浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
>Mさん いつもありが..
by roudai at 10:43
5/4の参加予定していま..
by M at 20:03
>落札し損なった男さま ..
by roudai at 08:47
代ゼミ創立60周年記念イ..
by 落札し損なった男 at 02:47
>志らとりさん コメン..
by roudai at 05:51
拙宅から、少し余計に歩け..
by 志らとり at 23:10
>Mさん 仕事とWBC..
by roudai at 02:06
4/2の第3回omoji..
by M at 19:00
東進の林先生の教え方に似..
by 浪人生S at 18:38
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:05
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号436 みてすぐわかる世界史

d0133636_0542126.jpg
【タイトル】 みてすぐわかる世界史
【著者】松村孝
【肩書】中央ゼミナール講師
【出版社】三省堂
【サイズ】新書
【ページ数】192頁
【目次】
1 欧米史重要テーマ
2 東アジア史重要テーマ
3 南・西アジア史重要テーマ
4 地域史重要テーマ
5 最重要テーマ別編
索引
【初版発行年月日】1985年8月1日
【収蔵品発行年月日】1985年8月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】630円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】400円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】
【コメント】
ヤフオクでは武井(教)師の「みてすぐわかる重要年表世界史」がバカみたいに高騰するが、こちらは中央ゼミナールの松村師によるコンパクトなまとめ本。
今のSKY+Tしか知らない受験生には信じられないだろうが、予備校バブル初期は中小の予備校が林立し、予備校ごとに「○○の神様」が居て生徒数を競っていた。当時の情報源は書籍だけで、参考書を書いている講師=看板講師と認識されていた。最大手の旺文社はラジオ講座を持っている講師中心で所属に関する極端な偏りはなかったが、学研は長らく代ゼミと折り合いが悪く、一橋学院や武蔵高等予備校や早稲田ゼミナールの講師がよく参考書を出していた。三省堂は代ゼミ以外では中央ゼミナール、ライオン社は早稲田予備校、聖文社は一橋学院というような出版社毎に予備校のコネがあり、この「みてすぐわかる」シリーズも高円寺を中心としたローカル予備校である中央ゼミナールの講師が何人も起用されている。
左頁に入試問題を改作した穴埋め文章、右側にポイントとなる図面や解答を載せており、解説に関しては教科書を見て、と割り切った作りになっている。それでも国公立や難関私大の問題文を使っているため、入試ではどう訊かれるのか?という点を知らず知らずに教えてくれる。新書の世界史通史参考書というのも現行の本では見当たらないだけに、教科書レベルとはいえ副読本として結構貴重だ。
[PR]
by roudai | 2014-02-25 00:00 | 社会 | Comments(5)

収蔵品番号435 志望大合格する参考書・ムダな参考書’98年版

d0133636_057256.jpg
【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’98年版
【著者】船山英樹&早稲田大学受験参考書研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】188頁
【目次】
1章 英語 参考書・合格メニュー
2章 国語 参考書・合格メニュー
3章 数学 参考書・合格メニュー
4章 理科 参考書・合格メニュー
5章 社会 参考書・合格メニュー
【初版発行年月日】1996年12月15日
【収蔵品発行年月日】1996年12月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
前年度はやっつけ仕事だったが新課程突入の今年度はさすがに半分ほど入れ替わった。しかし、前年度に予告した「参考書オブ・ザ・イヤー」の発表はナシ。ちなみに得点上位は理科以外はあまり変わり映えがしない。「必修物理」だけがなぜか加点(1点→2点)されたのを含めて理科担当者の点が甘く感じる。
結果的に数学の一部を除いて15年後の現在も大差ない顔ぶれになりマニア的には退屈。オークションで人気の参考書はこの辺で市場から消えたということが分かることだけが収穫か。

[得点上位]
8点 五十嵐一郎「入試古文単語ネコタン365」(学研)
   橋元淳一郎「物理・橋元流解法の大原則」(学研)
   橋元淳一郎「物理・橋元流解法の大原則2」(学研)
   河合塾生物課「模試からの100題 生物」(河合出版)
   権田雅幸・佐藤裕治「権田・佐藤地理B講義の実況中継」上下(語学春秋社)
[得点下位]
2点 上垣暁雄「英語頻出問題トレーニングテープ」(桐原書店)
   和角仁「驚異のグリデン解法」(学研)
   和角仁「魔法のグリデン解釈」(学研)
   和角仁「グリデン式傍線問題解法公式」(学研)
   田村秀行「田村の小論文講義」2<応用力養成編>(代々木ライブラリー)
   吉沢康夫「みてすぐわかる新・小論文」(三省堂)
   坂間勇・谷藤祐・山本義隆「必修物理」上下(駿台文庫)
   菅野祐孝「菅野の日本史短期完成77・7シリーズ」(代々木ライブラリー)

収録されている参考書リストを見る
[PR]
by roudai | 2014-02-18 00:00 | 受験情報 | Comments(3)

