浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
プラトンの英作文講義を3..
by プラトンの英作文講義を学習したもの at 14:59
>落札できなかった男さん..
by roudai at 08:29
御無沙汰しております。 ..
by 落札できなかった男 at 01:00
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号344 参考書の選び方使い方

d0133636_0185525.jpg
初版
d0133636_0193424.jpg
99年度版
【タイトル】東大生がすすめる参考書の選び方使い方/’99年度版
【著者】通信勉強指導塾アテネ/通信勉強指導塾アテネ東大生講師グループ
【肩書】
【出版社】ごま書房
【サイズ】新書
【ページ数】231頁/264頁
【目次】
[初版]
まえがきにかえて
本書の読み方使い方
1 英語
  英語学習のポイント
[英文法]
[英文解釈]
[英作文]
[総合英語]
[単語、熟語]
2 数学
  数学学習のポイント
3 国語
  国語学習のポイント
[現代文]
[古文]
[漢文]
4 理科
 物理学習のポイント
 化学学習のポイント
 生物学習のポイント
5 社会科
 日本史学習のポイント
 世界史学習のポイント
 地理学習のポイント
 政治経済、倫理学習のポイント

[99年度版]
まえがき
自分の学力に合った参考書を選ぼう
選んだ参考書は「正しく」使おう
本書で紹介する参考書を選んだ基準
参考書の購入にあたって

第1章 英語
 英語の学習のポイント
 ●英文法の参考書・問題集の選び方
 ●構文・英作文の参考書・問題集の選び方
 ●英文読解の参考書・問題集の選び方
 ●英単語集・英熟語集の選び方
第2章 数学
 数学の学習のポイント
第3章 国語
 ●現代文の参考書・問題集の選び方
 ●古文の参考書・問題集の選び方
 ●漢文の参考書・問題集の選び方
第4章 理科
 ●物理の参考書・問題集の選び方
 ●化学の参考書・問題集の選び方
 ●生物の参考書・問題集の選び方
 ●地学の参考書・問題集の選び方
第5章 地理歴史・公民
 ●歴史の参考書・問題集の選び方
 ●地理の参考書・問題集の選び方
 ●公民の参考書・問題集の選び方
 ●センター試験・小論文の参考書・問題集の選び方
【初版発行年月日】1995年11月30日/1998年5月5日
【収蔵品発行年月日】1995年11月30日 初版第1刷発行/1998年5月5日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】850円(本体825円)/本体952円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】通信勉強指導塾アテネ東大生講師グループ「精選!おすすめ参考書ガイド―もう迷わない!」(ジーオー企画出版)
【コメント】
東大生教師をウリにしている通信勉強指導塾だそうだが、東大生といってもピンからキリまでいるし、出来る人はえてして出来ない人の気持ちはわからない。まして「連帯責任は無責任」で、誰が書いたか分からない(もしかして1人くらいは東京大学ではなくて東○大学かもしれない・笑)本は大概アテにならない。
初版と99年版の主な違い(この間にもう1冊改訂版が存在する)は、初版は各参考書の特徴と使い方を縦書きで短いものは1頁、長いものは3頁にわたり解説しているが、99年度版は見開き2頁内に横書きで書影・属性・参考書の構成・参考書の使い方がまとめられている。何より記憶にある限り参考書紹介本で全ての書影を載せたのは初めてかも知れない(その代わり、表紙の左隅にある安田亨「理系数学初級問題集(上)」や右側にある田村秀行「新・田村の現代文講義3」が本文で全く取り上げられていないように「看板に偽りあり」だが)。
99年版のレイアウトはよいのだが、目次から初歩的な誤植が目立ち(ここに載せたのは修正してある)、「数学の"基礎"のポイント」で「sin2θ÷cos2θ=1(原文ママ)」という恐ろしい「基本公式」が飛び出したりするあたり素人本の薫りがプンプンする。
初版段階で既に入手困難だったはずの牛尾徹朗「文系数学中級問題集」のように、執筆者が使っていたからという思い入れだけで選ばれているような本(高田瑞穂「新釈現代文」とか)もあり選出基準は謎で、評価出来るのはあまり日の当たることのない日栄社の本を取り上げている点くらいか。
「現在市販されている参考書に悪書はほとんど存在しない(分からないのは使い方が悪い)」というポリシーだそうなので、このポリシーに共感できるレベルの方だけ買うべきだろう。

