浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号366 英語の最前線 京都大学

d0133636_2132247.jpg
【タイトル】英語の最前線 京都大学
【著者】大崎清明
【肩書】
【出版社】教学社
【サイズ】新書
【ページ数】208頁
【目次】
■単語熟語の学びかたと本書の特色
■本書の利用法
●PART 1 単語編
内容語
意訳語
比喩語
定型動詞
盲点語・誤解語
多義語
副詞
類形語
常用語―入試に出る第1水準
重要語―入試に出る第2水準
余力語
●PART 2 熟語編
□索 引
【初版発行年月日】1993年6月10日
【収蔵品発行年月日】1993年6月10日 改訂版第1刷発行
【収蔵品定価】1380円(本体1340円+税40円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】700円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】鬼塚幹彦「東大の英単語」(教学社)
【コメント】
以前にも書いたように教学社は関東では知名度の低い著者を起用することが多く、この大崎氏の経歴も全く分からないが、この「英語の最前線」シリーズの中で飛び抜けて良い内容に仕上がっている。
例文の3割ほどは京大で出題されたもので、出題年まで明記してある(他の出題校は大学名のみ)のはさすが教学社。パッと見た感じ旧版とどこが異なるのかと思ったが、出題年を見ると92年までカバーされており、例文を新しくしたようだ。
普通の単語集と異なり、品詞別や頻度順ではなく独自の切り口から分類しており、「意訳語」「比喩語」などという項目は京大向けの「日本語らしい訳出」には必須のキーワードになる。
1)The mysterious is the fundamental emotion which stands at the cradle of true science.(京大・69年)
2)Exposure to a range of perspectives on human being behavior is essential to education.(九大)
(訳は末尾に)
常用語428と重要語554は「ターゲット」などと大差はない(スペースが詰まっている分見辛い)が、それ以外については予備校講師が直前講習あたりに勿体付けて教える内容なので難関校志望者は是非押さえておきたい。

例文の訳
[PR]
by roudai | 2012-11-27 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号365 オロカ者の定義

d0133636_21274179.jpg
【タイトル】オロカ者の定義
【著者】秋山仁
【肩書】数学者・東海大学教授
【出版社】学研
【サイズ】新書
【ページ数】190頁
【目次】
プロローグ
オロカ者の定義① なぜ受験勉強するのか、わからない諸君へ
オロカ者の定義② 大学の選び方を知らない諸君へ
オロカ者の定義③ 高校の授業がつまらないと思っている諸君へ
オロカ者の定義④ 親に何かと不満を持っている諸君へ
オロカ者の定義⑤ 自分は頭が悪いと思っている諸君へ
オロカ者の定義⑥ 点数だけがすべてだと思っている諸君へ
オロカ者の定義⑦ 恋や友情につまずいている諸君へ
オロカ者の定義⑧ 効果的に夏休みを過ごしたい諸君へ
オロカ者の定義⑨ 見えない不安におびえている諸君へ
オロカ者の定義⑩ 今が、人生のどん底だと思っている諸君ヘ
オロカ者の定義⑪ 勝負への心構えができていない諸君へ
オロカ者の定義⑫ 試験本番に自信がない諸君へ
オロカ者の定義⑬ 大学入学後に夢を抱いている諸君へ
あとがき
【初版発行年月日】1995年5月
【収蔵品発行年月日】2006年1月 第11刷発行
【収蔵品定価】650円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】西谷昇二「壁を越える技術」(サンマーク)
【コメント】
秋山師による受験生の「お悩み相談室」的な内容。「オロカ者の定義」というタイトルだから仕方ないのだが、どうしようもない質問ばかりで、人間の出来ていない館長なら「アンタ馬鹿ぁ?」の1行で終わってしまう回答を、大ベテランの秋山師が懇切丁寧に自分語りを含めて語ってくれる。
大体このテの「お悩み相談室」的な本の編集者はよほどの無能なのか、単なるドSなのか、最底辺の人間の箸にも棒にもかからない質問を嬉々として集めてくる。こんなにレベルの低い質問を読んで共感する読者がそんなに居るのかと(自分より下が居ると喜ばせたいのか?)毎回溜息が出てくる。
「受験勉強をしなくてはいけないと思っています、でもやる気が出ません。どうすればやる気が出ますか?」
「受験勉強は割り切ってやっていますが、高校に行くのが苦痛です。出席日数が足りたら行かなくていいですか?」
「自分は真面目に勉強しているのに要領よくやっている子に勝てません。コレって不公平ですよね?」
「教師に志望校は無理と言われやる気が無くなってしまいました」
「現役で受かった彼女に大学生の彼氏が出来て浪人生の自分は裏切られてやる気がなくなりました」
「受験生の夏休みの過ごし方が分かりません。教えて下さい」
こういったレベルの低い質問になるほど!と思わせる回答を返してくれる岡田斗司夫氏のような芸を見せてくれるワケでもなく、通り一遍の回答を連ねる秋山師には同情を禁じ得ないが、恐らく質問者達は秋山師の回答を見ても何も変わらないだろうという絶望感しか感じられない本。
[PR]
by roudai | 2012-11-20 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

