浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

臨時休館のお知らせ

公開した収蔵品の数が長嶋さんの通算本塁打数に並ぶ444になりましたので、資格試験勉強のためにしばらく更新をお休みします。
6月のサンクリも本を出せるような状態にはないためパスします。
夏コミは申し込んであるので、受かれば何らかの形で新刊を出したいと思います。

消費税増税後ブックオフで出物が全く無くなりちょっとモチベーションが下がっていますが、これだけ集めてしまったモノをスッパリ辞めるわけにもいかないので、試験に受かったら(GⅠの様子も見つつ)復帰します。

コメントの返答については引き続きまとまったタイミングで致します。
[PR]
by roudai | 2014-04-29 19:00 | おしらせ | Comments(0)

収蔵品番号445 「現代文解法公式」と「論作文完全技法」

d0133636_21372964.jpg
【タイトル】■表裏一体・究極秘伝■「現代文解法公式」と「論作文完全技法」
【著者】伝野蔵之介(馬場城介)
【肩書】㈱さんぽう進路講話講師
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】180頁
【目次】
はじめに
★第一章★赤点(合格基準点未満)でなければ合格する
★第二章★推薦は楽なことではない
★第三章★『現代文解法公式』公開
 ◆「読解」とは「解く(設問に答えを出す)」目的で「読む」
 ◆準公式12
★第四章★『小論文』・『志望理由書』の『論作文完全技法』
★第五章★高校と塾・予備校のバランス
★第六章★試験当日
【初版発行年月日】2010年4月1日
【収蔵品発行年月日】2010年4月1日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】1500円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】
【コメント】
エール出版はロクでもない本が版を重ねて山田師の「英語ウカる勉強法ダメな勉強法」が絶版になる不条理な出版社だが、本書も出版されて幾許もたたずに書店から姿を消した。

現代文を読むための公式は裏返すと小論文を書くための公式になるというのは意外に指摘されることの少ないノウハウで、表紙のアオリから非常に期待していた。
ところが、読み始めてみると最初に入試の内情として1教科でも規準未満の点数があったら不合格とか、道理は通るのだが過去に反例のかなりありそうな話を断言してみたり、筆者が書道専門のためか漢字を半数正解していないと採点してもらえないとか眉唾な話が出てくる。
肝心の公式部分も悪くはないが全体の1/6で著作権絡みもあって例題も少なく解説も強引で失望させられる。
本文の大半は高校教育と大学受験のギャップや推薦入試についてのノウハウでいかにもエール出版社らしい羊頭狗肉の商法だ。

筆者は大学受験時に共通一次でしか使わない数学で197点を取り、国語よりデキが良かったと書いているが、その秘密が「なべつぐ(渡辺次男)先生」の指導によるものだ、という箇所が唯一の読み所か。なべつぐ先生に倣ってもっと生徒志向の内容を書いて欲しかった。
[PR]
by roudai | 2014-04-29 00:00 | 国語 | Comments(2)

