浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号370 スーパー和文英訳法

d0133636_9224555.jpg
初版
d0133636_2214751.jpg
新装版
【タイトル】スーパー和文英訳法/スーパー和文英訳法 新装版
【著者】長島貞樹
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】論創社
【サイズ】A5
【ページ数】191頁
【目次】
第Ⅰ部 文法を考える
 第1章 ボクはウナギだ―助詞「は」
 第2章 ゾウはハナが長い―「~は~が構文」
 第3章 出未事との関係―苦楽述語
 第4章 完了と未完了―「~た」の働き
 第5章 「~ている」の諸相
 第6章 述語動詞句の構造
 第7章 文の体言化―二つの「こと」
 第8章 連体修飾節

第Ⅱ部 文脈を考える
 第9章 「名詞」の「名詞」
 第10章 言葉の塊―連体か連用か
 第11章 言葉の復元力―言い間違い
 第12章 柔軟/傲慢―「喩え」を考える
 第13章 終わりのない終わり―言葉をめぐる随想
【初版発行年月日】1992年7月10日
【収蔵品発行年月日】1992年7月10日初版第1刷発行/2012年8月10日 新装版第1刷発行
【収蔵品定価】1500円(本体1456円)/1600円+税
【入手困難度】★★★★★/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】25000円~/1600円
【鑑定額】1600円
【代替参考書】長島貞樹「スーパー和文英訳法 新装版」(論創社)
【コメント】
有馬記念を含めた秋のGⅠで手酷く負けたショックからなかなか手が付けられなくて更新が遅れて申し訳ありません。とりあえず直近から手を付けて、年明け以降、通常更新と平行して過去分を書いていきます。

今年最後の1冊は8月に20年ぶりの再版を果たしたこの参考書。館長的にはもの凄い衝撃だったのだが、世間的にはそうではないようで、再版自体があまり話題に上っていないような気がする(元々がベストセラーではないせいもあるが)。

絶版参考書の人気を見ていくと買い手のコンプレックスと密接に関わりあっていて、受験生があまり注力しない、英語で言えば英作文、数学で言えば幾何、国語で言えば漢文といったジャンルは本のポテンシャル以上に人気が集中する気がする。「シンプルクッキング英作文」なんて名著なのは間違いないのだがあまりの人気ぶりに鼻白むことがある。逆に「英文法」で人気の参考書なんて山田師の一連の問題集と伊藤(和)師の一竹書房シリーズくらいか。

本書の特徴は旧版の帯にあるような「アンチ公式主義」で、英作文と言うより日本語文法の本のような目次が全てを物語っている。「うなぎ文」なんていう術語を用いた英作文参考書など恐らく本書だけだろう。とにかく英文法についての説明は最小限に留め(用語だけを掲示して参考図書を調べるよう指示)、問題文の日本語がどのようなことを意味しているかを突き詰めていく。