冬コミ落ちました

業務多忙のため、更新作業や新刊執筆もままならない状態ですが、やっぱり冬コミ落ちました。
まだ電子申し込みが出来ないのでしていませんが、次回出展はサンクリ59(2013/4/14)の予定です。
それまでには何とかオフセット書き下ろし新刊(+センターコピー本)を出したいと思います。

秋のGⅠが絶不調(ネタの仕入れは逆に好調なのですが・笑)のため気分が沈んで連絡が遅れました。
溜まっている分は有馬記念まで不定期にポツポツ書いていきます(収蔵番号352に手間取っているだけなのですが・・・)。
[PR]
by roudai | 2012-11-19 00:00 | おしらせ | Comments(0)

収蔵品番号364 図解で覚える合格日本史

d0133636_21235356.jpg
【タイトル】前田秀幸の図解で覚える合格日本史
【著者】前田秀幸
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】ごま書房
【サイズ】新書
【ページ数】310頁
【【目次】
図解で覚える近現代史120
暗記カード
内閣カード
政党変遷一覧
【初版発行年月日】1998年5月5日
【収蔵品発行年月日】1998年5月5日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】952円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】前田秀幸「日本史要点図解整理ハンドブック 」(旺文社)
【コメント】
前田師の参考書の中ではレアな部類に入る1冊。近現代史限定で新書版1冊にこれでもかとポイントと盲点を詰め込んだ内容で、刊行から15年経っても所々で驚かされる。
いきなり最初の「1 鎖国政策の動揺」のサブタイトルで「コープスとはだれか?」と問われて、正直「ざわざわ」してしまった。左頁は各項目のまとめで右頁は前田師独自の図解とまとめに加えて「入試でここが出た!」という出題例も載せてある。ちなみに前述の箇所は「使節コープスを長崎に派遣して、幕府に開国を勧告したのはどこの国王か(関西大-商)」という問題に拠っている。オランダ国王の開国勧告なら並の問題だが、こういう角度から本番で訊かれたら固まってしまうだろう。
確かに、
 五品江戸回送令の呉服が「誤」服だったり(17頁)、
 漢城条約の賠償金が「倍」賞金だったり(85頁)
 足尾鉱毒事件の図解中のルビが「直訴」に対して「じ きそ」になっていたり(91頁)、
 皇道派のルビが「ご」うどうはになっていたり(174頁)、
 広田弘毅内閣で馬場鍈一蔵相の「鍈」が空白になっていたり(175頁・第二水準漢字だから?)
 出題校の同志社大が同「士」社大になっていたり(181頁)、
 三鷹事件(7/15)の日付が下山事件と同じ(7/5)になっていたり(209頁)、
といった一般新書らしい(?)初歩的な誤植も散見するが、
 「船中八策」の「船」とは何のことか(土佐藩船「夕顔」)とか、
 米騒動が起こらなかった5県は(青森・岩手・秋田・栃木・沖縄
といった天狗の鼻をへし折るような盲点も多数挙げられている。
付録のカードも充実しており、出版時の関係で橋本龍太郎内閣までしかカバーされていないが、極端に近現代偏重の大学以外ならいまだに通用する内容だ。
代替参考書は前田師の最新図解で直近まで含まれているが、通史がB6で287頁ということからも本書の密度(近現代史120だけで240頁)の高さが分かるだろう。
[PR]
by roudai | 2012-11-13 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号363 納得できる英文法