収蔵品番号444 数学の発想のしかた

d0133636_1645317.jpg
【タイトル】数学の発想のしかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】237頁
【目次】
序文
はじめに
本書の使い方と学習上の注意
縦割り(テーマ別)目次
第1章 視規則性の発見のしかたと具体化の方法
 §1 数列や関数列は規則性が現れるまで書き並べよ
 §2 パターンを見出し、それらの性質を利用せよ
 §3 具体的な数値を代人した例をつくり実験せよ
第2章 着想の転換のしかた
 §1 操作の順や時間の流れを逆転せよ
 §2 視点を変えたり、反対側から裏の世界をのぞきこめ
第3章 柔軟な発想のしかた
 §1 同値な問題へのすり換えや他分野の概念への移行を図れ
 §2 三段論法を活用せよ
 §3 問題を一般化し、微積分や帰納法などの武器を利用せよ
第4章 使うべき道具(定理や公式)の検出法とそれらの活かした使い方
 §1 問題文を読んだ後、使うべき定理を連想せよ
 §2 逆をたどれ、または迎えに行って途中で落ち合え
 §3 式の変形のしかた
 §4 設問間の分析のしかた(出題者の誘導にのれ)
 あとがき
 重要項目さくいん
【初版発行年月日】1989年7月14日
【収蔵品発行年月日】1996年3月6日 初版第10刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】秋山仁「数学の発想のしかた (発見的教授法による数学シリーズ3) 」(森北出版)
【コメント】
4揃いなので4に関する本にしようかと思ったが、森北出版からの復刊記念でこの本を。後ろからチンタラ取り上げていたら1まで行かないうちにまさかの復刊。色々曰くのある本だけに復刊が叶うとは思わなかった。
なぜこのシリーズを後ろから取り上げたのかと言えば、後ろに行くほど範囲が特化して文系の館長でも読める内容になっており、この本あたりから抽象的な問題が増えて正直に言えば(問題の解法部分については)チンプンカンプンである。
各問題についての「発想法」欄は他の参考書と比べて明らかに分量が多く、読んでなるほどと思う箇所も多い。ただ、例えば、同値な問題へのすり替え、と簡単に言われても、本当に同値なのかの議論や、どうしてそうなるのか、までは言及してくれない。
数学の受験参考書の歴史に名を残す名著であることは認めるが、世間が「名著」という言葉に期待するような「誰もが気軽に読んで、即効性のある本」(そんな本は他教科でも思い当たらないが・笑)ではなく、理系範囲までを勉強を終えた浪人生が、公式当て嵌めレベル以上の問題を解くのに壁を感じている際にビタミン剤的に処方されると効力を発揮する本である。
今回、森北出版は2011年に起こったG・ポリア「いかにして問題をとくか」ブームの「2匹目のドジョウ」を狙った感があるが、収録された問題の難度や必要な予備知識の範囲から旧シリーズ同様、デキの良い理系の上位層(と一部の数学マニア)に受け入れられるだけで、一般人が手を出しても本棚の肥やしとなる可能性が高い。
今回の復刊では駿台レクチャー叢書時代の表紙を除いてほぼそのまま復刊しているが、この本以降一般向けに様々な本を書いてきた秋山師が項目立てはそのままに問題を文理問わず解ける問題に差し替えて復刻したら出版社の目論見通りになったかもしれない。
[PR]
by roudai | 2014-04-22 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号443 プラトンの英作文講義

