浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号340 長崎玄弥のワードイメージ辞典

d0133636_084092.jpg
【タイトル】長崎玄弥のワードイメージ辞典
【著者】長崎玄弥
【肩書】トフル・ゼミナール英語教育研究所所長
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】A5
【ページ数】231頁
【目次】
はしがき
本書の利用法
第1章 イメージでラクラク単語征服法
第2章 入試的中率バツグン
    覚えておく単語はこの850
第3章 Time, Newsweekを読みこなす
    必須単語はこの150
入試本番にでる単語はこれだ!!
【初版発行年月日】1984年7月10日
【収蔵品発行年月日】1984年7月10日 初版発行
【収蔵品定価】880円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
「奇跡の英単語」で知られる長崎玄弥氏は沢山の著作があることで知られるが、これはその中でも珍品中の珍品。
Wikipediaを見ると没年不詳ながら故人扱いになっていて驚いた。著書の一覧の辞典の項目に本書が挙げられているが、これは記事を書いた人間がタイトルに引っ張られて書いたミスで、本書の本質は英単語集である。
本書の対象範囲ははしがきにこう書かれている。
(1)抽象語のみを収録した。
(2)訳語を、思い切って一つに絞った。
(3)各例文のイメージをシンボル化するイラストを採用した。
(4)日本人レベルの語彙力(約850語)と、タイム誌のような、英米レベルの語彙力(約150語)を比較して見せた。
長崎氏と言えば「奇跡の英単語」がそうであったように具体的な名詞で語数を稼ぐ印象があるが、本書はその手法をとらずに純粋に抽象語のみに絞っている点が珍しい。
しかも、収録された約1000語全てに「プロのイラストレーター(さとうたかし氏)による」挿絵が付いている。この挿絵が例文と有機的に結びついて記憶の助けとなっているのだが、この条件を満たす単語集というと他に宮崎尊「宮崎尊の核英単語core250」(TATEKI BOOKS)くらいしか思い浮かばない(本末転倒の「もえたん」は除く)。こちらの挿絵は「みずいろぞうさん(『ウゴウゴ・ルーガ』)」で知られるたきたろ氏だが、収録語数は1/4の250語。他に素人や学漫レベルの挿絵が付いているものもあるがむしろ視覚的ノイズに過ぎず(古文だが『ゴロゴ板野』シリーズなど)、本書がいかに突出しているかが分かる。
例文もシンプルな短文ばかりでクスッと笑わせるセンスの良いイラストと併せてよく考えられている。
d0133636_13312128.jpg
これは第3章の単語だが、このカットから元の英文を思い出すことは不可能(笑)でも、掲載を許可した長崎氏の度量がすばらしい。
はしがきの最後に、本書に貢献した人として、さとうたかし氏と並んで現・河合塾講師の下池広志師の名前が「愛弟子」として挙がっている。
[PR]
by roudai | 2012-05-29 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号339 多久の漢文王国

d0133636_14241276.jpg
【タイトル】多久の漢文王国
【著者】多久弘一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】B6
【ページ数】231頁
【目次】
はしがき
第一部 字と句の部
 漢字でカンジてみよう
 なにか誤用はありませんか
 中国の街角で
第二部 文と詩の部
 新説漢文読解法
 メイ君チン臣列伝
 故事成語こぼれ話
 漢文食いっ話、飲みっ話
 中国流スカトロジー入門
 多久庵の動物バンザイ
 中国残酷誌
 ちょっといっぷく小話を
 多久庵小詩選
 わが交友・わが回想
付―原文でおさらいをしてみたい人のために
【初版発行年月日】1981年7月30日
【収蔵品発行年月日】1982年4月30日 第4刷発行
【収蔵品定価】580円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
以前にも書いたが、館長は漢文をマトモに勉強したことがない。だから句法の類をきちんと覚えたことはないが、漢文脈の読書量はそれなりにあったので前書き・選択肢等からヒントを拾って何とかこなしてきた。
最近は漢文自体が下火のため参考書も少なく、一部のお手軽な参考書に人気が集中しているが、あれでは入試が終わった途端に全て消えてしまうのではと老婆心ながら心配してしまう。
本書はそういった参考書とは真逆で、まず漢文で取り扱われる話題を面白可笑しく読み物風に味付けし、読者に漢文の教養を身につけてもらうことを目指した大人になっても再読に耐えうる本である。実際に、現在はこちらも絶版になっているが、本書はそのままちくま文庫から「漢文楽話」と改題して文庫化してるほどで、本文中に細かい句法の話は一切出てこない。
多久師の解説を読んで漢文の常識を持つことで、未見の文章でも話の展開を読んだりオチのパターンを推測する役に立つ。巻末には原文(それぞれけっこうな長文)がまとめられており、本文で得た知識を元に原文を読むことが出来るかというおさらいも出来る。
[PR]
by roudai | 2012-05-22 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号338 完全整理 日本史