収蔵品番号434 入試で差がつく英単語

d0133636_072137.jpg
【タイトル】入試で差がつく英単語 最短時間で覚えられる必要語
【著者】徳重久雄
【肩書】都立高校教員
【出版社】光文社
【サイズ】新書
【ページ数】308頁
【目次】
まえがき
1 こうすれば単語は覚えられる<合格する勉強法を身に付けよう>
 (1)この本で、なぜ力がつくか
 (2)必ず成功する英単語暗記作戦
2 これだけで入試は大丈夫だ<「トクする重要知識」で合格ラインを突破できる>
3 これがトクする重要単語だ<ここまで覚えればパーフェクト>
 (1)英文解釈で狙われる単語
 (2)ここが入試の落とし穴
【初版発行年月日】1980年2月15日
【収蔵品発行年月日】1980年2月15日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】650円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】650円
【代替参考書】ジーニアス英単語英熟語編集委員会「ジーニアス英単語2200」(大修館書店)
【コメント】
後に「徳重の英語ポイント集」で一世を風靡した徳重師の都立高校教諭時代の参考書。「私の大学合格参考書作戦’83年版」に名前があるところをみると、「でる単」1強時代でも健闘した模様。
語順はABC順だが、通常の単語集と違い、その単語に関するポイントを単語の直後に問題形式で挿入する「徳重の英語ポイント集PART1」を思わせるとっ散らかったレイアウト。ありそうだが意外と他に類のないもので、左に単語、右に語義という英単語集のフォーマットの中で行っている分、単調になりがちな紙面に適度なアクセントとなっている。

例えばableという基本単語を取り上げながら、直後のコラムでは≪文法≫の★★★ポイントとして
able,enableは不定詞を、capable,disableは動名詞をとる。
(1)He is quite able to teach.
 (彼には教える能力がある)
(2)This animal is capable of being taught.
 (この動物は物を習う能力がある)
(3)His youth enables him to climb Mt. Fuji.
 =As he is young, he can climb Mt. Fuji.
 (彼は若さゆえに、富士山に登れる)
(4)His age disables him from climbing Mt.Fuji.
 =As he is old, he can't climb Mt. Fuji.
(彼の年齢ゆえに,富士山に登れない)
という関連知識をカバーしてくれる。

単語レベルも「これだけで大丈夫だ」と豪語するだけあって、基礎レベルの単語から時事英語まで幅広く収められており、これはちょっと、という単語は見当たらない。
30年以上前に出た本とはとても思えない先進的な内容で、一部の時事英語を除いて現在でも十分通用する内容になっている。
[PR]
by roudai | 2014-02-11 00:00 | 英語 | Comments(0)

発行書籍番号011 現代文の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2014年版

d0133636_22331762.jpg
初版第2刷

d0133636_371283.jpg
初版第1刷

【タイトル】センター試験現代文[評論][小説]の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2014年版
【著者】原ハジメ
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】42頁(第1刷)/44頁(第2刷)
【目次】
はじめに(第2刷のみ)
第一講 評論文の読み方・解き方
第二講 小説文の読み方・解き方
【付録一】「新・一読たどり読み」のための手引き
【付録二】センター漢字の三大注意事項
あとがき
【初版発行年月日】2014年2月9日
【定価】400円
【在庫状況】在庫あり
【学力貢献度】★★☆☆☆
【コメント】
当博物館監修の本格的(?)受験参考書第5弾。
サンシャイン・クリエイション62にてコピー誌で発売された。
世界最速の二〇一四年のセンター試験本試験現代文の解説書だが、著作権の関係で問題は未収録。
お買い求めいただいた方は河合塾より問題をダウンロードしてください。
1月末に行われた「センター試験解説速報講義」の講義録で、史上最難だった今年のセンター現代文を徹底解説。
今回も、森久師の幻のメソード「一読たどり読み」を継承した「新・一読たどり読み」を用いてセンター現代文の過去問を読解法・解答法の両面から徹底解説。
通常の講義と違う形式だったため大幅延長の末収録頁数が10頁もオーバー。
どんな参考書よりも詳しくセンター現代文を語り尽くした一冊。

今回も性懲りもなく表紙のみカラー印刷したが結果は…。

第1刷の誤植、一部言い回しなどを修正してC86から初版第2刷はオンデマンド印刷で発行。単価は同じ400円。

【正誤表】
[初版第1刷]
 7頁上段 21行目 「困ったでは~」→「困ったでは~」
18頁上段 14行目 「作家出題~」→「作家出題~」
18頁上段 18行目 「全国紙の新聞に~」→「全国紙に~」
18頁下段 11行目 「ナンバーワンと一生懸命宣伝しています」→「ナンバーワンと一生懸命宣伝していますし、
35頁上段 14行目 「『理解してえる』」→「『理解してもらえる』」
36頁上段  8行目 「かかり合い」→「かかり合い」
[初版]
14頁上段 16行目 「天下をめ」→「天下をめ」
24頁上段 24行目 「一種ですので」→「一種ですから
35頁下段 15行目 「原因はないので」→「原因はないので」

[追記]
2014/08/26 COMIC ZINさんで委託販売していただいています。
センター試験現代文[評論・小説]の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本 2014年版
[PR]
by roudai | 2014-02-09 00:01 | 同人誌 | Comments(13)