d0133636_23253734.jpg
【タイトル】プラトンの英作文講義
【著者】クリストファ・バーナード vs.勝見務
【肩書】帝京大助教授・代々木ゼミナール講師
【出版社】研究社出版
【サイズ】A5
【ページ数】194頁
【目次】
はじめに
この本の構成
CORE ONE 新傾向問題
第1講 与えられている情報を的確につかむ(東京女子大)
第2講 現場の先生をまじえて(金沢大)
第3講 段落の骨組みをしっかり作る(大阪大)
第4講 道の案内の基本例(熊本大)
第5講 絵―「物語」か「描写」か(神奈川大)
  応用(弘前大/慶応大)
CORE TWO 会話・口語表現
第6講 “直訳”に気をつけよう(岡山大)
第7講 「顔色」についての表現(名古屋市立大)
第8講 大げさな表現を避ける(静岡大)
第9講 現場の先生をまじえて(滋賀大)
第10講 「Xを…された」の受け身の表現(愛媛大)
  応用(鹿児島大/東京都立大)
CORE THREE 条件の付いた英作文
第11講 限定条件をうまく活かす(明治学院大)
第12講 主語のバリエーション(甲南大)
第13講 文法のルールを正しく適用する(跡見学園女子大)
第14講 文法,語い,慣用表現のバランス(慶応大)
第15講 現場の先生をまじえて(筑波大)
  応用(名古屋市立大/早稲田大)
CORE FOUR 難しい語い・時事英語・新語
第16講 難しい語いを吟味し,やさしく表現(九州大)
第17講 時事英語の重要性(東京都立大)
第18講 難しい単語の定義的な扱い(京都大)
第19講 「海外雄飛の夢」を簡単に訳す(大阪外大)
第20講 現場の先生をまじえて(鹿児島大)
  応用(鶴見大/京都大)
CORE FIVE ぴったり使える構文や熟語
第21講 "There is …"を上手に使う(横浜市立大)
第22講 幹と枝葉の関係を見きわめる(岡山大)
第23講 「いくら…しても…ない」(大阪外大)
第24講 「待つよりほかに手がない」の色々(東京大)
第25講 現場の先生をまじえて(大阪大)
  応用(大阪府立大/大阪大)
CORE SIX 訳しづらい表現・慣用的な表現
第26講 難しい表現を砕いてやさしく考える(金沢大)
第27講 「後ろ髪を引かれる思いで」(岡山大)
第28講 現場の先生をまじえて(群馬大)
第29講 「愛惜の念がわく」はどう訳せるか(大阪女子大)
第30講 こなれた言い回しをやさしく訳す(京都大)
  応用(中央大/山口大)
CORE SEVEN 文の構造の吟味
第31講 時制をどう処理すべきか(神戸大)
第32講 文を切るか切らないか(慶応大)
第33講 文をどのようにつなげるか(高知大)
第34講 直接話法と間接話法を仕分けして訳す(津田鶴大)
第35講 現場の先生をまじえて(東京学芸大)
  応用(同志社大/京都大)
CORE EIGHT 長い文章・エッセイ
第36講 有名人の言った言葉(お茶の水女子大)
第37講 意味をかいつまんで訳出しよう(東京外大)
第38講 名詞句をスマートに扱う(入谷敏男)
第39講 直接話法か間接話法か(聖心女子大)
第40講 現場の先生をまじえて(田中康夫)
  応用(鈴木孝夫/渡部昇一)
  チェックしよう
【初版発行年月日】1991年3月30日
【収蔵品発行年月日】1991年3月30日 初版発行
【収蔵品定価】1340円(本体1301円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】650円
【代替参考書】勝見務,クリストファ・バーナード「ガリレオの英作文」(プレイス)
【コメント】
館長のようなアラフォー世代にとって、「悩み」とくれば、ソクラテスかプラトンである(笑)。
ということで、以前リクエストをいただいた本書を取り上げる。

この本に先行する「コペルニクス英作文」がタイトルほどパッとしない内容だったせいかあまり良い印象を持っていなかったのだが、いざ読み始めて自分の不明を恥じる次第。ちょうど戦前からの伝統的な和文英訳から様々な新傾向問題が出現するようになった時期に合わせて1冊であらゆるパターンを網羅しようとする意欲作。ネイティヴスピーカーと日本人の対談形式の解説の中に時折高校教師が混じって進められていくが、いかんせん登場人物全員が「デキる」人たちなので、いくら現場の声を反映したと言ってもそれなりの回答ばかりで、オッチョコチョイの生徒役が1人くらいいないと読者の共感は得づらい。

ネイティヴスピーカーの回答が売りと言えば同時期に「クニヒロの入試の英作36景 」シリーズがある。共通する問題があったので回答を比較してみよう。
(a)外国人の語学教師がよくこぼすのだが、最近の日本の学生は熱心に勉強しない、昔のように、外国語を必死に覚えようとする気迫が感じられないと言う。(b)これは当然の話で、今は海外雄飛の夢を描いて外国語を勉強するという時代ではない。('88・大阪外大)
ANSWER ONE
(a)Foreigners teaching languages in Japan frequently complain that their students are lacking in the determination to learn foreign languages that they used to have, and do not study in earnest.
(b)This is to be expected since we are no longer living in an age in which we study foreign languages in the hope of embarking on great adventures in other countries.

