体ということもあり非常にわかりやすかった。

ミラクル数学とは大学数学の範囲(?)の知識を援用して一定パターンで解ける問題を増やすという、つるかめ算や流水算や通過算などの中学受験算数で方程式を使うようなものだ。偏差値55以下の初学者がいきなりこう習うと両極端な反応を起こしそうで、実際、東進では悪い方に出てしまったのだろう。しかし、複素数範囲のド・モアブルの定理から三角関数の加法定理を導出したり、放物線の接線問題を一般化するためにテイラー展開を用いたりと文系数学の範囲を一通り習った人間がおさらいで読むと色々と発見がある。

東進ブックスの初期参考書(「実況放送」等)の欠点である、無意味な(単なる用語の英訳等)赤字による手書き風の書き込みが邪魔くさく、その分必要な書き込みが足りないので「落ちこぼれ大歓迎!」の文句に最近の受験生が釣られると失望するかも知れない。

現在、玄文社から通販可能(?)な「坂本式数学即解のテクニック<入試数学を3分で解く>」には一通り同内容が含まれているが、基礎部分の説明量や問題演習量はこちらの方が断然多い。面白いのは「基礎解析」の本なのに例題で出てくる問題の8割が二次私大の理系学部出題という点で、最近の安本師はセンター対策の本ばかり(私大理系の問題を使うこともあるが)なので、記述解の書き方も参考になる。

数Ⅱの微分積分だけで本書の半分を占めており、接線や面積に強くなりたければ一読の価値はある。
[PR]
by roudai | 2012-03-13 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号328 ぞろ単

d0133636_19413324.jpg
【タイトル】ぞろ単―ぞろぞろ入試に出る英単語―
【著者】ライオン社編集部
【肩書】
【出版社】ライオン社
【サイズ】新書
【ページ数】160頁
【目次】
はじめに
本書の利用法
PART 1 名詞編
PART 2 形容詞編
PART 3 動詞編
【初版発行年月日】1986年12月20日
【収蔵品発行年月日】1986年12月20日 初版発行
【収蔵品定価】580円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】290円
【代替参考書】
【コメント】
「でる単(しけ単)」、「伝単」、「キセ単」、「ズバ単」、英単語集の愛称はいろいろあるが、これは「ぞろ単」。
収録語数は900語だから「伝単」より多く「でる単」よりは少ない。単語は品詞別に3分され、語順はアルファベット順と平凡だが「群群記憶の英単語」で高川敏雄氏が主張していたように、これはこれでアリなのかも知れない。
表紙に描かれている電動□けしに手足が付いたような「ぞろぞろ」くんがアシスタントで、所々の挿絵でごろ合わせの題材になってくれているが、下のカットなどはどこのオットセイだよ!という悪ノリ感全開だ。
d0133636_19422410.jpg
上のサンプルのようにメインの単語は大きめのフォントが使われ、発音記号が必ず付いており、下には派生語、上には語法や熟語がセットになっている。何より選ばれた単語が表題に偽りのない「ぞろぞろ出てくる英単語」なので、直前まで手放せない1冊。
[PR]
by roudai | 2012-03-06 00:00 | 英語 | Comments(0)