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2012-06-26 00:00 | 受験情報 | Comments(3)

収蔵品番号343 古文は知識と読解の同時進行で解け

d0133636_0164725.jpg
【タイトル】古文は知識と読解の同時進行で解け
【著者】伊賀高志[ライター]出口汪[プランナー]
【肩書】河合塾講師・S.P.S.校長
【出版社】文英堂
【サイズ】B5
【ページ数】206頁+別冊46頁
【目次】
プロローグ
本書の使い方
第一章 活用のしくみ
第二章 助動詞の働き
第三章 助詞の働き
第四章 敬語の働き
第五章 和歌の世界
付録
 各講のポイント
 古典文法一覧
 各講の解答
【初版発行年月日】1999年10月10日
【収蔵品発行年月日】2005年日 第2刷
【収蔵品定価】本体1200円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】飯塚敏夫「本番で勝つ!飯塚敏夫の古典文法」(文英堂)
【コメント】
以前絶賛した「現在から読める古文」と同様のB5サイズの参考書で、先生と生徒A・Bの会話体で進んでいく。初歩的なレベルを結構クドく説明してくれるのだが、中盤以降の問題は本の見た目とは裏腹に結構骨っぽい。
出典もバラエティに富んでいてしっかり読めば力が付きそうなのだが、最近レビューした同じ文英堂の「本番で勝つ!古典文法」と比べて絶望的に解説がつまらないため読み進むのに一苦労する。生徒もキャラ分けが出来ていないので2人いる必然性が全く無い。
また紙面に余裕があるためかレイアウトが散らかっていて、どこが大事なのか目移りする。あと、初心者向けの割に品詞分解を一切せずにいきなり現代語訳を載せて先へ進んでしまうため、著者の設定した一本道以外の寄り道が全く無い。
誰か指導者が付いて質問に答えてくれるならいいが、自習にはあまり向かない本。別冊に各講のポイントだけがまとめられているが、コレだけ見ても何のことだか分からないし、別冊にするくらいならこちらを本文に載せて、全文訳と品詞分解でも別冊にすればまた違った評価になったはず。
[PR]
by roudai | 2012-06-19 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号342 日本文化史のポイント整理

d0133636_012105.jpg
【タイトル】大学入試ミニマム整理 日本文化史のポイント整理
【著者】三橋洋二
【肩書】県立大宮光陵高校教諭
【出版社】駸々堂
【サイズ】B6
【ページ数】158頁
【目次】
本書の使い方
第1章 各文化の特色
第2章 生活史
第3章 宗教史
第4章 美術史
第5章 教育・学問史
【初版発行年月日】1986年7月
【収蔵品発行年月日】1990年6月 初版第3刷発行
【収蔵品定価】700円(本体680円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】田中君於「実戦パノラマ式文化史を覚えよう日本史A・B」(ライオン社)
【コメント】
駸々堂の参考書にはLUSTERシリーズとCONQUERシリーズがあり、発行年次の古いCONQUERシリーズは謎の部分が多いシリーズである。本書もAmazonや紀伊國屋書店のデータベースから漏れているバカニワカせどりには見えない」参考書で、最近ブックオフに放置されていたのを手に入れたものだ。
著者が高校教師なので中身にはあまり期待していなかったのだが、B6版の割には引用された写真資料が多く、またあまり他の本で見かけない写真もある。
特徴的なのは第1章の各文化ごとに見開き2頁で「人物マンダラ」というタイトルで人物のイラストを中心にまとめられており、イラスト自体もプロ(まや まこと)が描いているためデフォルメも適切で、かつ発行年次を考えてもだいぶ細かな豆知識が埋め込まれていてレベルが高い。若干左がかった記述が鼻につくのは高校教師の本なので仕方ないか。
代替参考書は最近まで品切れだった(店頭在庫は多少あったようだ)が、重版がかかったようなので文化史対策が必要な人は買っておくといいだろう。
[PR]
by roudai | 2012-06-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