ANSWER TWO
(a)Foreigners who teach language in Japan frequently complain that their students lack the determination to learn a foreign language that they formerly had.
(b)This is to be expected since this/now is not.the age in which we take up language study with the expectation of having a brilliant career abroad.

MR.KATSUMI'S RECOMMENDED ANSWER(合格ギリギリラインの訳)
(a)Foreign teachers in Japan often say that their students these days do not study foreign languages hard and that they don't seem to be as eager to study foreign language as they were before.
(b)However, this is natural.These days people do not study foreign languages in order to go abroad with ambitious dreams.
「クニヒロの入試の英作36景 第2集」の回答はこちら。
●解答例●
1)(a)Foreign language teachers in Japan will often admit that their students don't study very hard.They say that they no longer sense the zealousness with which students studied foreign languages in the past.
(b)This is not surprising. Today no one studies foreign languages dreaming of making a name for oneself in a foreign land.
2)(a)A foreign language teacher l know complains that tooday's Japanese students are not studying hard. They don't seem as driven to learn foreign languages as in the past.
(b)But this is only to be expected. The era has passed in which students were motivated in their language study by the dream of finding adventure abroad.
3)(a)Foreign language teachers often complain that Japanese students do not study as hard as they used to. They sense students do not have the same determination to learn a language.
(b)And why should they? People no longer dream of making their tortures overseas.
4)(a)Foreign language teachers often complain that Japanese students today don't study as hard as they used to. They don't seem to have the desire and enthusiasm that students did in the old days.
(b)This is only natural. Today, few people try to learn a foreign language in order to make their dreams of finding success abroad come true.(同書84~5頁)
「プラトン」では出だしの「Foreign language teachers」について、「外国人の語学教師」か「外国語を教える先生(日本人も可)」についてこだわるのだが、「クニヒロ」では4人のネイティヴが揃って「(a )foreign language teacher(s)」を用いていたりする。逆に、ANSWER ONEの「that they used to have」のthatの先行詞はdeterminationだが、かつての生徒と現在の生徒は別人なのでused to を使うのは何となく引っかかる。「クニヒロ」のネイティヴよりインテリであるが故に回答の一文も長く、語いのレベルも高いので受験生が真似をするのはちょっと辛い。

CORE SIX以降の問題は京大か外語大レベルなので、純粋に和文英訳を学びたい読者にとっては意外と使えるページは少なく「クニヒロ」同様、気軽に質問できる適切な指導者がいない状況下で使うことはオススメしない。代替参考書は同著者の「コペルニクス英作文」の改訂版。
[PR]
by roudai | 2014-04-15 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号442 受験の悩み相談90のSOS!!

d0133636_2372335.jpg
【タイトル】受験の悩み相談90のSOS!!
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】189頁
【目次】
PART-1 勉強の悩み
 1 学力の悩み
 2 英語の悩み
 3 数学の悩み
 4 国語の悩み
 5 社会の悩み
 6 理科の悩み
 7 勉強法の悩み
COFFEE BREAK I 高1・高2の受験勉強のコツ
PART-2 学校・塾での悩み
 1 学校での悩み
 2 塾での悩み
COFFEE BREAK II どうなっているの?他校の受験体制
PART-3 生活の悩み
 1 勉強環境の悩み
 2精神的な悩み
COFFEE BREAK III 東大生はこんな受験生活を送っていた
PART-4 志望校の悩み
COFFEE BREAK IV 学部紹介
適性テスト「文系・理系、キミはどっち?」
【初版発行年月日】1996年4月9日
【収蔵品発行年月日】1996年4月9日 初版発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円・税35円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】
【コメント】
ちょうど受験情報のタイミングだが、エール出版はここのところ立て続けだし、通信勉強指導塾アテネもいい加減飽きたし、和田秀樹も絶版本で取り上げるモノがないし、ということでハタと困ってしまった。今、部屋に二百冊以上の参考書が転がっているが、こういう時に限って受験情報だけが払底しており、ようやく引っ張り出してきたのが本書である。