サンクリ62出展情報です(追記アリ)

サンクリ公式サイトに配置情報まで出てしまっているのでついつい書くのが遅れました。
2/9(日)A1ホールB06a(入口真正面・爆)です。
d0133636_1394494.jpg
一応、今週末のセンター試験の解説本を予定していますが、当然の如くまだ1行も書いていないのでしばらく定期更新は休みます(過去記事が書けたら随時アップします)。
「参考書ハンターPart2」の構想は練っているのですが、正月休みと3連休を無為に過ごしてしまったので今回のサンクリでは出ません。展開が向けば春のサンクリあたりに出せるかも。
都知事選と同じ日らしいので、都民の人は投票後に来るとちょうど入場無料になっているかもしれません。
時間があればコピー誌を再版して持って行きます。

2014/2/3 1:30
第1問のテープ起こしが終わって第2問が1/3くらい終わりました。まだ校正、レイアウトその他がある(表紙は作成済)ので展開次第では第1問だけの可能性も。分量もいつもより多めになっているのでいつもの頁数に削るのが大変。

2014/2/8 15:00
第1問は最終校正、第2問はまだ校正1回目。あとがきは当然まだ。印刷はたぶん大丈夫でしょう。
頁数は未確定ですが、場合によっては値上げもあります。
ギリギリまで作業していると思うので、午前中はヘロヘロだと思います。
この天気ですからガラガラなのは目に見えていますので午後からゆっくりお越し下さい。

サンシャインへのアクセスは、有楽町線の東池袋駅からであれば濡れずに入れます。
http://www.sunshinecity.co.jp/information/access_train.html

2014/2/9 3:30
雪の中コピーしてきて先ほど製本が完了しました。
ページ増とカラー表紙のため定価四〇〇円になっています。
ちょっとへロっているので午前中は応対出来ないかもしれません。
門外可出な本は雪道のためいつもより少なめかも。

2014/2/9 19:00
お足元の悪い中わざわざお越しいただきありがとうございます。
サークルの参加率が悪かった(開始時に半数ほど空席)くらいでしたが、
いつも以上の売上に恵まれました。
御新規のお客様も結構居られたのでまとめ買いが目立ちました。今後とも宜しくお願い致します。
入口は吹きっ晒しでダウンコートが手放せず、それでも震えながらの店番でした。
他のサークルから「ソチより寒い」の名言が出たほどです。
来年は冬コミの如何に関わらずこの時期のサンクリは回避しようと思います。

次の新刊の目処が立たないので春のサンクリはお休みして次は6/22の予定です。
夏コミはこれから申し込みます。
[PR]
by roudai | 2014-02-09 00:00 | おしらせ | Comments(4)

収蔵品番号433 解き方直結 センター試験への古文

d0133636_063289.jpg
【タイトル】解き方直結 センター試験への古文
【著者】岩手勇二・今泉章
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】数研出版
【サイズ】A5
【ページ数】159頁
【目次】
ここからスタート!―古文受験の心得
第一章 センター試験の古文問題をどう解くか
第二章 過去問題解説篇
 【一】『今物語』['82年度追試験]
 【二】『徒然草』['84年度本試験]
第三章 過去問題演習篇
 【一】『建礼門院右京大夫集』[センター試験試行テスト]
 【二】『花月草紙』['87年度本試験]
第四章 オリジナル予想問題演習篇
 【一】『平家物語』
 【二】『井関隆子日記』
 【三】『古本説話集』
 【四】『小夜のねざめ』
 【五】『更級紀行』
 オリジナル予想問題 解答・解説篇
第五章 既出の古文単語の整理
【初版発行年月日】1992年3月1日
【収蔵品発行年月日】1995年7月1日 第6刷発行
【収蔵品定価】790円(本体767円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】中里公俊「中里の即決古文センター試験対策」(代々木ライブラリー)
【コメント】
数研出版といえば数学の参考書の実績が高く、えてしてこういう出版社の他教科の参考書に地雷が潜んでいるケースが多い。
著者がともに駿台の講師ということもあって「気合で古文を読む」参考書と思っていたが、あまり駿台っぽくなく、やや代ゼミ寄りの内容。センター試験開始直後に出た本なので収録している問題が共通一次の問題だが、最近の出題より問題文が短いものの難易度はあまり変わらない感じがした。
何より爆笑させてくれたのは第一章の冒頭にある「正しい読解のための基本テクニック」だ。
原則1 ハートで読むな!勘で解くな!
原則2 勝手にストーリーを作り上げるな!
どう読んでも同じ駿台の人気講師である高橋いづみ師に対するアテコスリ以外の何物でもない。
「読む力」と「解く力」と「常識」の3方向で言うと「解く力」に関する記述が中心で、「読めない」生徒は別の本を当たった方が良い(タイトル自体「解き方直結」なのだから仕方ないが・笑)。ただ「解き方」に関する説明は数多ある問題集の中でも大分丁寧な部類に入る。高校の定期試験は良くても模試で散々という生徒だとピタリと嵌るかもしれない。
[PR]
by roudai | 2014-02-04 00:00 | 国語 | Comments(0)