それでいて「中学英語で大学入試英作文が解ける」「佐藤忠志の!ズバリ合格の英作文」などの「和文和訳」という手法をこう否定する。
日本語は、アルファベットだけで成立する言葉に慣れているヨーロッパ人にとって、学ぶのにもっとも困灘な言葉のひとつらしい。(秋田大・一部改)…①
(試訳)The Japanese language seems to be one of the most
 difficult ones to learn for Europians, who are used to languages
 that use alphabets.
 上の和文は「アルファベット~慣れている」が「ヨーロッパ人」を、さらに「アルファベット~困難な」が「言葉」を修飾するという構造を持っている。しかし、「ヨーロッパ人」を修飾する部分が「困難な」理由を表しているのだと理解して、
 Because in Europe languages are usually written in
 alphabets,it seems that Japanese is a most difficult language
 for Europians to learn.…②
と考えて見れば訳しやすい。この英文を和訳すれば、
 ヨーロッパでは言葉は普通アルファベットで書かれているので、
 ヨーロッパ人が日本語を学ぶのはなかなか難しいらしい。…②’
となる。よく、「和文英訳」の前に「和文和訳」を行なえという奇妙な主張を見掛けるが、それは表面上の①と②’との関係を指していると言えるだろう。しかし、実のところは「①→②’→②」という過程があったのではなく、「①→②→②’」という過程を経て和文②’が生みだされたのである。まだ自分の書いた英文に信頼がおけないと思っているうちは、②’が①と同一の事柄を述べていることを確認して②を①の英訳として認めているのであって、②’は副産物にすぎない。実際①を、
 日本語は、表音文字による表記が言語の普遍的現象であると錯覚
 しているヨーロッパ人の視点からは、習得難易度の極めて高い言
 語であるようだ。
と「和文和訳」をして、いくらかでも英訳し易くなるだろうか。
 仮に日本語の言い変えが「和文英訳」において有効性を持つと認めるとしても、それは「和文」を読むとき、「この事柄を英語で表わすのだ」という了解を持っていて、英語の語彙・文型等が呼び起こされる一助としてなされるだけであろう。(132~3頁・原文ママ)
だから受験生がやりがちなこんなポカを痛烈に指摘してくれる(これだけの問題文から断定して良いかどうか疑問ではあるが)。
7.孫たちが騒いでいたらしく部屋は散らかり放題散らかっていたが、彼は少しも気にしなかった。椅子の上に乗っている玩具を自分でのけて、「どうぞ」と私に言って自分も腰をかけた。(東京大)