d0133636_14441681.jpg
【タイトル】大学入試 完全整理 日本史
【著者】毛利和夫
【肩書】前東京都立西高等学校教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】272頁
【目次】
第1編 時代別整理
 原始古代
 中世
 近世
 近現代
第2編 テーマ別整理
 政治史
 外交史
 社会経済史
 文化史
索引
【初版発行年月日】1986年3月20日
【収蔵品発行年月日】1987年 重版発行
【収蔵品定価】820円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】前田秀幸「日本史要点図解整理ハンドブック 」(旺文社)
【コメント】
旺文社から物理・化学・生物・日本史・世界史・地理の全6冊刊行された完全整理シリーズの1冊。
見開き完結で受験レベルの高度な内容をまとめるというコンセプトは共通しているが、著者によって出来不出来が激しく、社会科では日本史のデキが一番良い。プレ菅野・前田時代なのでまだ「立体パネル」という概念はないが、まとめとしては良くできており、発行年の関係で大平内閣までしかカバーしていない点を除けば、図版やグラフなども紙面の割に豊富で代替参考書にヒケを取らない。
一応、二色刷なのだがなぜか第2編の本編以降(表紙のみ二色)は墨一色になる。
[PR]
by roudai | 2012-05-15 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号337 赤本の使い方

d0133636_21512396.jpg
【タイトル】赤本の使い方
【著者】和田秀樹
【肩書】受験技術研究家(精神科医)
【出版社】ごま書房
【サイズ】新書
【ページ数】200頁
【目次】
プロローグ 志望校攻略は、赤本にはじまって赤本に終わる
赤本活用術"第一段階"
 合格したかったら、志望校は赤本を使って選べ
 ―キミは、偏差値で"行きたい大学"をあきらめていないか―
赤本活用術"第二段階"
 ライバルに差をつけたかったら、赤本を使って実力をたくわえろ
 ―キミは、偏差値を上げるための受験勉強をしていないか―
赤本活用術"第三段階"
 一点でも多く叩き出したかったら、赤本を使って"本番戦術"を磨け
 ―キミは、最後の力だめしを"答え合わせ"だけで終わらせていないか―
赤本を、もっとうまく使うために
①赤本はこうして手に入れろ
②赤本の大学案内はここを見ろ
【初版発行年月日】1990年4月30日
【収蔵品発行年月日】1996年9月20日 第22刷発行
【収蔵品定価】定価777円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】和田秀樹「赤本の使い方」(ブックマン社)
【コメント】
プロローグから耳の痛い言葉が並ぶ。
 結論から先に言おう。赤本を正しく使いこなせば、キミは行きたい大学に合格できる。赤本には志望校に受かるためには何をどこまで勉強すればいいか、という情報が詰め込まれている。いかにしてこの情報を最大限に引き出し、志望校に照準を合わせた効率のいい受験勉強が出来るか。一言で言えば、これが赤本を正しく使いこなすということなのである。(17頁)
もう主要校の赤本が店頭に並びだしたが、四半世紀近く前に出たこの本に書かれた意識を持って赤本を買っている受験生がどれだけいるのか。いや、まだ買っていない受験生が大半なのではないだろうか。
この直後に最も耳の痛い言葉が出てくる。ここにピンと来ないようではまだ「受験生」とは言えない。
 ところが、多くの受験生は赤本の正しい使い方を分かっていない。早い話が、一年間、模試の偏差値を上げるために"ばくぜん"と勉強し、最後に受けた模試の偏差値で"行けそうな大学"を選ぶ。そして本番二、三日前にになって、はじめて"力だめし"のために赤本を使うのだ。
 これでは、志望校の入試に絶対でないと分かっている問題に膨大な時間をかけたり、かならず出る"ヤマ"をアッサリ見のがしてしまうような、誰が考えても効率の悪い受験勉強を強いられることになる。
赤本を本番二、三日前に買うなんてマヌケは某W大の教授くらいだろうが、国立志望ならばセンター終了後に初めて赤本を買うケースもあるだろう。
オールラウンドに出来るというのはあくまで理想論で、やはり限られた時間内に結果を出すには濃淡を付けなければならない。そのために赤本を使うというのは至極当然の考え方だが、その方法を手取り足取り書いてくれている本は少ないように思える。
実際、和田氏は過去の著作を何度か改訂しているが、この本に関しては「和田式合格のストラテジー」シリーズ(ロングセラーズ)で「新・赤本の使い方」を出した後、しばらく出していなかった。現在は代替参考書が「大学受験合格請負」シリーズ(ブックマン社)で出たので、現役生なら真っ先に読んで戦略を立てるべきだろう。
ただ和田氏の本全般に言えることだが、ご自身が理系のため国語・社会に関する個別のアドバイスが的外れで、特に国語に関しては全く役に立たない。「国語が不得意なら慶應型(国語を小論文で代替する大学)」なんて耳あたりは良くてもほぼ実現不可能である。
いくつか参考書を紹介しているが、本書の刊行時点で既に絶版になっているものがあるので、コレクター以外は古本を探すより情報の新しい代替参考書を見る方が賢明だろう。
[PR]
by roudai | 2012-05-07 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号336 古文入門