【速報】サンクリ57参戦決定

もう速報で知っていたのですが、今日正式通知が届きました。


夏コミ落ちました。落選は16,500/51,500の確率だそうなので引きが弱いです。


ということでサンクリ57(2012/10/28)の参戦が決定しました。まだ申し込んでいませんが。

仕事が忙しいので「もし石」の完成すら怪しいですが、まぁ何とか頑張ります。
冬コミ以降のサークル参加については流動的ですのでご注意下さい。

定期更新についてはもうしばらくしたら再開します(現在溜まっている分を読んでいる最中)。
[PR]
by roudai | 2012-06-06 06:06 | おしらせ | Comments(0)

収蔵品番号341 くろ田のセンター数学Ⅱ・B

d0133636_010273.jpg
【タイトル】くろ田のセンター数学Ⅱ・B
【著者】黒田惠悟
【肩書】河合塾講師
【出版社】河合出版
【サイズ】A5
【ページ数】223頁
【目次】
はじめに
第1章 攻略作戦
 1.何が難しいのか
 2.基礎学力はどの程度必要か
 3.どうすれば手早く解けるか
 4.読解技術
 5.作図技術
 6.筆記技術
 7.時間配分技術
 8.まとめ
第2章 くろだの解答見本
第3章 解法の技術
第4章 実戦演習
第5章 基本の学習
第6章 実戦演習問題一覧
【初版発行年月日】2001年7月13日
【収蔵品発行年月日】2001年7月13日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】本体950円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】黒田惠悟「マーク式基礎問題集⑰試験場で慌てないセンター数学Ⅱ・B」(河合出版)
【コメント】
河合出版では珍しい著者名を前面に出した参考書。著者の黒田師は西日本地区で活躍されているようで、このシリーズの他に「医学部攻略の数学」シリーズ(河合出版)の編集協力者としても名前を連ねているベテラン講師。
まず驚かされるのが、「はじめに」の冒頭。
 私は毎年センター試験を実際に受験します。いつから始めたか定かではないのですが、もう十数年になります。センター試験の前の共通1次試験のときからです。数学だけではなく全教科受けます。冷やかしではなく、本当に大学を受ける気で受験します。(太字引用者)
センター試験当日、予備校講師が解答速報を作るために雁首揃えて問題を解くのはよくある光景だが、黒田師は試験会場でリアルタイムで解いているという。しかも数学の講師でありながら全教科を!
「この問題なら1分で解けます」と口にする講師が良くいるが、実際の試験会場で初見の問題相手に格闘する受験生の気持ちを本当に分かっているのは黒田師のような人ではないか。最近、旺文社から「センター試験過去問 予備校講師はこう解く!」シリーズが出ているが、所詮時間無制限(?)で1人きりで解くのと試験会場で解くのでは全く条件が違う。
さらに黒田師が正直なのはそれが単なる自慢話に終わっていない点にある。
はずかしい話ですが、私は数回、数学の試験で満点を逃したことがあります。数学を教えている立場ですから、満点を取ってあたりまえと自分に課しているのですが、用心しないと危ないのです。
東大コースや医学部向けの難関を担当している講師ですら満点を逃がすことがある、というシビアな危機感を持って書かれているので、黒田師の実体験に基づく貴重なアドバイスが盛り込まれている。センター試験で満点を目指すレベルの高い生徒も、1点でも多く点を取りたいという生徒も、センター数学を受験する生徒全てに勧められる「ホンネ」の参考書だ。
現在ではタイトルを変えて「マーク式基礎問題集」シリーズの1冊になっており、知らないと基礎向けと馬鹿にしてスルーしてしまう可能性がある。内容は第2章(実際の問題用紙のレイアウトにどう計算過程を書くかのサンプル)が無くなっているが、「試験場で慌てない~」の方が自然な流れ(本書は「基本の学習」が一番最後にある)になっており、基礎から学びたい生徒にとっては代替参考書の方が使いやすいだろう。
[PR]
by roudai | 2012-06-05 00:00 | 数学 | Comments(0)