7.慌てて英訳する前に、和文をよく読んで、「孫たち、彼、自分、私」がそれぞれ何を指しているのか考えてもらいたい。もし、「(初老の)私が(友人の初老の)彼を訪ねたら、彼の孫たちが…」としか考えられないとすれば和文の誤読による誤訳を犯すことになろう。この文は小生意気な孫息子を前に嬉しいような苦々しいような気分に陥っている「私」の情景を述べたものと思われるが、以下検討しよう。
*「孫たちが」「彼の」であれば、「お孫さんたちが」でなければならない。「私の孫の何人か」では、次の「彼は」が生きてこない。ここは「私の孫とその友達」の意である。(21~2頁・英訳例は末尾に)
一応ネイティヴ・チェックを受けていると書いてあるが、個人的にはBig Wordが多目で受験生にこの英文が書けるかしら、という気分になる。演習問題は同時期の国公立大学(と一部私大)の長文和文英訳ばかりで、少し前に出たの「クニヒロの入試の英作36景 第1集」にもいくつか同じ問題が取り上げられていたので、それぞれの模範解答を比較してみる。
次の日本文の下線部を英語に訳せ。
 よくお酒の席に出ると、歌を歌え、といわれることがある。私はあれを、野蛮な習慣だと思っている。私にとって、人前で歌を歌うのは苦痛でしかない。もっとも、その反面、人前で歌いたくてうずうずしている人もいるから、私は、そういう人に歌ってもらって聞くのは好きである。(1987年東京大)
(1) When I attend a drinking party, people often try to make me sing. I regard that as an uncivilized custom. It is always painful for me to sing before a crowd of people. 0n the other hand, however, there are people who are waiting to sing before others, so I like listening to their singing.
(2) At drinking parties, I am often asked to sing. I think of it as a crude custom. I have never enjoyed singing in front of other people. 0n the other hand, however, some people have an itch to sing in front of a crowd of people, so l like to listen to their singing.(39頁)
1) Unlike myself, there are people who can hardly wait for their turn (or chance) to sing in public. I do, however, enjoy hearing other people sing.
2) On the other hand, since there are people who are just itching to get up in front of others and sing, I say let them sing and, indeed, do enjoy listening to them.
3) There are some who are longing to sing (a song) in public; I'm not one of them but do enjoy listening to them.(「第1集」58頁)
人間というものはおかしなもので、便利重宝なものに心をうばわれはするけれど、日に型を変えて売り出される商人の造作物よりも、自分で工夫してつくったものの方に、もうひとつのよろこびが裏打ちされているものだ。こっちの方がいいにきまっている。愛着というものは、便利さにあるのではなくて、心をつくしたことにある。(1987年大阪大)
こういう和文を英訳できるようになることが本書の目的であったのだ、と見えを切りたくなる。よくぞこれだけ支離滅裂の文を書けるものだと感心してしまう。さて、要はこの文章の言いたいことは「人間は工業製品よりも手作りの物に心惹かれる」ということだと見極めをつけてしまうことである。後はその主旨に外れぬようにちりばめてある言葉をなるべく多く英語でも使おうとすればよい。
(1) Human beings are strange creatures; they find joy in convenient, useful things, the manufactured goods whose models are changed quickly and put on the market, but they find that greater joy comes with the designing and making of things with their own hands. It is natural that handmade things are better than manufactured goods. We love things not because they are convenient but because we have devoted ourselves to making them.
(2) Human beings are strange; they derive joy from the convenience and usefulness of manufactured goods put on the market. Yet, even greater joy is derived from designing and making things with one's own hands. It is natural handmade things are better than products. We love things because we devoted ourselves to making them and not because they are convenient.
(2) Humans are funny beings; they become easily attracted to convenient and useful things. However, they find greater joy in things they design and make for themselves than the joy they get from the manufactured goods on the market whose models are changed quickly. This is only natural. We love things not because they are useful but because we have put our hearts into making them.(156頁)
1) Curiously enough, while we are sometimes fascinated by handy and convenient things that are put on the market in continually changing models, we take a greater delight in what is made by our own hands. It is self-evident that the former is much better, but we have a stronger attachment to a thing not because of its convenience (of use) but because it is the product of our labor (or we ourselves made it).
2) Though attracted by the handiness and convenience of manufactured goods that flood the market in continually changing models, we are apt to prefer those things that are the product of our own hands, basically because we have no personal attachment to the former.
3) It is an interesting phenomenon that we find greatest joy in things we make for ourselves. Maybe this can be explained by the fact that a thing's convenience is secondary to the devotion we may feel for its being the product of our own time and labor.(「第1集」62頁)
最後に「シンプルクッキング英作文」とも比較してみよう。
誰しも幼い頃に親類に遊びに行き、自分の家では当然と思われていることが、実は他の家ではそうではないことを知って驚いた想い出をもっていることであろう。(東京大・一部)
(1)I am sure anyone can remember being surprised to find, when visiting a relative as a child, that what was taken for granted in one's own home was not really so in the relative's.
(2) Undoubtedly anyone can recall an experience in which, upon visiting a relative in one's childhood, one was surprised to find certain things that were taken for granted in one's own home were not so in others'.
(2') Undoubtedly anyone can recall the childhood experience of visiting a relative and being surprised to find certain things that were taken for granted in one's own home were not so in others'.(99頁)
a) We all can recall that when we were very young, we often visited our relatives and were surprised to find that what was taken for granted in our own home was not so in theirs.
b) Any one of you can recall a childhood experience; when you visited your relatives, you were surprised to find things taken for granted in your home to be not so in theirs.(「シンプルクッキング英作文」85~6頁)
新装版と旧版で何が違うかといえば、表紙デザインと、収録問題の出題校表記で都立大・都立科学技術大に(首都大)と注が付いた程度であとは若干のレイアウト変更程度しかない。
普通は再版時に誤植が訂正されるものだが、旧版からの誤植に加えて新装版で誤植が増えているのはちょっといただけない。だからといってそれはバカ高い金を払って旧版を買う理由にはならないのだが。
英文はだいぶ流して読んだので解答を引き写した中からしか挙げていない。細かく見ればもう少し誤植があるだろう。
[誤植]
20頁 名前は日本語と同じ順序で書く。毛沢東はMao Ze-dong, ホーチミンHo Chi-Minh, 金日はKim Il-song
→金日成はKim Il-sung(新装版のみ・巻末の共著書に「また、いけん君が代」などとあるように具体例が全て共産主義者なのも笑えるが、最近の校正者は2世代前の首領様の名前をご存じないようだ)
39頁 uncivilaized→uncivilized(旧版から)
76頁 彼ほどの文才と語学力があれば、それは可能なことだったかもしれない。
→可能(新装版のみ・漱石のことを指した問題文だがこれでは意味不明)
156頁 attraded→attracted(新装版のみ)