「現代文SOS!!」上巻だけ評価が高い(最近「数学SOS!!」数学総合編も高くなっているが)当シリーズだが、本書は発売順でいうとちょうど中間に当たる。

「オロカ者の定義」でも書いたが、このテの「受験生の悩み相談」的な内容はレベルの低い質問に終始し、回答者のレベルが高い場合かみ合わなくなるものだが、ご多分に漏れず本書も「辞書を引くのは面倒くさいし時間もかかるので苦労するわりに効果がないと思うのですが」とか、「外人は子供でも英語を話せるのにどうして自分は話せないんでしょうか」とか、館長が回答者なら「じゃ引かなきゃ良いじゃん」「話す必要がないから」で終了してしまうような質問ばかり90も並べた上に、回答自体もありきたりで「さすが東大生!」と唸らせるモノは皆無。「学校も親も教えてくれない」というサブタイトルがついているが、「授業時間の『内職』はどう活用していくべきですか」なんて質問に学校は答えてくれないだろう。

COFFEE BERAK IIで「他校の受験体制」について開成(96年158名)・桐蔭学園(同83名)・灘(同104名)・洛星(同24名)・県立高岡(同24名)・県立高松(同13名)が書かれているが、私学は判で押したように「ウチは特別なことは何もしていない」という内容(高2までに高3まで終わらせ、高3は受験勉強のみという進度自体が公立と違うし、それを達成できる地頭が違うのだが・笑)。

COFFEE BERAK IIIの体験記は勉強のしすぎで胸に穴が空いたり、1日12時間勉強したり、試験当日に風邪を引いて38度9分の熱を押して試験を受け続けたり(周りは大迷惑だが)という一般人には全く参考にならない武勇伝ばかり。この内容で1200円とはちょっとボッタクリが過ぎて呆れるばかりである。
[PR]
by roudai | 2014-04-08 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号441 数学Ⅰのトレーニング

d0133636_2283248.jpg
【タイトル】[受験編]数学Ⅰのトレーニング
【著者】土師政雄+藤田進平
【肩書】
【出版社】増進会出版社
【サイズ】A5
【ページ数】301頁
【目次】
第1章 数
第2章 式の計算
第3章 方程式
第4章 不等式
第5章 3角比
第6章 図形と方程式
第7章 最大・最小
第8章 集合と論理
演習問題の解答
【初版発行年月日】1988年4月1日
【収蔵品発行年月日】1988年4月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】1100円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】8000000円~
【鑑定額】8000000円
【代替参考書】
【コメント】
数学の「[受験編]トレーニング」シリーズは「微分・積分」「代数・幾何」「基礎解析」の3部作で、「数学Ⅰ」と「確率・統計」は存在しないとされていた。
しかし、昨年の夏に「100万円参考書ハンター」を書くために蔵書を調査していたところ、「[受験編]トレーニング」シリーズとはアレフ社から発行された「数ⅡB演習」(「基礎解析演習」「代数幾何演習」)と「数Ⅲ演習」(「微積分演習」)の改訂版であることが判明し、「数Ⅰ演習」が存在する以上、同時に改訂された可能性があることが明らかになった。そして昨秋、神保町の某書店で偶然に本書を発見した。
「数Ⅰ演習」と付き合わせると「数学Ⅰ」の範囲においてほぼ一致し、レイアウトがその他のシリーズ同様、問題解説箇所が2段組から1段組になっている程度の変更しかない。
最近「数Ⅰ演習」がヤフオクで暴騰していることもあり、国会図書館にもない稀覯本である以上この鑑定額は仕方がないところ。よほどのコレクターでない限り「数Ⅰ演習」を持っていれば手を出す必要は無いだろう。

More
[PR]
by roudai | 2014-04-01 00:00 | 数学 | Comments(1)