d0133636_14212117.jpg
【タイトル】大学受験必修古文入門―探究・読解の着眼点
【著者】桑原岩雄・関谷浩
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】150頁
【目次】
第一篇 読解の着眼点
 生きたことば
 間を隔てて係ることば
 会話文と地の文
 前後からの追究
 動作の主体
 複雑な文の理解
 会話文の特殊な続き方
 連用形の用法
 中止法の用法
 筋の通る把握
 文法は武器である
 情理を尽くす
第二篇 語法の基礎
 助動詞
   動詞の活用と助動詞の接続
   助動詞の活用
   助動詞の職能(意味)
 助詞
 敬語
   第一部 総説
   第二部 各説
第三篇 着眼点の探究
 大和物語
 大鏡
 十訓抄
 平家物語
 建礼門院右京大夫集
【初版発行年月日】不明
【収蔵品発行年月日】1985年3月8日 初版第12刷発行
【収蔵品定価】750円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】関谷浩「古文解釈の方法」(駿台文庫)
【コメント】
かつての駿台文庫は、大学で学ぶための前提だからと嘯いて内容も伴わないのに「○○入門」のタイトルを付けて、純真な受験生を絶望の淵に突き落とす悪い癖があったが、これはその頃の一冊。「古文入門」のタイトルに騙された受験生の何人がこの挫折を味わったかと思うとこの本が絶版になって本当に良かった。

最初の頁に
この本は、古文解釈の入門書として書いたもので、およそ高校二年生以後くらいを目標としている。同時に、駿台受験叢書の『古文要説』を正しく理解するためのものとも考えている。(太字引用者)
などと書かれているので安心して読み始めると、いきなり「十訓抄」の一節が出てくるが、およそ「入門」を読もうとするレベルを逸脱したもので、解説部分では
ただし、ここで是非とも注意してほしいのは、古文の学習が辞書をひき、辞書の説明を暗記することから始まるなどと誤解してはならないことである。学習の中心は常に古文を読むことから始まり、もし見慣れぬ単語の一つや二つあったとしても、前述のように全文を熟読することによって、その後の意味がある時はかなり的確に、時には漠然とながら想像されることが多いものである。こうして、思考力や想像力、言葉についての感覚などが自然に養われていくのである。(3頁・太字引用者)
と「読書百遍意自ずから通ず」式の「気合で古文を読む方法」に終始している。

第一編は文法・単語・常識を終えた人間が読んですら引っかかりそうな落とし穴がある短文を並べて、読者が引っかかるのを陰から見てほくそ笑むという、およそ入門書の著者にあるまじき態度で、入門の名に値しない。
第二編は一見、普通の古典文法のまとめのように見えるが、敬語についての「総説」で
以上のうち、謙譲語について、古くは動作主がその相手(客体)に対してへり下る(原文ママ)と説明したが、これは謙譲という語に引きずられた結果である。なぜそのような誤りが生じたかというと、後に謙譲語の用法が狭くなって、主体と話し手が同一人の場合になどにだけ謙譲語が使われるようになってから、この客体を敬う敬語に謙譲語という名前を付け、逆に謙譲という意味を全時代の用法に当てはめてしまったからである。(57頁)
と初心者にはチンプンカンプンなことを振り回して一人悦に入っている。入門者にとって必要なものは大概の事象にあてはまる定義であって例外ではない。たかだか10頁の敬語についての各論の記述に「荘重体の謙譲語」など蛇足である。
第三編も入門書でまず見かけることのない出典ばかりで、そこに通釈と語釈と加えただけで後は読者任せという駿台式の、土屋全盛時代に代ゼミ生だった館長には耐えられない内容。まして今の受験生にはほとんど必要ないだろう(基礎を既に終えた難関校志望の生徒や大学で国文科に進みたいというような物好きにとっては良い演習かも知れないが)。
[PR]
by roudai | 2012-05-01 00:00 | 国語 | Comments(0)