英訳例はこちら
[PR]
by roudai | 2012-12-25 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号369 セットで覚える世界史

d0133636_2153194.jpg
【タイトル】暗記パーフェクト宣言!!セットで覚える世界史
【著者】加藤正春
【肩書】日体荏原高校校長
【出版社】旺文社
【サイズ】新書
【ページ数】208頁
【初版発行年月日】1986年3月20日
【収蔵品発行年月日】1992年 重版発行
【収蔵品定価】720円(本体699円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】上住友起「世界史要点 図解整理 ハンドブック」(旺文社)
【コメント】
日本史の参考書として当時屈指の完成度を誇った菅野師の「セットで覚える日本史」の名前だけ拝借してその神髄を全く理解していない高校教師によって作られた駄本。
セットと言いながら内容は同時代の関連項目を全て挙げているだけで、何が入試で聞かれるかどこが間違いやすいかという視点は全く欠如しているし、7つも8つもまとめてセットと言われても覚えられるわけがない。
結局、新書版1冊に世界史の教科書レベルを小さな字で一律に詰め込んだという労多くして益少ない不毛な内容。確かに世界史という広大無辺な内容を200頁強に詰め込んだダイジェスト本というのは意外と無いのだが「看板に偽りあり」と言われても仕方ない。表題が別なものであればもう少し評価のしようもあったのだが。
[PR]
by roudai | 2012-12-18 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号368 口語英語で満点をとる!

d0133636_21463574.jpg
【タイトル】SUPER技法 口語英語で満点をとる!
【著者】戸澤全崇
【肩書】代々木日大ゼミナール講師
【出版社】中経出版
【サイズ】B5変形
【ページ数】165頁+別冊29頁
【目次】
はじめに
この本の使い方
Chapter O 問題編
Chapter 1 講義編
  Section 1 英会話って何?
  Section 2 これで会話問題が解ける!
      ~「機能文法」の導入~
  Section 3 英文における旧情報・新情報
  Section 4 疑問文における情報の流れ①
       ~Yes/No疑問文~
  Section 5 疑問文における情報の流れ②
       ~Wh-疑問文~
  Section 6 入試問題への応用(文強勢問題)
Chapter 2 演習編[Level 1]センター試験
  Section 1 解法のテクニック大公開!!
  Section 2 センター試験・短めの会話文問題
  Section 3 センター試験・ヴィジュアル会話文問題
Chapter 3 演習編[Level2]
    中堅~上位私大レベル
Chapter 4 演習編[Level3]
     最難関私大・国公立2次試験レベル
演習問題・全訳文
別冊付録 「フローチャートでつかむ口語表現」
【初版発行年月日】1998年6月30日
【収蔵品発行年月日】1998年6月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】本体1300円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1300円
【代替参考書】横山雅彦「横山メタロジック会話英語講義の実況中継」(語学春秋社)
【コメント】
主に英文法問題集で好著を連発している戸澤全崇(まさたか)師(現・駿台予備校講師)23歳(東京外語大在学中)時の処女作。肩書にある代々木日大ゼミナールは代ゼミとは全く関係ない日大統一テスト対策の塾だそうで、ご本人にとっては黒歴史の模様。
処女作らしい意欲的な内容で、旧来の「口語英語」参考書全てにケンカを売る「はじめに」を読むだけでワクワクする。旧来の参考書の欠陥を挙げ、「たった1つの方法論ですべて解けるんだ!」と宣言する様は小気味良い。
では、その「たった1つの方法論」とは?というと「旧情報と新情報」というどこかで聞いたような内容。大概こういう大上段に構えた参考書はこれ以降グダグダになるので本書もその類か、と思って読み進めるとあに図らんや如何に自分が「旧情報と新情報」について表層的にしか理解していなかったかを痛感させられる。
演習編[Level1]でセンター試験の過去問を「旧情報と新情報」に従ってスパッと解かれてみると、何で今までこれを知っていながらこういう解法を取れなかったのだろうという後悔が涌いてくる。
それ以降の演習編[Level2]、演習編[Level3]も基本的に「たった1つの方法論」で押し切っており、ただただ驚くしかない。
別冊の「フローチャートでつかむ口語表現」は定型の口語表現がどういう順番で出てくるのかフローチャートで示したもので、凡百の口語表現集よりよほどまとまっていて覚えやすい。
本書以降、戸澤師は英文法の問題集ばかり出されているが、そろそろ改訂版を出して欲しい好著である。
[PR]
by roudai | 2012-12-11 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号367 代ゼミ土屋の古文特講