d0133636_21202177.jpg
【タイトル】納得できる英文法
【著者】吉川勇一
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】研究社出版
【サイズ】A5
【ページ数】190頁
【目次】
1 君の宝は腐ってないか?―英和辞典の活用
2 短大の出題・東大の出題―自動詞と他動詞
3 「私は学生です」を英語で書ける?―時制(その1)現在形
4 「買えた」はcould buyではない!―時制(その2)過去形
5 過去から現在までつなかった時制―時制(その3)現在完了形
6 助動詞shallの原理的解明―わかりにくい未来の助動詞の区別
7 否定語のnoとnotをめぐって―英語の「公式」?
8 「鯨と馬と魚の公式」の解体―比較の話(その1)
9 「これ、それ、あれ」―代名詞、とくにitについての話
10 準急は急行に似てるか急行ではない―準動詞って何なんだ
11 英字新聞の見出しの文法―それから不定詞の性質を考える
12 扉は聞こえるか?―もう1度基礎にかえって分詞の話
13 とっくりの酒はあまるか?―too~to構文の分析と副詞
14 「場所がWhereだ」なんて!―関係詞は接続詞
15 同類がたくさんあるときは"a"―冠詞の話
16 timeは「時」で「倍」ではない―比較の話(その2)
17 描出話法って何だ?―言い換え練習の危険性
18 能動態⇔受動態は違うことを言う―またまた言い換え練習の危険性
19 A of Bは「BのA」でいいか?―前置詞ofの用法を考える
20 butは「しかし」ですむわけがない―butを中心に接続詞の話
21 やっぱり自動詞と他動詞の区別なのだ―従位接続詞の話
22 倒置は何のために起こる?―倒置の語順のルール
23 英語についての文句を聞こう―ところで箪笥の数え方知ってるかい?
さくいん
【初版発行年月日】1994年4月15日
【収蔵品発行年月日】1995年1月20日 第2刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】小倉弘「受験英語禁止令―あなたの英語をリストラするマル禁132条」(研究社出版)
【コメント】
日頃は英語がデキない生徒向けの「ベイシック英語ゼミ」を担当している吉川師が、受験英語に対する「意識の高い」読者しか読まない月刊誌『高校英語研究』(研究社)に1年間連載した内容をまとめたもので、表題から「ベイシック英語」寄りの内容を期待していたらさにあらず。読者層に合わせてやさしそうなのは章のマクラだけで、中程からどんどんレベルが上がっていき、例題として使われている当時の入試問題も相当レベルが高い。そのせいかマクラで初歩的な謎を提示しておきながら、その答えが流れてしまっているケースもある(お母さんが息子の学校に行くときにI go to school.と言ってはいけないという話のオチ)。
そして、強い意志のShallを表すのに
General MacArthur の"I shall return."
 もちろん諸君はGeneral Douglas MacArthur の名前は知っていよう。日本敗戦後、日本占領の連合軍総司令官だったアメリカの将軍だ。
そのMacArthur将軍の"l shall return."という有名な言葉がある。1941年、彼は米極東軍の総司令官としてフィリピンのマニラにいた。だが太平洋戦争初期の日本軍の猛攻の前に、フィリピンの米比連合軍は敗退し、彼は1942年の春、オーストラリアに逃れることになる。そのときに述べた言葉がこの"l shall return."だ。
 ついでに言っておけばthe Death March in Bataan 「パターン死の行進」として歴史に残る日本軍の残虐行為か起こされるのはその直後だ。
さて、それきりで将軍が反撃できなかったらこの言葉は有名にはならなかったのだろうが、米軍はその後反撃に転じ、MacArthur将軍はふたたびフィリピンに戻って日本軍を敗北させるばかりか、最初に言ったように、占領軍の最高司令官として日本にやってくる。彼の言葉は実現したわけだ。この場合も、彼が"l will return."と言ったのよりも"l shall return"の方がずっと強い表現になっている。つまり「私(マッカーサー)がここに戻ってくるのは、私個人の意志や願望を超えた絶対必然の未来なのだ」と言ったわけで、いわば、それは神の摂理としてそうなっているのだというような意味をもってくる。そしてそのとおりになってしまうのだから、この言葉はえらく有名になったわけだ。(43~4頁)
戦後47年経とうが"I shall return."だし、用もないのに「バターン死の行進」を持ちだしてくるあたりは「ベ平連」二代目事務局長の面目躍如だ。
市民大好き、弱者大好きなところはこんなところにも出てくる。
とんでもない論理の入試問題
 さっきから、論理、論理と、私はそればかり言ってきたみたいだが、大学の先生の中にも、およそ論理がわかっていない馬鹿がいることも言っておこう。
 数年前の本当のことなのだが、宮城県のある大学が入試に次のような問題を出したのを見て、私はびっくり仰天した。

■空所内に最も適当な語を入れなさい。
 Poor (   ) he is, he is very honest.

 旺文社の『傾向と対策』によると、この問題の解答は as もしくは though だという。つまり、譲歩の副詞節にして「彼は貧しいにもかかわらず、とても正直である」という文を作らせるわけである。出題した教授の頭の構造が思い知れる。私だったら「彼は貧しいから正直なのだ」あるいは「正直だから貧しいのだ」という文でも作りたいのだが、与えられた構文ではそうはならない。
 もっとも、最近、宮城県知事や仙台市長か、不正直なことをやって何十億という賄賂を受け取り、逮捕されたことを知って、なるほどとも思えたのだか。いや、余計なことを言って失礼。今回は脱線したのでここまで。(162頁・下線原文ママ)
はてさて、これは異な事を仰る。この問題に日本語訳は付いていない。勝手に訳して一人で仰天しているのは吉川師である。
しかし、辞書でasを引けば分かるように、asには譲歩と理由を表す場合があり、館長は原秀行尊師から「asを譲歩に訳しておかしければ理由で訳せ」と習ったが、吉川師がasに理由があることをご存じないハズはないだろう。この英文だけ切り出して出題者が「貧乏にもかかわらず」と考えていると断定するのは、論理、論理、と口では言いながら、自分の都合の良い解釈しかできない半導体脳(例:「アメリカの核は汚い核で中共の核はきれいな核」)の持ち主であることを図らずも表している。
[PR]
by roudai | 2012-11-06 00:00 | 英語 | Comments(0)