浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号385 英会話文

d0133636_9395757.jpg
【タイトル】安河内の直前講習 英語 英会話文 混乱276
【著者】安河内哲也
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】学研
【サイズ】文庫
【ページ数】165頁
【目次】
はじめに
本書の特色と使い方
安河内哲也のギリギリ特別講座
第1部 一問一答急所補充
第2部 A,B対話型問題
第3部 長文問題
【初版発行年月日】1997年11月
【収蔵品発行年月日】1997年11月 初版発行
【収蔵品定価】本体650円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】里中哲彦「英会話問題の徹底演習」(桐原書店)
【コメント】
少し前に「口語英語で満点をとる!」をべた褒めしたら、それまで捨て値で売られていたマケプレの在庫が一瞬で消えてしまった。こちらはその時にdisった「凡百の口語表現集」の一冊。
とはいえ、蓄積したデータ量にモノを言わせる安河内師の本だけにコンパクトなサイズながら良くまとまっており、英会話や口語表現を必ず出題する大学を受験するなら直前に一瞥しておけば御利益がありそう。第1部の一問一答に時折難問が混じっていてドキッとさせられるが、第2部、第3部は一転して平易な問題に終始しているのが残念。
1.こんなところで会うなんて奇遇だね。(慶大)
(  ) meeting you here.
2.砂糖を取ってください。(立命館大)
May I (  ) you for some sugar ?
3.喜んで。(慶大)
I'd (  ) to.
4.お客さま、ご用はうけたまわっておりますでしょうか?(立命館大)
Have you been (  ) on ?
5.何時にしましょうか?(早大)
What time shall we (  ) it ?


正解はこちら
[PR]
by roudai | 2013-03-26 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号384 基礎・基礎解析問題精講

d0133636_2111119.jpg
【タイトル】基礎・基礎解析問題精講
【著者】土師政雄・木村光一
【肩書】駿台予備校講師・駿台予備校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】208頁
【目次】
第1章 数列と漸化式
 Ⅰ.等差数列と等比数列
 Ⅱ.階差数列といろいろな数列の和
 Ⅲ.数学的帰納法
 Ⅳ.漸化式
 Ⅴ.数列の応用
第2章 微分とその応用
 Ⅰ.微分の基礎
 Ⅱ.微分の応用
第3章 積分とその応用
 Ⅰ.積分の基礎
 Ⅱ.面積
 Ⅲ.体積
 Ⅳ.積分のいろいろな問題
第4章 指数・対数・三角関数
 Ⅰ.指数・対数関数
 Ⅱ.三角関数
演習の解答
【初版発行年月日】1988年3月15日
【収蔵品発行年月日】1994年 重版発行
【収蔵品定価】750円(本体728円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】小島敏久「小島の難関大突破新数学II・Bハイレベル演習」(栄光)
【コメント】
「標準問題精講」シリーズのサブセットとして出された「基礎問題精講」シリーズだが、当初は先行する英語に倣って「基礎○○問題精講」という名称だったため、本書は「基礎・基礎解析」と「基礎」が連続する世にも珍妙なタイトルとなっている(現在は英語以外「○○基礎問題精講」で統一)。
土師師の単著である「標準問題精講」シリーズ(確統は初版から共著)は相変わらずの人気だが、この「基礎問題精講」シリーズはタイトルで嫌われたのか全て共著だからか意外に高騰しない。
見た目と異なり内容は結構ハードで、更新が遅れていたのもこの本を読み切るのに四苦八苦していたから。タイトルに釣られて出来ない生徒が読んだら式変形のかっ飛び具合に目を白黒させるだろう。
途中で気がついたが、世間一般の「基礎解析」の本と異なり数列→微分→積分→三角・指数関数という順になっており、数列の和と積分の関係などを意識させる作りになっている。土師師の好みなのかと思って「基礎解析のトレーニング」(増進会出版)を見たが、こちらは教科書通りの並びで、どういった心境の変化だろうか。三角関数の公式オンパレードを最初にやられると心が折れるので(数列のシグマ計算も嫌いだが・笑)、この順は歓迎したい。
[PR]
by roudai | 2013-03-19 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号383 日本史穴うめ用語800

d0133636_2384984.jpg
【タイトル】日本史穴うめ用語800
【著者】小澤正晴
【肩書】豊島岡女子学園教諭/元・筑波大附属駒場高校教諭
【出版社】教育社
【サイズ】新書
【ページ数】296頁
【目次】
1 原始・古代
2 中世
3 近世
4 近代
5 現代
●索引
【初版発行年月日】1989年5月15日
【収蔵品発行年月日】1990年3月15日 第2刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】
【コメント】
教育社(現・ニュートンプレス)の参考書は個性的な本が多いが、この本も教育社らしい1冊で日本史の基礎となる800語を抜き出してその解説文を穴埋め形式の問題にするというありそうでない内容になっている。
ただ、解説文自体が百科事典あたりの記述をそのまま持ってきたような味気ない文体の上、抜いた箇所もコレが答えられないようなら受験生失格というレベルでアイディア倒れの観がある。
著者に「試験にでる日本史用語集」の五十嵐師くらいの文才があったらもっと評価されたかもしれない残念な作品。
[PR]
by roudai | 2013-03-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号382 古典常識 標準レベル