d0133636_213802.jpg
【タイトル】代ゼミ土屋の古文特講 改装版
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】文英堂
【サイズ】A5
【ページ数】CD2枚+48頁+40頁+44頁+40頁
【目次】
(基礎編)
第1講 土佐日記  「家に至りて門に入るに」   (愛知学院大)
第2講 更級日記  「その五月のついたちに」      (中京大)
第3講 枕草子   「宮にはじめてまゐりたるころ」(東京家政大)
  〈参考〉枕草子  「宮にはじめてまゐりたるころ」  (成城大)
第4講 徒然草   「丹波に出雲と言ふ所あり」  (二松学舎大)
第5講 伊勢物語  「むかし、あてなるをとこありけり」(日本大)
第6講 大和物語  「下野の国に男女すみわたりけり」(早稲田大)
第7講 源氏物語  「日もいと長きに、つれづれなれば」(専修大)
第8講 堤中納言物語「蝶めづる姫君の」         (明治大)
第9講 大鏡    「粟田殿の御男君達」        (大正大)
第10講 奥の細道 「福井は三里ばかりなれば」     (専修大)
●(基礎編巻末)正解答集
(応用編)
第1講 蜻蛉日記  「心のどかに暮らす日」       (東京大)
第2講 和泉式部日記「宮より、雨のつれづれはいかに」(立命館大)
第3講 伊勢物語  「昔、男ありけり。いかがありけむ」(東京大)
第4講 源氏物語  「ただいま、かうあながちにしも」 (日本大)
第5講 大鏡    「女院は、入道殿を」       (国学院大)
第6講 十訓抄   「ある殿上人、五月二十日」(お茶の水女子大)
第7講 古今著聞集 「中頃、なまめきたる女房」  (東京女子大)
第8講 無名抄   「建春門院の殿上の歌合に」  (横浜国立大)
第9講 徒然草   「園の別当入道は」         (立教大)
第10講 玉勝間  「兼好法師がつれづれ草に」     (成城大)
●(応用編巻末)正解答集
【初版発行年月日】1998年7月10日
【収蔵品発行年月日】1999年 改装版第2刷版
【収蔵品定価】1800円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】永橋博・日比野純三 「毎年出る頻出古典」(日栄社)
【コメント】
以前、酒井師の「現代文特講」を取り上げたが、こちらは初版発行から7年後に出された改装版で、初版では「基礎編」と「応用編」の2分冊だったものを1冊にまとめたもの。合本ということを考えれば1800円という定価は良心的。
それぞれの問題を見ると頻出出典の上、基礎編は基礎編らしく応用編は応用編らしく選題されており、特に応用編に関してはマニアが血眼で探している「土屋の古文講義3」に相当するレベルであることが分かる。
土屋師と言えば出版点数もメディア露出も多い予備校講師だが、こと音声や映像に関しては意外なほど残っていない(NHKの夏期ラジオ講座のテープや代ゼミVIDEOSCOOL「実戦古文のポイント」等)。本講義は大教室でテンポ良く暴れ回る土屋師とは違い淡々とした口調に驚く。生徒を前にしないとあのテンションは出ないのだろうか。
何よりCDの収録時間が74分しかないため、10問もあると1題あたりわずか7分(ちなみに酒井師は2枚で6題なので約24分)しかなく、内容は文学史と問題の簡単な解説しかない。テキストの方も問題とヒントと全文訳と正解だけで土屋師らしさはゼロと言っていい。
このシリーズは音声付き参考書としては最初期のものなので、まだ手探りの部分があるのは仕方がないが、これでは単なる古文の頻出出典問題集という評価(しかも問題解説は音声のみ)しか下しようがない。
[PR]
by roudai | 2012-12-04 00:00 | 国語 | Comments(2)