d0133636_1757643.jpg
【タイトル】入試サクセス30講古典常識 標準レベル
【著者】左藤彦
【肩書】早稲田ゼミナール講師
【出版社】研数書院
【サイズ】A5
【ページ数】64頁
【目次】
第 1 講 カレンダー①[月と季節]
第 2 講 カレンダー②[月齢]
第 3 講 何時にどちらへ[十二支・時計・方位]
第 4 講 コスチューム[公家・武士・女性・僧侶]
第 5 講 マイホーム[建物・庭]
第 6 講 インテリア[調度品・照明器具]
第 7 講 サラリーマン[官庁・役人・ポスト]
第 8 講 キャリアウーマン[後宮・働く女性]
第 9 講 カントリーライフ[諸国・地方官]
第10講 スペシャリスト[軍事・警察・神職・祈祷師]
第11講 真(まこと)の道[仏教・信仰・弔い]
第12講 ライフサイクル[女の一生・教養・趣味]
第13講 イベント[年中行事]
第14講 ノンジャンル[古典語の読み・書き]
第15講 和歌の基本用語
第16講 和歌の修辞法 ① 掛詞 地名型①
第17講 和歌の修辞法 ② 掛詞 地名型②
第18講 和歌の修辞法 ③ 掛詞 一般型①
第19講 和歌の修辞法 ④ 掛詞 一般型②
第20講 和歌の修辞法 ⑤ 縁語 ①
第21講 和歌の修辞法 ⑥ 縁語 ②
第22講 和歌の修辞法 ⑦ 枕詞
第23講 和歌の修辞法 ⑧ 序詞
第24講 和歌の修辞法 ⑨ 歌枕ベストテン
第25講 万葉歌人・百人一首
第26講 名歌ベストテン
第27講 俳句 ① 季語と季節
第28講 俳句 ② 切れ字・季語
第29講 古文と漢詩(白氏文集)
第30講 女流作家・道行文・古文の冒頭
参  考 古典の名数
【初版発行年月日】1996年3月?
【収蔵品発行年月日】不明
【収蔵品定価】388円(税別)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】神島達郎「新・古文常識チェックノート―10日で確認」(日栄社)
【コメント】
館長はあまり研数書院の参考書・問題集が好きではない。一応コレクターを名乗る以上基本的な本は揃えているが一部のマニアが古い「問題解法の新技術」に血道を上げている様を冷ややかな眼で見ている。学校に納品している本が多いせいか総じて解答・解説が簡略すぎたり、個性がなかったりする傾向が強い上に、奥付がなおざりで初版年月日も発行年月日も記されておらず、しかも学生社同様奥付がカバーにしか付いていない(カバーを替えて古い本を新刊偽装して流通させている疑いが残る)からで、出版社が研数書院というだけで色眼鏡を掛けて見てしまう。

そんな研数書院の本の中では比較的著者の個性が強く出ている「入試サクセス30講」シリーズの一冊。時期によって微妙にデザインが異なり収蔵品は教科ごとの連番を振られなくなってからのもの(ちなみに連番は⑤)。表紙に「標準レベル」と書かれているが、同シリーズに他に「古典常識 基礎レベル」や「古典常識 難関レベル」があるわけではない。
著者の左藤師は早稲田ゼミナール講師(古文・漢文)ということだが現在は教えていない模様。学燈社・開拓社・研数書院と目立たない出版社からしか参考書・問題集を出していないのでほとんど情報がない(そもそも名前の読み方すら分からない)。

本書は入試で問われた古典常識を中心に見開き完結で30講にまとめており、前半15講が古典常識、後半15講が和歌の技法となっている。この辺の出題傾向がある大学なら試験直前にチラッと見てズバリ的中もあり得る即効性の高い本。「標準レベル」ということだが、同じ早稲田ゼミナールの今野師(学燈社・開拓社の著作がある点も共通している)の「あぶない古文その一」でも取り上げられていた「白氏文集」の教養なども収められており一筋縄ではいかない内容だ。
入試問題例も「『黄泉』の読みと意味を記せ(愛知学院大)」とか「『めこ』を漢字二字で書け(明治大)」といったクスッと笑える問題を潜ませているところにセンスを感じる。
[PR]
by roudai | 2013-03-05 00:00 | 国語 | Comments(0)